ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

優勝句の良さがさっぱり。『プレバト!!』2022年7月21日放送「炎帝戦」の結果と感想です

スポンサーリンク

『MBS(毎日放送)』で放送されている『プレバト!!』では、2022年7月21日木曜日の放送に俳句コーナーがありました。

「夏の3時間スペシャル」です。

このたび夏のタイトル戦「炎帝戦」が行われました。

視聴した感想を書いています。

 

目次

 

スポンサーリンク

MBS『プレバト!!』

テレビ番組『プレバト!!』についてです。

 

www.mbs.jp

 

人気芸能人にはそもそも才能があるのか?あらゆるジャンルで抜き打ちテストを実施、その結果をランキング形式で発表する。

 

公式webサイトのディスクリプションには上記引用部のように書かれています。

あらゆるジャンルとは、今回紹介する俳句だったり、水彩画だったり、消しゴムはんこだったり、絵手紙、生花、スプレーアート、色鉛筆などです。

中でも俳句がメインコンテンツと思われます。

 

放送時間

放送時間について。

放送は毎週木曜日の19時から20時までです。

今回はスペシャルでしたから、19時からの3時間でした。

 

出演者

出演者です。

メインの司会は「浜田雅功」さんです。

ダウンタウンの浜ちゃんですね。

 

アシスタントが毎日放送の「玉巻映美」アナウンサー。

ナレーションが「銀河万丈」さん。

 

俳句の査定員は「夏井いつき」さん。

俳句カテゴリの出演者は「梅沢富美男」さんを始め、「東国原英夫」さんや「立川志らく」さん、「中田喜子」さん、「千原ジュニア」さん、「藤本敏史」さん、「村上健志」さん、「横尾渉」さん、「千賀健永」さんなどがいます。

 

2022年「炎帝戦」

2022年7月21日放送の「夏の3時間スペシャル」では、夏のタイトル戦「炎帝戦」が開催されました。

読みは「えんていせん」です。

 

出場者

2022年の炎帝戦は前回に引き続きルールが特殊でした。

過去に一度でも番組で夏井先生から「才能アリ」と評価された方ならどなたでも出場資格があります。

231人が該当するようで、58人からメールが届き、順位をつけられたそうです。

その上位10名がスタジオで席につけると。

 

2022年「炎帝戦」の出場者です。

上位10名のみご紹介します。

 

  • 梅沢富美男(永世名人)
  • 東国原英夫(永世名人)
  • 村上健志(永世名人)
  • 藤本敏史(名人10段☆☆☆)
  • 千原ジュニア(名人10段☆☆)
  • 横尾渉(名人10段)
  • 千賀健永(名人6段)
  • 中田喜子(名人6段)
  • ミッツ・マングローブ(名人2段)
  • 森口瑤子(名人初段)
  • 犬山紙子(特待生5級)
  • 安藤和津
  • かたせ梨乃
  • 勝村政信
  • 久代萌美

 

敬称略で失礼します。

決勝に勝ち進んだ15人は上記のとおりです。

段位等に間違いがあったら申し訳ありません。

 

立川志らくさん、皆藤愛子さん、岩永徹也さん、馬場典子さん、北山宏光さん、筒井真理子さん、的場浩司さん、松岡充さん、岩永徹也さんといった実力者たちが出場することができませんでした。

 

お題「メール」

今回のお題は「メール」でした。

 

メールは季語ではないでしょう。

他に季語を添える必要があります。

 

結果

2022年「炎帝戦」の結果です。

優勝者は「中田喜子」さんでした

 

  1. 中田喜子(名人6段)
  2. 犬山紙子(特待生5級)
  3. 森口瑤子(名人初段)
  4. 東国原英夫(永世名人)
  5. 藤本敏史(名人10段☆☆☆)
  6. 安藤和津
  7. 千賀健永(名人6段)
  8. 久代萌美
  9. 梅沢富美男(永世名人)
  10. 勝村政信

 

敬称略で失礼します。

 

中田さんがタイトル戦挑戦から5年で初優勝を成し遂げています。

おめでとうございます。

 

感想

『プレバト!!』2022年「炎帝戦」の放送を視聴しての感想です。

 

中田喜子さん優勝

先ほども書きましたとおり、名人6段の「中田喜子」さんがタイトル戦初優勝を成し遂げました。

 

句は、産声を送信し、ドバイは夕焼けだと詠まれています。

 

若夫婦がドバイに転勤し、その先で第一子が誕生。

どうしても親に声を聞かせたくて送信をしたということのようです。

 

季語は「大夕焼」。

夏の季語です。

 

一番褒めないといけないのは、送信したものが写真ではなく産声であること。

生まれた瞬間ということですね。

ここが新鮮でリアリティがある。

この句はそれ(お題の画像はメールが3通届いているメールアプリのアイコン)にも寄せている。

まず産声を送って、それから写真を送ってという。

ドバイとしたことで赴任先での出産とわかる。

どこに送るか?

それは日本のご両親に違いないと。

全部がありありと手にとるようにわかる。

大夕焼の季語も、ドバイという地名の広がりと、生まれたという安堵・喜びをきちんと示唆できている。

一句の奥行きに気持ちのよい光景が広がっていく。

そういう評価でした。

 

個人的には良さがさっぱりわからない句でした。

作為が過ぎるとしか感じられないからです。

ドバイを持ってくることも、大夕焼と合わせることも大袈裟に感じられ、白々しさすら覚えます。

事実、ご本人の話を伺っているかぎり実話ではなく創作のようでした。

2位の犬山さんの方が比べるまでもなく上ですね、私の評価は。

中田さんは5位以下です。

 

2位は犬山紙子さん

惜しくも優勝を逃して、2位となったのは昨年2021年の炎帝戦の覇者「犬山紙子」さんでした。

ただ今回も2位だったことから、「夏の犬山」の二つ名(?)を得ています。

 

 

句は、恋を終わらせた平日に海月を見ている様子を詠まれていました。

 

別れようか悩んでいた人に、別れましょとメールで伝えたのだけれど、気持ちはまだふわふわしている。

会社のある平日にメールを送っていて、会社を休んで水族館へ行って、クラゲを見て癒やされている句だそうです。

 

季語は「海月」。

夏の季語。

 

メールとか携帯とか書いていないけど、別れのメールを送った後に、相手はまだ未読のまま、宙ぶらりんの時間とわかる上五。

平日、海月を見るということは、仕事を休んで、傷心のままの有給休暇かもと思える。

海月がよい。

揺れ動く失恋の心、冷ややかな薄暗い空間ではないか。

冷ややかさと薄暗さが心を癒やしてくれる。

下五の終わりに「見る」があり、普通俳句ではこの「見る」は不要なことが多い。

だけれどこれは必要な「見る」。

海月をボーッと見ている、その海月の向こう側に今、自分の心を見つめている。

そういう時間でもある。

という先生の鑑賞でした。

 

個人的には犬山さんの方が圧倒的に上です。

1位、ダントツで。

平日のクラゲ、これを自分の失恋の気持ちと取り合わせている、これは素晴らしい発想であり、技術であると思えるから。

「(恋を)終わらせる」の表現も、決断にいたるまでの逡巡と、未練までもが含まれていると感じさせ、巧い。

 

以前どこかに書いたと思うのですが、季語を除いておよそ12音しかない俳句では、どうしても作者の「作為」は入ってしまうものです。

でもそれを極力見せないようにするのが、作者の技術であり工夫であると私は考えます。

犬山さんの句は作為を感じにくいですし、あちらからは思いっきり感じます。

私には理解不能な順位・評価でした。

 

句とは別に、犬山さんに対して東国原さんが異様なほど絡んでいることが気になりました。

東さんは昨年2021年の炎帝戦で犬山さんに負けたことを、1年経った今も根に持っているようです。

観ているこちらとしては面白くない上にしつこすぎて辟易します。

 

と言いますか、あれは東さんなりの犬山さんへの好意なのでしょう。

子どもの頃に、好きな女の子にちょっかいを出す男の子がいたじゃないですか、あれと根は同じですよね。

 

3位は森口瑤子さん

3位は森口瑤子さんでした。

 

句は、お風呂に入っているときに限ってメールが届く様子が詠まれていました。

 

句はお風呂ではなくシャワー中と表現なさっています。

メールやらLINEやらで便利になった部分と、縛られている部分がある。

シャワー中は絶対に出られないのに、そういうときに限ってスマホがピコンピコンと鳴って、もうっとなっている句だそう。

 

季語は「シャワー」。

夏の季語。

 

「ぴこんぴこん」のオノマトペにリアリティと実感がある。

この音がみんなの耳に聞こえてくる。

「だってば」がよい。

この甘えた大人かわいい感じ、こんなの書ける人が羨ましい。

あなた(森口さん)が立ち上がって本当、イメージ通りでよかったと思った。

これがおっちゃん(梅沢さん)の句だったらすごい嫌だな。

梅沢さんはとんだとばっちりですが、そういう先生の鑑賞でした。

 

句としては3位で納得でした。

ただ、シャワー中にメールなりLINEなりが来るのが嫌と思う人なら、スマホをお風呂場まで持って行かないと思うのですよね。

スマホをロックしてリビングに置いておくなり、自分の部屋に置いておくなりすると思うのですよ、シャワー中に出たくないなら尚さら。

なので句の設定段階で無理があるかなとは感じます。

よって私の中でも犬山さんの下が妥当でした。

 

追記:

後日録画を見返して、森口さんは3位ではなくもっと下かなと感じています。

下に書いている安藤和津さんや東さん、千賀さんの方が上かなと。

 

その他

その他の方です。

 

5位に入ったフジモンさんの句、こちらはかつてあるサイトに挙げられた句と類似していることが、インターネット上に示唆されているようです。

 

haikutown.jp

 

私はそのことをTwitterで知りました。

その句を確認したところ、フジモンさんの句はかなり黒に近いグレーです。

そのままパクっているのではないものの、着想はまんまでした。

上五、中七、下五で某サイトのそれとは少しずつ変えているところに、不明瞭とは言い難い意図と、おのが行為への引け目が見えるよう。

パクっているとしたら、それが夏井先生が思いっきり関係しているサイトから拝借しているものですので、かなり悪質で意地汚い行為です。

語句を少しずつ変えている理由は検索にかかりにくくしているためとも受け取れます。

あくまでもパクっているとしたら、ですけど。

こういうことが一度でも発覚すると、その人のこれまでの俳句も、これからの俳句も、そういうことをしているのではないかと、疑いをもって見てしまいます。

自ら、自らの価値を大きく下げる行いですので、止めた方がよいと思うのですが、もはや手遅れですね。

だとしたらですけど。

 

6位の安藤和津さんの句、こちらは個人的にはもっと上位でよいと感じています。

3位を争ってよいくらい。

ネットショップから届いたダンボールが(玄関先で)白雨を受けていると詠まれた句ですね。

白雨は夕立の傍題でしたっけ。

シンプルな景ですけど、シンプル故に奥行きがあります。

具体を詠むことが求められることも多い俳句ですが、こちらはこのくらいに留めた方が読者の想像をかき立ててくれそう。

どこまで踏み込むか、踏みとどまるか、その塩梅が絶妙です。

とてもよい句でありとても好きな句です。

 

10位に勝村政信さんが入りました。

先生は以前、勝村さんが炎帝戦で10位以内に入れたら破門を解くと言われていましたので、破門は解かれることになりました。

約束は守ったけど、しかし先生はまだ勝村さんのことを信用していらっしゃらないようです。

根が深い。

まぁこれらはすべて脚本・演出なのでしょう。

 

11位から15位までの句の内容は番組内では明らかにされませんでした。

TVerでしたっけ、ネット配信の放送を見ると句の内容がわかるようです。

ちなみに順位だけ、放送内で明らかになっていました。

11位がかたせ梨乃さん、12位が横尾渉さん、13位千原ジュニアさん、14位ミッツ・マングローブさん、15位が村上健志さんです。

 

永世名人の村上さんが15人中の最下位という衝撃的な結果でした。

村上さんがどのような句を詠まれたか私は知りません。

ネット検索をすれば出てくるのでしょう。

気になる方は検索をかけてみるとよいと思います。

 

TVer(ティーバー) 民放公式テレビ配信サービス

 

おわりに

ということで、MBS『プレバト!!』の2022年7月21日放送の「炎帝戦」を視聴した感想を書いた記事でした。

 

私の俳句の読解や解釈が正しいとは限りません。

むしろ間違えていることの方が多いでしょう。

おかしなことを書いていたら申し訳ありません。

 

 

スポンサーリンク