ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

NHK『SONGS』2015年11月28日放送の「My Little Lover ~20年目のHello, Again~」で、ほぼ20年ぶりに歌っているところを見ました

スポンサーリンク

毎週土曜日23:30-24:00より放送されているNHKの音楽番組『SONGS』、2015年11月28日は「My Little Lover ~20年目のHello, Again~」でした。

 

www6.nhk.or.jp

www.mylittlelover.jp

 

一昨日2015年11月28日の放送は「My Little Lover ~20年目のHello, Again~」でした。マイラバですね。観ていて懐かしすぎて切なくなりました。サブタイを見ておわかりのとおり20年前だそうですよ、もうそんなに時間が経ちましたか。

1stシングルの「Man & Woman/My Painting」が1995年5月1日リリース、2ndシングルの「白いカイト」が1995年7月3日、3rdシングルの「Hello, Again 〜昔からある場所〜」が1995年8月21日リリースだそうです。20年。

当時、私はマイラバに対して大きな思い入れはなかったのです。でも売れているバンドさんだったことは当然わかっていて、当時は小室ファミリーやMr.ChildrenなどCDが滅茶苦茶売れていた全盛期だったと記憶していて、その流れに上手く乗ったバンドの一つである印象が強いです。「Hello, Again 〜昔からある場所〜」は私も購入しました。マイラバで唯一買ったCDです。

正直申し上げて、上記の初期3作以外はあまり知りません。4thシングルの「ALICE」が1996年4月22日、5th「NOW AND THEN 〜失われた時を求めて〜」が1996年10月28日、6th「YES 〜free flower〜」1996年12月2日までは、かろうじでランキング番組などで多少拝見・拝聴したことがある程度です。

夏の花火のように、一瞬だけ大輪の華を咲かせ、そのあとすぐに散ってしまった感のあるバンドの印象でしたが、当時はカラオケに行くと必ず誰か一人はマイラバの初期3作のうちどれかを歌う印象もありますので、与えたインパクトは大きかったのでしょう。

私としてもほぼ20年ぶりに拝見するヴォーカルのakkoさんでしたが、印象は当時とあまり変わりがなかったです。もちろんデビュー当時20歳そこそこだった(らしい)彼女は、現在40歳を超えているはずですので、お肌やメイク、ヘアスタイルなどに時代・年齢の経過を感じさせるものはありました。でも、歌っているときに高音を出すところで苦しそうに顔をしかめる感じは、20年前そのまま(当時よりしかめなくなった?)で、ああ紛れも無くakkoさんだわぁ、と懐かしくなりました。

今回のSONGSでは、マイラバが結成される前、結成されたとき、小林武史氏との結婚、メンバーの脱退、ソロ活動、そして今回の再びメンバーが集って演奏した「ターミナル」のことなど、akkoさんと小林さんとで語られていて、20年前の私は知らなかった情報がたくさん盛り込まれていて興味深かったです。20年経ったからこそ話せる内容がきっとあるんだろうな、と感じさせましたね、特にakkoさんのインタビューには。

SONGSの再放送は毎回やっているはずですから、見忘れた方は是非再放送をチェックしてみてください。「Man & Woman」「白いカイト」「Hello, Again ~昔からある場所~」「ターミナル」の4曲を歌っていましたよ。

 

dysdis.hatenablog.com

re:evergreen

re:evergreen

 

 

スポンサーリンク