ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

年代不明。私の古着から『SUNSPECS』のメキシカンパーカーをご紹介します

スポンサーリンク

私の手持ちの古着を中心に紹介していく記事です。

私が気に入っている古着を1着紹介します。

今回は「メキシカンパーカー」です。

メキパは当ブログでは初めて紹介するでしょうか。

 

目次

 

スポンサーリンク

 

古着ファッション好き

私は若い頃からファッションが好きです。

特にアメリカ古着が好きですね。

 

以前からファッション系の記事は少ないながらも書いています。

『Levi's(リーバイス)』の517のコーデュロイだったり、『CANTON(キャントン)』のジーンズだったり、『Champion(チャンピオン)』の半袖Tシャツだったり。

 

メキシカンパーカー

今回紹介する洋服は「メキシカンパーカー」です。

メキパ。

民族衣装の香りもしますね。

 

メキシカンパーカーとは?

「メキシカンパーカー」とは何か。

正直申し上げると明確な定義がわかっていません。

ジャガード織りのパーカーで、その多くはストライプ柄です。

 

メキシカンパーカーはサーフカルチャーとヒッピーカルチャーが大いに関係していると聞いたことがあります。

サーフですから、アメリカ、西海岸。

より良い波を求めてバハ・カリフォルニア半島へ行った1960年代ですかね、当時のアメリカ人の若者が、メキシコの民族系のラグなどの存在を知り、生地をアメリカに持ち帰ってパーカを作ったということなのでしょう。

と私は思っています、正しい認識かはわかりません。

 

メキシカンパーカーではアメリカでは通用しないかもしれません。

英語ですと「バハ・フーディ (Baja Hoodie) 」や「ヒッピー・フーディ」、「フーデッド・ポンチョ・ジャケット」などという単語を見かけます。

確かにポンチョ系ですよね。

 

古着メキシカンパーカーの詳細

それでは今回紹介する私の所有する古着メキシカンパーカーをお見せしましょう。

 

フロント

前面です。

 

古着

古着

プルオーバーのパーカですね。

フードとマフポケット。

 

こういうストライプ柄がメキシカンパーカーの特徴ですね。

 

バック

背面です。

 

古着

古着

バックは特に大きな特徴はなし。

 

裾です。

 

古着

裾の両端は切り込みが入っています。

 

ジッパー

ジッパーです。

ジッパーはなし。

 

ボタン

ボタンです。

ボタンはなし。

 

プリント

プリントです。

プリントはなし。

 

タグ

縫い付けられているタグです。

タグは襟に1つあります。

 

1つ目表

古着

M-Jr.

 

SUN

SPECS

 

OCEAN CITY, MD

 

56% POLYESTER

27% ACRYLIC

5% WOOL

5% COTTON

4% NYLON

3% RAYON

 

MADE IN MEXICO

 

どうやらジュニアサイズみたいです。

日本人の平均的な体型であるなら、ややタイトではあるもののジャストサイズです、たぶん。

 

1つ目裏

裏。

 

古着

WASHABLE IN 

COLD WATER

HANG DRY

 

MADE IN MEXICO

1-800-344-5312

 

洗濯表示があります。

 

生地の素材

生地についてです。

タグによるとポリエステル56%とアクリル27%、他、ウールとコットンとナイロンとレーヨンとのこと。

 

製造国

製造国についてです。

タグに「MADE IN MEXICO」とあります。

メキシコ製です

 

サイズ

サイズについてです。

「M-Jr」と書かれています。

ジュニアサイズみたいです。

私が着た感じですと「38」かそれより少し小さめと思います

身長178.5cmほど、体重64.5kgほどあります。

ややタイトめですけど着られます。

 

『SUNSPECS』

『SUNSPECS』についてです。

メーカーについてはまったく知りません。

しかしよく見るブランドでもあります。

メキシカンパーカーといえば、くらいによく見ますね。

 

年代は?

本品の年代についてです。

年代も私はまったくわからないですね。

『SUNSPECS』のタグにお詳しい方なら、先ほど貼った画像からわかるかもしれません。

ただ1970年代以降のものではあるでしょうし、タグの情報が少ないことからごく最近の品でもない気がします。

ごく最近ですと、メーカーのwebサイトのURLがタグに書き込まれていることも多いですので。

1980年代か1990年代が良いところかなと。

 

着こなし

着こなしについてです。

 

トップス

合わせるトップスです。

この上に合わせるものは、私は着ないです。

この品をアウターにすることがほとんどですね。

合わせるならデニムジャケットなどが良さそう。

 

西海岸の文化ですので、あまり寒すぎない格好をしたでしょうし、基本的にはメキシカンパーカーがアウターになることが多かったのではないでしょうか。

 

インナー

合わせるインナーです。

 

古着

古着

インナーでよく着るのは「リンガーT」です。

襟の縁が別の色になっているTシャツのことですね。

画像はラグランTです。

また、画像はなくて恐縮ですけど、サーマルシャツもよく着ます。

オフホワイトやグレーのサーマルは合います。

 

ボトム

合わせるボトムです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

実は本品は以前一度だけ登場しています。

それが上にリンクを貼った記事です。

『EDWIN』のジーンズをご紹介したときの、着こなしに乗せています。

ああいう合わせ方が個人的に大好きです。

 

靴は個人的にはスニーカーが着こなしの基本です。

 

キャンバス ローカット CONVERSE CANVAS ALL STAR コンバース オールスター OX スニーカー 正規品 ホワイト 4(23.0)

『CONVERSE(コンバース)』のオールスターは合うでしょう。

OXのベーシックな生成りホワイトが良いです。

個人的にはデニムパンツにはコンバースのハイカットが合うと思っていますが、メキシカンパーカーにはローカットが良いです。

 

[ビルケンシュトック] サンダル Boston ボストン Suede レギュラー トープ 26.5 cm [並行輸入品]

またメキシカンパーカーを着る場合、靴は『(ビルケンシュトック )』の「ボストン」などのサンダルを持ってくると、ヒッピー感やサーフ感が出て良いです。

ボストンは画像のようなスエード生地が特にお勧め。

島ぞうり的なビーサンでももちろん合います。

 

おわりに

ということで私の所有する『SUNSPECS』の古着メキシカンパーカーをご紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク