ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【了】『Webサカ2』の「アリーナリーグ」モードで全フォーメーションをマスターできました。ある症状についても書いています

スポンサーリンク

サッカーシミュレーションのブラウザゲーム『Webサカ2』にて、「アリーナリーグ」モードの全フォーメーションをマスターできました。

「ワールドツアー」モードのマスターフォーメーションはまだです。

 

目次

スポンサーリンク

 

ブラウザゲーム『Webサカ2』

ブラウザゲーム『Webサカ2』についてです。

2018年6月6日に「ノヴェルアプローチ」社からリリースされた、サッカーのシミュレーションゲームです。

 

https://websaka2.jp/

 

私は2018年7月25日からゲームを始めています。

 

大規模アップデート

2019年9月1日に大幅なアップデートが行われました。

結果として、「ワールドツアー」モードや選手データ、選手獲得の仕様などが別ゲームなくらいに変更が加えられています。

『Webサカ3』と言って差し支えないほどの大変革でした。

 

アリーナリーグ

『Webサカ2』のメインコンテンツの1つに「アリーナリーグ」モードがあります。

他のユーザーさんのチームとリーグ戦を戦います。

最上リーグ「本リーグA」の上位2チーム(でしたっけ)が、チャンピオンズリーグ的な大会「チャンピオンズカップ」に出場でき、そこでトップを目指すモードです。

 

今回扱うのはこの「アリーナリーグ」でのことです。

 

マスターフォーメーション

『Webサカ2』には「マスターフォーメーション」なるシステムがあります。

『Webサカ1』にもあるかもしれませんけど、私は1を未プレイですのでわかりません。

 

マスターフォーメーションとは?

「マスターフォーメーション」についてです。

 

アリーナリーグ

まずは「アリーナリーグ」モードにおけるマスターフォーメーションについて。

1つのフォーメーションを使って「本リーグAの公式戦で20勝」すると、使用フォーメーションをマスターしたことになります。

 

今回扱うのはこちらのマスターフォメについてです。

 

ワールドツアー

「ワールドツアー」モードにおけるマスターフォーメーションについて。

1つのフォーメーションを使って任意のCPUチームと戦い、そのフォーメーションがレベル5までレベルアップすることでマスターしたことになるようです。

 

ツアーのフォーメーションマスターのシステムは、上に書いたリニューアルと同時に追加実装されたものです。

リニューアル前の勝利数は引き継がれたはず。

 

注意点

リーグとツアーのマスターフォーメーションは別判定でカウントされます。

 

今回は「アリーナリーグ」モードで全フォメのマスターフォーメーションが終わったことを書いています。

「ワールドツアー」モードのマスターフォーメーションはまだ終わっていません。

 

全フォメマスター(2020年7月現在)

このたび「アリーナリーグ」の全フォーメーションでフォーメーションマスターできました。

 

ゲーム

ゲーム

記事作成現在、おそらく計63個のフォーメーションが存在します。

上の画像はその全てをマスターしたことを証明しているかと思います。

 

今後「ワールドツアー」の新ルートが追加実装されるたびに、あわせてフォーメーションも追加実装されるでしょう。

なので全フォメマスターといいましても、記事作成現在の暫定ではあります。

 

感想

全フォメマスターを終えた感想です。

 

終盤が厳しかったです。

以前もどこかで書いたかと思いますが、未マスターフォメが残り少なくなってくると、手持ちの選手ではそのフォーメーションに合っていないことがしばしば起こります。

戦力値が低すぎて本リーグAで勝てない、下手をすると本リーグBに落ちてしまいます。

 

戦力値が高く維持できない場合、それまでは他の未マスターのうち戦力値を高く設定できるフォメに逃げてそちらでマスターを進めていき、戦力が整ったら元の未マスターフォメに戻るということをしてきました。

ところが未マスターフォメが残りわずかになると、その戦法をとりにくくなるのですね。

 

多くの場合、逃げる先が既マスターフォメであれば戦力値を高くできます。

マスターすることによりフォメの理解度がより高くなっているので。

しかしそれですと、全フォメ制覇の視点で言えば何も進展していません。

 

それなら、たまにしか勝てなくても未マスターフォメで挑み続けた方が良い。

でもあまりに勝てないと本リーグAに残留することすら難しくなってしまう。

その辺の舵取りが難しかったです。

難しいというか実際に終盤に何度か本リーグBに降格していました。

いつからか忘れましたが、マスターフォーメーションの勝利数は本リーグAの勝利しかカウントされなく仕様が変更されたので、以降Bへの降格だけは避けねばならなくなりました。

私は見極めができずに降格していましたが。

 

終盤に他の未マスターフォメに逃げても、そちらでも戦力値が低い状態になっていることもしばしばでした。

私は強そうなフォメから手を付けていて、弱そうなフォメばかりを残していたことが原因でもあるので自業自得ではありますが。

それもあって終盤戦は苦戦の連続でした。

 

カウント数が異なる症状発生

それとですね、上にも書いた通り2019年にリニューアルがありました。

あれをきっかけにマスターフォメの勝利数のカウントがズレる症状が発生しました。

リーグの「チームデータ」の「フォーメーション詳細」では20勝できているのに、なぜかマスター扱いになっていない事態が何度かあったのです。

 

症状を見つけたときは一度も本リーグBに降格したことがなかったので、私の仕様の理解が足りないなどではないと思います、たぶん。

その頃はまだ仕様変更前でしたから、本リーグBでも勝利数がカウントされていたと思いますし。

 

想像するに、原因は「リニューアルの更新作業が入ったこと」です。

何シーズンかの勝利数をカウントしていなったか、あるいはカウントを入力されていなかったか、手入力なら入力し忘れていたかしていたのだろうと思われます。

データ上の「抜け」があるのではないかと。

 

根拠は、リニューアル前に勝利数を増やしていたフォメにしか本症状が発生しなかったことです。

カウントがズレていたという意味ですね。

リニューアル前から存在していて且つ一度も手を付けず(0勝)、リニューアル後から手を付けたフォメには症状が一度も発生しませんでした。

カウントが合っていたという意味です。

 

皆さんもリーグのフォーメーションマスターを目指すなら注意した方が良いです。

特にリニューアル前からプレイしているユーザーさんには、勝利数が20勝に達していたとしてもマスターできない症状が出る可能性があります。

私の予想が正しければ、リニューアル後から始めている方には本症状は出ないでしょう。

 

また、記事作成現在の私では症状を確認しようがありませんので、既に制作さんによって不具合が解消されているかもしれません。

こちらのゲームは細かいバグが散見され、直している様子は見られないですから、解消されていない可能性の方が高いと思います。

 

今後

とりあえずは終わりました。

先ほど申し上げたとおり、今後もフォメが追加されるでしょうから、あくまで現時点で全フォメマスターできたというだけの話です。

先はまだまだあるはず。

ワールドツアーもまだ終わっていませんし。

 

しかし、今後はフォメが追加されマスターが進んでも当ブログではご報告しないと思います。

もっと言うと『Webサカ2』関連の記事は今回で終わりにします。

今まで読んでいただきありがとうございました。

ゲームは続けると思いますし、ブログそのものは今後も続きます。

 

おわりに

ということで『Webサカ2』の「アリーナリーグ」モードの全フォーメーションをマスターできたことをご報告した記事でした。

 

 

スポンサーリンク