ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

子どもができて仕事も順調な「ゆり」の苦悩の原因は何でしょう?潔とのコミュニケーション不足ですか - 朝ドラ『べっぴんさん』68話の感想

スポンサーリンク

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2016年12月20日放送の第68話では、すみれが「キアリス」を辞めたものの……戻りそうなフラグが立っていました。

 

 

第12週「やさしい贈りもの」

www.nhk.or.jp

 

1948年(昭和23年)秋、ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」と、「小野明美(谷村美月)」、「村田君枝(土村芳)」、「小澤良子(百田夏菜子)」の4人で始めた赤ちゃん用と子ども服を扱うお店「キアリス」は、大手百貨店「大急百貨店(だいきゅう・ひゃっかてん)」にも出店することになり、順調そのものです。

ところが、そんな中ですみれは「キアリス」を辞める決断を下しました。理由は家庭を大切にしたいということです。すみれの実家・坂東家の元女中頭で、戦後はすみれたちと暮らしてきた「佐藤喜代(宮田圭子)」が腰を痛めて入院したことがきっかけで、仕事と家事と育児を全て自分でこなさなくてはならなくなりました。仕事に忙殺されて家庭のことを省みることがなかったと気がついたときに、仕事より家庭を取ることにしたようです。

 

 

キアリス・ガイド

明美も君枝も良子も、本当はすみれに仕事を辞めずに続けてもらいたい気持ちがあったと思いますけど、明るく見送ることにしました。すみれは自分の仕事を皆に引き継ぎ、そして辞めることに。

ただ、「キアリス」を辞める前に、最後の仕事として「キアリス・ガイド」を作ることを提案して、明美・君枝・良子から賛同を得ていました。「キアリス・ガイド」とは、これまで明美主導で行ってきた、明美が西洋式の育児法を教えたり、お母さんたちの悩み相談だったり、母親同士で情報交換したりする場所となっていた「ベビー相談室」の内容を手帖としてまとめたもの、です。書籍化。

その話を聞いた、君枝の夫「村田昭一(平岡祐太)」と良子の夫「小澤勝二(田中要次)」は、まだ他にはない知識を世間に広めてしまうなんてもったいない、誰かに真似されてしまう的な事を言って反対していました。すみれの夫「坂東紀夫(永山絢斗)」と、「キアリス」に住み込みで雑用をして働いている「足立武(中島広稀)」は特に反対していなかったですか。

しかし、すみれたちは何でもかんでも商売に繋げなくていい、もっと大きく考えればいい、この育児法が広がれば事故がなくなったり、助かる命があるかもしれない、赤ちゃんやお母さんがもっともっと幸せな毎日を送れるようになるかもしれない、だから真似してもらって良いのだと言い、「キアリス・ガイド」作成を推し進めることにします。

「キアリス・ガイド」の名前は、すみれが「道標(みちしるべ)」の英語は何かと明美に尋ね、明美から教えてもらった「ガイド」を使ったものです。

 

 

ゆりの苦悩

すみれの姉「野上ゆり(蓮佛美沙子)」は妊娠をしました。しかし悩んでいるようです。

ゆりは夫「野上潔(高良健吾)」と生まれてくる子どもの性別を聞いていました。男の子と女の子ならどっちが良いか、というありがちな質問です。潔は、元気な子なら男でも女でも良いとしながらも、男なら自分と2人で「坂東営業部」の会社を支えていけるな、と夢を口にしていました。

それと、ゆりは自分が潔から「坂東営業部」の戦力として認めてもらっていることを喜びながらも、自分が母親になってからのことはまた別と捉えているようでした。潔はゆりは子どもを産んでもすぐに仕事に戻ると考えています。そこに齟齬がありました。

確か終戦直後の闇市時代には、潔は女性のゆりには危ないことはさせられないと、ずっと家に居させていたことがありました。ゆりはそれを不満に思い、その思いをぶつけて潔の考えを改めさせたことがあったかと記憶しています。

そういうことがあったからこそ、潔はゆりを他の社員たちと対等に捉えていて、子どもを産んでもゆりはすぐに仕事に戻ると考えているのだと思います。ただし、今のゆりはそうは思っていない、ということです。

ゆりは入院している喜代のところへ見舞いに行き、その場で喜代さんに様子がおかしいことを看破され、涙を流していました。どうしたらいいかわからない、と。

 

 

おわりに

大急百貨店では戦後初となる「クリスマスセール」を始めるそうです。それに当たって各店舗で目玉商品を作っていただきたいと言われています。会議には君枝が出席しており、こちらも何か人波乱ありそうな予感がしました。

「キアリス・ガイド」については、当初はすみれが書いていましたが、すみれが退社してからは明美が引き継いでいます。しかしながら、明美の書く文章は堅苦しいと昭一たちに言われてしまい、明美はすみれの助けを借りに坂東の家に行っていました。すみれは家事の合間に手伝う約束をして、文章を書いています。キアリス復帰フラグが早速立ちました。

紀夫と昭一と勝二はやはり「キアリス」の経営に参画しそうですね。

ゆりの件で思うことは、この「べっぴんさん」の登場人物は夫婦間や会社の仲間の間などで話し合いをもたないか、ということです。ゆりのことだけでなく、紀夫のビンタも、すみれの退社もそうです。ゆりは潔と腹を割って話さないと何も進まないと思うのですが、先週末に放送された次週予告を観る限り、ゆりは家を出ますよね……内に溜め込んだまま爆発してしまったのでしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク