ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

音楽に合わせて描いた「はいだしょうこ」さんの絵から曲名を当てるクイズが斬新でした - NHK『バナナ♪ゼロミュージック』

スポンサーリンク

毎週土曜日22:20-22:50にNHK総合で放送されている音楽番組『バナナ♪ゼロミュージック』、2016年5月28日の放送では元宝塚歌劇団で元うたのおねえさんでもある「はいだしょうこ」さんが登場していました。

 

 

バナナ♪ゼロミュージック

www4.nhk.or.jp

 

目指せ!あなたも「にわか音楽通」。
音楽ゼロ年生のバナナマンがMCとなり、音楽の先輩たちとともに、
マジメからマジメじゃないものまで、「音楽の面白さ」を楽しみながら体験する
音楽トークバラエティー!
番組ハウスバンドが名曲を生演奏。一流ミュージシャンによる曲名あてクイズ。
バナナマンが、「いま目の前で聞きたい」アーティストが登場などなど。
様々なコーナーでとことん音楽を楽しみつくします!

 

という番組説明です。お笑いコンビ「バナナマン」のお二人がメインMC、NHKの久保田祐佳アナウンサーがサブMCとなって進行されていく音楽番組です。毎回ゲストを迎えて、生演奏やクイズなどが展開されています。

 

 

EGO-WRAPPIN'を見逃しました

私は普段、この『バナナ♪ゼロミュージック』を観ていません。ところが2016年5月7日の放送回「音楽クイズスペシャル」の最後に、EGO-WRAPPIN'(エゴ・ラッピン)が名曲「色彩のブルース」を歌っていたんですね。

私はその回も観ておらずお風呂に入っていました。風呂あがりに何となくテレビを点けてチャンネルをNHKにしたところ、EGO-WRAPPIN'が「色彩のブルース」を演奏していました……が、本当に最後の最後、「吐息が眠るまで……」の辺りを歌っていて、私が観た直後に終わってしまったんですねぇ。

これには激しく後悔しました。どうしてチェックしていなかったのだと。こんな中途半端に観るくらいなら知らないままの方が良かったのにと。それ以来、『バナナ♪ゼロミュージック』の再放送がないものか探していましたが地上波の放送枠内には一度も番組の再放送はありませんでした。

 

 

「はいだしょうこ」さんと言えば絵描き歌

ameblo.jp

 

2016年5月28日放送の『バナナ♪ゼロミュージック』も、私は前半部分を観ていません。やはりお風呂に入っていました。このタイミングなんですよね。今回のゲストは「ジャニーズWEST」の神山智洋さんと桐山照史さん、そして前述した「はいだしょうこ」さん等が登場していました。

「はいだしょうこ」さんと言えば絵描き歌ですよね。画伯どころか巨匠レベルです。はいださんが『おかあさんといっしょ』でうたのおねえさんをしていたとき、当時のマスコットキャラクター「スプー」の絵描き歌を描いたところ、スプーとはかけ離れた何か恐ろしい存在の絵になっていて、スタジオも視聴者も凍りついたという……ネットも騒然だったみたいです。私は少し後からその話題を知りました。

今回も同じような感じで「絵と歌のコラボレーション」企画でした。はいださんがある曲を聴いて、その歌詞のイメージを4枚の絵にし、曲を流してタイミングに合った絵がその都度提示されていくのを、スタジオメンバーが見て何の曲か、曲名を当てるクイズでした。

答えは「てんとう虫のサンバ」でした。はいださんが歌ってくれています。答えを知った後に曲を流しながら絵を見ると、しっかりと「てんとう虫のサンバ」の物語が順番に絵になっていて、なるほどと思わせるものになっています。スタジオの皆さんも「面白い」と絶賛していましたね。新しいジャンルのクイズだったと。

しかし、何のヒントもなく絵を見せられても「てんとう虫のサンバ」にたどり着ける人は……まぁいらっしゃらないのではないかと思いますね。やはりぶっ飛んでいて、スタジオのバナナマンや西内まりやさんも「なんじゃこりゃ」とか「気持ち悪い」とか「怖い怖い」とか言っていましたね。

 

 

おわりに

今年一番ってくらいに楽しめました。久保田アナの天然具合も加わって面白いコーナーになっていましたね。

はいださんは本当に歌が上手ですね。聴きやすいです。私は宝塚時代のはいださんを全く知らないのですが、「千琴ひめか」という名前で活躍されていたそうです。入団3年目でエトワールに抜擢されたということですが、私は宝塚の世界はさっぱりわからないので3年目でエトワールということがどれほどの偉業なのかもわかりません。とにかく凄いことみたいです。

クイズのおわりに、はいださんからバナナマンのお二人に似顔絵がプレゼントされていました。「てんとう虫のサンバ」の虫とほぼ同じなバナナマンでしたが……。

 

dysdis.hatenablog.com

 

スポンサーリンク