ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】エイドリアン・ニューウェイの移籍先候補にウィリアムズ浮上?【2024】

スポンサーリンク

レッドブルF1からの離脱を発表した「エイドリアン・ニューウェイ」の、退団後の新チームの候補の噂に、「ウィリアムズ」も挙がっています。

 

目次

 

ニューウェイのレッドブル離脱

2024年5月1日、「レッドブルF1」が、チームの最高技術責任者である「エイドリアン・ニューウェイ」の、チーム離脱を発表しました。

 

F1速報 2024年5月号 2024年 Vol.4 第4戦日本GP

dysdis.hatenablog.com

 

離脱の時期は2025年の第1四半期で、とのこと。

2025年3月いっぱいと捉えて良いでしょう。

 

古巣に復帰か?

ニューウェイのレッドブル退団の後、どのチームに移籍するかの噂は様々あがっています。

今回古巣「ウィリアムズ」への復帰の噂が浮上しました。

 

ソースはRacingnews365。

以下、誤訳御免。

 

ウィリアムズ

ウィリアムズの「ジェームス・ボウルズ」がニューウェイに接触し、彼が最初にタイトルを獲得したチーム、ウィリアムズへの加入を説得したのだそう。

 

ウィリアムズはフェラーリやアストンマーチンのような経済力はありません。

しかし、オーナーである「ドリルトン・キャピタル」から(交渉の?)支援を受けている模様。

 

交渉は前向きに始まったとされています。

しかし、ウィリアムズはトップチームから何年も遅れているとされるチーム内のインフラの再構築という長期的な計画の中にあります。

その点、ニューウェイ獲得の障害ともなり得そう。

 

しかし、PU関連の新レギュレーションが始まる2026年には、その分野では白紙に戻されることから、現在レッドブルが独占している現状を打破できるかもしれません。

 

ニューウェイにとっては、ウィリアムズは家から近いこと、フェラーリのような複雑なインフラに妨げられることもなく自由に仕事を司ることができること。

また、ニューウェイがもしウィリアムズに加入すれば、(インフラ再構築であるが故に)チームが良い名声を「取り戻す」チャンスを楽しむこともできます。

 

ということのようです。

 

アルボン

ウィリアムズのドライバー「アレックス・アルボン」はこう言っています。

アルボンはレッドブル時代にニューウェイと仕事をしています。

 

ニューウェイの次の動きを見るのは興味深い。

どのチームも彼を捕まえようと追いかけていると思う。

彼が何を選択しても、それが引退であろうとレースであろうと、僕は彼の幸運を祈っている。そして当然のことだけど、僕たちのドアは常に開いているよ。

 

とのこと。

 

感想

感想です。

 

私も、イギリスから離れないのではと思っています。

 

でもウィリアムズはどうでしょうね。

勝てるかどうかで言えば、その可能性はだいぶ落ちると思います。

 

自由に仕事をできると言えば、今のところ最もそれを実現できそうです。

引退が近いのであれば、尚のこと地元がいいという考えもありそう。

だからこそ、最後はフェラーリへという考えもあり得るでしょうけど。

 

dysdis.hatenablog.com

 

個人的には可能性は低いかなと思っています。

でも全くなくもないかもしれません。

というのも、今年はアイルトン・セナの没後30年だからです。

あのときセナが乗っていたウィリアムズのマシンデザインはニューウェイが担当していました。

なので、最後の移籍先にウィリアムズはあり得るかも。

 

ウィリアムズ移籍が実現すれば、角田裕毅の移籍先の候補にもなるかも。

ウィリアムズへは、アントネッリやガスリー、オコンの噂もありますが。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、エイドリアン・ニューウェイの移籍先はフェラーリ、スーパーコンサルタントの役職に就くだろうとの噂についてあれこれと書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon