ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

最適解か?!業務スーパーの山食パン「天然酵母食パン」を購入。生のままや焼いて食べた感想を書いています

スポンサーリンク

スーパーマーケットチェーン『業務スーパー』で食パン「天然酵母食パン」を購入しました。

パッケージや価格、容量、原材料、見た目の紹介、食べた感想を書いています。

 

目次

 

スポンサーリンク
 

 

やっぱりパンが好き

ここ数年、私の中で「パンブーム」が起きています。

世間では「食パンブーム」が来ているらしいので、私もそれと知らずにブームに乗っかっているのでしょう。

私も食パンは市販のものから個人店のものから、頻繁には無理ですけど、気になる品があれば買っています。

 

『業務スーパー』で購入

今回紹介する食パンはスーパーマーケットチェーン『業務スーパー』で購入しました。

 

www.gyomusuper.jp


業務スーパーはバナナチップスやコーヒー豆を購入するために、普段からお世話になっているスーパーマーケットです。

 

業務スーパー「天然酵母食パン」

今回購入した品は「天然酵母食パン」です。

 

天然酵母食パン

画像が本品のパッケージです。

 

天然酵母

食パン麦

 

麦パン工房

Natural Yeast Bread

 

カットするよりも、さいていただいた方がより食感が良く、おいしく召し上がりいただけます。

 

引用部のように書かれていました。

割いて食べる、贅沢ですね。

 

山食パン。

○枚切りではなく1本。

 

天然酵母食パン

別の面です。

 

食パンとは何?

「食パン」とは何か、とあえて書く必要があるのかというほど、私たちの生活に入り込んでいる食品ですね。

でも一応調べました。

 

食パンとは、生地を発酵させ、大きな長方形の箱型の型に入れて焼いたパンのことである。

 

食パン - Wikipedia

 

食パンのWikipediaには上記引用部のように書かれています。

まんまです。

 

角食パンと山食パン

食パンには大きく分けて2種類あります。

「角食パン」と「山食パン」。

この両者の違いは何でしょう?

 

まず見た目から異なりますよね。

角食パンは生地を型に入れた後に蓋をして焼くために四角くなります。

山食パンは生地を型に入れた後に蓋をせず焼くために上部が膨らんで山型になります。

 

食感の違いは、角食パンは蓋をして焼くため湿気が内部にこもり、しっとり滑らかな触感・食感になります。

角食はそのまま食べても柔らさが出ます。

一方山食パンは蓋をせずに焼くため湿気が蒸発し、生地が縦に伸びることからキメが粗くなり、ふんわりとした軽い触感・食感になります。

山食は焼いた方が良さをより生かせるでしょうか。

 

『麦パン工房』

今回紹介している業務スーパー「天然酵母食パン」は『麦パン工房』という会社が作っているパンみたいです。

 

www.mugipan.co.jp

 

本社は岐阜県岐阜市にあるようです。

作っている工場は「さいたま工場」。

 

www.kobebussan.co.jp

 

『麦パン工房』は『業務スーパー』などを経営している『神戸物産』のグループ会社でした。

 

原材料や栄養成分など

「天然酵母食パン」の原材料や栄養成分を見てみましょう。

 

原材料

原材料です。

 

天然酵母食パン

  • 小麦粉(国内製造)
  • 糖類
  • ショートニング
  • 加糖練乳
  • 酵母
    • パン酵母
    • 天然酵母(パネトーネ元種)
  • 食塩
  • マーガリン
  • 全卵粉末
  • 小麦グルテン
  • 発酵風味料
  • 果汁粉末
  • 植物油脂
  • 甘味料(ソルビトール)
  • 酢酸Na
  • 香料
  • カロチン色素

 

一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む。

内容量は「1本」。

アレルギー物質に注意してください。

 

栄養成分

栄養成分です。

 

天然酵母食パン

  • エネルギー:243Kcal
  • たんぱく質:7.0g
  • 脂質:4.0g
  • 炭水化物:45.9g
  • 食塩相当量:1.0g

 

100gあたりの栄養成分(推定値)です。 

 

価格

「朝の輝き」を購入したときの価格です。

価格は185円(税抜き)でした。

税込み199円。

 

取り出す

業務スーパー「天然酵母食パン」を袋から取り出してみました。

 

天然酵母食パン

結構な大きさがあります。

普通の食パンの2斤〜2.5斤ほどの大きさがありそう。

 

天然酵母食パン

天然酵母食パン

パッケージに書かれているとおりに裂いてみました。
きっもちいい。

 

パン切り包丁でカットするよりも手で裂いた方が断面が凸凹が生まれるのでしょう。

山食は角食よりも生地が粗いそうですし、実際に見た目からも粗さは感じられます。

裂いた方が山食ならでは粗さを活かせそうですし、その分食感の変化をより強く感じられて合っていそうですね。

 

触れたときにはしっとり感がありました。

甘い香りも漂ってきます。

美味しそうだ。

 

食べてみた

業務スーパーの「天然酵母食パン」を食べてみました。

まずは焼かずに生のまま、何も付けずに食べます。

 

これから食べた感想を書きますが、私の感覚や評価が絶対的なものではないことは考慮の上ご覧になってください。

 

食感の感想は「美味い!」です。

思っていた以上にふんわりしていて、またしっとり感もあります。

もっちり感も多少ありました。

やはり山食ですからそれほどでもないですね。

 

山食ということで、食べる前はパサつきがあるかもと少し心配していましたけど、口の中では一切感じられません。

 

それとパンの甘みが強いです。

現在を見ると色々入っているので甘味はそれらのお陰かも。

 

焼いてみた

焼いてみました。

トーストですね。

 

天然酵母食パン

画像が焼いた状態です。

相変わらず少し焼きすぎたかも。

 

山食ということで、やはり焼くとサクッとした食感が出ますね。

裂いて分けた効果もあるでしょう。

裂かれて先が立った生地の先が、焦げるほどまで焼かれて、噛むとカリカリしています。

パン切り包丁で切って断面を綺麗にしてしまうと、裂くほどのカリカリ感は得られないと思います。

 

中身は焼くことでモッチリ感が出ました。

生のままではあまり感じられなかったのに。

 

味は甘味があって美味しいですよ。

2斤から2.5斤ほどの大きさが合って199円ですから、1斤にすれば100円以下の値段になります。

その価格でこの美味しさは反則級です。

貧乏人が日常で食べる食パンとしては本品が一番かもしれない。

私の最適解が出た感。

そのくらい美味しいです。

 

難点

本品は1斤ではなく1本のため、我が家では一度に食べ切れません。

その日に食べない分は手頃なサイズに切り分けて、それぞれラップをして、それらをジップロック的な袋に入れて、冷凍庫へ入れて保存することになります。

 

一度冷凍をしたパンは、開封後に手で裂いて食べたときと同じ食感にはなりませんでした。

解凍したパンは生のままほどのふんわりとしっとり感はなく、焼いても同じモッチリ感は得られない印象です。

当たり前といえば当たり前でしょうけどね。

  

合わせ方

業務スーパー「天然酵母食パン」は何と合わせると良いでしょう?

 

素の状態で十分美味しいので、個人的には余計なことはしないで食べたいです。

ジャムやマーマレードはおろか、バターやマーガリンすら付けずに。

もちろん付けて食べても美味しいです。

 

おわりに

ということで、スーパーマーケットチェーン『業務スーパー』に山食「天然酵母食パン」が売られていたので、買って食べてみた記事でした。

 

もうしばらく他の商品はいいかなと思えるものに出会ってしまいました。

いや他にも試しますけど。

 

ポリ袋でかんたん! 甘酒&酒粕でつくる天然酵母パン

ポリ袋でかんたん! 甘酒&酒粕でつくる天然酵母パン

 

 

スポンサーリンク