ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

赤の女王と盟約を交わした「ねこや」の店主にはどのようなメリットがあるのでしょう? - アニメ『異世界食堂』1話「ビーフシチュー」「モーニング」の感想

スポンサーリンク

2017年7月4日火曜日より、テレビ東京にてアニメ『異世界食堂』が放送されています。

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次 

 

 

アニメ「異世界食堂」

isekai-shokudo.com

 

 

2017年7月1日の放送は第1話「ビーフシチュー」「モーニング」でした。

 

 

イントロダクション

オフィス街にほど近い商店街の一角、雑居ビルの地下一階にその店はある。

猫の絵が描かれた看板が目印の、創業70年の老舗食堂「洋食のねこや」。

どこにでもありそうなこの洋食屋の扉は、週に一度“特別営業”の土曜日にだけ「ある世界」とつながる。

異世界の様々な場所に現れる扉を通じてやってくる、生まれも文化も、所属すらバラバラな「向こうの世界」の客たち。

そんな彼らが分け隔てなく料理に舌鼓を打てる、不思議な”魅力”がここ「異世界食堂」にはある。

この店で生まれる異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会を描く、温かい出会いの物語。

このようなイントロダクションです。原作は小説投稿サイト『小説家になろう』の作品だそうです。そこから主婦の友社『ヒーロー文庫』から小説化され、スクエア・エニックス社『ヤングガンガン』で漫画化され、そして今回アニメ化されたということのようです。

ジャンルはファンタジー・料理でしょうか。私は原作未読です。

 

 

『異世界食堂』の登場人物

アニメ異世界食堂に登場する主な人物(?)を紹介します。

 

まずは本作の主人公が洋食屋「洋食屋のねこや」の店主、名前もそのまま「店主(てんしゅ)」です。CVは「諏訪部順一(すわべ・じゅんいち)」さん。

公式Webサイトのキャラクターページによると店は「十年前に祖父から受け継いだ」そうです。種族は人間と思われます。口ひげと顎ひげを生やした厳つい見た目をしています。

 

本作ヒロインは、おそらく「アレッタ」です。CVは「上坂すみれ(うえさか・すみれ)」さん。

「魔族の少女」です。1話Aパート終盤に「ねこや」に迷い込んで、Bパートで「ねこや」の給仕(ウェイトレス)として週に1日働くことになりました。店主の賄いのモーニングをごちそうになっています。モーニングはトーストとベーコンとスクランブルエッグとサラダとコーヒーだったでしょうか。

常連客はWebサイトに載っている人物(?)で1話に登場したのは3人いました。

一人は「赤の女王(あか・の・じょおう)」です。CVは「伊藤静(いとう・しずか)」さん。「伝説の魔竜の1人」だそうです。赤い巨竜、レッドドラゴン、火竜でしょうか。

赤の女王は「とある理由」で店には一人で訪れるということですが、正体は異世界の神の1柱のようです。ビーフシチューがお気に入り。

 

二人目は「タツゴロウ」です。CVは「大塚芳忠(おおつか・ほうちゅう)」さん。「その武名を轟かせる大剣豪」だそう。後述する「アルトリウス」とは顔なじみです。テリヤキチキン(照り焼きチキン)がお気に入り。

 

三人目は「アルトリウス」です。CVは「清川元夢(きよかわ・もとむ)」さん。伝説的な大魔術師で「常連客の中では一番の古株」とのこと。ロースカツがお気に入り。

1話には他にも登場しましたが、基本的にはこの辺りになりそうです。Webサイトには「クロ」という女性キャラもいましたが、この「クロ(赤)」という名前からして赤と関係していそうですね。クロも神ではないかと想像します。

 

 

1話「ビーフシチュー」「モーニング」

1話は、Aパートはタツゴロウやアルトリウスが自分が好きな洋食こそが最高だと主張し合って喧嘩になりそうになっていたり、赤の女王がビーフシチューを食べたりテイクアウトしたりしていました。Bパートはアレッタが身の上話をしたり働くことになったりです。

 

 

『異世界食堂』の設定

『異世界食堂』1話を観た限りの設定部分を書きます。

「洋食屋のねこや」は週に一度だけ扉が異世界に通じて異世界の住人に向けてお店を営業しています。

異世界に週の概念はあるのでしょうか。店主は、週に一度と言った後に7日に一度と言い直していましたから、通じない場合もあるのかなと思われます。

赤の女王が店主と契約(盟約)を交わしています。盟約の内容は定かではないです。扉が異世界に通じる盟約でしょうか? 何のために? 店主側に何のメリットがあるのか? は今後明らかになるのでしょう。

赤の女王が初めに盟約を交わした相手は、現店主ではなく先代の彼の祖父である可能性があります。「祖父から店を継いだ」設定があるので。もしかしたら現店主の祖父母、またはどちらかが異世界の住人かもしれません。

「ねこや」は赤の女王の財宝の一つで、赤の女王によって守られているようです。店で働く店主や給仕のアレッタも、当人たちは意識していないでしょうけど、赤の女王に守られています。赤の女王であっても店に赴き、来店時は人間サイズに変身します。

アレッタが魔族について語っていました。魔族は魔族の神(邪神?)の加護を受けている証として人ならざる部分が必ず宿る、角や尻尾が生えていたり体が鱗で覆われていたり血や汗が毒になっていたり体の一部が透き通ったスライムになっていたりすると。

父親か母親のどちらかが人間かハーフエルフであっても必ず神様の加護を宿して生まれる。アレッタは頭部の小さなヤギの角だけ。異世界には魔族だけでなく人間も住んでいるということですね。祖父母が魔族であった場合はその孫に遺伝するのでしょうか?

「人間の町である王都」とアレッタは言っていたので、王都は人間が支配しているのでしょう。王都ということは王国ですか、王国という名称があるのなら王国の他に帝国などもあるのでしょう。今のところ詳しいことはわかりません。

 

 

『異世界食堂』のOP/ED

『異世界食堂』のOP/EDです。

 

OPは曲名が「One In A Billion」で、歌っているのは「Wake Up, May'n!」さんです。

 

EDは曲名が「ちいさなひとつぶ」で、歌っているのは「安野希世乃(やすの・きよの)」さんです。

 

 

おわりに

『異世界食堂』1話が終わりました。原作未読なのでアニメが初見になる作品です。

観る前の印象は、スライムのゼリーとかトロールのサーロインステーキとか、マンドラゴラのサラダとか、そういうモンスターを食材に使ったいわゆるゲテモノ料理が出てきて、異世界で営業している食堂にやって来た冒険者たちが食べる物語なのかと想像していました。

店主がダンジョンなどで冒険をして食材になるモンスターを狩ったり、冒険者が食材を持ち込んだりして。

 

なので事前の印象とはかなり異なる物語の内容になっていました。思いの外全うな飯テロアニメです。

今後もブログで記事にするかは今のところわかりません。ブログにしづらい内容かと思いますので厳しいかも。

 

dysdis.hatenablog.com