ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

NHK『あさイチ』で、気圧の変化で頭痛や関節痛が起こる「気象病」について放送されていました

スポンサーリンク

平日朝のNHK総合で放送されている生活情報番組『あさイチ』、今日2015年11月17日火曜日の冒頭のコーナーでは「気象病」の特集が組まれていました。

 

www1.nhk.or.jp

 

今日放送のあさイチは「3シェフ NEO じゃがいも」の特集です。その前にもコーナーがありまして、そこで「気象病」の話題が取り上げられていました。

天気が悪いと体調が優れない、と感じたことはありませんか? 私はあります。台風や強い低気圧が近づいてきたり、強くなくてもしばらく晴れの天気が続いた後の雨の日などは、身体がだるかったり頭痛がしたりします。番組で街行く人にアンケートを取ったところ、30人中15人の方が天気が悪いと体調が良くないと感じていて、日本人のおよそ1000万人がこの「気象病」に悩まされているそうです。

 

健康 天気予報

www.bioweather.net

 

インターネットのサービスに『健康 天気予報 バイオウェザーサービス』というWebサイトがあります。こちらには気象や気候、環境などの変化を予測して、そこから喘息や関節痛などの病気に関する予報をしています。あいにく貼ったWebサイトでは頭痛は……あるのでしょうか。偏頭痛のアイコンの説明をしている箇所はあるようですけど、予報の一覧には偏頭痛の項目がないようです。

あさイチではスマホのアプリケーションで44万人が利用しているという「頭痛予測アプリ」なるものが紹介されていました。こちらは時間ごとの気圧の変化がグラフ化されていて、気圧が急激に下るときに警戒を出して頭痛への注意を呼びかけてくれる、というサービスのようです。こちらはとても欲しいです。私はスマホもタブレットを持っていないので使いたくても使えません……残念。

 

追記

上記サイトに「個人設定」という項目があり、調べたい項目のラジオボタンにチェックを入れる(クリックする)ことで健康 天気予報に出てくる項目が変化するみたいです。それでも頭痛はないようでしたが。

 

頭痛と気圧の関係

頭痛と気圧は関係あるのでしょうか。番組で頭痛と気圧の関連について説明がありました。

それによると……人間の耳には「内耳」という平衡感覚を司る器官あり、内耳に気圧の変化を捕らえるセンサーがあります。「気圧センサー」が敏感な人は、気圧のわずかな変化でも平衡感覚が狂い、身体が揺れている、と脳に伝えてしまいます。一方、目からは、身体が揺れていない、という情報が伝えられ、脳が混乱し大きなストレスを感じてしまいます。そのストレスが、全身に張り巡らされている神経を興奮させ、頭痛や関節痛などを引き起こしている……と考えられています。

 

気象病の頭痛対策

これらの情報をふまえ、番組では気圧の変化による頭痛の対策をしている女性を取材していました。その方は、予報などで気圧が下がるとわかったときは、酔い止め薬を飲んでいるそうです。

乗り物酔いも気象病による頭痛も、どちらも気圧の変化による内耳の平衡感覚の乱れのなので、気圧が下がる前に酔い止め薬を飲んでおくことで、内耳を落ち着かせて頭痛を予防することができる、と説明されていました。

その女性は、予報サイトを見ることで頭痛が始まる前に対策ができることと、終わりがわかるようになったことで、気持ちが軽くなったそうです。薬の効果そのものより心理的なストレス低下の効果を実感されているようでした。

気象と体調について研究していらっしゃる方も、酔い止め薬が効くと言っているようです。レポーターのNHK西堀裕美アナウンサーが言っていました。

また、頭痛薬だと痛みが出てからになるから、頭痛が出る前に酔い止め薬を飲む方が良いのではないか。VTRに出演していた女性が言うには、頭痛薬だと鎮痛剤が入っていて胃が荒れるから、それより酔い止め薬の方が良かったということだそうです。

 

注意点

注意点が2点ありまして、一つは頭痛が本当に気圧の変化によるものかを知ること、もう一つは酔い止め薬を飲むのは頭痛が発生する前であること、です。

前者は自分でメモを取ったり日記をつけるなどをして、頭痛と気圧の関連性をしっかりと把握することが重要になりそうです。

 

 

おわりに

これは非常に有効そうな対策ですね。上にリンクを貼ったWebサイト『健康 天気予報 バイオウェザーサービス』の予報では、関節痛の予報が表示されています。

気圧の変化による関節痛であれば、頭痛と同じ原因ですので、気象病としての頭痛でお悩みの方で、私のようにスマホやタブレットを持っていない方は、同サイトの関節痛の予報を確認して、必要であると判断されたら酔い止め薬を飲むように行動されると良いかもしれません。

私は毎回のように酔い止め薬を飲むのはどうかと思います。金銭的に。なので、そのまま実践はできないですけど、予報サイトを見て心構えだけでもしておこうかと思います。それと、家族にも気象病の人がいるので、酔い止め薬のことは教えようかと。

 

dysdis.hatenablog.com

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬「クニヒロ」 12錠

【第2類医薬品】乗りもの酔いの薬「クニヒロ」 12錠

 

 

スポンサーリンク