ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

『シャキーン!』で新コーナー「雑学亭五郎」が始まりました。豆腐屋の娘は「蔵下穂波」さんです

スポンサーリンク

平日07:00よりEテレにて放送されている知的エンターテインメント番組『シャキーン!』、今日2017年4月24日の放送で新キャラクターが登場していました。

 

 

 

新コーナー「雑学亭五郎」

www.nhk.or.jp

 

2016年度から、『シャキーン!』のコーナーに「天才数学者56教授」というものが放送されていました。俳優「田辺誠一(たなべ・せいいち)」さんが演じる56教授は、何でも数字に置き換えて考えてしまう厄介な人で、周りの人間は56教授が提示する数字を解読しないといけません。

要は「語呂合わせ(ごろあわせ)」のコーナーで、教授が会話などを数字に置き換えてしまうのですね。

2016年度で「天才数学者56教授」は終わったみたいで、今日2017年4月24日の放送では主演も田辺さんのまま、設定が少し変わっただけで、内容もほぼ変わらない新コーナーが始まっていました。

新コーナーの名前ははっきりと言われていなかったと思いますが、「雑学亭五郎(ざつがくてい・ごろう)」なる売れない落語家が主人公で、近所に住む豆腐屋の娘とのやり取りから、五郎が新しい噺のネタをひらめく、というコーナーです。噺の内容に語呂合わせを使っています。

「雑学亭五郎」がそのままコーナー名だったのかもしれません。

 

 

豆腐屋の娘は「蔵下穂波」さん

その「雑学亭五郎」とやり取りをしている豆腐屋の娘を演じているのが、俳優「蔵下穂波(くらした・ほなみ)」さんです。役名はまだないのでしょうか。

蔵下穂波さん演じる豆腐屋の娘は「徳川慶喜の誕生日みたいだね」と五郎さんに言われていました。

徳川慶喜は江戸幕府最後の将軍ですね。第15代征夷大将軍。慶喜の誕生日は「1837年10月28日」です。「1837(いやみな)10(とう)2(ふ)8(や)=嫌味な豆腐屋」だそうです。

五郎が娘に、お父さんに豆腐を安くしてよと頼んだのですが、豆腐の値段を下げてしまうと自分のお小遣いが下がってしまうから嫌だと娘が答えたことでひらめいていました。

 

 

蔵下穂波さんは喜屋武エレン

豆腐屋の娘を演じる「蔵下穂波」さんは朝ドラ(朝の連続テレビ小説)『あまちゃん』に出演していました。

ヒロイン「天野アキ(あまの・あき)」がアイドルをしていたときに、彼女が加わっていたアイドルグループ「GMT」のメンバーの1人「喜屋武エレン(きゃん・えれん)」を演じていた方です。そのまま沖縄出身の子でした。

マイペースでほんわかした雰囲気を醸していた子ですね。アキの実家の岩手県まで遊びにも行っていたかと思います。喜屋武ちゃん好きな視聴者は当時少なからずいたはず。私もそうでした。

私は彼女がデビューを飾った映画『ホテル・ハイビスカス』が大好きだったので、蔵下穂波さんは馴染みのある方です。

 

 

 

おわりに

天才数学者56教授のように、蔵下さん演じる豆腐屋の娘が五郎に恋をする展開が待っているのでしょうか? あまり恋愛臭がしない2人ですけど。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク