ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

血糖値を下げる「デルタパワー」を増やすために必要な方法は簡単で、アレする時間を増やすことだそうです - NHK『ガッテン!』

スポンサーリンク

毎週水曜日19:30から放送されているNHKの生活情報番組『ガッテン!』、2017年2月22日の放送は「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」として「デルタパワー」なる謎のワードを特集していました。

 

 

目次 

 

 

最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎

www9.nhk.or.jp

 

NHKの生活に役立つ情報番組『ガッテン!』、2017年2月22日の放送は「最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」として「デルタパワー」に関する特集が組まれていました。

このデルタパワーなるものを増やすには新しい薬を飲むだけで良いそうです。で、この「デルタパワー」って何? となりますよね。それを番組で説明していました。

このデルタパワーが増えている状態は血糖値コントロールができていて、将来的に「糖尿病(とうにょうびょう)」になりにくい身体を作ることにつながっているのだそうです。

 

 

デルタパワーとは何か?

結論から申しますと「デルタパワー」とは、私たちヒト(人)が熟睡しているときに出ている脳波のことで、「デルタ波(でるた・は)」の量を示しているそうです。

 

デルタ波(デルタは、英: Delta wave)は、脳波計[1] (EEG) によって計測される、周波数が 1 Hz から 4 Hz で高振幅の脳波であり、徐波睡眠 (slow-wave sleep) と関連付けられている。
デルタ波はノンレム睡眠時のステージIV で最も頻繁に検出され、計測される脳波の 50% 以上になる [2] 。

デルタ波 - Wikipedia

デルタ波のWikipediaにはこのように書かれています。ノンレム睡眠のステージ4でどうたらと書かれていますが、これが上記の「熟睡しているとき」を指しているのでしょう。

このデルタパワーが多い、つまり熟睡して脳波のデルタ波が出ているときに、血糖値が下がるそうなんです。逆を言うと、デルタパワーが少ない、つまり熟睡できずデルタ波の量が少ないと、血糖値が上がるのだそう。

デルタパワーが少ないから血糖値が上昇して、血糖値が上昇するとデルタパワーも落ちる、という負のサイクル(悪循環)に陥っている人が睡眠時間の少ない現代人には多いみたいです。

 

 

デルタパワーを上げる新薬とは?

要は、デルタパワーが落ちている人にはもっと熟睡してもらおう、ということですから、前述したデルタパワーを増やす新しい薬とは「睡眠薬(すいみんやく)」のことを示しています。

従来の睡眠薬は「脳の活性を抑えてることで熟睡を取り戻す」効果があるのだそうです。しかし、新薬は「睡眠ホルモンに働きかけて熟睡だけを取り戻す」効果を得られるそうなので、自然な睡眠ができて、起きている間の普段の生活に支障が出にくい、ということでした。

新薬は副作用も少ないそうです。しかし服用は医師の指示に従うようにしましょう、とのこと。

確かに、強い風邪薬や頭痛薬、酔い止め薬などを飲むと、脳が強制的にシャットダウンして眠ってしまうことがありますよね。あれは不自然な眠りに感じられ気持ち悪く、あまり使いたくないので私は使用を避けています。

 

 

睡眠(熟睡)時間が足りているか?のチェック方法

自分の睡眠が足りているかどうか、睡眠時間は取れていても熟睡できているかどうかがわからない、という人のために番組ではある目安が提示されていました。

 

  • 1時間を超える昼寝を頻繁にする。
  • 仕事に差し支えるくらいの強い眠気を頻繁に感じる。

 

この2点に該当する方、いずれも日中の眠気を感じている場合ですが、その方は睡眠時間が足りていない、熟睡できていない、可能性がありますから、一度かかりつけの病院行って医師に相談すると良いそうです。

また、「睡眠を扱う専門外来」もあるそうなので、ネットで調べてみたり自治体に問い合わせてみたりすると良いですね。

 

 

理想の睡眠時間は7時間半ではなく…?

番組などの実験の結果では、睡眠時間は「8時間半」ほど寝ることが理想だと、判明していました。7時間半と8時間半の1時間の差であっても「インスリン分泌能」という、「すい臓(膵臓)」がインスリンを作る能力、が大きく異なるそうです。

いわゆる「寝だめ」として休日に10時間ほど長時間寝る行為も、実は「寝だめ」ではなく、それまで身体を酷使したことによる「寝不足の負債を解消」する行為だということも判明していました。

いくらでも寝て良い実験をすると、最初は1日に11時間ほど寝られても、次第に1日8時間半ほどに落ち着いてくるのだそうです。その落ち着いた睡眠時間が理想の睡眠時間で、計ると8時間半だったということでした。

 

 

おわりに

私も血糖値が気になるんですよね……以前も高いと言われたことがありました。甘いものが好きだったりお米が好きだったり(いずれも炭水化物、糖質)もあるのでしょうけど、今回の放送を観て、睡眠不足・熟睡不足の可能性も低くないだろうと思いました。

毎日5時35-45分にアラームをかけて、夜寝るのは11時30分頃です。午睡をすることも多いですから……熟睡が足りていないでしょうね。新薬を買うのは金銭的に無理としても、もっと睡眠時間を取る努力をしないといけないなと感じました。

まずは番組で紹介していた「筋弛緩法(きん・しかん・ほう)」というリラックス法でも試しましょうか。体の緊張を解してリラックスすることで心の緊張も解して寝付きを良くしましょう、という方法でした。これならお金がかからないです。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク