ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ピエール・マルコリーニさんがNHK『あさイチ』に出演し、「カレ・ジャポネ」なる日本向けのバレンタインチョコのレシピを教えてくださいました

スポンサーリンク

平日08:15からNHK総合で放送されている生活情報番組『あさイチ』、2017年2月7日火曜日の放送は「レジェンドキッチン ピエール・マルコリーニ」の特集が組まれていました。

 

 

目次

 

 

レジェンドキッチン ピエール・マルコリーニ

www1.nhk.or.jp

 

NHK『あさイチ』の2017年2月7日火曜日の放送は、「レジェンドキッチン ピエール・マルコリーニ」という特集でした。

 

www.pierremarcolini.jp

 

2017年のバレンタイン・デーまで一週間ということで、世界的なショコラティエ「Pierre Marcoliniピエール・マルコリーニ)」さんがスタジオに出演して、大人なバレンタインチョコのレシピなどチョコレートの魅力が紹介されていました。

今回は国会中継が入っているため08:55までの短縮放送でした。

 

 

マルコリーニさんのチョコの楽しみ方

マルコリーニさんがチョコレートの楽しみ方を伝授してくださいました。

 

  1. 「冷たいチョコはもったいない!」
  2. 音色の耳を済ませて…
  3. 舌だけじゃ駄目!口全体で楽しんで!
  4. すぐには飲み込まないで

この4点だそう。

1つ目は、常温の方がチョコ本来のアロマ(香りや味)を楽しむことができますよ、ということです。2つ目は、チョコレートを割ったときのパリッカリッとしたクリアな音を楽しんで欲しいみたいです。「チョコレートの歌」だそう。チョコレートの音が良いということは、チョコレートのクオリティの高さの証明でもあるようです。チョコの結晶が綺麗にできていると音も良いと。

3つ目と4つ目は、チョコは一口大に手で割ってから鼻の近くに持っていって香りを楽しみそれから口に含み、美味しいチョコレートはアロマを楽しんで欲しいので、ワインのように舌と上顎の所でチョコを上手に回すようにして食べる(溶かす?)、という食べ方が勧められていました。飲み込んだ後も口にチョコの香りが残っていれば、それがそのチョコのクオリティの高さを証明しているのだと。

「チョコレートは皆さんをカカオの産地までの旅に誘ってくれる」と言っていましたね。日本人にはなかなかできない表現と思います。

 

 

マルコリーニさんの「カレ・ジャポネ」

マルコリーニさんが教えてくださったチョコレートのレシピは「Carre Japonais(カレ・ジャポネ)」です。実際の名前は「Carre」の「e」にアクサンテギュ(アクセント)が入っています。

カレ・ジャポネとはフランス語で「日本風の四角いチョコレート」の意味だそう。

「カレ・ジャポネ」を作るための材料(50個分)は、ダークで香りのしっかりした良い「チョコレート」が250gと、脂肪分35%の「生クリーム」が200g、「砂糖」が30g、「無塩バター(有塩可)」が45g、辛口の「日本酒」が20ml、「黒ゴマ」が50g、「シソ(紫蘇)の葉」が適量です。

大事なことは「クオリティの高いチョコレートを選ぶこと」です。バターはツヤツヤ感やコク出しのため、日本酒はアロマ効果も狙っていると言っていたでしょうか。砂糖はあまり入れないのが最近の傾向だそう。確かに最近は甘すぎるチョコレートが少ない気がします。

「カレ・ジャポネ」の作り方です。まずチョコレートを刻みます。次に生クリームと砂糖を鍋に入れ「弱火」で煮ます。生クリームを入れるときは2-3回に分けて「ゆっくり」と入れ、その後刻んだチョコレートに加えて混ぜます。混ぜるとき「ヘラ」は中から外へ動かします。バターを加えることにより、コクが出てツヤツヤになります。また日本酒を加えることで、アロマ効果が強まります。

保存容器の底をラップで覆い、その上からクッキーングシートを敷き、その上からチョコレートを流し入れます。冷蔵庫で「12時間」冷やします。バターを入れていると12時間ではカチカチまで固まらないようです。

チョコレートが冷やしたら冷蔵庫から取り出して、予めお湯に浸けて温めておいたナイフや包丁で1.5-2cmほどの大きさにチョコを切って、上から「黒ゴマ」をまぶし、仕上げとして「シソの葉」を下に敷きます。楊枝でチョコとシソの葉を留めて出来上がりです。

 

 

おわりに

ピエール・マルコリーニさんは、数週間前に放送された『マツコの知らない世界』にも登場していたように思います。私は「楠田枝里子(くすだ・えりこ)」のパワーに圧倒されてしばらく消音で観ていたので、何を話していたか何をしていたかはっきり思い出せないのですが……。

チョコレート、私は大好きでしてほぼ毎日少しずつ食べています。でもマルコリーニさんが教えてくださったようには食べていません。口で溶かしてなんて悠長なことはせずにヒョイパクヒョイパクです。子供の頃からの食べ方が染み付いています。変えるつもりもないのでこれでいいのです。

好きなものを好きなときに好きなようにこれこそが幸せなのではないかと、そう思う訳です。でも、今日の分のチョコは既に食べてしまったので、明日はマルコリーニさんの仰るように口の中で溶かして味わってみようと思います。新しい発見があるかもしれないですから。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク