ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

映画「ようこそ赤ちゃん」はキアリスの「ワンダーランド」で上映されるのでしょうか? - 朝ドラ『べっぴんさん』139話の感想

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年3月18日放送の第139話は、映画「ようこそ赤ちゃん」が上映され、健太郎の意識が変わっていました。

  

 

第24週「光の射す方へ」

www.nhk.or.jp

 

2017年3月13日月曜日の放送から朝ドラ『べっぴんさん』は第24週「光の射す方へ」が始まっています。

舞台は昭和48年(1973年)から昭和49年にかけての時代です。昭和48年に「オイルショック(石油危機)」が起こり、日本経済が大打撃を被っています。

ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」たちが立ち上げた子供用品の総合店『キアリス』もその例外ではありません。それまで拡大路線を採ってきましたが、慎重路線への方向転換を迫られています。

しかし、すみれの夫「坂東紀夫(永山絢斗)」や「村田君枝(土村芳)」、「小澤良子(百田夏菜子)」、「小野明美(谷村美月)」など創設者やそれに近い立場の人間が慎重路線を取ろうとする中で、すみれの一人娘「さくら(井頭愛海)」と結婚をした、君枝と夫「村田昭一(平岡祐太)」の一人息子「村田健太郎(古川雄輝)」はその方針に反対しています。幹部の中で健太郎だけが拡大路線を継続したがっています。

前週、若者向けファッションブランド「エイス (AIS) 」が倒産をしました。社長の「岩佐栄輔(松下優也)」は表舞台から姿を消し、すみれの姉「ゆり(蓮佛美沙子)」と夫「野上潔(高良健吾)」の家に身を寄せています。

すみれたちは、「キアリス」の後輩や若いお客さんにバトンを渡すため、映画を作ることにしました。かつて新米お母さんのための育児本「キアリスガイド」の映像化です。映画のタイトルは「ようこそ赤ちゃん」になりました。

良子と夫「小澤勝二(田中要次)」の一人息子「龍一(森永悠希)」が、友人のカメラマン「亀田(上地雄輔)」を紹介してくれました。監督は紀夫、助監督は今は専務(?)の「足立武(中島広稀)」、脚本は「キアリスガイド」のテキストを手掛けた明美、主演はさくらと健太郎の一人娘「藍」です。さくらも母親役として出演します。

映画製作には明美から誘われた栄輔も参加していて、撮影はその栄輔の段取りの良さも手伝って、大きなトラブルもなくクランクアップしたようです。

 

 

映画「ようこそ赤ちゃん」完成試写会

龍一と勝二の世界の料理を出す料理屋&喫茶店「レリビィ」で身近な人を集めて上映会を行いました。かなり満足のいく内容のようで、すみれを始め会場の皆が笑顔です。

上映会が終わり、紀夫に促されて皆の前に出たすみれと明美と君枝と良子の4人。4人を代表してすみれが挨拶をすることになりました。

内容は自分たちの「原点」についてです。原点とは、お母さんのため、赤ちゃんのためにモノを作ってきた、ということ。その想いを、何十年後になって自分たちが現役でなくなっても、その時代時代のお母さんに想いを伝えられたら……と、作られた映画です。

自分たちの時代では無理としても、いつか「キアリス」と聞けばほんわかする気持ちになるような、そんな場所に「キアリス」がなってくれれば、とすみれたちは願っています。

 

 

健太郎が原点に立ち返る

後日、映画の内容を見、すみれのスピーチを聞いた健太郎は、「キアリス」の会議の場で、企業の拡大路線を推し進めてきた開発宣伝部の部長としての自分の方法と順番が間違っていたことを認めました。

健太郎は原点に立ち返り、「キアリス」を本来の赤ちゃんと子ども用の洋服を扱うお店にすることを宣言しています。大人用品からの撤退、子供服の年齢層を元に戻し、ベビーと子供用品だけの形にし、品物で潰れてしまったスペースを広く取って育児相談にも乗るようにする、と。

これらはまさに「キアリス」が立ち上がった当初に、すみれたちがしてきたことでした。

 

 

おわりに

139話ラストで、潔が「キアリス」のすみれと紀夫の働いている社長室を訪ねてきて、東京は銀座の空きビルを格安で借りられるようになったから、「キアリスの『ワンダーランド』」を作らないかと提案していました。すみれは超乗り気です。

第25週は「時の魔法」です。大手商社「KADOSHO(かどしょう)」の社長「古門充信(西岡徳馬)」が「ワンダーランド」への出資を申し出ていました。しかし、古門は栄輔を捨てて、「エイス」を倒産の道に一気に進めさせた張本人です。それを知っているすみれは古門の申し出を受けるのかどうか……という話になりそうです。

「星野真里(ほしの・まり)」さんが新たなキャストとして次週に出演するみたいです。

星野さん自身は『べっぴんさん』初登場ですけど、キャメラマンの亀田とは異なり、設定的に初登場の人物ではないと思われます。予告を観る限り。予想では、その昔「キアリス」のショーウィンドウに飾られていたワンピースを、ずっと眺めていた女の子かなと。彼女が大きくなって会いに来たのでしょう。たぶん。

今回気になったことは、映画を作ってお終いになっていたことです。映画は自分たちのために作ったものではないのですから、どこかに上映する場所を設けて一般の方に観てもらう必要があります。自費制作でしたけど、費用の回収もしたいでしょうから。その場所は「ワンダーランド」になるのでしょうか? その辺りが気になっています。

それと、次週予告では栄輔と明美が並んで振り返っている描写がありましたね。あれはまさか……2人はやはり結婚するのでしょうか?

 

dysdis.hatenablog.com

2017年3月17日のアプデでは鈴谷改ニは実装されず!昼戦火力が敵味方とも最大約20%上昇は怖いです…

2017年3月17日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、本日行われているメンテナンスに伴うアップデートの内容が告知されています。

 

 

2017年3月17日のアップデート内容

 

というツイート群がそれ。多いですね……。

まず、2017年3月17日行われたメンテ&アプデでは、「ある巡洋艦」、これは最上型重巡洋艦3番艦「鈴谷(すずや)」と噂されていますが、彼女の改ニの実装はありませんでした。次回以降に持ち越しです。

今回のアプデは数こそ多いもののいずれも大掛かりな変更ではないです。簡単に書きますと「編成記録枠」の追加とUI改善、 水上機母艦「瑞穂(みずほ)」が「大型艦建造」にて建造可能、 新任務が4つ追加、陸上攻撃機「九六陸攻」が「開発」可能、「12.7cm連装高角砲」の開発率上昇、「改修工廠」にて「二式水戦改」や「高角砲」関係の改修追加、「二式水戦改」のアイコンなど変更、「阿賀野(あがの)型」改と「大淀(おおよど)」改、「川内(せんだい)型」改二のステータス上昇、 一部グラフィック変更、「遠征」確認画面UI更新、「出撃」確認画面UI更新、昼間砲撃戦の最大火力上限を約20%増、金剛型戦艦「榛名(はるな)」お買い物mode追加、といったところです。

個人的に最も大きい変更と感じるのは「中間砲撃戦の最大火力」についてです。これは自軍だけでなく「敵方」も最大約20%増しです。怖い……。

それと地味ながら便利そうだと思う変更点は「遠征のUI更新」です。艦隊保有「ドラム缶(輸送用)」を一定数までアイコン表示を追加、同「大発系装備」や「特型内火艇」など装備状況を一定数までアイコン表示を追加、これ便利かなと。まだメンテ後に遠征していないですけど。

 

 

おわりに

任務が簡単なものであって欲しいです……。最近の新任務は地味に辛いですから。

 

dysdis.hatenablog.com

フルデジタルで描く山本直樹さんの使用ソフトは「Aldus SuperPaint」と「Photoshop 4.0」のようです - 『浦沢直樹の漫勉』シーズン4第3回

2017年3月2日木曜日22:00からEテレのドキュメンタリー番組『浦沢直樹の漫勉』が放送されています。

2017年3月16日の放送は「シーズン4」の第3回「山本直樹(やまもと・なおき)」さんでした。番組はパイロット版の「シーズン0」があったため、シーズン4は実質「シーズン5」です。

 

 

目次

 

 

漫勉とは?

www.nhk.or.jp

 

日本を代表する漫画家の制作現場にNHKのカメラが入り、漫画家の作業の様子を邪魔にならないよう定点カメラで撮影して、記録した映像を取材したご本人と漫画家「浦沢直樹(うらさわ・なおき)」さんが2人で観ながら、どのような手法で、どのような道具を用いていて、どのようなことを考えながら漫画を描いているのか……といったことを話す番組です。

言わずもがな、浦沢直樹さんは「YAWARA!」「20世紀少年」「MONSTER」などを描いた漫画家さんです。

 

 

『漫勉』シーズン4第3回は「山本直樹」さん

『漫勉』シーズン4の第3回は「山本直樹(やまもと・なおき)」さんです。

 

青年漫画の第一人者「山本直樹」が登場。84年デビュー。91年発表「BLUE」では、その過激な描写が論争となるが、その後も作風は変わらず、95年発表「ありがとう」では「家族とは何か」を問いかけたテーマ性も高く評価される。2006年、連合赤軍事件を題材にした「レッド」の連載開始。10年には文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。今回、20年来フルデジタルで描いているという執筆の現場に密着した。

このような番組説明です。

 

山本 直樹(やまもと なおき、1960年2月1日[2] - )は、日本の漫画家(大学時代は同人漫画家活動も実施)。北海道松前郡福島町出身[2]。北海道函館中部高等学校、早稲田大学教育学部国語国文学科[2]卒業。劇画村塾3期生。水瓶座、血液型AB型。主に青年漫画を執筆。

山本直樹 - Wikipedia

山本直樹さんのWikipediaにはこのように書かれています。早稲田大学卒なんですね。有名大学を出ている漫画家さんは多いのでしょうか。

 

twitter.com

 

山本さんのTwitterアカウントもありました。Twitter活動も活発です。

私は山本さんのお名前を今回初めて知りました。毎回同じことを書いていますね……漫画のことも漫画家さんのことも知らないです。以前から読むのは少年誌ばかりで、成人向けの漫画や青年誌はあまり読まなかったので、少年誌も明るくはないですが、そちら方面になると特に知らないですね。

ただ山本さんの絵柄には記憶があります。どこかで作品を読んだのか、ネットなどで表紙など一部だけ見かけたのか、というところと思います。

 

 

山本直樹さんはフルデジタルで執筆

山本直樹さんは、『漫勉』の番組史上初でしょうか、フルデジタルで漫画を描いていらっしゃいます。アシスタントを置かず、お一人で描いています。

『漫勉』では以前「浅野いにお(あさの・いにお)」さんの、デジタルを駆使した制作風景を紹介していましたが、フルデジタルではなかったはずです。

今回、個人的に非常に驚いたのが、山本さんが使っているペイントソフトです。PCは「Mac(マック)」で、「Aldus SuperPaint」というペイントソフトを使っていたようです。1993年でバージョンアップが止まっているソフトを今でもそのまま使っていらっしゃるようです。24年前……。

 

技術的な特徴としては、かなり早くから漫画にMacintoshによる作画(CG)を取り入れていることが挙げられる[12]。1993年ごろから漫画を描くのにパソコンを使い始め[13]、「Aldus SuperPaint」という現在では発売中止になった(開発元のAldusがAdobeに買収されたため)ソフトを現在も使っている。

Wikipediaにも作画の手法について言及されていました。

また、番組内で山本さんが浦沢さんに使わせたのは「Photoshop 4.0」でした。こちらは1996年製ですか。「CS4 (Creative Suite) 」でもない、もっと昔のものです。

もはや四半世紀に達しようとする古いデジタルツールを今なお使い続けている理由は、山本さんが仰るには「白黒2値で描くテクノロジーってこの辺で完成しちゃっていて、後はフルカラーとか3Dとかそっちの方で……」ということでした。

確かに、漫画は基本、モノクロで描かれますから、色がどうとか動かす技術がどうとかは必要ないですね。

 

PCが壊れてもまた中古を買えば良い、描いたデータの保存はSuperPaintで保存した後にPhotoshopで保存形式を変換してから入稿している、ということみたいです。SuperPaintとPhotoshop4.0はセットなのですね。

そこまでしてSuperPaintなどにこだわる理由もない気もしますけど、使い慣れたものを使いたいのでしょうか。今のPhotoshopなどペイントツールについて私は知らないですけど、ペンタッチを出さないように設定すること自体はできますよね?

ペンタブレットは、いわゆる「液タブ(液晶タブレット)」ではなく「板タブ(板状タブレット?)」でした。メーカーは「Wacom(ワコム)」でしょうか。漫画家やイラストレーターの方は液タブを使っている印象が強いです。こちらも使い慣れ手に馴染んだ機材を、ということかもしれません。

 

 

ペン入れは「福笑い」と「引き算」

山本直樹さんはフルデジタルです。ネームは文字を打ち込んでいて、下描き時点からペイントツールで絵を描いていました。

下描き、ご本人は「アタリ」と表現していました、それに網かけ処理をして下のレイヤーに設定して、上のレイヤーにペン入れをしていました。

下描きレイヤーを消したり点けたり、ペン入れのレイヤーも反転してバランスが狂っていないかなどを確認しつつ。

デジタルソフトで描くことの利点はやり直しがしやすいことです。ペン入れをした後にバランスがおかしいと感じても、デジタルであれば、範囲を指定・選択して拡大・縮小、回転、移動などが自在ですから、幾らでも修正が利きます。

山本さんもそのように目や眉、鼻、口といった顔パーツだけでなく頭そのものも移動させたりして、まるで「福笑い」のように描いていました。こればかりはアナログではできない芸当ですね。

また、消しゴムツールで線をあえて途切れさせているようです。浦沢さん曰く「絵がふぅっと軽くなる」効果があるそうです。確かに見ていると、線の力強さが減って空気を含んだような軽さが出ていました。

「デジタルで描くことの良いところは、いくらでも消せるんですよね。『引き算』ができる。引き算を失敗したら、またやり直せば良い。消すのが楽しいですね」

と、山本さんご本人も仰っていました。ただそれも限度があって、デジタルだといくらでも出来てしまうから徐々に限度を学習していくようです。最初の頃は手を加えすぎて画面が真っ黒になっていたと。

カケアミや、森の中を描くときの木々のシルエット、人物のシルエット、星空など、以前描いた絵のデータを保存しておいて、トーンのように貼っていくこともしていました。それも拡大・縮小、回転などをさせて、自然に見えるよう一部を消去したり加筆したりしながらコマにはめ込んでいました。

ベタももちろんソフトで行うので、こういう作業もデジタルで出来てしまうから、おそらく現在はアシスタントさんを雇わないのでしょう。

 

 

その他

山本さんはソフトの「ペンタッチ」を使わないで「均一な線」で描いています。Photoshop4.0ではペンタッチを入れることもできるみたいですけど、それをするくらいならアナログで描くと仰っていましたね。

デジタルなら細さを1ドットに設定して「細くて固い線」を描けるから、デジタルを使っているところもあるみたいでした。その「細くて固い線」の源泉になっているのは少女漫画だということです。「清原なつの(きよはら・なつの)」さんの影響は特に強いようで、女の子の描き方などは真似したと。

それと、「線を抜く」ことの大切さも今回知ることができたのは個人的には収穫でした。肩に手をかけたその触れている線を抜くこと、舌と舌が触れている線を抜くことで「肉」っていう感じがする、ということだそうです。線を抜く(消す)ことで一体感を出して、身体だけなく心の距離までも縮まっている印象は確かにありました。なるほど、と思った瞬間です。

 

 

おわりに

フルデジタルと言っても山本さんの制作風景はアナログな印象を持ちました。良い意味でキッチリしていない。

コマにペン入れを始めたとき、例えば「分校の人たち」の女の子の顔の輪郭から描いたときや帽子を描いたとき、その線一本を見ると(払いなどペンタッチがない均一な線ですから)まるで私のような素人がマウスで引いたときのような素人丸出しな線に見えるのですが、出来上がりを見るとプロの描いた漫画になっていました。

当たり前と言えばそうなのですが、これがもの凄く奇妙でした。完成の絵を見ても、最初のあの線から生まれたものとは到底思えないのです。あの線からこの完成絵が想像できないのです。

山本さんは下描きもデジタルで描いているので、他の作家さんのように原稿に下描きがはっきり描かれているものではないから、余計に線が奇妙に感じられたのでしょう。

でも仕上がりを見ると、やはりプロで活躍されている方は違うなと思わせます。大変興味深い制作風景でした。再放送は日曜日の深夜にあると思いますので、見逃した方はぜひそちらをご覧になってください。

 

dysdis.hatenablog.com

 

饅頭よりシュークリームの方が「間食(おやつ)」に向いているそうです。でもオススメはナッツ - 日テレ『所さんの目がテン!』

毎週日曜日07:00から日本テレビで放送されている生活情報教養番組『所さんの目がテン!』、2017年3月12日の放送は「間食」の特集でした。

 

 

『所さんの目がテン!』 

所さんの目がテン!

 

タレントの「所ジョージ(ところ・じょーじ)」さんが司会の長寿番組『所さんの目がテン!』は、私たちの身近な出来事を科学で解明してみようという趣旨の番組です。

2017年3月12日の放送では「間食(かんしょく)」を科学していました。間食は「おやつ」と言い換えても良いでしょう。

 

科学者が教える驚きの新常識! 間食は体に悪くない!? 肥満の原因になる大食いスパイラルを間食で防げる? 食欲コントロールの鍵が間食にあり! 科学者オススメ間食は「○○」。太りにくい間食ベスト食材を探せ! シュークリームvsまんじゅう、肉まんvs野菜サンド…双子で徹底比較。間食でどれだけ痩せる? ぽっちゃりさん集めて2週間の間食生活を検証!

番組説明にはこのように書かれていました。

 

 

シュークリームvs.まんじゅう

番組説明にある「シュークリームvs饅頭(まんじゅう)」では、どちらが間食に向いていると思いますか?あくまでこの二者択一で、です。

答えは「シュークリーム」です。

というのも、シュークリームには主に卵や牛乳やバターなどの、「タンパク質」と「脂質」の栄養素が多く含まれているからです。

タンパク質や脂質は胃の中に留まっている時間が長く、消化吸収がゆっくりになるから、血糖値の急激な上昇も、その後の急激な下降も、饅頭に比べると緩やかです。

一方、饅頭には生地も餡も「糖質(炭水化物)」ばかりで、「タンパク質」や「脂質」は少ないです。そのため吸収が早すぎて血糖値が急激に上がって、その後急激に下がってしまいます。

ちなみに、「肉まんvs野菜サンド」は肉まんの方が間食には合わない印象があるかもしれないですけど、血糖値の推移はどちらもほぼ同じでした。変わらないと。肉まんにはシュークリームのようにタンパク質や脂質が多く含まれているから、思っていたよりは向いているようです。

 

 

大食いスパイラルとは何か?

これまた番組説明にある肥満になってしまう理由の一つである「大食いスパイラル」とは何でしょうか?

「大食いスパイラル」、番組では「ドカ食いスパイラル」と表現されていましたが、それは大食い(どか食い)してしまうと血糖値が急激に上昇してしまい、血糖値が上昇するとインスリンが分泌され糖が脂肪になりやすくなり、さらに血糖値が急激に上昇した後は急激に下降してしまい、同時に強い空腹感が襲ってきて、そうするとまた大食いをしてしまう……というスパイラルに陥ってしまうことを言うそうです。

前述の饅頭も、炭水化物ばかりが含まれていますから、シュークリームより血糖値が急激に上昇しやすい食べ物です。間食にどちらかを食べるならシュークリームの方が血糖値の推移が緩やかになり、向いていると言えるでしょう。

 

 

間食にベストの食材は何か?

では、間食にベストな食材は何か、です。これは「ナッツ類」「大豆類(だいず・るい)」と番組では紹介されていました。

ナッツや大豆の1日の摂取量の目安は、摂取カロリーが2,000kcal/日だとするとその「1割」くらいが理想的だそうです。

「小腹が空く夕方におよそ30gのナッツ類を食べる」ことが勧められていました。200kcal以内に収めた量が30gほどになる、ということですね。

ナッツ類の栄養素は、炭水化物も含まれていますけれども、 主にタンパク質と脂質、それと食物繊維も含まれています。

夕食後の血糖値の急上昇を緩やかにするために、その前の夕方にナッツ類を食べることで緩やかに血糖値を上げておき、夕食を食べたことによる血糖値の上昇も緩やかになる、ということでした。

 

 

おわりに

ドカ食いを防止できれば、必然的にドカ食いをしていた頃より体重が減ってくるので、ダイエットにもなりますね。番組で実験していましたがかなり効果があったようでした。

実験で行っていたことは、食事の際は「丼物」や「麺類」は糖質が多く、短時間で食べ終わるため、血糖値が上昇しやすいから、定食スタイルにすることです。

これは血糖値コントロールをしてダイエットをしたい方には良い食事のアドバイスかと思います。

私はこの冬3kg以上太ってしまったので、暖かくなったら制限をしないと駄目だなと感じています。寒くなると人間は太るようになっている的なことも言われますから、寒い時期は太っても良いかと思っています。限度はあるでしょうけど。でも、暖かくなり着る洋服も薄くなってくると……と考えると、半袖を着始める夏前には冬に増加した3kgは落としておきたいですね。

ナッツ類は好きなので取り入れたいです、というか以前は取り入れていたのですが、最近値段が高くてあまり買えていないです。価格は大きな壁です……。

 

dysdis.hatenablog.com

『NHK 短歌』と『NHK 俳句』の2017年度の選者が発表されています。櫂未知子さんの『俳句さく咲く!』が気になります

毎週日曜日06:00よりEテレにて『NHK 短歌』、テレビ体操を挟んで06:35から『NHK 俳句』がそれぞれ放送されています。2017年4月放送分からの、2017年度の選者が番組内で発表されていました。

 

 

『NHK短歌』2017年度の選者

2017年2月に入ってからだったと思いますが、新年度2017年度の『NHK短歌』の選者が番組内で紹介されていました。

新年度2017年度の『NHK短歌』選者は、第1週が「永田和宏(ながた・かずひろ)」さん、第2週が「大松達知(おおまつ・たつはる)」さん、第3週が「黒瀬珂瀾(くろせ・からん)」さん、第4週の『短歌de胸キュン』は「佐伯裕子(さえき・ゆうこ)」さんです。

永田さんは数年ぶりの『NHK短歌』への復帰、胸キュンの佐伯さんは1年ぶりの復帰となります。大松さんと黒瀬さんは、私が観ているこの4,5年では拝見したことはないと思います。記憶が定かで無いので自信はありません。

ちなみに、今年度2016年度は第1週が「坂井修一(さかい・しゅういち)」さん、第2週が「小島なお(こじま・なお)」さん、第3週が「伊藤一彦(いとう・かずひこ)」さん、第4週の『短歌de胸キュン』が「栗木京子(くりき・きょうこ)」さんでした。

ここ1,2年は選者の先生が単年で入れ替わることが多いのですが、総入れ替えになるとは思わなかったので意外でした。少々忙しなく感じられるので2年単位で入れ替えをしていただけると個人的には丁度良いです。

ただ、契約期間が長くなると、視聴者にや出演者に不評の方の場合には問題も長引くことにもつながりから、番組的にはリスクもありますか……難しいですね。

今年度が始まる前には、個人的に新メンバーで楽しみにしている選者さんは、小島なおさんと書いていたかと思います。しかし、1年を通して観ていると、最も印象の薄い選者さんになっていました。

坂井さんと伊藤さん、特に伊藤さんがとても柔和な印象の方で良かったです。宮崎の独特の訛りといいますかアクセントが加わって、柔和な印象がより強く出ているのだと思います。「若山牧水(わかやま・ぼくすい)」の話も面白く、紀行を読んでみたくなります。

 

 

『NHK俳句』2017年度の選者

『NHK俳句』の2017年度の選者は、第1週が「今井聖(いまい・せい)」さんで、第2週が「高柳克弘(たかやなぎ・かつひろ)」さん、第3週が「夏井いつき(なつい・いつき)」さん、第4週の『俳句さく咲く!』が「櫂未知子(かい・みちこ)」さんです。

2016年度は第1週が「正木ゆう子(まさき・ゆうこ)」さん、第2週が「堀本裕樹(ほりもと・ゆうき)」さん、第3週が「夏井いつき」さん、第4週が「小島健(こじま・けん)」さんです。

短歌とは異なり総替えではありません。第3週の夏井さんが引き続き選者を務められます。『さく咲く!』の櫂さんは1年ぶりにNHK俳句に復帰され、今度は初心者向けの講座の先生です。

俳句に関しては選者の人選よりも、司会を担当されている「岸本葉子(きしもと・ようこ)」さんがそろそろ交代されるのかなと思っていたので、そちらが少々意外でした。

個人的に楽しみなのが櫂さんが担当する「さく咲く!」ですね。NON STYLE「井上裕介」さんのこともありますから、番組の出演者がどのように変わるのか興味があります。

 

 

おわりに

選者の全員が全員、単年で入れ替わるのなら、そういうものなのだと受け入れられますけれども、2年続ける方もいらっしゃいますから、1年で終えられる方と継続される方には何か違いがあるのだろうか、と色々考えてしまいます。

テレビ局側からテレビには向かないor解説には向かないと判断されたのでしょうか。ご本人が向かないと判断したのでしょうか。視聴者から苦情があった(多かった)のでしょうか。この方を辞めさせるのにあの方を続けさせては角が立つのではないか、と巻き添えを食った方もいるのでしょうか。邪推ばかりですね……止めましょう。

 

dysdis.hatenablog.com

ゆりが「社会復帰」するそうです。「オライオン」に復帰する意味です - 朝ドラ『べっぴんさん』137話の感想

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年3月16日放送の第137話は、ゆりが「オライオン」に復帰するようです。

  

 

第24週「光の射す方へ」

www.nhk.or.jp

 

2017年3月13日月曜日の放送から朝ドラ『べっぴんさん』は第24週「光の射す方へ」が始まっています。

舞台は昭和48年(1973年)から昭和49年です。昭和48年には「オイルショック(石油危機)」が起こって、日本経済が大打撃を被っており、ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」たちが立ち上げた子供用品の総合店『キアリス』もその例外ではありません。

それれまでの拡大路線からの方向転換を迫られています。すみれの夫「坂東紀夫(永山絢斗)」や「村田君枝(土村芳)」、「小澤良子(百田夏菜子)」、「小野明美(谷村美月)」など創設者やそれに近い立場の人間が慎重路線を取ろうとする中で、すみれの一人娘「さくら(井頭愛海)」と結婚をした、君枝と夫「村田昭一(平岡祐太)」の一人息子「村田健太郎(古川雄輝)」はその方針に反対しています。

前週、若者向けファッションブランド「エイス (AIS) 」が倒産をしました。社長の「岩佐栄輔(松下優也)」は表舞台から姿を消し、すみれの姉「ゆり(蓮佛美沙子)」と夫「野上潔(高良健吾)」の家に身を寄せています。

すみれたちは、会社の後輩や若いお客さんにバトンを渡すため、映画を作ることにしました。映画はかつて「キアリスガイド」として制作した新米お母さんのための育児本の映像化です。タイトルは「ようこそ赤ちゃん」になりました。

良子と夫「小澤勝二(田中要次)」の一人息子「龍一(森永悠希)」が、友人にカメラマンの「亀田(上地雄輔)」を紹介してくれ、監督は紀夫、助監督は今は専務(?)の「足立武(中島広稀)」、脚本は「キアリスガイド」を手掛けた明美、主演はさくらと健太郎の一人娘「藍」です。

映画製作には明美から誘われた栄輔も参加しています。明美の脚本制作を手付だったり、現場にも駆けつけ手際よく作業をこなしています。脚本を手掛けただけあって、監督の紀夫よりも監督らしく、全体を見渡せている栄輔です。

栄輔の提案で、戦後間もない頃にすみれがさくらのために手作りした子供服を、映画でも使うことになりました。物がない時代にひと針ひと針、丹精込めて作られた洋服には、親が子を想う、その精神が宿っている、それこそ「キアリス」の精神ではないか、と考えたのでしょう。

 

 

ゆりが「オライオン」に復帰

潔は栄輔が作り上げた男性向けのファッションの市場を絶やしたくないと考えているようです。倒産の憂き目に遭ったとは言え、栄輔の志や目指していた、日本中の男を格好良くしたい、という想いを自分が継ぎたいと。

「エイス」で育った若者世代は現在、主に会社務めをしています。サラリーマン。そのマーケットに食い込みたいと考えています。

サラリーマンとなった「エイス」世代の男性は、今欲しいと思えるスーツがないのが現状で、そのために潔の「オライオン」は今こそ紳士服の市場に打って出ようとしています。

潔は自宅で、妻のゆりからアイデアをもらいました。一つは、どうして紳士服売り場には男性の販売員しかいないのか、ということです。男性は家庭でたいてい妻にスーツやネクタイの着こなしの相談をしているのだから、店員を細かいところまで気のつく女性にしてはどうか、というものです。

潔はそんなゆりのアイデアを「ええ!グレート!最上級や!」と手放しで褒めていました。さらに、その仕事をゆりに任せたいと、「オライオン」への復帰を促していて、ゆりはそれを受け入れたようです。

また、潔は栄輔にも相談しています。栄輔に「オライオン」が紳士服を展開するにあたって開催する「大人のための着こなし講座」に出演してもらおうということです。

栄輔は当初、自分は「エイス」の社員やその家族を路頭に迷わせることをしてしまったから、人様の前で出て良い人間ではないと潔の誘いを断っていましたが、ゆりたちの説得もあって受け入れています。

 

 

おわりに

今回強く心に引っかかったことはゆりが「オライオン」に復帰するときに「社会復帰しようと思ってるの」と発言したことです。

 

社会復帰(しゃかいふっき)とは、軍隊・刑務所・病院・寺院など、一般社会から離れて生活していた者が、再度一般社会に参加することを指す。職業訓練など、社会復帰に備えたプログラムが組まれることもある。

社会復帰 - Wikipedia

社会復帰のWikipediaにはこのように書かれています。

社会復帰とは、私のような精神疾患を抱えた人間が復帰するときなどに使う言葉であって、家事に専念するために会社を辞めた主婦が再び会社勤めをすることは社会復帰とは言わないと思ったのです。

ゆりは「会社に復帰しようと思ってるの」と言っていれば問題なかったのに……と。

そう、映画「ようこそ赤ちゃん」は137話でクランクアップしていました。公開する前に、身近な人を集めて試写会を開くようです。どのような内容になっているのでしょうね。

 

dysdis.hatenablog.com

 

「春と修羅」は序文すら理解できないものの読むだけで意識が宇宙へ飛んでいきます - 『100分de名著』「宮沢賢治」第2回

毎週月曜日22:25よりEテレにて放送されている教養番組『100分de名著』、2017年3月度は詩人・童話作家「宮沢賢治(みやざわ・けんじ)」でした。

 

 

目次

 

 

Eテレ『100分de名著』 

www.nhk.or.jp

 

一度は読みたいと思いながらも、手に取ることをためらってしまったり、途中で挫折してしまった古今東西の“名著”。
この番組では難解な1冊の名著を、25分×4回、つまり100分で読み解いていきます。

公式Webサイトの「番組について」ページの一部を抜粋しました。

「偉大な先人の教えから、困難な時代を生き延びるためのヒントを探る」番組で、毎月ある名著を取り上げて、その作品や著者を出来る限り掘り下げていきます。25分番組を月4回放送して100分で収めている番組です。

月曜日が5回ある月は、5週目は4週目の再放送です。元々再放送は毎週水曜日の05:30と12:00の2回あるので、月曜日が5回ある週は再放送だらけになります。

司会はタレントの「伊集院光(いじゅういん・ひかる)」さんと、NHKアナウンサーの「礒野佑子(いその・ゆうこ)」さんです。特に伊集院さんの頭の良さ・勘の良さがよくわかる番組です。磯野アナも切れ者です。

 

 

2017年3月度は「宮沢賢治」

2017年3月度に扱っているのは詩人で童話作家の「宮沢賢治(みやざわ・けんじ)」です。宮沢賢治スペシャル。

2017年1月度の「中原中也(なかはら・ちゅうや)」と同様に、宮沢賢治も彼の作品一つにフォーカスを当てるのではなく、幾つかの作品に触れつつも中心は賢治自身にフォーカスが当てています。

 

自らの詩を「心象スケッチ」と呼んだ宮沢賢治。心象とは、宇宙や無限につながるものであり、個人的なものを越えて普遍的なものをスケッチすることだと賢治はいいたかったのだという。妹トシの死への悲しみを刻印した一篇「永訣の朝」も、単に個人の悲しみだけではなく、人間の「生と死」という絶対的な真実をこそ記そうとしたのである。第2回は、賢治が向き合った「生と死」の問題に迫っていく。

こちらは宮沢賢治第2回の放送内容です。

番組の指南役は日本大学芸術学部教授「山下聖美」さんです。

 

 

宮沢賢治とは?

宮沢 賢治(みやざわ けんじ、正字: 宮澤 賢治、1896年8月27日 - 1933年9月21日)は、日本の詩人、童話作家。
仏教(法華経)信仰と農民生活に根ざした創作を行い、創作作品中に登場する架空の理想郷に、岩手をモチーフとしてイーハトーブ(Ihatov、イーハトヴあるいはイーハトーヴォ (Ihatovo) 等とも)と名付けたことで知られる。生前彼の作品はほとんど一般には知られず無名に近かったが、没後草野心平らの尽力により作品群が広く知られ、世評が急速に高まり国民的作家となっていった。

宮沢賢治 - Wikipedia

宮沢賢治のWikipediaにはこのように書かれています。

亡くなってから80年以上経っていますから、『青空文庫』に賢治の作品が掲載されています。気になる方は検索をかけてみてください。

 

 

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

私は賢治の作品を知ったのはアニメ映画でした。おそらく最も古い記憶は、日曜日に小学校の体育館で放映された『セロ弾きのゴーシュ』です。

ネットで調べると、「高畑勲(たかはた・いさお)」さんが監督し、1982年に製作された作品とのこと。記憶を思い返すと、確かにジブリっぽい絵柄だった気がします。

次に、偶然テレビで『銀河鉄道の夜』を観ました。1985年制作の杉井ギサブローさんが監督を務めた作品ですね。登場人物の多くが人間ではなく猫で、直立二足歩行をしています。ご覧になった方も多いと思います。

後年『グスコーブドリの伝記』も猫バージョンで制作されていましたね。

このアニメ映画の『銀河鉄道の夜』は、小学生か中学生の頃に初めて観たと思いますけど、たいへんに感動しました。物語の内容も、映像も、音楽も、どれも素晴らしかったからです。音楽は「細野晴臣(ほその・はるおみ)」さんです。YMO。

アニメも、初見では物語の内容はよくわからなかったです。主人公「ジョバンニ」と親友「カムパネルラ」のことだけでもわからないことだらけです。

例えば、ジョバンニとカムパネルラはどこへ行こうとしていたのか、カムパネルラはどうしてジョバンニと別れてしまったのか、そもそもどうしてジョバンニは銀河鉄道に乗れたのか、どうして天上まで行ける切符を持っていたのか、どうして現世(?)に戻ってこられたのか、などです。

今もハッキリとはわかりませんけど、当時はもっとわからなかったです。銀河鉄道はこの世とあの世をつなぐ装置になっている、ということくらいは何となくわかりますけれども。

2回目にテレビで放送されたときにVHSビデオに録画し、その後何度も何度も繰り返して観て、今も5年以上前にローカル局で放送されたものをDVDに残して、定期的(年1-2回)観るようにしています。特に夏の終わりに観たくなる作品です。

 

 

宮沢賢治「春と修羅」

2017年3月13日に放送された『100分de名著』宮沢賢治スペシャル第2回で、個人的に最も印象に残っているのは「春と修羅」についてです。

「春と修羅」は大正13年(1924年)に刊行されました。

 

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です
(あらゆる透明な幽霊の複合体)
風景やみんなといつしよに
せはしくせはしく明滅しながら
いかにもたしかにともりつづける
因果交流電燈の
ひとつの青い照明です
(ひかりはたもち その電燈は失はれ)

これらは二十二箇月の
過去とかんずる方角から
紙と鉱質インクをつらね
(すべてわたくしと明滅し
 みんなが同時に感ずるもの)
ここまでたもちつゞけられた
かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケツチです

こちらは「春と修羅」の序文の一部です。実はアニメ映画『銀河鉄道の夜』のエンドロール中にもこの引用部がナレーションで入っています。

 

わたくしといふ現象は 仮定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です

このフレーズが何だかとても好きなんです。意味はわかるようなわからないような、ふわふわとした理解しかできないものの、読んでいる人の心を一気に宇宙へと飛ばしてくれるような、SF感がたっぷり含まれた表現に感じられて、読む度に身震いします。

私は現象なのだと。現象があるから存在を認識できる、ということでしょうか?

この部分について、前出の山下先生は「わたくしという『現象』、そして『照明』という言葉がありますが、照明というのは何か電気エネルギーという、何かのエネルギーによって明滅している存在であり、わたくしも、本体・本質によって動かされている、ただの現象にすぎない。という風に解釈しているのが特徴的ですね」と仰っていました。

また、青い照明の「青」色については、「宮沢賢治は青っていう色をたくさん描いていまして、人の命を『青い光』で表すパターンが多い」そうです。魂、オーラのようなものでしょうか。

 

そして、引用部の続きにある文章の一部「すべてがわたくしの中のみんなであるやうに」について伊集院さんは非常に共感するものがあったようです。

ラジオ番組を収録・放送しているとき、自分は皆(リスナー)の姿は見ることができない。笑っているだろうなどと想像して話をしている皆は、僕のもらっているお便りや街で語りかけられたことから推測される「僕の中の皆」だという点が、まさに「すべてがわたくしの中のみんなであるやうに」にハマったみたいでした。なるほど……。

 

 

おわりに

賢治は『春と修羅』を詩ではなく「心象スケッチ」と表現しています。

作品の詩の一篇一篇に日付がつけられていることが同作品の特徴的な点です。日付に関しては、その日その瞬間を永遠化したかったのではないか、と山下先生は仰っていました。

正直申し上げて、私は『春と修羅』を何度読んでも理解することができませんでした。極めて難解です。理解するものではないのかもしれないですし、正解がわかるものでもないのでしょう。たぶん。

そういえば、本文で少し取り上げた中原中也も賢治の作品を評価していたみたいですね。影響も受けたのでしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

OLYMPUSのコンデジ 「XZ-10」で2017年3月13日までに撮影した写真を紹介します。寒緋桜と椿と木蓮が綺麗に咲いていました

『OLYMPUS(オリンパス)』のコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)「XZ-10」を使って、2017年3月13日までに撮影した写真の中から撮影した日ごとに何枚か選んで紹介します。

カメラ側の設定は、「撮影モード」が「Pモード(プログラムモード)」か「Cモード(カスタムモード)」、アートフィルターの「ラフモノクローム」を使用して撮影しています。最近はブログで紹介する写真は全てが「ラフモノクローム」によるものです。「ピクチャーモード」が「Natural」、「画質」が「Normal」です。

「トリミング(一部切り出し)」や「レタッチ(加工・修正)」はせずに、ブログ用にリサイズだけしています。ほぼ撮って出しです。

今回ご紹介する画像は、約8年前に発売された「Nikon(ニコン)」のエントリークラスのデジタル一眼レフカメラ(デジイチ)「D3000」で撮影したと写真と対象が被っている画像があります。Dカメラやセンサー、センサーサイズ、レンズといった違いを比べると面白いかもしれません。

D3000で撮影した記事リンクを貼ったので併せてご覧になってください。

 

dysdis.hatenablog.com

  

 

目次

 

 

 

2017年3月8日撮影分

f:id:dysdis:20170315084604j:plain

2017年3月8日です。晴れ間も見られましたが雲も多かったです。

画像は「サクラ(桜)」です。「ヤマザクラ(山桜)」かなと思っています。

この写真を撮った後に、目の前に「タヌキ(狸)」がいました。撮る前にはいなかったので、撮っている間に脇をすり抜けようとしたのでしょうか。怪我をしているみたいであまり活発な様子はなかったことが気がかりです。

 

f:id:dysdis:20170315084608j:plain

とある古民家の内部です。あがらせてもらいました。

 

f:id:dysdis:20170315084612j:plain

f:id:dysdis:20170315084616j:plain

f:id:dysdis:20170315084622j:plain

「カンヒザクラ(寒緋桜)」でしょうか。

 

f:id:dysdis:20170315084629j:plain

画面下部の、雲がぷかぷか浮いている様子がとても好きです。

 

f:id:dysdis:20170315084637j:plain

「ナノハナ(菜の花)」が咲いています。春。

 

 

2017年3月10日撮影分

f:id:dysdis:20170315085203j:plain

2017年3月10日です。晴れていました。

画像は「カワヅザクラ(河津桜)」と思われます。既に花は散っていて葉桜です。

 

f:id:dysdis:20170315085207j:plain

f:id:dysdis:20170315085215j:plain

f:id:dysdis:20170315085226j:plain

「コブシ(辛夷)」ですね。

 

f:id:dysdis:20170315085236j:plain

f:id:dysdis:20170315085245j:plain

こちらは「サクラ」と思われますけど種類はわかりません。花の色は結構な濃さのあるピンク色でした。詳しくはD3000の記事をご覧になってください。

 

f:id:dysdis:20170315085253j:plain

「ツバキ(椿)」でしょうか。

 

 

2017年3月11日撮影分

f:id:dysdis:20170315085533j:plain

2017年3月11日です。晴れていました。

画像は「イチョウ(銀杏)」です。芽が大きくなってきていますけど、まだ葉は出てきていません。もう少し先になりそうです。

 

f:id:dysdis:20170315085539j:plain

f:id:dysdis:20170315085549j:plain

f:id:dysdis:20170315085557j:plain

「カンヒザクラ」と思います。逆光や斜光で花弁が透けています。

 

 

2017年3月13日撮影分

f:id:dysdis:20170315085759j:plain

2017年3月13日です。曇りがちでしたが徐々に晴れてきました。

画像は「ハナモモ(花桃)」です。蕾がふっくら膨れてきて、濃いピンク色の花弁が顔を覗かせていました。もうすぐです。

「ハナモモ」の花の時期は「ソメイヨシノ(染井吉野)」より遅い印象があるので、少々フライング気味ですか。

 

f:id:dysdis:20170315085805j:plain

「コブシ」ですね。

 

f:id:dysdis:20170315085811j:plain

似ていますけれども、こちらは「モクレン(木蓮)」と思います。「ハクモクレン(白木蓮)」。

 

f:id:dysdis:20170315085820j:plain

f:id:dysdis:20170315085832j:plain

謎の花?です。黄色い。

 

f:id:dysdis:20170315085839j:plain

「ブンゴウメ(豊後梅)」のような「ウメ(梅)」の花です。花が透けている様子を見つけると撮影する習慣がついています。

 

f:id:dysdis:20170315085846j:plain

タイヤの潰されそうになりつつ花を咲かせた「タンポポ(蒲公英)」です。力強い。

 

f:id:dysdis:20170315085852j:plain

f:id:dysdis:20170315085856j:plain

f:id:dysdis:20170315085900j:plain

「ツバキ(椿)」と思います。花弁の形状の色っぽさはモノクロでより映えますね。

 

 

おわりに

ブログ映えする花が咲き始めてきました。撮影していても楽しいです。花はやはり綺麗ですね。

気象庁の開花予想を見る限り「ソメイヨシノ」もあと一週間から10日ほどで咲き始めるみたいですから、いよいよ本格的な春の到来となりそうです。

花粉もそろそろピークに差し掛かっているでしょうから、こちらはこれから1ヶ月ほどが正念場ですね……早く時期が終わってほしいです。

 

dysdis.hatenablog.com

Nikonのデジイチ「D3000」で2017年3月13日までに撮影した写真です。ハクモクレンやカンヒザクラが花を咲かせています

2017年3月13日までに「デジイチ(デジタル一眼レフカメラ)」で撮影した写真の中から、日ごとに選んで紹介します。

撮影に使用したカメラは8年ほど前に発売された「NIKON(ニコン)」のエントリークラスのデジイチ(デジタル一眼レフカメラ)の「D3000」です。

今回使用したレンズは、オールドレンズの「Nikkor-S Auto 35mm F2.8」です。キットレンズの「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G」とオールドレンズの「Zoom Nikkor 35–105mm F3.5–4.5」は今回使用していません。

カメラの設定は、ダイヤルにはない「ホワイトバランス」がキットレンズを使用時はほぼオートで、オールドレンズを使用時はマニュアル(ほぼニュートラルです)、「ISO感度」がキットレンズ使用時は上限800でオート、オールドレンズ使用時はマニュアル(晴天時は100、曇天・雨天時は上限800で適当に)、「フォーカス」がキットレンズ使用時は基本オートでマニュアルも使い、オールドレンズ使用時はマニュアルにせざるを得ません。「F値」と「シャッタースピード」はレンズを問わずマニュアルです。

その他、画質の設定は「NORMAL」、「レタッチ(加工・修正)」や「トリミング(一部切り出し)」はしないで、ブログに合わせて「リサイズ」するだけです。ほぼ撮って出しになります。

 

 

目次

 

 

2017年3月8日撮影分

f:id:dysdis:20170314182716j:plain

2017年3月8日です。雲も多かったですけど、晴れ間も見られました。

画像は「サクラ(桜)」と思います。「ヤマザクラ(山桜)」でしょうか。開花はまだ先のようです。

 

f:id:dysdis:20170314182730j:plain

同じ木。

実はこの写真を撮った後にふと目を落とすと、数メートル前に「タヌキ(狸)」が一匹いました。

タヌキは怪我をしているように見えたので、カメラを急に構えて驚かせたくなく、写真は撮れませんでした。一瞬目があって、その後タヌキはヒョコヒョコ歩きながら去っていきました。走れなかったのだと思います。

 

f:id:dysdis:20170314182754j:plain

柑橘系。「ナツミカン(夏蜜柑)」みたいな奴です。種類は全くわかりません……。

 

f:id:dysdis:20170314182756j:plain

雛人形。ピントも露出も合っていないですけど、それが逆に雰囲気を出しているように思えたので載せました。

 

f:id:dysdis:20170314182802j:plain

この日は山道に入っていました。

 

f:id:dysdis:20170314182815j:plain

「カンヒザクラ(寒緋桜)」でしょうか。綺麗な濃いピンク色の花を咲かせていました。

 

f:id:dysdis:20170314182825j:plain

撮っていたら晴れてきました。

 

f:id:dysdis:20170314182836j:plain

f:id:dysdis:20170314182842j:plain

「ナノハナ(菜の花)」ですね。春。

 

 

2017年3月14日撮影分

f:id:dysdis:20170314183356j:plain

2017年3月10日です。晴れていました。

画像は「カワヅザクラ(河津桜)」と思います。既に葉桜です。

 

f:id:dysdis:20170314183403j:plain

こちらも「カワヅザクラ」。

 

f:id:dysdis:20170314183831j:plain

f:id:dysdis:20170314183847j:plain

f:id:dysdis:20170314183853j:plain

「コブシ(辛夷)」です。若干アンダーな気もしますけど、白い花を撮るときはこのくらいで良いかなと思っています。

 

f:id:dysdis:20170314183436j:plain

イネ科の冬枯れもそろそろ見納めでしょう。

 

f:id:dysdis:20170314183455j:plain

f:id:dysdis:20170314183451j:plain

f:id:dysdis:20170314183511j:plain

f:id:dysdis:20170314183528j:plain

この「サクラ」は何でしょうか? 花弁1枚が通常のサクラより長細いです。花の色は濃いですし……。私の他にも何人か眺めに木の下に来ていました。綺麗でした。

 

f:id:dysdis:20170314183538j:plain

f:id:dysdis:20170314183548j:plain

「ツバキ(椿)」ですか。

 

 

2017年3月11日撮影分

f:id:dysdis:20170314184243j:plain

2017年3月11日です。晴れていました。

画像は「イチョウ(銀杏)」です。葉が出てくるのはもう少し先になりそうです。

 

f:id:dysdis:20170314184252j:plain

f:id:dysdis:20170314184301j:plain

f:id:dysdis:20170314184313j:plain

f:id:dysdis:20170314184322j:plain

「カンヒザクラ」でしょうか。一番下が順光でその他は逆光で撮っています。随分と趣が変わりますね。

 

 

2017年3月13日撮影分

f:id:dysdis:20170314184653j:plain

2017年3月13日です。出かけ始めは曇っていましたが徐々に陽が射してきました。

画像は「ハナモモ(花桃)」です。花が咲くまでもう少しです。

 

f:id:dysdis:20170314184702j:plain

「ハクモクレン(白木蓮)」ですか。咲いていました。

 

f:id:dysdis:20170314184716j:plain

f:id:dysdis:20170314184727j:plain

こちらは何でしょう? 「ボケ(木瓜)」のような色合いの蕾です。

 

f:id:dysdis:20170314184738j:plain

f:id:dysdis:20170314184745j:plain

これもわかりません。1枚目の画像が好きです。

 

f:id:dysdis:20170314184753j:plain

「ウメ(梅)」です。「ブンゴウメ(豊後梅)」に似ています。

 

f:id:dysdis:20170314184807j:plain

「タンポポ(蒲公英)」も咲いていました。タイヤに押しつぶされそうになっているのか、タイヤを押しのけようとしているのか。後者と受け取りたい。

 

f:id:dysdis:20170314184818j:plain

f:id:dysdis:20170314184829j:plain

f:id:dysdis:20170314184837j:plain

「ツバキ」ですか。色にも形にも色気を感じられて好きな花です。

 

 

おわりに

最近は寒の戻りを感じさせる陽気が続いています。といっても日差しの鋭さは真冬のそれとは比べ物にならないくらいですから、同じ気温でも今の方が暖かさを感じます。

ご覧の通り、色々な草木が花を咲かせ始めていますので、視界に入る景色も冬のそれではありません。

一時期の高級コンデジ欲しい病はずいぶんと落ち着きました。一時はクリック寸前まで行っていましたけど今はページに行くこと自体がなくなっています。狙っていた機種(Canon G10)は、目をつけていた販売店の品が売れていたので買う機会を失っていることが奏功したのかもしれません。

 

dysdis.hatenablog.com

『グレーテルのかまど』で紹介された「箭内道彦のゆべし」のお店は「かんのや」さんと思います

毎週月曜日22:00からEテレで放送されている料理番組『グレーテルのかまど〜second season〜』、2017年3月13日の放送は「箭内道彦のゆべし」でした。

 

 

目次

 

 

Eテレ『グレーテルのかまど』

www4.nhk.or.jp

 

“大人になったグレーテルたちへ”。
仕事や子育てなどで忙しい毎日を送る女性たちにとって、甘いものでひと休みする時間は、かけがえのない癒しの時間。
そんな女性たちを、15代ヘンゼル(瀬戸康史)と魔法のかまど(キムラ緑子)のコンビが応援します。

というイントロダクションです。

「15代目ヘンゼル」こと「瀬戸康史(せと・こうじ)」さんが、ヘンゼルがグレーテルと暮らす家の「かまど」と一緒に楽しくスイーツを作る番組です。

「かまど」は俳優の「キムラ緑子(きむら・みどりこ)」さんが演じています。

  

 

「箭内道彦のゆべし」

2017年3月13日の『グレーテルのかまど 〜second season〜』の放送は、「箭内道彦のゆべし」でした。

 

東日本大震災から6年。ふるさと福島の支援活動を続ける箭内道彦さんの相棒的存在と言えるのが、郷土菓子のゆべし。箭内さんが素朴なお菓子に託した思いに迫ります。

番組説明にはこのように書かれています。

 

 

「ゆべし」とは?

ゆべし(柚餅子)とは、柚子及びクルミを用いた加工食品あるいは和菓子の一種。

(略)
くるみゆべし

東北・北関東近辺のゆべしは、主に西日本で主流とされる柚子の菓子ではなくクルミの餅菓子となっている。

(略)
三角型
餡をゆべし生地で包んだ、三角の饅頭型ものが広く知られている。福島県で単に「ゆべし」と言うと、こちらを指す場合が多い。

ゆべし - Wikipedia

ゆべしのWikipediaにはこのように書かれています。

「ゆべし」は柚子を使った加工食品あるいは和菓子ということで、同じ名前でも地域によって全く異なる食べ物になっています。

今回の『グレーテルのかまど』で紹介されていた「ゆべし」は、引用部のうち和菓子の「三角形」をしたものです。

 

 

箭内道彦さん

箭内 道彦(やない みちひこ、1964年4月10日 - )は、日本のクリエイターである。

1964年、福島県郡山市生まれ。吉田拓郎や松山千春などフォークシンガーに憧れ中学2年からギターを弾く[1]。福島県立安積高等学校を卒業後、三浪して東京芸術大学に入学。1990年に同大学美術学部デザイン科を卒業後には、広告代理店・博報堂に入社。

箭内道彦 - Wikipedia

箭内道彦さんのWikipediaにはこのように書かれています。肩書はクリエイティブ・ディレクターだそう。

箭内さんは福島県郡山市の出身ということで、紹介されていた「ゆべし」は福島の三角型でした。

三浪して「東京芸術大学」に入り、デザイン科を卒業して「博報堂」に入ったと。広告では「TOWER RECORD(タワーレコード)」の「NO MUSIC, NO LIFE? (ノーミュージック・ノーライフ)」やフジテレビの「きっかけは、フジテレビ」などがあるそうです。CMも数多く手がけていらっしゃるようです。

NHK的に言えば、Eテレでしたっけ「トップランナー」というインタビュー・トーク番組のMCも務めていらした方ですね。

「ノーミュージック・ノーライフ」はインパクト特大のキャッチコピーでした。今でもミュージックやライフの部分を別の言葉に変えて使っているネタなどを聞きますから。

 

 

グレーテルのかまどで紹介された「ゆべし」のお店は?

www.yubeshi.co.jp

 

2017年3月13日の『グレーテルのかまど』の放送で紹介されていた「ゆべし」を販売しているお店は「かんのや」さんだと思われます。

NHKなので企業名や店名は明示されません。しかし、放送の中で「かんのや」のお店の名前が刻印された蒸籠や商品パッケージの箱を確認できました。

「ゆべし」の生地(番組レシピでは上新粉と餅粉と言っていました)には醤油(と上白糖と米飴)が入っていて、「こしあん」を乗せて三角型に包んで、蒸籠で蒸し上げています。「芥子の実(けし・の・み)」が上に掛けられています。

柚子はかすりもしていないようです。

 

 

私も「かんのや」の「ゆべし」が大好物

実は、私も「かんのや」さんの三角「ゆべし」が子供の頃から大好物です。

というのも、私が幼稚園に上がるか上がらないかの頃に一家で数年間、福島県に住んでいたことがあったので、そのときに食べていたのですね。

まだ幼い時分ですから、食べた和菓子が「ゆべし」だと知らずにいましたけど、三角形のビジュアルと、甘じょっぱい「ゆべし生地」の味わいと、もちもちした食感、芥子の実のアクセントを含めて、記憶は鮮明でした。

それから数年後、首都圏に戻ってきまして、小学校の頃に、福島県に住んでいた頃に食べていたあの美味しいお菓子は何なのか、親に尋ねたところ「かんのや」さんの「ゆべし」だと知ったのです。

それから10年以は食べられなかったと思いますが、家族が福島に旅行に行く機会があり、そのお土産にもらったり、私が自動車の免許を取りに合宿に福島へ行ったときなどに食べることができました。

そういう幼少期の思い出が補正されてもいるのでしょう。私にとって「かんのや」さんの「ゆべし」はソウルフードになっています。箭内さんと同じです。

「かんのや」さんではネット販売もしているようですから、簡単に手に入ります。あれだけ遠かった「かんのや」さんの「ゆべし」が……便利な時代になったものです。

 

 

福島県には縁がある

福島県富岡町|花と緑があふれる町

 

ちなみに私が幼い頃に住んでいたのは福島県の浜通りにある福島県富岡町でした。

6年前の2011年3月11日に発生した「東日本大震災」とそれに伴う津波と原発事故によって大きな損害を被った地域ですね。日テレの「DASH村」があったところも近いはずです。

「夜ノ森」でしたか、「サクラ(桜)」の名所もあるそうですし、ツツジ(躑躅)も有名みたいですね。そういうことは私は覚えていないのですが、かすかに桜並木を母と歩いた思い出があります。

今ブログを書きながら富岡の画像を検索していますが、綺麗なところですね。また行ってみたいなぁ。

そう言えば近所に「ヤナイ」さんという名字のお宅もありました。幼かったので漢字はわかりませんけど、もしかしたら「箭内道彦」さんと同じ漢字だったのかもしれません。可能性は低くなさそう。

 

 

おわりに

三角「ゆべし」は本当に美味しいので、食べたことがない方は是非一度食べてみてください。といっても、私の思い出補正がたんまり入っていての「本当に美味しい」ですから、皆さんが私と同じ感想を持つかはわかりませんし、保証はできないですけれども。

箭内さんは震災後に、「猪苗代湖ズ」というバンドを結成してチャリティーソング「I love you & I need you ふくしま」を演奏したり、「風とロック CARAVAN福島」というラジオ番組の公開生放送を福島県の各市町村を訪れたり、復興支援活動を行っているそうです。

 

dysdis.hatenablog.com

明美と栄輔の恋愛フラグと結婚フラグが立ったように思います - 朝ドラ『べっぴんさん』135話の感想

NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』、2017年3月14日放送の第135話は、「キアリス」の映画作りが始まっています。

  

 

第24週「光の射す方へ」

www.nhk.or.jp

 

2017年3月13日月曜日の放送から朝ドラ『べっぴんさん』は第24週「光の射す方へ」が始まっています。舞台は昭和48年(1973年)、「オイルショック(石油危機)」が起こって、日本経済が大打撃を被っています。134話の途中から昭和49年になっています。

ヒロインの「坂東すみれ(芳根京子)」たちが立ち上げた子供用品の総合店『キアリス』もオイルショックの煽りを受けて経営の落ち込みが見られ、これまでの拡大路線からの方向転換を迫られているようでした。

夫「坂東紀夫(永山絢斗)」や「村田君枝(土村芳)」、「小澤良子(百田夏菜子)」、「小野明美(谷村美月)」などが慎重路線を取ろうとする中で、すみれの一人娘「さくら(井頭愛海)」と結婚をした、君枝と夫「村田昭一(平岡祐太)」の一人息子「村田健太郎(古川雄輝)」はその方針に納得がいっていない様子です。

前週、若者向けファッションブランド「エイス (AIS) 」が倒産をしました。社長の「岩佐栄輔(松下優也)」は表舞台から姿を消し、今はすみれの姉「ゆり(蓮佛美沙子)」と夫「野上潔(高良健吾)」の家に居候しています。

 

 

映画を作ろう!

すみれと明美と君枝と良子の創設者4人が喫茶店「レリビィ」でお茶をしていると、すみれが映画を作ろうと言い出しました。

自分たちが次の世代にバトンを繋ぐために何かを残そうとしてアイデアが浮かんだようです。次の世代とはお客さんや「キアリス」の次の世代(社員)という意味で良いと思います。

製作する映画は、20年以上前にすみれたちが作った新米お母さんに贈る育児法が書かれた「キアリスガイド」の映像化です。

良子と夫「小澤勝二(田中要次)」の一人息子「龍一(森永悠希)」が、友人にカメラマンの「亀田(上地雄輔)」を紹介してくれました。

亀田はキャメラマンです。監督や助監督、脚本、出演者が必要です。話し合いの末、監督は紀夫、助監督は今は専務でしたか?「足立武(中島広稀)」、脚本は「キアリスガイド」を手掛けた明美、主演はさくらと健太郎の一人娘「藍」です。

映画は30-40分ほどのものになるとのこと。

 

 

タイトルは「ようこそ赤ちゃん」

いよいよ具体的な製作に入っていきますが、何よりもまず脚本が出来上がらないことには映画作りは進みません。

実は、明美は今でも野上家に行ってゆりから英語を教わっているようで、明美が野上家を訪れると、栄輔と出会いました。

明美は栄輔に声をかけ一緒に映画作りをしようと誘っています。2人は夜、「レリビィ」に集まり、脚本を制作していました。「レリビィ」は元々靴屋「あさや」で、明美の家でもあったはずです。

2人で夜を明かす……まさか? という展開があるかもしれませんね。

後日、映画のタイトルを決めることになり、亀田から一人ひとりにタイトルのアイデアを聞いて回ると、最後、すみれが「ようこそ赤ちゃん」と提案し、それに決定しました。

 

 

おわりに

明美と栄輔の恋愛フラグ&結婚フラグが立っていますね。

かつて足立が明美に告白したときに、足立の妄想ではありますが、ジャズ喫茶「ヨーソロー」で明美と栄輔が2人並んでお酒を飲んでいる様子がありましたが、あれが現実のものとなるかもしれない、という。

そう言えば昭和49年には「ヨーソロー」はあるのでしょうか? 二郎や五月はどうしているのでしょうか? 気になります。2人や子供のことは触れられていましたっけ?

すみれたちは映画作りに盛り上がっていまる一方で健太郎の心は晴れないままです。まぁでも「キアリスガイド」の映画を観れば、健太郎の考えも変わるのでしょう。そのためにも映画を作っているのでしょうから。

上地さん演じるキャメラマンの亀田の服装が、私は結構好きです。70年代のアメリカ古着が好きなものですから、今の『べっぴんさん』はどストライクな時代なんですよねぇ。亀田はデニムシャツにベストを着て、デニムのベルボトムを穿いて、フライトジャケットを着ていました。ジャケットはN-3辺りでしょうか?

 

dysdis.hatenablog.com

tvkで『ウルトラセブン』8話「狙われた街」で夕焼けに染まるセブンとメトロン星人が美しかったです

毎週日曜日22:30からtvk(テレビ神奈川)にて『ウルトラセブン』が放送されています。2017年3月5日の放送は第8話「狙われた街」でした。

私は『ウルトラセブン』のことを詳しくないのですが、この8話はそんな私でも心待ちにしていた回でした。出て来る怪獣は「メトロン星人」です。

といっても、しっかり8話と覚えていた訳ではなく、メトロン星人と覚えていた訳でもなく、子供の頃に観た印象的なシーンに、セブンと怪獣が「ちゃぶ台」を囲むものがあっただけです。それが8話で放送されて「これだ!」と思い出した次第です。

 

 

tvk『ウルトラセブン』 

m-78.jp

 

『ウルトラセブン』は、1967-68年に全49話が放送された特撮ヒーローものです。50年前の作品。

『ウルトラセブン』の内容は、宇宙からの侵略者に対して、ウルトラセブンと「ウルトラ警備隊」とで退治する話です。ウルトラセブンも地球外生命体ですけど地球を助けてくれます。

社会の問題に対して皮肉を込めて疑問を投げかける内容が多く、私の中ではウルトラシリーズの中でも「社会派」の位置づけです。

 

 

8話「狙われた街」

北川町で、人間が突然暴れ出すという事件が続発した。時を同じくして旅客機の墜落事故が発生するが、そのパイロットも北川町の住人だったという。北川町で、いったい何が起きているのか。ウルトラ警備隊の調査が開始されるが、調査から戻ってきたフルハシ隊員までが暴れ始めた。どうやら、原因はタバコにあるらしい…。

『ウルトラセブン』第8話「狙われた街」の番組説明にはこのように書かれていました。登場した侵略者は「メトロン星人」です。どこか甲殻類を想像させる外観をしています。

 

タバコの中に、地球人を発狂させる効果を持つ赤い結晶体[注釈 3]を仕込み、これを吸引した地球人同士が殺し合い(周囲の者がすべて敵に見えるらしい)、最終的には地球人類が死に絶えるのを待って地球を乗っ取ろうとするが、セブンによって阻止される。個体としての戦闘能力は決して低くはないが、セブンが相手では分が悪いと見たのかすぐに逃亡を図って飛び去るものの、最後はアイスラッガーによって空中で縦真っ二つにされたところにエメリウム光線を受け、爆発する。

メトロン星人 - Wikipedia

メトロン星人のWikipediaにはこのように書かれています。

メトロン星人は、「宇宙芥子の実(うちゅう・けし・の・み)」なる赤い結晶体をタバコに仕込んで、タバコを北川町の駅前のタバコの自動販売機で販売します。

自販機で買った人がタバコを吸うと、視界に入った人間全てが敵に見える幻覚に襲われ、無差別に攻撃を始める、ということです。

宇宙芥子の実の効果はあまり長くは続かないようで、効果が切れると死んだように眠りについてしまい、目が覚めると幻覚を見ていたことなどの記憶は失われてしまいます。失われているから再びタバコを吸ってしまうのでしょう。

ウルトラ警備隊でもフルハシ隊員とソガ隊員の2人がタバコを吸っていて本部内で暴れていました。それを見たモロボシ・ダン隊員(ウルトラセブン)とキリヤマ隊長は、北川町で起こった一連の事件はこのタバコに含まれる成分が原因ではないかと睨んで、調べると「宇宙芥子の実」が使われていることがわかりました。

タバコの出処を調べると、北川町の駅前の自動販売機で売られていることがわかり、ダンとアンヌ隊員はタバコを補充にきた人物を追跡、北川町の安アパートにたどり着きました。

ダンが単身でアパートに潜入すると、部屋に待ち構えていたのがメトロン星人でした。メトロン星人は朗らかな口調でダンに話しかけ、ちゃぶ台を囲って話し合いをするのですね。

メトロン星人の思惑は、上記引用にあるように、人間同士を攻撃させることによってお互いの信頼関係を壊して人類を滅ぼそう、ということです。結構怖いですね。

結局はメトロン星人の思惑はセブンに阻止され、逃げたところをアイスラッガーで真っ二つにされ、エメリウム光線で追い打ちを掛けられ爆発して死んでしまいます。

 

 

夕焼けの描写がたまらなく美しい

8話の夕焼けの描写がたまらなく美しいのです。

北川町は、工場街なのでしょう、高度成長期の町工場が真っ赤に照らされていて、そこにウルトラセブンとメトロン星人が対峙します。

濃いオレンジ色の大きな夕陽を画面奥にして、セブンとメトロン星人も赤く染まり、影が黒く潰れている中で、両者の目などが光り輝く様子は美しいです。

調べると、8話は監督が「実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)」さん、脚本が「金城哲夫」さん、特殊技術が「大木淳」さんです。特に実相寺さんのカメラワークと特殊技術の大木さんの存在が大きいのでしょう。

喫茶店でダンとアンヌが犯人を待ち伏せているシーンも、科学班に宇宙芥子の実について語らせているシーンも、セブンとメトロン星人がちゃぶ台を挟んで語っているシーンも、カメラアングルが秀逸でした。

 

 

おわりに

「メトロン星人の地球侵略計画はこうして終わったのです。人間同士の信頼感を利用するとは恐るべき宇宙人です。でもご安心下さい。このお話は遠い遠い未来の物語なのです。え、何故ですって? 我々人類は今、宇宙人に狙われるほど、お互いを信頼してはいませんから……」

というナレーションが入って8話が終わります。ナレーションにも皮肉がこもっています。50年前にもそういう感覚があったのですね、現代の方がよほど信頼していないのではないかと思いますけれども。

いやぁ、面白かったです。8話はデータを保存しておこうと思っています。下のメトロン星人がちゃぶ台を前に胡座をかいている様子です。ちゃぶ台の上にタバコも乗っています。これが例の物です。

 

dysdis.hatenablog.com

アンドリュー再登場! アッコとロッテにまさかのラブコメ展開が?! - アニメ『リトルウィッチアカデミア』10話「蜂騒ぎ」の感想

毎週月曜日00:00(金曜深夜26:25)より、TOKYO MXにてアニメ『リトルウィッチアカデミア』が放送されています。

以下、最新話のネタバレ要素がありますので注意してください。バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次 

 

 

アニメ『リトルウィッチアカデミア』

tv.littlewitchacademia.jp

 

2017年3月13日の放送は第10話「蜂騒ぎ」でした。アッコたちがおめかし?

ちなみに私は1話を録画し忘れてしまい観られていません。

 

 

イントロダクション 

幼いころにシャイニィシャリオの魔法ショーを見て魔女になることを夢見たアッコはシャリオと同じ伝統ある魔女育成名門校「ルーナノヴァ魔法学校」に入学する。
新しい町、新たに始まる学校生活、そして新たに出会う友達。
魔女学校の中でほうきの飛行授業や魔法にまつわる不思議な授業など、魔女学校ならではの授業の中でアッコやロッテ、スーシィたちが大騒動を巻き起こす!
ルーナノヴァを巻き込んだアッコの魔女への第一歩が今から始まる‐

こちらが公式Webサイトに書かれているイントロダクションです。

 

 

10話「蜂騒ぎ」

10話はラブコメでした。最近のアニメではベタなラブコメ展開をあまり見ない気がするので新鮮でしたね。だからこそ、どうして深夜なのか、という思いは強まります。

本作ヒロインの「アッコ」こと「アツコ・カガリ」は、学んでいる「ルーナノヴァ魔法学校」でルームメイトの「ロッテ・ヤンソン」と「スーシィ・マンババラン」と街に外出しています。サーティーワン的な3段アイスを食べながらおしゃべり。

そこでスーシィは「恋のホレホレ蜂」なる蜂(はち)をアッコとロッテに見せていました。何でも間違ってスーシィの元に届けられたのだそうです。毒蜂を注文したのに。

この「恋のホレホレ蜂」に刺された人は、最初に見た人に恋をするのだそう。

 

そんな3人の前に1台のリムジン車が停まり、ルーナノヴァ魔法学校始まって以来の天才「ダイアナ・キャベンディッシュ」の取り巻きである、「ハンナ」と「バーバラ」がリムジンから降りてきました。ハンナとバーバラの2人はルーナノヴァの制服ではなく綺麗なドレスを着ています。

何でも、「アンドリュー・ハンブリッジ」が、通うイギリスきっての名門校「エイプルトン校」で「最優秀生徒賞」を受賞したので、その栄誉をお祝いするパーティがあり、そこに招待されたのだとか。

パーティに招待されたことを自慢するハンナとバーバラに悔しさいっぱいのアッコは、自分たちもハンブリッジ家のパーティに行こうとロッテとスーシィを強引に誘っていました……。

魔道具カフェに向かい売れ残りの「シンデレラセット」を手に入れて、その魔道具を使ってドレスと馬車を用意し(2時間で魔法が切れるタイマー)、ハンブリッジ家に乗り込み、パーティに潜入して……という話でした。

 

 

アンドリューって誰?

「アンドリュー・ハンブリッジ」は久しぶりの登場でした。6話「ポラリスの泉」で登場して以来ですか。

アンドリューは、イギリスきっての名門校「エイプルトン校」に通う高校生で、「エイプルトンの貴公子」と呼ばれています。頭脳明晰で容姿端麗、魔法に対しては興味を示していません。

アンドリューの父「ハンブリッジ伯爵(はんぶりっじ・はくしゃく)」は、家柄の良いエリートで、若くして国務大臣の地位を得た気鋭の政治家。頭脳明晰で、優れた強行な政策の数々を創案し信頼を得た人物です。ルーナノヴァの存続は否定的、それどころか魔法や魔女に対しても否定的な考えを持っているようです。

伯爵は、アンドリューを自分の後継に育てて、いずれは国を背負って立つ人間にしようとしています。上から押さえつけて、アンドリューの本当にやりたいこともさせていないのでしょう。例えば、今回アンドリューは子供の頃ピアノを弾いていたそうですけど、女々しい音楽など必要ないと止めさせているようでした。

そして、アンドリューの親友の「フランク」も再登場していました。軽いノリで社交的な男性で、今回ロッテに恋をしたようでした。

 

 

懐かしいドタバタラブコメディ

無事(?)にパーティに潜入したアッコたちでしたが、ケーキをばくばく食べている様子をアンドリューに見つけられ、家から追い出されそうになりました。

アッコのピンチに、スーシィが「恋のホレホレ蜂」を放って、会場には大勢の人がいるにも関わらず都合よく蜂がアンドリューの首に針を刺し、アンドリューがアッコに惚れるように仕向けています。

ハチに刺されたアンドリュー。あの、何に対しても興味を示さず退屈そうにしている彼が、アッコの手を握って跪き手の甲にキスをして、ダンスを一緒に踊ってもらえないかと願い出ていました……アンドリュー。

ホレホレ蜂はその後も、フランクやアンドリューの取り巻きたちを次々に刺し、刺された彼らは初めて見た人物がロッテであったことから、ロッテに惚れたようで……。

さらに、ホレホレ蜂の仕業とわかったダイアナも、蜂に刺されて、初めに見たアッコに惚れて……と、とんでもない展開になっています。ダイアナに関しては2回刺されて、2回目は鏡に写った自分を見て自分に惚れてもいます。

スーシィは持っていた扇子に魔法の粉を振りかけて「ハエたたき」のような形に変身させ、それをアッコに持たせます。これで蜂を叩けばアンドリューたちにかかっている魔法は解けると。

パーティ会場を大混乱に陥れつつも、アンドリューと一緒に蜂を対峙したアッコでしたと。アンドリューが10年以上ぶりのピアノを弾いていましたね。弾いていたのは「熊蜂の飛行」ですか。ピッタリな戦局。

 

 

おわりに

アッコが蜂を叩いて、蜂に刺されていた人たちの恋のホレホレ魔法は解けました。

ロッテを追いかけていた男たちも正気を取り戻し、追われていたロッテは何事もなかったかのように彼らにそっぽを向かれて一人に……。やっぱそうだよね、と少し落ち込んでいましたが、フランクだけは魔法が解けてもロッテのことを好きのままだったようで、彼女をデートに誘っていました。

しかし、ロッテはそれを断っています。好きになった訳でないのにデートに行くなんて失礼だということです。その代わり友だちになりましょうと、2人は友人になったようでした。フランクは諦めていないみたいなので、2人は後に恋人になるのかもしれません。

また、アンドリューもアッコのことが気になっているみたいでした。魔法が解けても、伯爵に追い出すよう命令されても、彼はアッコのことを追い出さなかった。それはつまりアッコのことを気になっているということさ、とフランクに指摘されていました。

今後もアンドリューたちは物語に関わってきそうですね。しかもかなり重要そうな話に。

こういったベタなラブコメは最近のアニメではあまりないと思いますので、新鮮でした。私がそういう作品を見ていないだけかもしれませんけど。でも私はラブコメそのものは好きなので、観ていてとても懐かしい思いがしました。子供の頃を思い出すようで。

 

dysdis.hatenablog.com

クーデリアも三日月の子を作ったのでしょうか? ニヤけて余裕を見せるマクギリスには何か秘策がありそうです - アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』47話「生け贄」の感想

毎週日曜日17:00より、TBSにてアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の2期が放送されています。

以下、最新話のネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目次

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

g-tekketsu.com

 

2017年3月12日の放送は第47話「生け贄」です。

 

 

イントロダクション

主人公、三日月・オーガスが所属する鉄華団は、クーデリア・藍那・バーンスタインの地球への護送からアーブラウ代表指名選挙を巡る戦いで一躍名を上げた。そしてその戦いでギャラルホルンの腐敗が暴かれたことにより、世界は少しずつではあるが確実に変わりつつあった。

アーブラウとの交渉で得たハーフメタル利権のもと、テイワズの直系となった鉄華団は資金も潤沢となり入団希望者も増加。その規模は地球にも支部を置くほどとなった。

また地球への旅で世界の実情を知ったクーデリアはアドモス商会を設立。現実的・実務的な側面から火星の経済的独立を目指す。だが名を上げ新たな道を歩みだした彼らを快く思わない輩も数多く存在する。

アドモス商会が行うハーフメタル採掘場の視察。その護衛を依頼された鉄華団団長オルガ・イツカは新たな敵の襲撃を察知する。オルガの指揮の下、鉄華団、そして三日月はモビルスーツ「ガンダム・バルバトスルプス」と共に敵撃退へと向かう。

イントロダクションです。公式Webサイトの「World」ページから抜粋しました。

 

 

2期22話(47話)「生け贄」

主人公「三日月・オーガス(みかづき・おーがす)」の所属する「鉄華団(てっかだん)」は、地球圏を統べる武力組織「ギャラルホルン」のうち「地球外縁軌道統制統合艦隊」司令「マクギリス・ファリド」准将に乗っかっています。

 

そのマクギリスは、腐敗している現体制を解体し自らを中心とした、新たな体制を作ろうとしています。「アグニカ・カイエル」の魂が宿る「ガンダム・バエル」を手に入れ、自身こそがギャラルホルンを統べる者だと世界に向けて宣言しています。

しかし、マクギリスに対してギャラルホルンの月外縁軌道統合艦隊「アリアンロッド」の司令「ラスタル・エリオン」は、自分たちを逆賊扱いして不正にバエルを手に入れたマクギリスこそが逆賊であると対抗し、両者は全面戦争へと向かいました。マクギリス&鉄華団vs.アリアンロッド(ギャラルホルン)です。

しかし、戦闘はラスタル側が禁止兵器「ダインスレイブ」を用いたこともあって、アリアンロッドが勝利し、マクギリス&鉄華団は敗走しました。逃げた先は鉄華団の本部がある火星です。

 

 

孤立する鉄華団

火星圏に近づいたとき、ギャラルホルン火星支部側から火星への入港が拒否されています。理由はマクギリスは既にギャラルホルンの職についていないから命令に従う必要がないというものでした。

ラスタルは、マクギリスは父イズナリオ・ファリドの妾の子という名目でファリド家を継いでいたことも嘘であったことを公表しているようです。根回し。マクギリスはイズナリオの男娼の一人であったことは数話前に明らかになっています。そこからのし上がってきた。

しかし火星支部長「新江・プロト(あらえ・ぷろと)」は、これまでのマクギリスの恩も感じていて、マクギリスの動向を一切知らないということで、マクギリス&鉄華団の火星入港を許可していました。

 

 

マクギリスと鉄華団が生け贄?

鉄華団は鉄華団で問題が発生しています。それは、鉄華団が逆賊マクギリスと手を組んでいる犯罪組織であることが世界中に公表されたことです。銀行の口座が凍結されていたり、支援する団体が彼らから手を引いてしまったり……資金がなくなれば動けません。

 

「クーデリア・藍那・バーンスタイン(くーでりあ・あいな・ばーんすたいん)」の「アドモス商会」に融資をしている「ノブリス・ゴルドン」も、アドモス商会への融資を取り止めてしまいました。アドモス商会へ融資すればそれが鉄華団に流れることは明白で、自分の立場が悪くなることはしたくない、ということです。

切羽詰まった鉄華団「オルガ・イツカ」は、かつて親子の契りを結んでいた「テイワズ」の親分「マクマード・バリストン」と連絡を取ります。理由は資金の融資……ではなく、ラスタル・エリオンに繋げてほしいということです。

ラスタルと連絡がついたオルガは何をしたかというと、「鉄華団は解散」し、「マクギリスとガンダム・バエル」を差し出して、自分たちは見逃してもらいたい、と言っていました。生け贄ですね。

しかし、ラスタルはマクギリスだけでなく、地球圏で暴れまわっていた鉄華団を潰すこと、ギャラルホルンの力を改めて世界にアピールすることになると考えており、オルガの要求を却下していました。鉄華団もまたラスタル体制のための生け贄になれ、と。

万事休す……か?

 

 

クーデリアの三日月への「お願い」

そのクーデリアは久しぶりに三日月と再会していました。そこでクーデリアは三日月から、三日月と鉄華団の炊事係「アトラ・ミクスタ」との子どもを託されていました。

クーデリアは子供のことを全く聞いていなかったので大層驚いていました。でもアトラに子どもが出来ているかの確証はまだないようで、仮に出来ていたら……のことのようでした。

しかし、三日月はアトラが身籠る行為はした、という宣言している訳で、三日月のことを好きなクーデリアは少なからずショックを受けていたようです。

それを受けてクーデリアは一つお願いをしていました。それは「抱きしめてもらえますか?」です。三日月はそれを受け入れ、ハグ。

アトラもその様子を見守っていましたが、それだけでなく、事もあろうかアトラは「ならクーデリアさんも作りましょう、一緒に! 三日月の赤ちゃん!」と訳の分からないことを言っていました……。三日月も「クーデリアも欲しいの?」などと……。

アトラはクーデリアのことも大好きですし、クーデリアが三日月を大好きなことも知っているから、そういったのでしょうけど。

それを聞いたクーデリアは吹き出していました。不器用で純粋すぎる三日月とアトラの2人の間には、一般的な恋愛を超えたものがあるのかもしれません。クーデリアはアトラを手元に引き寄せて、3人で抱きしめ合っていました……。

抱きしめ合うと、クーデリアは「守ります」と言っていました。必ずアトラと生まれてくる子を守る、と約束していました。

三日月はクーデリアとしたのかしていないのかは不明です。していないと思います。

 

 

覚悟を決める鉄華団

ラスタルに突き放され絶望したオルガでしたが、その様子を立ち聞きしていた、副団長の「ユージン・セブンスターク」と実働二番隊隊長「昭弘・アルトランド(あきひろ・あるとらんど)」がオルガに迫っていました。何を勝手なことをしているんだと。

死んだように生きていた俺らに生きる実感をくれ、家族を作ってくれた、そんなオルガでしたが、家族に黙って勝手なことをするなと、オルガだけが背負わないで話し合っていこうぜと、2人は怒りながらも励ましていました。一蓮托生です。

 

そこへ鉄華団の経理をしている大人2人「デクスター・キュラスター」と「メリビット・ステープルトン」がやって来て、他の名前で銀行にプールしていた資金があり、それが使えるようになったという報告です。資金は限られているものの、何か行動を起こすことはできそうです。

プールとは、お金を貯める、ということで良いと思います。

また、クーデリアは地球の4つの経済圏のうち「アーブラウ」の代表「蒔苗東護ノ介(まかない・とうごのすけ)」の力を借りて、別人になることを提案していました。

火星のクリュセは未だアーブラウの植民地で、火星の住民である鉄華団のIDを管理しているのもアーブラウです。蒔苗に頼んで、IDのデータを改ざんして他人になり、生け贄のリストから外れるということみたいです。鉄華団の名前も捨てることになります。

資金も少しですが使えることになり、夜逃げの準備は整ったということでしょうか。

  

 

おわりに

ほんの僅かに光が差したと思われたところで、火星にギャラルホルンが攻めて来てしまいました。大量のモビルスーツに囲まれたマクギリスは何故か余裕で、ニヤけています。

私はマクギリスはモビルアーマーを持っているのではないかと思っています。モビルスーツに反応して起動するのがモビルアーマーですから、マクギリスが逆転の切り札を持っているとするならそれしかないなと思います。しかも1体ではなく何体か持っていそうです。

ただ、MAが再び出てくるなら、三日月たち元鉄華団の全滅エンドの可能性も再浮上してしまいますね……。三日月が死んでしまう、というか「アグニカ・カイエル」のようになってしまう最後がありそうです。

 

dysdis.hatenablog.com

「鈴谷」でほぼ確定?「重巡だけれど、樺太を流れる川の名前を由来に持つ」巡洋艦娘の改二改装の準備が進んでいます

2017年3月12日、『艦隊これくしょん ~艦これ~』の公式Twitterアカウント@KanColle_STAFFより、とある航空巡洋艦の改ニ実装の続報が告知されました。対象はほぼ確定しています。

 

 

航空巡洋艦の改ニは「鈴谷」か?

 

 というツイートがそれ。2017年冬イベ終了以降、今春以降にある航空巡洋艦の改ニの情報がもたらされていますが、今回の続報によってその航巡改ニが誰になるかがほぼ絞られました。

ツイート内「樺太を流れる川の名前を由来に持つ」という文言がそれで、これは最上型重巡洋艦「鈴谷(すずや)」のことでほぼ間違いないでしょう。

 

鈴谷(すずや)は、日本海軍の重巡洋艦[2][3]。 最上型重巡洋艦(二等巡洋艦最上型)の3番艦である[4]。その艦名は、樺太の鈴谷川から取って名付けられた[5][6]。

鈴谷 (重巡洋艦) - Wikipedia

鈴谷(重巡洋艦)のWikipediaにはこのように書かれています。鈴谷の名は樺太にある鈴谷川から取って名付けられたと。

 

f:id:dysdis:20170312131146j:plain

鈴谷は最上型重巡洋艦の3番艦。横須賀海軍工廠生まれなんだよ~、ふふ~ん。巡洋艦の名前は川由来なんだけど、鈴谷は樺太の鈴谷川がその由来なの。知ってた?

「鈴谷」の図鑑テキストを見ても樺太の鈴谷川がその由来だとあります。

 

2017年3月7日のツイートを見ても、「姉妹の中では三番艦以降」と書かれています。

なので、今回の重巡洋艦(航空巡洋艦)改ニは鈴谷でほぼ間違いないと思って良いでしょう。

 

 

おわりに

f:id:dysdis:20170307103910j:plain

以前も紹介しましたが、自軍の鈴谷はレベル95です。鈴谷の改装可能レベルは80前後かなと予想しています。おそらくは自軍はレベル的に問題ないはずです。

それと鈴谷改ニの改装には「改装設計図」が必要になると思われますから、となると「勲章」が必要です。勲章が足りない方は各通常海域の5マップ目、ExtraOperationでゲージを破壊しておいた方が無難です。勲章はEOのゲージ破壊で手に入ります。

鈴谷はレア艦の部類に入ると思われますから、艦これを始めたばかりの提督さんの中には、鈴谷をまだ持っていない方もいらっしゃることでしょう。といっても、私が艦これを始めた頃とは異なり、現在は比較的入手しやすくなっていると思います。

通常海域のドロップであれば2-5や5-3、5-4で入手できるみたいですし、「建造」でも戦艦レシピの「400/30/600/30」や「400/100/600/30」で作れるみたいです。

航巡を活用する機会は多いと感じますから、改ニ実装日まで育成が間に合わないとしても、手に入れておきたいですね。

 

dysdis.hatenablog.com

スポンサーリンク