ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】FIAのアントネッリの件は今後の困難を保証する?【2024】

スポンサーリンク

FIAが最低年齢制限を17歳に引き下げた決定は、「アンドレア・キミ・アントネッリ」のことだけを念頭に置いて下されたものと言われています。

FIAは独自のルールを大幅に破棄することを決定した結果、長期的にはF1に間違いなく困難が生じることになる、と海外で報じられています。

 

目次

 

FIA、F1スーパーライセンスの年齢制限の調整

FIAがF1スーパーライセンスの年齢制限の調整を発表したようです。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

 

dysdis.hatenablog.com

 

この件については以前当ブログに記事にしています。

上にリンクを貼った記事がそれ。

 

マックス・フェルスタッペンが16歳でデビューした後、協会は規則を厳格化し、ドライバーは少なくとも18歳以上で運転免許証を所持していなければならないと定めました。

ところが今回突然、まだ18歳に満たない新人が現れたことで、規定が再び変更されることになりました。

 

あらゆるリクエストを評価するのか?

今回の規定変更は、誰かが近いうちに17歳(17歳以下)のドライバーがF1でレースするのに十分な能力があるかどうか、F1チームからのあらゆるリクエストを評価することになるのだろうか、とGPblogでは論じています。

 

リクエストを受けFIAは何をどのように評価するのか、その「優れたスキルと成熟度の一貫した実証」が恣意的なものなのに。

 

恣意的な例といえば、今季からF2で戦っている17歳のイタリア人「キミ・アントネッリ」は、これまでのところ、すべてを備えていることを示しているでしょうか?

彼はF2で一度も表彰台に立ったことがなく、ポールポジションを獲得したこともありません。

彼はF1を走るのに十分優れた能力を持っているのでしょうか?

確かに彼はFRECA(Formula Regional European Championship:フォーミュラ・リージョナル・ヨーロッパ選手権)の現王者ではありますが、それでもF3でさえありません。

 

もしレッドブルが、ジュニアチーム所属の16歳のイギリス人「アルヴィド・リンドブラッド」を、F3からビザキャッシュアップRBに移籍することをリクエストしたらどうなるでしょう?

リンドブラッドはF3のデビューシーズンで好調を維持していて、レースにも勝利してタイトルを争っています。

リンドブラッドはアントネッリよりもF1への権利を持っていると誰が言えるでしょうか? 

 

誰かが十分に優れているかどうかをどのように判断するのか、その事実がまさに、これからFIAに困難が待っていることを保証しています。

F1チームが、誰々がF1で走るのに十分適した能力があると言ったときに、FIAの誰がこれに反論するのでしょうか。

 

インディカー

アメリカでは、この規定に対しては懐疑的な目を向けられてきました。

長年インディカーの第一線で戦ってきた「コルトン・ハータ」は、アメリカ選手権で十分なポイントを獲得できなかったため、2023年にスーパーライセンスを取得でませんでした。

しかし、彼は既にフォーミュラカー選手権で優れたスキルと成熟度を備えていることを示しているのではないでしょうか?

 

とのこと。

誤役御免。

 

DAZN

 

感想

感想です。

 

全くもっておっしゃるとおり。

ある人物があるカテゴリでどれだけ速かったとして、カテゴリの違う人物との実力の優劣を誰がどうつけるのでしょうね。

F4とF3、F3とF2、F4とF2、F2とスーパーフォーミュラとインディ、F1とインディもそうです。

 

それを見極めるためにも色々とカテゴリ分けがされているのでしょうから、アントネッリで言えば、彼はまずF2で明確な結果を出すべきです。

チャンピオンか、それに準ずる成績を残す必要があると思います。

そしてF1チームやFIAは黙ってそれを見守るべきでしょう。

結果が出なければF2の2年目に挑むか、一旦落ち着いてF3にトライするのもいいでしょう、F2経験のあるドライバーがF3を走れるのか知りませんが。

 

F1チームとFIAは、自分たちが自前のヒーローを「作りたい」から、規定を好きなようにいじっているだけの行動にしか見えないのですよね、今回の規定の微調整は。

これではルールなんて存在しないのと同じです。

 

しかし、私にはくだらなく見えるF1の政治ゲームは今に始まったことではなく、私がF1を見始めた当時から既にあった印象です。

それを含めてF1と言えばそうですが。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、キミ・アントネッリがスペインGPのFPを走らせる可能性があるとの報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon