ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】ウィリアムズ代表がチーム再建中に「ビッグネーム」の契約をほのめかす【2024】

スポンサーリンク

ウィリアムズF1のチーム代表「ジェームス・ボウルズ」が、ウィリアムズに加わる準備ができている「ビッグネーム」が何人かいる、と海外メディアに語っているようです。

 

目次

 

ウィリアムズ

ウィリアムズは現在、チーム再建の只中にあります。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

何を隠そうチーム代表の「ジェームス・ボウルズ」の再建策の一つです。

ボウルズがメルセデスから加入した2023年シーズン、チームはコンストラクターズランキング7位に入っていて、今後数年間でチームを再びトップチームに育てることを目指しています。

23年11月にはアルピーヌから「パット・フライ」がCTO(最高技術責任者)として加わっています。

 

30人の新加入の職員がいる

Sky SportsF1によるとボウルズは、パット・フライの加入が「スポーツ界で大きな称賛を受けている最大『30人』の新加入職員の最初の一人に過ぎない」と述べています。

 

(再建の進捗は)非常に順調だよ。

残念ながらまだ発表できる状況ではないが、契約した人材を発表し始めれば、我がチームの技術部門や空力部門の多くの人々に認知されているビッグネームが、(あなたたちの)目に入ることだろう。

そして、その数は少なくない。

現在、スポーツ界で大きな栄誉を受け、ウィリアムズの成功に貢献してくれる人材は20~30人ほどいると思う。

我々はよい位置にいるし、望む方向に進んでいる。

いつも望むよりも遅くなる。明日には人が加わるといいのだが。しかし、私がしてきたのは、適切な人材を待って、それから契約して、入社させることなんだ。

 

私がメルセデスを離れてここに来たのには理由があるんだ。

昔のウィリアムズではないし、何よりもまず、サインツがリストに載っているという事実が、最近の我々のパフォーマンスがそう(昔のウィリアムズ)ではないことを如実に表しているだろう。

もしそれ(サインツ加入)が実現すれば、我々はグリッド上で最高のドライバーラインナップの一つ(アルボン&サインツ)になると思う。

そしてそれは我々のこれから向かう異なる時代だ。

我々はこのチームを成功という点で以前の状態に戻すために数千万、いや数億ドルを投資している。

その裏で、本当に素晴らしい人材と数人契約を交わしていて、彼らは徐々に世界に羽ばたき始めている。

しかし、これは本当に良い旅で、12か月前に始めた懸命な努力が今、実を結び始めていて、私たちが前進していると確信できる十分な理由がある。

我々は長年、ランキング10位のチーム(最下位)だった。確かに昨年は7位で、今年は出だしは悪かったが、我々に注目して欲しい。

我々は今、レースごとにマシンにパフォーマンスを注ぎ始めており、これは以前とは異なる存在なんだ。

 

とのこと。

誤役御免。

 

DAZN

 

感想

感想です。

 

誰でしょうね、ビッグネームとは。

エイドリアン・ニューウェイでしょうか?

 

ボウルズがここで言っていることは、アルボンがレッドブルからの誘いを断った理由にもなっているはずですね。

長期的な視野で再建をしている最中ですが、短期的にも改善を進める、難しい仕事ですけど、ボウルズは現状よくやっていると私も思います。

 

dysdis.hatenablog.com

 

サインツはアウディよりウィリアムズに移籍した方がいいと思いますし。

サインツが加わればアルボンの実力も今よりはわかるはずなので。

ラティフィとサージェントに勝っていても、本当に彼が速いかわからないですから。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、ウィリアムズのボウルズ代表がチーム再建中に「ビッグネーム」の契約をほのめかした報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon