ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】ジャック・ヴィルヌーヴが再びダニエル・リカルドに苦言!【2024】

スポンサーリンク

ジャック・ヴィルヌーヴに「なぜF1にいるのか?」などと口撃された、ビザキャッシュアップRB F1の「ダニエル・リカルド」がカウンターをしたところまでお伝えしました。

その後、再びジャック・ヴィルヌーヴがリカルドに苦言を呈しています。

 

目次

 

ジャック・ヴィルヌーヴ

第9戦カナダGPに入ってから、Sky Sports F1の解説者で1997年のワールドチャンピオンである「ジャック・ヴィルヌーヴ」が、ビザキャッシュアップRB (VCARB) 所属のオーストラリア人「ダニエル・リカルド」を口撃しました。

リカルドは「なぜF1にいるんだ?」などと辛辣なコメントをしたのですね。

 

dysdis.hatenablog.com

 

詳しいことは上にリンクを貼った記事に書いています。

あわせてご覧になってください。

 

第9戦カナダGP

F1の2024年シーズン第9戦カナダGPが2024年6月8日から開催されています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

これからご紹介するリカルドは予選5位と、今季最高位を獲得しています。

 

ダニエル・リカルドのカウンター

予選後、リカルドがヴィルヌーブの辛辣なコメントに対してカウンターをしました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

予選5位という結果だけでなく「口撃」でもやり返したのです。

 

ヴィルヌーブの再口撃

さらに、ヴィルヌーブがリカルドに苦言を呈する発言をしているようです。

リカルドの発言を受けてではないみたいですが、謝罪をするつもりは毛頭なさそう。

コメントは下記。

 

彼には後押しとプレッシャーが必要だった。そしてそれが報われた。

上手くいっている。今週末の彼にはクルマが合っているし、自分に合ったクルマがあれば最高の状態で運転できる。

とても良い予選だった。

今週末もこのまま走り続け、あと4、5、6レースも同じように走れば大丈夫だろう。

だが、彼が言ったように、今年は一貫性が欠けている。

今シーズンを通して見ても、タフなシーズンだが、彼はチャンスを与えられれ続けているのだから、コース上でそれを示す必要がある。

今日の予選は良かったのだから、彼は継続する必要がある。

 

とのこと。

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

簡単に謝るような玉じゃないので、リカルドは構う必要はないですね。

言い方の問題はあっても、ジャックが今回言ったことは正しいものとは感じます。

 

今回の予選にしても、Q3で角田が突風に見舞われたことがありました。

セクター1でかなりタイムを失っていたのに、その後8番手まで盛り返していたので、突風がなかったらリカルドを上回っていた可能性が高いです。

 

何が言いたいかと言うと、今回の突風のようなイレギュラーな事態が起こらない限りはこれまでどおり角田の方がやや速い状況はまだ変わっていないし、それならレースでは角田の方が速い可能性があるということです。

しかもまだ予選が終わっただけで、彼は今回ポイントを獲得した訳ではありません。

リカルドは大幅に負けている角田とのポイント差を縮める働きができないと、ジャックの言うことが正しいと自ら証明してしまいます。

 

そういうエクスキューズなしにリカルドが安定して角田に勝てるようになったら、あるいはシーズンを終えてリカルドが角田より明らかに勝っていたら初めて、ジャックは降参をするのではないでしょうか。

いや、それでも謝罪はしないと思いますが。

 

DAZN

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、ジャック・ヴィルヌーヴが再びダニエル・リカルドに苦言を呈した報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon