ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】カナダ予選Q1敗退のセルジオ・ペレスをホーナーが擁護?【2024】

スポンサーリンク

F1の2024年シーズン、2024年6月8日から第9戦「カナダGP」予選で、レッドブルの「セルジオ・ペレス」が16位でQ1敗退しました。

レッドブルに乗って、モナコGPに続いて2戦連続でのQ1敗退。

 

同チーム代表「クリスチャン・ホーナー」が、チェコを擁護する発言をしたようです。

 

目次

 

第9戦カナダGP

F1の2024年シーズン第9戦カナダGPが2024年6月8日から開催されています。

場所はカナダはモントリオールにある「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット」です。

 

ペレスQ1敗退

2024年6月9日はカナダGPのFP3と予選が行われました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

結果とその感想は、以前当ブログで記事にしています。

上にリンクを貼った記事がそれ。

 

セルジオ・ペレスは予選を16位で終え、Q1敗退です。

前戦モナコGPでもQ1敗退だったので、2戦続けての「失態」。

 

DAZN

 

クリスチャン・ホーナーがコメント

予選後にレッドブルの代表である「クリスチャン・ホーナー」が、それでもペレスを擁護するコメントをメディアに対してしています。

 

チェコがリアのグリップに苦しみ、Q1で僅差で脱落したのは残念だった。

明日は彼に可能なかぎりグリッドを上げる最高のチャンスを与えられるよう、その理由を調査する必要がある。

 

マックス・フェルスタッペンが困難な初日を経て、予選では挽回したものの、惜しくもポールポジションを逃したことについてもホーナー。

 

急速に進化し、全チームがタイヤの割り当てをすぐに使い果たしたトラックで、マックスは予選中にどんどん力をつけていった。

昨日は難しい一日を過ごした後、ポールタイムをあと一歩で達成できたのは素晴らしいパフォーマンスだった。

エキサイティングなフロントロウでジョージの隣にいられるのは素晴らしいことだ。

 

とのこと。

 

感想

感想です。

 

まぁ擁護っていうほどのコメントではないですけどね。

 

ホーナーはペレス続投を決めた張本人でしょうから、悪く言うはずがないです。

ペレスとリカルドは明確にホーナー派と思いますので、ホーナーが2人に悪く言うことはないですし、2人もホーナーを悪く言うことはないでしょう。

言ったとき、それは関係が破綻したことを意味します。

 

しかし内心は相当苛立っているでしょうね、ペレスのQ1敗退は。

ペレスが今後もこの低調が続くようなら、コンストラクターズでマクラーレンに負ける可能性が出てきます。

それはヘルムート・マルコ等を擁するオーストリアの大株主との内部抗争にも響いてきますから。

 

このまま続けば、今季中の角田裕毅とのスワップの可能性も、あるいは出てくるかもしれません。

でもペレスはレッドブルの育成出身ではないので、クビアトやガスリー、アルボンのようにレッドブルからVCARBへの降格は基本ないと思います。

ただ、今回のペレスの新契約に、角田やリカルドとのスワップの条項が含まれていれば話は別ですね。

 

DAZN

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、F1の2024年第9戦カナダGPでQ1敗退をしたセルジオ・ペレスに対してクリスチャン・ホーナーが擁護したとの報道の感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon