ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】第9戦カナダGP予選結果感想。契約更新したペレスが2戦連続Q1敗退【2024】

スポンサーリンク

F1の2024年シーズン、2024年6月8日から第9戦「カナダGP」が開催されています。

 

2024年6月9日土曜日はFP3(フリープラクティス)と予選が行われました。

結果と感想を書いています。

 

目次

 

2024年F1ラインナップ

2024年シーズンのF1のドライバーラインナップについてです。

以下、敬称略で失礼します。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

  • チーム (PU) :ドライバー1、ドライバー2
  • レッドブル(ホンダRBPT):マックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレス
  • メルセデス(メルセデス):ジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトン
  • フェラーリ(フェラーリ):シャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.
  • マクラーレン(メルセデス):ランド・ノリス、オスカー ピアストリ
  • アストンマーチン(メルセデス):フェルナンド・アロンソ、ランス・ストロール
  • アルピーヌ(ルノー):ピエール・ガスリー、エステバン・オコン
  • ウイリアムズ(メルセデス):アレクサンダー・アルボン 、ローガン サージェント
  • キックザウバー(フェラーリ):バルテリ・ボッタス、周冠宇
  • ビザ・キャッシュアップ・RB(ホンダRBPT):ダニエル・リカルド、角田裕毅
  • ハース(フェラーリ):ニコ・ヒュルケンベルグ、ケビン・マグヌッセン

 

色を変えたドライバーが新加入です。

オレンジが他のチームからの移籍、青がアンダーカテゴリーからのステップアップ、紫がF1復帰組。

2024年シーズンのドライバーラインナップは2023年から変わりないようです。

ステークF1チーム・キック・ザウバー(キックザウバー)とビザ・キャッシュアップ・RBは、2023年までそれぞれアルファロメオとアルファタウリのチーム名で参加していました。

 

DAZN

 

第9戦カナダGP

F1の2024年シーズン第9戦カナダGPが2024年6月8日から開催されています。

場所はカナダはモントリオールにある「ジル・ヴィルヌーヴ・サーキット」です。

 

FP3&予選

2024年6月9日はカナダGPのFP3と予選が行われました。

結果です。

 

 

FP3。

 

 

予選Q1。

 

 

Q2。

 

 

Q3。

 

F1の公式Xアカウント (@F1) のポストのとおりですね。

 

タイヤコンパウンド

使用されるタイヤコンパウンドについて。

 

 

今回使用されるタイヤコンパウンドは上記のとおり。

C3〜C5とのこと。

C3がハード、C4がミディアム、C5がハードタイヤ。

 

DAZN

 

感想

2024年F1第9戦カナダGP2日目の感想です。

主に予選の感想になります。

 

ポールポジション

ポールポジションはメルセデスの「ジョージ・ラッセル」でした。

おめでとうございます。

 

 

久々のポールではないでしょうか。

 

 

実は2位がレッドブルの「マックス・フェルスタッペン」で、ラッセルと同タイムでした。

1000分の1秒を争うF1で同タイム。

ただ、先にタイムを出したのはラッセルでした、なのでポールということですよね。

 

DAZN

 

メルセデス勢

メルセデスPU勢が速いです。

 

 

メルセデスPUが上位にいて、そこにホンダPUが割り込む構図です。

 

 

一方でフェラーリPUは勢いがなく中位下位に沈んでいます。

カナダでは他のサーキットよりPU差が謙虚な印象。

 

セルジオ・ペレス

レッドブルの「セルジオ・ペレス」が心配です。

 

 

Q1を16位で終え、モナコとカナダの連続でQ1敗退の憂き目に遭っています。

 

2026年までの契約更新が発表されたばかりでこれでは、世界中から叩かれそうですね、ペレスとレッドブルが。

レッドブルというかクリスチャン・ホーナーが。

レッドブルのシート争いに破れた角田とリカルドがQ3進出しているのに、シート争いに勝ったペレスが2戦連続Q1敗退はさすがに洒落にならない事態です。

 

ビザキャッシュアップRB

「角田裕毅」が所属するビザキャッシュアップRB (VCARB) は今回も好調でした。

 

角田はQ1で2番手、Q2で4位と上位に顔を出していました。

しかしQ3はセクター1でミスっていたでしょうか、ここでのタイム差が全体に響いて8位に留まっています。

ミスがなければセカンドロウは狙えたでしょう。

もったいなかったです。

 

ただセクター1は突風の影響があったみたいですから、どうしようもなかったのかも。

 

 

対するリカルドはQ2までは角田より後方でしたが、Q3まで進み、Q3では何と5番手タイムを叩き出し、サードロウ獲得です。

メガラップ、メガジョブでした。

 

ダブル入賞を狙えそうですので、期待したいですね。

天候次第ではありますが。

 

角田はどうしてもQ1からQ3までをミスなしで過ごせない傾向にあります。

Q2までは速いのだけど、Q3でミスをする。

より一貫性をもたせることが次戦以降の「成長の余地」になりそうですね。

 

dysdis.hatenablog.com

 

しかしリカルドはすごかった。

ジャック・ヴィルヌーヴに叩かれたことで発奮したのかもしれません。

これ以上ないカウンターになったのではないでしょうか。

 

DAZN

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、F1の2024年第9戦カナダGP2日目の感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon