ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】レッドブルRB20を「ダウングレード」だとメルセデスのアリソン【2024】

スポンサーリンク

メルセデスF1のテクニカルディレクター「ジェイムズ・アリソン」は、レッドブルの最近のアップグレードが「ダウングレード」と発言しているようです。

 

目次

 

レッドブルの苦戦

昨季支配的な強さを見せたレッドブルは、今季も素晴らしいスタートを切りました。

「マックス・フェルスタッペン」が開幕5戦のうち4戦で優勝しています。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

ところがその後、マクラーレンがマイアミで反撃し、「ランド・ノリス」がアップグレードされたMCL38を駆って初のグランプリ優勝を果たしました。

さらに2戦後のモナコでは、フェラーリの「シャルル・ルクレール」が優勝、フェルスタッペンは6位にとどまっています。

 

アップグレードという名のダウングレード

マイアミとモナコのの間にはイモラでのエミリア・ロマーニャGPがあり、レッドブルはここで2024の開発戦争で最初の大きなステップ、つまりアップグレードを施しました。

ところがそれ以降、レッドブルはマクラーレンとフェラーリがすぐ後ろに迫られています。

 

メルセデスF1のテクニカルディレクターである「ジェイムズ・アリソン」は、モントリオールでメディアに対して、イモラでのRB20のアップグレードは、強化ではなく弱体化させたのではないかと語ったようです。

 

コーナリング速度の範囲が十分に確保されれば、再び機能するようになると思うが、今回のアップグレードはダウングレードのように見える。

だから本当に彼らを混乱させることを祈るよ。

アップグレードが機能しないと、その後の活動が困難になる。

ツールを信頼できなくなった瞬間に、後戻りしなければならなくなり、多くの時間を失うことになるからだ。

時間は最大の友であり、それを失うことは最大の敵になる。

 

一方で、自分たちのメルセデスは「W15」に対して、マイアミとエミリア・ロマーニャのラウンドで2部構成のW15アップグレードを導入しており、カナダでさらにそれを加えました。

アリソンは自分たちに関して、レッドブルやフェラーリ、マクラーレンの戦いに加わるために必要な次のステップを踏もうとしています。

 

「本当に恥ずかしい」ほど酷い状態から「戦いに近い」状態までになった。

そしてレッドブルが苦戦してライバルに追いつかれつつある現在の状況を、「このゲームでは誰もが他人の不幸をいつも喜んでいる」ともアリソンは語っています。

 

とのこと。

誤役御免。

 

DAZN

 

感想

感想です。

 

フェルスタッペンの1強ではなくなって俄然面白くなっているのは確かですね。

本当にレッドブルのアップグレードが失敗だったかどうかは、イモラとモナコが特殊なサーキットであることでわかりにくいです。

カナダも、モナコほどではないにせよセミストリートですので、縁石やバンプの問題が彼らを襲う可能性は現代の規格に合っているサーキットに比べれば高いでしょう。

ただ、カナダは週末を通して雨みたいですから、この辺もわかりにくくさせています。

本当にレッドブルとライバルの差がわかるのは、次戦カタルーニャでのスペインGPかなと思います。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、アリソンがレッドブルRB20はアップグレードじゃなくダウングレードと語った報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon