ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】レッドブルがセルジオ・ペレスとの2026年まで契約更新を公式発表!角田裕毅の昇格なくなる【2024】

スポンサーリンク

レッドブルF1は「セルジオ・ペレス」との2026年までの契約更新を公式発表しました。

 

目次

 

セルジオ・ペレス

レッドブル所属のメキシコ人「セルジオ・ペレス」は、2024年いっぱいでチームとの契約を満了します。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

 

dysdis.hatenablog.com

 

第8戦モナコGPでは、Q1敗退、決勝でも0周リタイアを喫しています。

ここ数年、ペレスはヨーロッパラウンドに入る頃から調子を落とす傾向があり、今年も同じ流れにあるのではと言われています。

マイアミGP以降、表彰台にすら立てていない現状です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

レッドブルの顧問「ヘルムート・マルコ」は最近、ペレスと契約更新をするかどうかについて、夏休み前までに明確な結論を得たいと言っています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

その一方で、カナダGP前にレッドブルがペレスとの契約更新を発表するのではと報じられ、その後多くのメディアがペレス続投を確定事項のように報じています。

 

DAZN

 

2026年まで契約更新発表

日本時間の2024年6月5日ですか、レッドブルF1はペレスとの2026年までの契約更新を公式に発表しました。

2年延長。

 

 

公式X (Twitter) にも告知ポストがあります。

 

DAZN

 

感想

感想です。

 

角田裕毅が2025年に昇格できないことも明らかになった発表となりました。

ただ以前から何度も書いているとおり、今、既にフェラーリやマクラーレンに追いつかれつつあり、サーキットによっては抜かれてしまった感のあるレッドブルです。

エイドリアン・ニューウェイが離脱して、これまでどおりのマシン設計ができるのか、これまでどおりにアップデートができるのか、これまでどおりにセットアップができるのか。

2026年からホンダが離れて、自社製造エンジン+フォードとなることが、他メーカーより未知数であること。

これらを考えると、レッドブルへの昇格に以前ほどの旨味がないとも言われていて、角田の昇格はあまり残念なことではなく、むしろレッドブルグループを出るよい機会になったのではないかと思います。

下手にVCARBに残留するとチームを出にくくなる危険があるので、今季いっぱいで出ていくことも十分に考慮される案件でしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

 

フェルスタッペンだって、いつ出ていくかタイミングを図っている報道がちらほら出ていますし、ヘルムート・マルコだって出ていくのではという報道があります。

 

また、今回の発表は、代表のクリスチャン・ホーナーが自らの「城」をより強化した結果だろうな、と個人的には考えています。

ペレスが大事ではなくペレスのお金が大事、もっと言うとペレスの背後にあるスポンサーの支援が大事、ということを表しているように受け取れるからです。

ホーナーはアメリカ大陸の企業群を自らの味方にして、レッドブルのタイ陣営とともに、レッドブルグループ内での地位を盤石にしたい。

そういう想いが今回の決定を決断させたのだろうと私は思っています。

言い換えると、純粋にライバルよりチームをより強くしたいという想いより、オーストリア側との権力抗争の結果だろうと、私は思っています。

あるいは、レッドブル本社のアメリカ大陸での戦略を見越したものでもあるのでしょう。

本当にそうだとすれば、レースを愛した創業者の一人であるディートリヒ・マテシッツの理念なんて、レッドブルF1にはもはや存在しないと言えるかもしれません。

レッドブル育成出身の角田裕毅やダニエル・リカルド、カルロス・サインツより、お金を選んだのですから。

 

なんてことを勢いのまま書きましたが、冷静に考えると、実情はRBPTの開発費用が欲しかった、というところでしょうか。

どの道「金」じゃんっていう。

 

しかしまぁ、今回の決定に喜んでいるのはライバルチームですよね。

現時点でペレスは敵になっておらず、今後は加齢による能力低下がもっと進むはず。

今後2年間フェルスタッペンだけをマークすればいいのですから、助かったと思っていることでしょう。

 

ホーナーとマルコの権力抗争の結果が出た感もありますね。

マルコにはもはやドライバー選択の実権がないのでしょう。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、レッドブルがセルジオ・ペレスと2年間の契約更新を公式発表した報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon