ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】メルセデスが来季キミ・アントネッリを起用する方針か?【2024】

スポンサーリンク

メルセデスF1が来季2025年のドライバーラインアップに17歳の「キミ・アントネッリ」を起用することを決めたという報道があるようです。

 

目次

 

マックス・フェルスタッペンの代替

メルセデスF1は今季困難なシーズンを送っています。

困難な状況にもかかわらず、3度の世界王者であるオランダ人「マックス・フェルスタッペン」が移籍する噂が浮上していました。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

ただ、現状では2025年のメルセデス移籍の可能性は低くなっていて、メルセデスは別のドライバー候補を考える必要性を感じているようです。

 

キミ・アントネッリ起用か?

Corriere dello Sportによると、メルセデスが方針手感をして、2025年から17歳のイタリア人「キミ・アントネッリ」を起用する選択をしたようです。

 

アントネッリは最近、2022年型メルセデスに乗ってイギリスのシルバーストンでテストを行いました。

そこで非常に強いインパクトをメルセデスに残したことで、チーム内の重要人物の全員がアントネッリの才能を確信していると言います。

アントネッリは同時に走っていた「ミック・シューマッハ」よりも速かったそう。

さらに驚くべきことに、レギュラードライバーの「ジョージ・ラッセル」もイギリスに帰国していて(テストを走っていて)、彼よりも速かったと言われています。

ショートランではラッセルと同じくらい速かったのでしょうし、ロングランではラッセルよりもわずかに速かったのでしょう。

そのデータに基づいて、メルセデスの経営陣は方針を変えたであろうと記事は伝えています。

 

ただし、考慮すべき変数があります。

たとえば、ラッセルはアントネッリよりも早い段階でロングランを完了している可能性です。

そしてテスト日には通常、ピレリの特別なテストタイヤを装着して走行します。

アントネッリにはノーマルタイヤでの走行許可が与えられていたでしょうけど、ラッセルがどのタイヤを割り当てられたかは不明です。

(他の情報ではアントネッリはショートランしか走っておらず、逆にミックは常に燃料を積んでロングランをしていたとあった記憶があり、単純比較はできないと思います)

 

ウィリアムズでのデビューは?

アントネッリは、エミリア・ロマーニャGPで「ローガン・サージェント」の替わりにイモラを走るのでは、という報道もありましたが実現しませんでした。

来季ウィリアムズでのデビューの噂もありました。

しかし今回のテスト結果を受けて、その方針が変更された可能性です。

 

今年、彼はF3を飛び級してプレマからF2でデビューしています。

メルセデスとしては、アントネッリがF2選手権でシーズンを綺麗に終えることを望んでいます。

普段好成績を収めているプレマは、今季厳しいシーズンを送っています(注:記事作成時点、表彰台獲得数0、選手権6位のはず)。

そのためチームのドライバーであるイギリス人「オリバー・ベアマン」とアントネッリは、あまりよいパフォーマンスを見せることができていません。

 

しかし、メルセデスはプレマで何が起こっているかを正確に把握しています。

チャンピオンシップで達成したポイント数が、ドライバーのパフォーマンスを適切に評価する最良の方法であるとは限らない、と考えているようです。

 

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

上にも括弧書きをしましたけど、ドライバーごとにテストでの条件が異なっていたようなので、アントネッリがどれだけ速いかは測れないではと思っています。

 

それに、F2でのパフォーマンスがF1での最適な評価とは限らないということは、できれば言うべきではないでしょう。

F2などアンダーカテゴリーの存在意義を否定している発言だからです。

 

F1は単発のラップタイムだけで競うものでもありません。

もちろん単発の速さも非常に大事ですが、同じくレースで戦えるかも大事でしょう。

その意味でF2で近い世代のドライバーたちとレースで戦えているかどうかも、ドライバーの力量を測る大事な要素になると個人的には思っています。

ルクレールもラッセルもノリスも角田もピアストリも、F2を戦って好成績を収めてきました。

 

さらに言えば、開発能力・セットアップ能力も大事なはずです。

今季プレマが強くない理由を私は知らないですが、ベアマンとアントネッリの開発能力やセットアップ能力が足りていないから、プレマが低調なのかもしれませんよね。

 

アントネッリだけでなくベアマンも過大評価というか時期尚早感が強い気がしてなりません。

ヒーローを作ろうとする大人たちに押しつぶされないか、彼らが心配です。

 

DAZN

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、メルセデスが2025年にキミ・アントネッリを起用することを決めた報道について感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon