ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【枚数多】2024年5月18日までに撮影したデジカメとコンデジ写真。ツバメが巣立つ

スポンサーリンク

2024年5月18日までに「デジイチ」と「デジカメ」と「コンデジ」で撮影した写真の中から選んで紹介します。

 

鳥やカタツムリ、てんとう虫、トンボなど生き物が写っています。

大丈夫な方ののみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

 

 

使用カメラと設定

撮影に使用しているカメラは4つです。

『NIKON(ニコン)』のデジイチ(デジタル一眼レフカメラ)「D3000」と、『Panasonic(パナソニック)』のデジタルカメラ「LUMIX DMC-FZ10」と、『OLYMPUS(オリンパス)』のコンパクトデジタルカメラ「XZ-10」と、『RICOH』のコンパクトデジタルカメラ「Caplio GXです。

FZ10とCalplio GXはどちらもSDカードスロット周りが壊れてしまいました。

 

「D3000」は2009年8月に発売されたエントリークラスのデジイチです。

使用レンズはオールドレンズの「Nikkor-S Auto 35mm F2.8」か「Zoom Nikkor 35–105mm F3.5–4.5」、「Zoom NIKKOR 35~70mm F3.5~4.8」、キットレンズの「AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-55mm f/3.5-5.6G」のどれか。

カメラ側の設定は、ダイヤルのない「ホワイトバランス」がキットレンズ使用時はほぼオートで、オールドレンズ使用時はマニュアル、「ISO感度」がキットレンズ使用時は上限800でオート、オールドレンズ使用時はマニュアル(晴天は100メイン、曇天・雨天は上限800で適当に)、「フォーカス」がキットレンズ使用時は基本オートでマニュアルも使い、オールドレンズ使用時はマニュアルです。

「F値」と「シャッタースピード」はレンズを問わず「マニュアル」で、画質の設定は「FINE」です。

 

「XZ-10」は2013年2月にリリースされたコンデジです。

カメラの設定は「撮影モード」が「Pモード(プログラムモード)」か「Cモード(カスタムモード)」かアートフィルターの「ラフモノクローム」「トイフォト」、「ピクチャーモード」は「Natural」、「画質」は「LF (Large+Fine?) 」です。

 

どのカメラで撮影した写真も「トリミング(一部切り出し)」や「レタッチ(加工・修正)」はしていません。

「JPEG撮って出し」をブログ用にリサイズしただけになります。

 

Nikon「D3000」で撮影した写真

デジイチ「Nikon D3000」で撮影した写真です。

今回使用したレンズは全て「Zoom NIKKOR 35~70mm F3.5~4.8」。

 

「ミカン(蜜柑)」の花。

 

「キウイ」とか「マタタビ(木天蓼)」と思われる花。

白い花を咲かせていました。

 

前回ご紹介した「タケノコ(筍)」は既に切られていました。

青竹になっていたので、伸びる前にということでしょうか。

 

知らない白い花。

「カナメモチ(要黐)」に似ているような。

 

「ヤエザクラ(八重桜)」も葉桜。

ピンク色? オレンジ色? の淡い色の葉がヤエザクラの特徴ですね。

いい色合い。

 

私の好きな「トチノキ(栃の木)」。

 

「ドクダミ(蕺)」が白い花を咲かせていました。

 

「アジサイ(紫陽花)」は花を咲かせはじめています。

まだ時期的に早いですが、アジサイが咲くと雰囲気は梅雨。

 

怪しい空模様。

降られず済みました。

 

「バラ(薔薇)」。

 

「チガヤ(千萱、茅、白茅)」と思っているイネ科。

 

知らない花。

 

「モミジバフウ(紅葉葉楓)」が石垣の隙間から。

 

「オオデマリ(大手毬)」がわんさと咲いていました。

もう終わりかと思っていましたが。

 

「ニシキギ(錦木)」の葉。

 

たまに見かける白い花。

 

「アヤメ(菖蒲)」?

 

「フキ(蕗)」。

 

とあるお宅から伸びていました。

日の強さに初夏感。

 

野菜が捨てられていました。

 

白い花はわからない。

 

畦道というか農道に咲いていました。

 

近ごろはこういう、風媒花が気になります。

色は地味で、あまり見る人もいないだろうけど、だからこそ。

 

「キバナコスモス(黄花コスモス)」でしょうか。

もう咲いていました。

 

「マツ(松)」。

 

看板が捨てられていました。

そう言えば近ごろこのお店、だいぶ減っていますよね。

サブスクリプションの影響でしょうか。

 

「ナミテントウ(並天道)」でしょうか。

「ニジュウヤホシテントウ」ではない感じ。

 

「シロツメクサ(白詰草)と「ムラサキツメクサ(紫詰草)」。

 

先ほども紹介したわからないやつ。

 

「ヤマボウシ(山法師)」ですか。

梅雨の時期に咲くイメージがありましたが咲いていました。

 

ドクダミ。

 

こちらもヤマボウシっぽい。

ハナミズキに似ています、どちらもミズキ科だったかと思いますが、記憶違いかも。

 

道路脇に咲いていた「タチアオイ(立葵)」。

 

こちらは「ハナミズキ(花水木)」のようですが。

 

こちらはハナミズキの葉。

 

スナップ。

バス停のプラスティック製のベンチや椅子が好きなのでよく撮ります。

 

知らない紫色の花。

 

シダ植物が生えている、湿気があり暗い、緑の深いところに入っていました。

 

田。

 

また白い花たち。

 

「ヘビイチゴ(蛇苺)」でしょうか、実がなっていました。

 

「シオカラトンボ(塩辛蜻蛉)」。

 

桑の実。

 

こちらは何でしょうね。

知らない花ばかり。

 

葉が重なって濃くなっている様子、いいです。

 

先ほどとは異なるピンク色の花。

どちらも木に咲いていました。

草ではなく。

 

「アカトンボ(赤蜻蛉)」。

詳しい種類は知りません。

 

夏っぽい空。

 

「カタツムリ(蝸牛)」がコンクリート塀に。

 

神社にお参り。

 

「ツバメ(燕)」の巣。

雛が3羽くらい見えました。

 

「ビワ(枇杷)」の実が色づいてきました。

 

アジサイ。

 

「ウメ(梅)」の実。

 

アジサイ。

 

こちらは何の花でしょうか。

「ニラ(韮)」のようなそうではないような。

 

今回はここまで。

 

上に紹介したツバメの巣は、2024年5月15日だったはず。

2024年5月17日に巣立っていました。

近くに大人になりきっていない数羽が留まっていたので。

もうそんな時期です。

 

OLYMPUS「XZ-10」で撮影した写真

コンデジOLYMPUS「XZ-10」で撮影した写真です。

今回はありません。

 

おわりに

ということで前回の写真の記事アップから2024年5月18日までに撮影した写真たちでした。