ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】イモラ初日にランビアーゼがフェルスタッペンに同行しなかった理由は?【2024】

スポンサーリンク

F1の2024年第7戦エミリア・ロマーニャGP初日に、レッドブルは「マックス・フェルスタッペン」のレースエンジニアにいつもと異なる人材を起用したようです。

チームは新たな人材の練習のためと言っているようですが、さらなる人材流出を予感させる事実です。

 

目次

 

第7戦エミリア・ロマーニャGP初日

F1の2024年シーズン第7戦「エミリア・ロマーニャGP」が2024年5月17日から開催されています。

場所はイタリアのイモラ市にある「イモラ・サーキット」です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

初日FP1とFP2の結果と感想は以前当ブログで記事にしています。

上にリンクを貼った記事がそれ。

 

パフォーマンスエンジニア変更

その初日、レッドブルの「マックス・フェルスタッペン」のパフォーマンスエンジニアを、いつもと異なる人が担当していました。

 

いつもはお馴染みの「ジャンピエロ・ジャンビアーゼ」。

今回は「トム・ハート」が担当していました。

 

理由

チームは今回の「一時的」な人事変更をこう説明しているようです。

 

ハートをランビアーゼの仕事に慣れさせ、両者の協力関係をより向上させることを目的としたもの。

 

とのこと。

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

エイドリアン・ニューウェイの離脱により、人材流出の懸念がずっと報じられています。

この一時的な人事変更も、あるいはランビアーゼが他チームに移籍するからかもしれません。

例えば、例えばですけど、ランビアーゼが既にレッドブルにチーム退団を申し出ている、みたいなことがあった可能性です。

ニューウェイのように、ランビアーゼも仕事を外されているのではということです。

 

ランビアーゼはフェルスタッペンとのコンビが有名です。

そしてフェルスタッペンにはメルセデスへの移籍の噂があります。

ランビアーゼはフェルスタッペンに誘われれば、彼について行く可能性がある。

もし、ランビアーゼが退団ということになれば、もしかしたら既に誘われているのかもしれない。

それはつまりフェルスタッペンが移籍を決断しているとも受け取れる訳で。

 

書いたことはあくまでも私の妄想です。

しかし、事実そういうことになれば、ホーナーの不適切行為や彼の権力への執着の影響がここまで、ということになります。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、第7戦エミリア・ロマーニャGPでマックス・フェルスタッペンのレースエンジニアがジャンピエロ・ランビアーゼではなかったことについて書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon