ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】ニューウェイ離脱はレッドブルにとって「大きな損失」とモナハン【2024】

スポンサーリンク

レッドブルF1のチーフエンジニア「ポール・モナハン」が、「エイドリアン・ニューウェイ」の離脱はレッドブルにとって「大きな損失」であると述べているようです。

 

目次

 

ニューウェイのレッドブル離脱

2024年5月1日、「レッドブルF1」が、チームの最高技術責任者である「エイドリアン・ニューウェイ」の、チーム離脱を発表しました。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

dysdis.hatenablog.com

 

離脱の時期は2025年の第1四半期で、とのこと。

2025年3月いっぱいと捉えてよいでしょう。

 

ポール・モナハン

ポール・モナハンとニューウェイとの関係は長いです。

マクラーレンで2人は既に一緒に仕事をしており、ほぼ同時にレッドブルレーシングに移籍しています。

モナハンはレッドブルのF1プロジェクトに初日から携わり、ニューウェイがF1プロジェクトにどれほどの影響を与えているかを、誰よりもよく知っている人物です。

 

レッドブルにとって大きな損失

モナハンがGPblogのニューウェイ離脱に関するインタービューに答えています。

 

エイドリアンがチームを去ることはとりわけ悲しい。

彼はチームの成長と進化に多大な貢献をしてくれたんだ。その強さと献身的な姿勢で、'10、'11、'12、'13年に我々を世界選手権に導いてくれた。

彼が達成したいことを達成するための小さな機会を得たとき、それはいつも「啓示」だった。

 

それらは素晴らしい教訓でもあり、そこから学ぶのに十分な「オープンさ」さえあればよかった。

常にオンになっていた。彼のレジュメがそれを物語っている。

長い年月を振り返れば、ハイブリッドエンジンの最初の数年間、次にホンダエンジン、そして22年には新たな規制が適用された新たなマシンも登場した。

誰が何と言おうと、彼は決してプロセスから孤立してはいなかった。

彼は今なおナイフのように鋭く、優れた洞察力を持っている。

 

彼が辞めたいのであれば、私はそれを全面的に尊重するし、それが彼の選択だ。

個人的なレベルでは、私が何かを完全に理解できなかったときの彼の洞察力と謙虚な説明、そして私が理解できなかったことと我々がどのようにそれを行うべきかを完璧に説明してくれた彼の洞察が恋しくなる。

(彼がいるといないとでは)全く違う。

しかし時代は変わり、彼は自らの決断を下した。

チームにとっては損失だから少し残念。彼はチームに多大な貢献をしてくれたのに、本当に残念だと思う。

 

とのことです。

 

ホーナーが、ニューウェイ離脱による大きな影響はないと言っていたこととは、大きく矛盾するモナハンの言葉になっています。

 

ニューウェイから学べること

モナハンがニューウェイから学べることも話してくれています。

 

たくさんあったけど、ほとんどが私への屈辱だった(笑)。

一例をあげよう。

車のステアリングの安定性にいくつかの問題があったとき、我々はそれを理解できなかった。

何が起こったのかの状況証拠がいくつかあったから、彼から話を聞くと、言葉から学び、何が問題かを理解し始めていると感じられるんだ。

それは集団的なプロセスだったが、彼の新しいアイデア、考え、考察は常に素晴らしかった。

そのアイデアがどこから来たのかは問題ではなかった。

アイデアがあれば、彼はいくつかの質問をし、それが良いアイデアだと思えば、我々はそれを実行するつもりだった。

しなければならないことが何であれ、どれほど大きな変化があったとしても、我々はそれを実行するつもりだった。

もし彼にとってそれが愚かな考えと思えたとしても、それは彼にはすぐに理解できるだろう。

 

とのことでした。

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

ニューウェイの天才性がよくわかるインタビューでした。

F1で、しかもレッドブルでチーフエンジニアになるほどのモナハンだって、一般からすれば天才レベルの工学者でしょう。

そんなモナハンでさえ、ニューウェイの見えている世界は自分とは全く異なると感じているのです。

とんでもない話です。

 

ホーナーは本当に自らのしょうもない不適切行為と、自分の地位を築くためのくだらない権力闘争のために、大事な人材を手放してしまったと思えますね。

ニューウェイは離脱した理由にホーナーを挙げてはいませんけど、それが理由の一つであることは明白でしょう。

 

このブログにも何度か書いていますが、ニューウェイの凄みはそのデザインだけでなく、レギュレーションをいち早く理解する、正しく理解する、深く理解する力にこそあると私は思っています。

頭脳を失ったことの害は、遅かれ早かれ必ずレッドブルに、あるいはホーナーに返ってくるでしょう。

 

dysdis.hatenablog.com

 

偶然かどうかわかりませんけど、第7戦エミリア・ロマーニャGPではレッドブルがここ数年ないくらい不調です。

既にニューウェイはデータにアクセスできなくなっているようですし、会議にも出席できなくなっています。

既にその弊害が出ているかもしれませんね。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、ポール・モナハンがエイドリアン・ニューウェイ離脱は大きな損失だと述べた報道について書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon