ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】第7戦エミリア・ロマーニャGP初日結果感想。角田裕毅がスーパーなパフォーマンス!【2024】

スポンサーリンク

F1の2024年シーズン、2024年5月17日から第7戦「エミリア・ロマーニャGP」が開催されています。

 

2024年5月17日金曜日はFP1(フリープラクティス)とFP2が行われました。

結果と感想を書いています。

 

目次

 

2024年F1ラインナップ

2024年シーズンのF1のドライバーラインナップについてです。

以下、敬称略で失礼します。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

  • チーム (PU) :ドライバー1、ドライバー2
  • レッドブル(ホンダRBPT):マックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレス
  • メルセデス(メルセデス):ジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトン
  • フェラーリ(フェラーリ):シャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.
  • マクラーレン(メルセデス):ランド・ノリス、オスカー ピアストリ
  • アストンマーチン(メルセデス):フェルナンド・アロンソ、ランス・ストロール
  • アルピーヌ(ルノー):ピエール・ガスリー、エステバン・オコン
  • ウイリアムズ(メルセデス):アレクサンダー・アルボン 、ローガン サージェント
  • キックザウバー(フェラーリ):バルテリ・ボッタス、周冠宇
  • ビザ・キャッシュアップ・RB(ホンダRBPT):ダニエル・リカルド、角田裕毅
  • ハース(フェラーリ):ニコ・ヒュルケンベルグ、ケビン・マグヌッセン

 

色を変えたドライバーが新加入です。

オレンジが他のチームからの移籍、青がアンダーカテゴリーからのステップアップ、紫がF1復帰組。

2024年シーズンのドライバーラインナップは2023年から変わりないようです。

ステークF1チーム・キック・ザウバー(キックザウバー)とビザ・キャッシュアップ・RBは、2023年までそれぞれアルファロメオとアルファタウリのチーム名で参加していました。

 

DAZN

 

第7戦エミリア・ロマーニャGP

F1の2024年シーズン第7戦「エミリア・ロマーニャGP」が2024年5月17日から開催されています。

場所はイタリアのイモラ市にある「イモラ・サーキット」です。

 

FP1&FP2

2024年5月17日はエミリア・ロマーニャGPのFP1とFP2が行われました。

結果です。

 

 

FP1。

 

 

FP2。

 

F1の公式Xアカウント (@F1) のポストのとおりですね。

 

タイヤコンパウンド

使用されるタイヤコンパウンドについて。

 

 

今回使用されるタイヤコンパウンドは上記のとおり。

C3〜C5とのこと。

C3がハード、C4がミディアム、C5がハードタイヤ。

 

DAZN

 

感想

2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP1日目の感想です。

 

アップデート

アップデートに関しては、ビザキャッシュアップRBを除く全チームが行ったようです。

 

  • レッドブル:フロントウィング、フロアエッジ、リアコーナー、フロアボディ、ノーズ
  • メルセデス:フロアフェンス、フロアボディ、リアウィング、ビームウィング、フロントコーナー
  • フェラーリ:フロントウィング、リアウィング、サイドポッド・インレット、コーク/エンジンカバー、フロアエッジ、ディフューザー、リアサスペンション
  • マクラーレン:リアウィング、ビームウィング
  • アストンマーチン:フロントウィング、ノーズ、フロアボディ、フロアフェンス、フロアエッジ、ディフューザー、コーク/エンジンカバー、リアサスペンション、リアコーナー
  • アルピーヌ:フロアエッジ
  • ウィリアムズ:フロアボディ
  • キックザウバー:フロアフェンス
  • ハース:フロントウィング・エンドプレート、リアサスペンション、リアコーナー

 

上記のとおり。

見落としがあるかもしれません。

 

フェラーリとアストンマーチンが大掛かりなアップデート。

 

DAZN

 

フェラーリ首位

FP1も2もフェラーリの「シャルル・ルクレール」が首位です。

大規模なアップデートが施されたマシンで、フェラーリの地元イタリアで、これ以上ない結果でした。

 

 

このままの勢いで地元でのポール、そして優勝を果たしたいところ。

 

 

チームメイトの「カルロス・サインツ」は3位、6位。

 

レッドブル不調

昨季支配的な速さ・強さを見せていたレッドブルが不調です。

近ごろは特に、昨季ほどの速さを見せられていませんでしたが、FPと言えども後述するレッドブルの姉妹チームのビザキャッシュアップRBの後塵を拝するのは、少々どころではない異常事態でしょう。

 

 

FP1は「セルジオ・ペレス」が4位、「マックス・フェルスタッペン」が5位。

 

 

FP2はマックスが7位、ペレスが8位。

ペレスは風の影響を指摘していましたね。

 

ロングランペースはショートよりは悪くなさそうですから、優勝までいくかわからないものの、レースではFP1&2より戦えると思われます。

ショートランも、予選までには何とかしてくるでしょう、たぶん。

 

しかし、パーマネントサーキットでここまで低調なレッドブルは、しばらく見たことがないです。

ニューウェイが実務から手を引いた影響、もっと言えばホーナーの不適切行為の影響を考えざるを得ません。

報道でよく言われているように「崩壊」が始まっているのでしょうか。

 

DAZN

 

角田裕毅

VCARBの「角田裕毅」は素晴らしかったです。

 

 

FP1は角田が6位、チームメイトの「ダニエル・リカルド」が13位。

 

 

FP2は角田が3位、リカルドが11位でした。

 

 

角田の3位は凄いですね。

F1公式XにもTOP3として顔見世です。

 

アストンマーチンやメルセデスはおろか、姉妹チームのレッドブルにも勝ってみせました。

レッドブルの低調ということもありますけど、規模や実力的に6番手(個人順位で言えば11位が最上位)と思われているチームでの3位ですから、大きな価値があります。

 

しかもチームメイトとのバトルでも角田の完勝でしたね。

燃料積載量が同じかはわからないものの、0.681秒差は大きい。

1周を1分16秒ほどのショートサーキットで0.7秒近い差はとんでもない差と思います。

FP1では確か、ソフトタイヤのリカルドを、ハードタイヤの角田が上回っていたかと。

これにはリカルドも相当ショックだったことでしょう。

 

ただ、心配が2つあります。

FP2でのロングランペースの遅さ。

それとレースのある日曜日のイモラ市は「雨」の確率が高めなことです。

 

角田の残りのタイヤは、新品ハード1本、新品ミディアム2本、新品ソフト6本持っていたかと思います。

レースは1ストップと思われ、ミディアムスタートでハードに替えるのが基本になりそう。

上に書いたように、今回ソフトはC5ですから寿命が短く、レースではあまり使われないと予想されます。

MHが基本で、SSHを選択するドライバーもいるかも、というところでしょうか。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、F1の2024年第7戦エミリア・ロマーニャGP初日の感想を書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon