ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】アウディはニューウェイを追わないとザイドルCEO【2024】

スポンサーリンク

2026年からアウディとなる「キックザウバー」が、2025年3月いっぱいでレッドブルを離脱するデザイナー「エイドリアン・ニューウェイ」の獲得について。

ザウバーのCEO「アンドレアス・ザイドル」が彼の獲得の可能性について言及しています。

 

目次

 

ニューウェイのレッドブル離脱

2024年5月1日、「レッドブルF1」が、チームの最高技術責任者である「エイドリアン・ニューウェイ」の、チーム離脱を発表しました。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

dysdis.hatenablog.com

 

離脱の時期は2025年の第1四半期で、とのこと。

2025年3月いっぱいと捉えてよいでしょう。

 

アウディ

2026年から新レギュレーション施行と合わせるように『アウディ』がF1にワークス参戦します。

現在は『ステーク・キックザウバー』として参戦しているチームを買収して。

 

dysdis.hatenablog.com

 

先月、2026年に向けて「ニコ・ヒュルケンベルグ」を獲得。

もう1つのシートにはフェラーリの『カルロス・サインツ』にオファーをかけたという話です。

 

ニューウェイ獲得の可能性は?

F1公式のインタビューにて、チームのCEO「アンドレアス・ザイドル」が、「エイドリアン・ニューウェイ」の獲得に関して言及しています。

ザイドルの戦略にはニューウェイを追いかけることは含まれていないようです。

 

パドックにいる全チームが、過去に全てを成し遂げてきたエイドリアン・ニューウェイのようなアイコンに興味を持っているはずだ。

我々にとって重要なことは、目の前にある課題に取り組みたい、この無二の、多くの人を魅了旅を進めるこのプロジェクトに参加したいという、強い精神と強いチームスピリットを備えた強力なチームを作ることだ。

アウディがF1に参戦することになるが、それは一度だけだ。

アウディが全力で取り組むことを知り、F1で最前線で戦うために必要なものはすべて揃っていることを知った上で、人々がこのプロジェクトの形成に協力することができる。

F1関係者だけに焦点を当てないことが重要だ。

(このアプローチは、F1だけでなく、他のモータースポーツ カテゴリ、他の業界、大学、学校からも人々を参加させるのに役立つ)

私はまた、多様な労働力を確保するために、F1の外部からの雇用にも熱心に取り組んでいる。

基本を正しく理解したいと思うが、ある時点でF1の確立されたチームと比較してアドバンテージを生み出すために、固定観念に捕らわれない人材も欲している。

我々の採用キャンペーンの焦点は名前ではなく、アウディの競争力を高め、前進に貢献してくれる適材適所の人材を見つけることにある。

 

とのこと。

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

ニューウェイの獲得を否定しているようでしていない発言ではないかなと、読んでいて感じました。

固定観念に囚われないという意味ではニューウェイこそが適材な気がするからです。

「F1の外部から”も”」と言っているので、「F1の内部”も”」と言っているようにも受け取れますし。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、アウディはエイドリアン・ニューウェイ獲得に強い関心がないとザイドルCEOが言っている報道について書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon