ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】ザウバーのもう1つのシートはあらゆるオプションを考慮【2024】

スポンサーリンク

F1のキックザウバーは、2025年に向けてハースの「ニコ・ヒュルケンベルグ」と契約を結びました。

ザウバーのCEOは2つ目のシートに関して、現ドライバーである「ボッタス」と「周」のどちらかを残留させる可能性を排除しませんでした。

が、他のドライバーにも目を向けているようです。

 

目次

 

ニコ・ヒュルケンベルグ加入

キックザウバーF1は、この4月末、ハース所属のドイツ人「ニコ・ヒュルケンベルグ」と2025年から複数年の契約を結んだことを発表しました。

 

F1 (エフワン) 速報 2024 Rd05 中国GP (グランプリ)&Rd06 マイアミGP (グランプリ) 合併号 [雑誌] F1速報

 

サインツ

ザウバーは多くのドライバーの関心を呼んでいるチームの1つです。

2206年からアウディワークスとなるためです。

 

フェラーリ所属のスペイン人「カルロス・サインツ」と交渉しているとされています。

サインツの獲得が決定されれば、現在のドライバーであるフィンランド人「バルテリ・ボッタス」と中国人「周冠宇」の2人はチームを離れることになります。

 

あらゆるオプションを考慮

F1公式のインタビューによると、チームのCEO「アンドレアス・ザイドル」は、ヒュルケンベルグのチームメイトとなる、もう1つのシートに関してこう話しています。

 

我々はバルテリと周と話をしていて、彼らのパフォーマンスを注視し続けている。

彼らがキックザウバーのためにしてくれたこと、そして今もしてくれていることに感謝している。

と同時にマーケットにも関心をもっていて、今年後半に決定できるようあらゆる選択肢を残すようにしている。

現時点では、ドライバー市場を予測するのは困難で、セカンドシートの決定を急ぐ必要はない。

(所属)ドライバーのパフォーマンスと注目しているドライバーのパフォーマンスを注視しつつ、そこから最善の決定を下すことになるだろう。

 

と言っています。

 

ヒュルケンベルグの評価

ヒュルケンベルグと組むことにした理由を、ザイドルはこう語っています。

 

それはニコの一貫して説得力のあるスピードだ。

彼はあらゆる経験と個性を備えており、トラック上でもコース外でも、将来のアウディワークスチームである我々に多くのことをもたらしてくれる。

そして、ニコは我々がチームとして直面しているこの変革において、非常に重要な構成要素になるだろうが、最終的に重要なのはスピードだ。

彼が毎週末の予選とレースで一貫して好成績を収めているのはただただ印象的。

だからこそ彼を確保したいと考え、待つ理由はなかった。

ニコも、我々のエキサイティングなプロジェクトに参加し、アウディのF1参入の旅に参加することにとても熱心だった。

 

とのこと。

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

サインツが来てくれればそれが一番ということですか。

そうではない可能性もあり、そのためにも移籍市場を注視していると。

ボッタスやオコン、ガスリーなどの噂があがっていたかと思います。

アウディのアジア戦略を考えれば、周との契約もなくはないのかも。

周は肝心の速さがないことが最大のネックではあるものの。

サインツを待つべく、他の誰かとの2025年の単年契約も可能性はあるでしょうか。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、キックザウバーでのヒュルケンベルグのチームメイトに関するザイドルのインタビューについて書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon