ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】マクラーレンはニューウェイとの契約に興味がないとザク・ブラウン【2024】

スポンサーリンク

マクラーレンF1のチーム代表「ザク・ブラウン」は、「エイドリアン・ニューウェイ」との契約に興味がないと語っているようです。

 

目次

 

ニューウェイのレッドブル離脱

2024年5月1日、「レッドブルF1」が、チームの最高技術責任者である「エイドリアン・ニューウェイ」の、チーム離脱を発表しました。

 

F1速報 2024年5月号 2024年 Vol.4 第4戦日本GP

dysdis.hatenablog.com

 

離脱の時期は2025年の第1四半期で、とのこと。

2025年3月いっぱいと捉えてよいでしょう。

 

ザク「ニューウェイに興味なし」

マクラーレンF1のチーム代表「ザク・ブラウン」が「エイドリアン・ニューウェイ」との契約には興味がないと、Sky SportsやZiggo Sport’s Race Caféのポッドキャストに語ったようです。

 

我々の計画は、今行っていることを継続することだ。

アンドレア(ステラ)や技術チーム全体の取り組みには本当に満足している。

 

以上がSky Sports。

 

彼(ニューウェイ)は史上最も成功したデザイナーであることは明らかだ。

彼が(レッドブルを)去ったのは興味深いが、彼が何をするか見てみよう。

 

以上がZiggo Sport’s Race Café。

 

オラフ・モルの考え

このザクの主張に対して、オランダの著名なF1評論家「オラフ・モル」はこのように反応しています、以下。

 

(ザクの主張は)相当なでたらめだと思う。

彼(ニューウェイ)がドアをノックしたら、本当にノーと言うつもりか?

ニューウェイがドアをノックして「いや、そんなことはやめろ!」と言ったらチームはどう言うだろうか。

そんなことは起こらないよ

 

とのことです。

 

では、モルはニューウェイの将来についてどうなると考えているか。

これは彼が公式発表でコメントしたとおり、次の冒険だと思うまで、しばらくの間退職をするだろうと思っているようです。

 

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

報道では、ニューウェイはフェラーリのフレデリック・バスールと少なくとも一度は会談をしているとされています。

そういう報道をモルはどう捉えているか、どこまで把握しているかはちょっとわからないですね。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ガーデニング休暇の短縮がエディ・ジョーダンの交渉で勝ち得たという報道もあります。

引退するなら短縮なんてする必要はないだろう、という意見もあります。

私も、短縮したからには移籍すると思っているのですが。

 

一方でザク・ブラウンの意見はかなり強気だとも思います。

マクラーレンが昨季途中から一気に2番手に躍り出たのは、モナコでのペレスのやらかしも多分に含まれると私は思っています。

それが全てではないかもしれませんけど。

ニューウェイのデザインコンセプトがマクラーレンのブレイクスルーに一役買ったとは思っています。

なので2026年から新レギュレーションが施行されてからもマクラーレンが今の勢いを維持できるか、その意味で2026年は真価が問われる年になるだろうと。

 

そして、何度か書いているように、ニューウェイの真の怖さは、レギュレーションへの理解の早さと正確さと深度だと私は思っています。

製図板でのドローイング以上に、そこが他チームにとっては脅威になるだろうとも考えています。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、マクラーレンのザク・ブラウンはエイドリアン・ニューウェイとの契約に興味がないと発言した報道について書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon