ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】ハースの25年のシートはベアマン確定でもう一人有力候補があがる?【2024】

スポンサーリンク

ハースF1は2025年のラインナップでドライバーを刷新することを考えているようです。

ベアマンともう一人は誰になるのか。

候補が何名かあがる中、有力とみなされる人物名があがっているようです。

 

目次

 

ヒュルケンベルグ移籍

ハースF1は2023〜2024年シーズンを、ドイツ人「ニコ・ヒュルケンベルグ」とデンマーク人「ケビン・マグヌッセン」のコンビで戦っています。

 

F1速報 2024年5月号 2024年 Vol.4 第4戦日本GP

dysdis.hatenablog.com

 

先日、ヒュルケンベルグが「キックザウバー」への移籍を発表しました。

キックザウバーは2026年から「アウディ」ワークスになる予定のチームです。

 

マグヌッセンのシート

Racingnews365によると、中団以下でシートが空いているのは、ハースとアルピーヌの2チームの4つのシートのうち3つと捉えています。

特にハースは今季型のマシンがパフォーマンスを向上させているため、複数のドライバーがマグヌッセンのシートを狙っているようです。

 

オリバー・ベアマン

先ほど2チームのうち3つのシートを、と書きました。

1つのシートは埋まっているとされています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

サウジアラビアGPで急病で欠場したフェラーリのカルロス・サインツの代役を果たした、イギリス人「オリバー・ベアマン」が、ハースのシートを獲得するものとみなされています。

なので、ハースの残り1つとアルピーヌ2つで計3つのシートが残されているということです。

 

候補

ハースの残り1つのシートを争う候補は誰か。

キックザウバーの「周冠宇」とアルピーヌの「エステバン・オコン」、キックザウバー「バルテリ・ボッタス」、アルピーヌのテストドライバー「ジャック・ドゥーハン」、F2で戦う「ザック・オサリバン」と「ゼイン・マロニー」、さらにウィリアムズの「ローガン・サージェント」です。

 

本命

先ほどあげた候補のうち「本命」は誰か。

それは「周」です。

 

今年から中国GPが復活、成功したにより、中国国内におけるF1人気が急上昇していることは明らかです。

周はどのチームにとっても商業的に有利な見込み客となっているため、周のマネージメントチームはハースとの交渉をテーブルに置いているとされます。

 

オコンとボッタスは他チームの選択肢がありますが、他の候補者たちの多くにとって、ハースが唯一の選択肢になっている可能性が高いです。

また、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのコンビで困難なシーズンになった2021年を考慮すると、ルーキー2人のラインナップは考えにくいです。

だから周、ということ。

 

対抗

ただしサージェントも十分可能性を持っているとされています。

(記事にはありませんが、アメリカでF1人気が上がっていることと、アメリカのチームだからアメリカ人をということ? それとも資金?)

 

いずれにしてもマグヌッセンは2025年のシートを失う可能性が高そうです。

 

誤役御免。

 

感想

感想です。

 

個人的にはボッタスがいいのではと思っていますが、彼には確か古巣ウィリアムズに戻る噂もあったかと。

メルセデス復帰の噂も少しだけ流れましたか。

 

ただハースはチーム代表があれなので、周にしろサージェントにしろ誰にしろ、「戦略」の犠牲になる可能性があります。

そういう意味で利他的というか自己犠牲的というか、マグヌッセンがしたようなことをできる人をあの代表は欲するでしょう。

さすがにフェラーリお抱えのベアマンに対して、あんなことをさせられませんから。

 

F1はDAZNで!

F1観戦は『DAZN』で!!

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

『DAZN』ではF1などが配信されています。

Amazonの「Fire TV」で『DAZN』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNだけでなく、TVerやU-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということで、ハースの2025年のシートの最後の1枠を複数の有力候補がある報道について書いた記事でした。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon