ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

日常回?アニメ『怪獣8号』5話「入隊!」の感想

スポンサーリンク

テレビアニメ『怪獣8号』は、2024年4月13日から放送開始です。

2024年5月11日は第5話「入隊!」が放送されています。

視聴した感想をあれこれ書いています。

 

以下、ネタバレ要素を含みますので、バレても構わない方のみ下にスクロールしてください。

 

目次

 

アニメ『怪獣8号』

2024年4月13日よりテレビアニメ『怪獣8号』の放送がスタートしています。

 

第1話 怪獣になった男

kaiju-no8.net

 

日常的に怪獣が人々をおびやかす世界。

怪獣を討伐する「日本防衛隊」への入隊を志していた日比野カフカは、いつしかその夢を諦め、怪獣専門清掃業で働いていた。

 

番組説明は上記引用部のように書かれています。

 

登場人物

登場人物。

 

「日比野カフカ」。

1話では怪獣専門清掃業者「モンスタースイーパー」で働く32歳の男性。

 

「市川レノ」。

モンスタースイーパーにアルバイトとして入った男性。

 

「亜白ミナ」。

「日本防衛隊」第3部隊隊長でカフカの幼馴染の女性?

27歳にして日本防衛隊の中でもトップクラスの実力と人気。

 

「四ノ宮キコル」。

16歳でカリフォルニア討伐大学を飛び級で首席卒業した防衛隊期待の星。

 

オレンジの髪色のリーゼント「古橋伊春」、緑の髪色で髪を後ろで束ねる「出雲ハルイチ」、黄の髪色の短髪「神楽木葵」。

糸目の「保科 宗四郎」は第3部隊副隊長。

 

他にも多数。

 

怪獣8号 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

5話「入隊!」

2024年5月11日はTVアニメ『怪獣8号』5話「入隊!」が放送されました。

 

入隊!

以降ネタバレ要素がありますので、大丈夫な方のみ下方スクロールをお願いいたします。

 

予告

公式X (Twitter) による予告動画です。

 

 

公式X (Twitter) アカウント「怪獣8号」【公式】 (@kaijuNo8_O) による告知ポストです。

 

入隊!

 

視聴した感想

アニメ『怪獣8号』5話「入隊!」を視聴した感想です。

 

原作未読

私は原作未読です。

これから書くことは、あくまでアニメ3話までを観た範囲での感想や予想、憶測、願望でしかありません。

ご注意ください。

 

試験結果

カフカは試験「不合格」でした。

しかし第3部隊副隊長である保科の推薦で部隊の「候補生」になっています。

要するに「試用期間」。

3ヶ月の試用期間で保科たちに認められなければ正式に入隊できないと。

 

保科の思惑

保科はカフカをお笑い要員や、試験における利他的な行動が評価して、という表向きの採用理由があります。

 

しかし、保科には思惑がありました。

それは「監視」です。

 

試験で、一度キコルに倒されたはずの怪獣が謎の復活(と強化?)を遂げました。

そして、その後同じ場所にフォルティチュード9.8を計測する怪獣の発生。

駆けつけると、復活した怪獣が倒されており、そして9.8の怪獣の姿も消えていた件。

 

あの9.8の怪獣出現時に、カフカのバイタルが不自然に消失したこと。

ここを保科は怪しんでいるようです。

カフカが何かを握っているのではと踏んでいる。

そのため自らの近くに置いて監視をしようと、試用期間を設けたということでした。

 

入隊!

 

日常回

5話は日常回でした。

怪獣の出現も、怪獣との戦闘はなし。

防衛隊に入隊し共同生活を始めたレオ(一応カフカも)たち隊員同士が馴染んでいくところ、防衛隊に馴染んで行くところ、日々の訓練などが描かれていて。

 

最終盤に怪獣出現を知らせるアラートが鳴っていましたから、次回はバトルでしょう。

 

キコルに事情説明

キコルはカフカが怪獣であることを知っています。

試験中に助けられたので。

 

5話で改めてカフカとレノがキコルに怪獣についての事情説明をしています。

怪獣を食べたら怪獣になってしまったことを。

 

キコルはカフカ(怪獣)に助けてもらったこともあり、カフカの秘密を他に一切伝えないことを約束してくれました。

ただカフカが怪獣として害をなすとわかったら、そのときは自分が数すとも言っています。

 

変身を繰り返すと、そのうち制御できなくなるかもしれませんからね。

徐々に精神まで侵食されるのは、こういう物語にありがちな展開。

 

入隊!

 

兵器?

キコルの話で気になることがありました。

 

カフカは、自分が怪獣であることやそうなった経緯を、防衛隊に報告してしてもいいんじゃないかと思っていると言い、キコルはそれは止めた方がいいと制しました。

討伐されるかもしれないし、討伐されたとしても毎日検査なり何なりと、実験や研究の対象になるからだというのが、制した理由です。

 

そしてキコルによれば、ナンバリングされるほどのフォルティチュードを持つ怪獣は、捕獲されたら特別な「兵器」の開発使われるとのことでした。

 

防衛隊が着用するスーツや使用している銃器がそれなのでしょう。

カフカたちがスーツを着るときに、スーツが身体にフィットするように自動的に伸び縮みしていて、背骨に等間隔の「節」がありました。

あの背中の筋や節は怪獣の名残りなのかもしれません。

まだ登場していない特殊兵器もありそうですし。

 

過去の放送でその辺りの説明があったかもしれません。

既に録画データを消していることもあり失念。

 

身体能力の謎

以前から、ミナやキコルの身体能力について疑問がありました。

とんでもない跳躍力を持っているとか、ビルの外壁を駆けるとか、軽トラックを持ち上げて投げるとか。

物理法則を無視するほどの身体能力は何なのか。

スーツのおかげなのか、スーツは無関係なのか。

それが観ていてわからないのです。

どちらにも受け取れそうで。

 

今回入浴シーンがあり、男子メンバーの上半身が露わになっていました。

鍛えられてはいたものの普通の人間の身体でした。

キコルやミナも服を着ていたものの、首や肩、腕の筋肉はやはり特殊な構造をしている訳ではなさそう。

なのであの物理法則を無視するような動きはスーツの力、前回から用いられている用語「解放戦力」によるものと、考えるのが自然なようです。

 

Amazonプレミアムビデオ

『怪獣8号』はAmazonプレミアムビデオで配信されています。

 

入隊!

入隊!

  • 福西勝也
Amazon

 

Amazonの「Fire TV」で『Amazonプレミアムビデオ』を視聴可能です。

 

『Fire TV』ならDAZNやTVer、U-NEXT、NHK+も。

 

おわりに

ということでTVアニメ『怪獣8号』5話「入隊!」を視聴した感想を書いた記事でした。

 

入隊!

入隊!

  • 福西勝也
Amazon