ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

【F1】マシンのカラーリング私的人気ランキングです【2024】

スポンサーリンク

F1では、2月に入ってから2024年型新車や新カラーが発表されました。

 

個人的に好きな2024年型F1マシンを順番に並べてみました。

今回は「カラーリング」だけで判断しています。

 

目次

 

スポンサーリンク

2024年F1ラインナップ

2024年シーズンのF1のドライバーラインナップについてです。

以下、敬称略で失礼します。

 

F1速報 2024年 1/14号 2023年 総集編

  • チーム (PU) :ドライバー1、ドライバー2
  • レッドブル(ホンダRBPT):マックス・フェルスタッペン、セルジオ・ペレス
  • メルセデス(メルセデス):ジョージ・ラッセル、ルイス・ハミルトン
  • フェラーリ(フェラーリ):シャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.
  • マクラーレン(メルセデス):ランド・ノリス、オスカー ピアストリ
  • アストンマーチン(メルセデス):フェルナンド・アロンソ、ランス・ストロール
  • アルピーヌ(ルノー):ピエール・ガスリー、エステバン・オコン
  • ウイリアムズ(メルセデス):アレクサンダー・アルボン 、ローガン サージェント
  • キックザウバー(フェラーリ):バルテリ・ボッタス、周冠宇
  • ビザ・キャッシュアップ・RB(ホンダRBPT):ダニエル・リカルド、角田裕毅
  • ハース(フェラーリ):ニコ・ヒュルケンベルグ、ケビン・マグヌッセン

 

色を変えたドライバーが新加入です。

オレンジが他のチームからの移籍、青がアンダーカテゴリーからのステップアップ、紫がF1復帰組。

2024年シーズンのドライバーラインナップは2023年から変わりないようです。

「ステークF1チーム・キック・ザウバー」(キックザウバー)は2023年までアルファロメオ、「ビザ・キャッシュアップ・RB」は2023年までアルファタウリのチーム名でした。

 

DAZN

 

2024年型新車・新カラー発表

各チームの2024年型の新車や新カラーが発表されました。

紹介された日が早い順になっているはずです。

 

 

マクラーレン。

 

 

ハース。

 

 

ウィリアムズ。

 

 

キックザウバー(旧アルファロメオ)。

 

 

アルピーヌ。

 

 

ビザキャッシュアップRB(旧アルファタウリ)。

 

 

アストンマーチン。

 

 

フェラーリ。

 

 

マクラーレン。

 

 

メルセデス。

 

 

レッドブル。

 

DAZN

 

好きなカラーリング・ランキング

私の好きな2024年型F1マシンの「カラーリング」ランキングです。

 

フォルムのデザインではない

フォルムのデザインについてのランキングではありません。

カラーしか発表していないチームや、新車と言いつつ昨年型からほとんど変えていない、手の内を隠しているチームがちょいちょいありそうなので。

フォルムはテストや開幕で全チームが出揃ったときにでもランクづけしましょう。

 

全車一覧

全チームのカラーリング一覧。

 

 

です。

 

10位

10位は「ウィリアムズ」です。

 

一言で言うと「地味」です。

暗いブルーとブラックが、私のイメージにあるF1っぽくない気がして。

 

私はフジテレビでF1が放送されたときに観始めていることも理由にあるのか、F1はもっとコントラストのはっきりした配色であって欲しい気持ちがあります。

マールボロカラーのマクラーレンとか、キャメルイエローのロータスとか、ベネトンの極彩色とか、ティレルのエンジンカウルだけキャメルカラーとかああいうの。

 

9位

9位は「キックザウバー」。

 

グリーンのネオンカラーが好みではないですね。

何だかゲームに出てきそうというか、CG感というか。

 

8位

8位は「メルセデス」。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ミントグリーンの差し色が以前からどうも苦手です。

シルバーアローの車体はシルバーであって欲しい。

ホイールとかウィングとかに黒が入るのは全然あり。

 

7位

7位は「アルピーヌ」。

 

アルピーヌは今年カラーリングに黒が増えてしまったチームの1つです。

23年までのブルーとピンクの方が下品(失礼)でよかった。

ブルーとピンクがカラーセンス的に優れているという意味ではなく、先ほど書いた私の中にあるF1らしさ、「走る広告」的な意味で、です。

 

6位

6位は「マクラーレン」。

 

dysdis.hatenablog.com

 

昨年のシルバー? 白? が入った配色よりは、今年の方が好きです。

24年型は黒がちょっとねという。

黒を入れるならもう少し面積を少なく、できればウィングのみにしてくれたらいいのにと、いつも思います。

インディではほぼパパイヤオレンジのカラーリングがあったと思いますけど、あれは大好きです。

 

5位

5位は「レッドブル」。

 

dysdis.hatenablog.com

 

ド安定のカラーリングですね、変えようもないでしょうか。

好きでも嫌いでもないです。

 

4位

4位はハースです。

 

ハースは、私の考えるフォーミュラらしい配色と感じられ、参戦当時から好意的に見ています。

24年型も悪くないのですが黒が増えてしまったので、もっと赤が多かったらより上位でした。

 

3位

3位は「アストンマーチン」です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

先ほどから言っている、F1の広告的な意味では「地味」です。

広告的な視点とは別に、メルセデスといえばシルバー、フェラーリといえば赤といった、ナショナルカラーやチーム伝統カラーも、私は大好物なのですね。

だからホンダがコンストラクタとして復帰するなら白赤か赤白青であって欲しいですし、アストンマーチンのようなイギリスのメーカーはブリティッシュグリーンであって欲しいです。

その意味でアストンマーチンのカラーリングは好きです。

 

2位

2位は「ビザキャッシュアップRB」です。

旧アルファタウリ。

 

dysdis.hatenablog.com

 

24年型はトロロッソ時代のような、レッドブルカラーに戻してきました。

メタリックなこともあり「レッドブル缶」そのものな配色。

この広告感、これぞF1という感じがして大好きですね。

 

1位

1位は「フェラーリ」です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

いやもうね、問答無用でかっこいいです。

フロントウィングに赤が入っているのがもったいなく感じられ、23年型や22年型の方がずっと好きです。

それでもフェラーリが一番かっこいいです。

 

おわりに

ということで、レッドブルの2024年型新カラーを受けて私の好みランキングをつけてみた記事でした。

 

私はF1のことにもメカニカルなことにも詳しくありません。

本文は素人考えで書いた適当なものです。

間違えた知識や情報、認識、解釈である可能性は大いにありますので、そのときは申し訳ありません。

 

DAZN

DAZN

  • DAZN
Amazon

 

スポンサーリンク