ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

皆さんは何て?0655「所変わればかけ声変わる グーパー調査」の新コーナーが面白いです

スポンサーリンク

Eテレ『0655(ゼロロクゴーゴー)』の、2022年8月29日月曜日の放送から「グーパー調査」なるコーナーが始まりました。

グーとパーでグループ分けするときのジャンケンのことです。

地域ごとに掛け声が異なるとのこと。

 

目次

 

スポンサーリンク

Eテレ『0655』

Eテレ『0655』とはどのような番組でしょうか。

 

0655は、1日のはじまりをつくる5分番組。
「日めくりアニメ」「おはようソング」などの楽しいコーナーで、あなたを送り出します。

 

- NHKオンライン | Eテレ 0655

 

『0655』の番組公式Webサイトにはこのように書かれています。

平日06:55-07:00に「Eテレ」にて放送されている5分のミニ番組です。

 

「所変わればかけ声変わる グーパー調査」

『0655』の2022年8月29日月曜日の放送からと思いますが、「所変わればかけ声変わる グーパー調査」なる新コーナーが始まりました。

ありますよね、グーとパー、あるいはグーとチョキのどちらかを出すことで、二手にグループ分けするときに行う、ジャンケンの派生ものが。

あれのことです。

 

仮にグーパージャンケンと称することにします。

「グーパー調査」のコーナーでは、そのグーパージャンケンの地域ごとの違いを紹介する内容になっています。

 

那覇市と金沢市

例えば2022年8月30日の放送では、沖縄の那覇市と石川県金沢市のかけ声が紹介されていました。

 

那覇市では「グーとパーで分かれましょ」「分かれたよ」だそう。

金沢市では「グーチーグーチーオーイエス」「きーまった」だそう。

 

那覇市内でも金沢市でも、地域によっていくつか存在すると思います。

その地域に住む方が、上記のかけ声でグーパージャンケンを行うと、番組に報告を寄せていました。

なるほど面白いですね。

 

私の地域のグーパー

私が小中高校時代に住んでいた地域でのグーパージャンケンのかけ声です。

私は一時的に東北にいましたけど、ほぼ関東住みです。

 

でも、かけ声は一つじゃないです。

皆さんもそうだと思います。

小学校は主に一つでしたけど、中学では出身小学校ごとにかけ声が違いましたし、高校になるとさらに複雑になっていた記憶です。

高校時代はもはやグーパージャンケンをするような機会も減っていて、違った事実だけ覚えていて具体的な内容を覚えていません。

 

小学校時代は主に「グーパージャス」でした。

グーとパーですね。

中学になるとグーパージャスに加えて、「グットッパ」と「グッチッチ」がありました。

グットッパはグーとパー、グッチッチはグーとチョキです。

グットッパは小学校時代も、メインではなかったものの、使われていた気がします。

 

那覇市の「分かれたよ」や金沢市の「きーまった」のような、グループ分けが決まったときの言葉はなかったはず。

「おぉ」とか「やった」とか「イエーイ」とかの言葉が出るくらいで。

 

散々使っておいてなんですけど、「ジャス」って何なのでしょうね。

ジャスの意味をわかっていないで、周りの人に合わせていましたが。

ジャスティス (Justice) のジャスでしょうか?

正義だけでなく、公平公正のような意味もあったと思いますので、公正にグーとパーで分けようと言っているものと考えると腑に落ちます。

だとしても、よくもまぁそんな難しい言葉を使っていたものです。

 

皆さんは子どもの頃、大人でもよいですが、どのようなグーパージャンケンをしていましたでしょうか。

 

おわりに

ということで、Eテレ『0655』の新コーナー「所変わればかけ声変わる グーパー調査」のことを書いた記事でした。

 

  

スポンサーリンク