ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

2022年8月句会「第37回ほしくず研究会」に参加!結果をご報告いたします

スポンサーリンク

先日、「ほしくず研究会」なるネット句会の存在を知りました。

月イチペースで句会をされているようで、このたび「第37回ほしくず研究会」に参加させていただきました。

結果が公開されたので私の結果と投稿句をご報告いたします。

 

目次

 

スポンサーリンク

俳句好き

俳句が好きです。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

テレビ番組の『NHK俳句』や『プレバト!!』はほぼ欠かさず観ています。

ここ数年は視聴だけでなく作句もしています。

 

俳句同人『傍点』を知る

1ヶ月ほど前、俳句同人『傍点』さんを知りました。

 

twitter.com

 

上に貼ったリンクが『傍点』のTwitterアカウント「 @bouten_haiku 」です。

 

dysdis.hatenablog.com

 

先日俳句同人「傍点」さんの存在を知りました。

「第二回傍議院議員選挙句会」なるネット句会が開催されたので、そちらに参加しています。

 

句会に私が投稿した俳句の内容と、句会の結果は上にリンクを貼った記事に書いています。

 

ネット句会『ほしくず研究会』を知る

つい先日は、ネット句会『ほしくず研究会』さんの存在を知りました。

 

twitter.com

 

きっかけは、Twitterのホーム画面右にある「おすすめツイート」欄におすすめされていたことです。

おすすめに挙がってたのは、Twitter内で傍点さんなど、俳句関連のワードを検索したりツイートを拝見したりしていたからでしょう。

 

最初、俳句関連のアカウントだとは思わずにいて、どうしておすすめされているだろうと不思議でした。

何せ「ほしくず研究会」ですから。

しかしよく読むと俳句関連のアカウントとわかり、また定期的に句会を催されているとのことで、気になっていました。

 

第37回ほしくず研究会

「ほしくず研究会」のTwitterアカウントを知るや否や、2022年7〜8月に「第37回ほしくず研究会」が開催されると知ります。

 

さっそく応募

さっそく応募しました。

普段なら怖気づくところ、このときは特に躊躇なく、飛び込むことができています。

『傍点』さんの句会で、思いの外よい結果を得られたことで、調子に乗っていた気が大きくなっていたのでしょう。

探花さんを巧い方と感じたので、勉強したい想いが上回ったのかもしれません。

 

句会ルール

「ほしくず研究会」の句会ルールです。

 

 

37回の句会の日程は上記のようになっています。

 

句会に参加するためには、句会が開催される毎に @hoshikuzu_info にDMを送って登録してもらう必要があるようです。

参加者数に制限があるため、応募しようとしても締め切られてしまっていることもあるでしょう。

なので毎回必ず参加できるとは限らないはず。

私もまだ1回しか参加できていないため、正確なことはわかっていません。

 

句会の内容的にも『傍点』さんとの違いが大きいです。

『傍点』さんの句会は1句出し、選評も1句、しかも数時間のうちに投句も選句も選評も結果発表もすべてが行われました。

それに比べると『ほしくず研究会』さんは上記ツイートのように、日程に余裕があります。

私のような句会もネット句会もほとんど経験していない者からすると、日程に余裕がある方がありがたいです。

それでも、ほしくずさんは3句出すことと、選句も特選が1、並選が7、嵐が1と、9句も選び選評をすることから、1句出し選評1だった傍点さんより難易度が低いかは別問題とは思います。

 

参加した

句会に参加しました。

 

 

参加は既に締め切られています。

 

俳号は「D」

俳号は、以前『傍点』さんの句会に参加したときの「D」を流用しました。

『傍点』の句会システムはTwitterアカウントと連携して行っていることから、Twitterアカウント名の「頭文字」を使いました。

要するに当ブログの管理人名「dysdis(ディスディス)」の「D」です。

 

結果

2022年8月14日、結果が出ました。

 

私は3句の合計が4点。

特選に選ばれた句があった一方、0点の句もありました。

 

私の投稿句

私の投稿3句です。

 

  • 待ち兼ねた人は夕立を追うように
  • 脱ぎすててパカンと缶水羊羹
  • 頬杖はナムプラーの香二つ星

 

上記の3句でした。

 

夕立の句はそのままです。

急な雨に降られ雨宿りをする人がいて、雨が止んだから駆け出していった様子。

駆けていく様子が、まるで今去った夕立を追いかけているようだと詠んでいます。

夕立の読みはこの場合「ゆだち」ですね。

こちらがお一人から特選、お一人から並選をいただけた句です。

ありがとうございます。

口に出して読んだときに滑らかで、個人的にも気に入っている句でした。

 

水羊羹の句が0点句。

脱ぎ捨てたのは靴や服のつもりでした。

帰宅してババっとそれらを脱いで、(手を洗って)速攻で冷蔵庫へ向かい、缶の水羊羹の蓋を開けたという、水羊羹を渇望している様子です。

渇望感を演出したかったので、「カン」の音を3つ入れてリズムを出しています。

ふざけた句に思われるかもしれませんけど大真面目です。

季語は水羊羹、三夏。

 

ナンプラー句は、季語の二つ星は七夕の織姫と彦星のこと。

七夕は秋の季語ですね。

頬杖をついて星空を見ながら、七夕で会えなかった相手のことを想っているのだけれど、手からは夕飯に食べたときについたであろうナンプラーの香りがするという句です。

センチメンタルな気持ちになりたいのに、匂いの強いナンプラーの香りがしてくるから、気持ちに浸りきれない句。

こちらは1点。

もう少し選をいただけると期待していた句でした。

塩辛い結果、魚醤なだけに(上手くない)。

 

感想

感想です。

総合点の順番からいくと下から数えた方が早いです。

そう考えると微妙。

 

しかし、3句のうち1句はお一人が「特選」に選んでくださいました。

全部で77句でしたか、それだけの句が提出された中で私の句を1番に選んでくださった方がいる。

それだけで十分です。

 

結果は初挑戦としては満足できるものでした。

句歴が2年にも満たない私にとっては十分すぎるくらい。

 

一方、投稿句はもう少し推敲できたろうとも思っています。

夕立の句は「待ち兼ねた人」を句またがりと受け取られない可能性を、選評で指摘してくださった方がいました。

夕立までが比喩になっているとの指摘も受けました。

作者としてはその意図(「その」とは夕立までが比喩になっていること)はないのですが、そう受け取られてしまったのなら作者側に問題があります。

ではどうすればよかったかは、今はアイデアが出てこないです。

今後の宿題。

基本17音しか使えない俳句ではどうすることもできない可能性はあります。

 

水羊羹は、「脱ぎ捨てて」が果たして誰がどこで何を脱ぎ捨てようとしているのか、字面だけでは場面を想像しにくいと思います。

「靴脱いで」などとした方がよかったかなと。

 

ナンプラーは何のために何を思って頬杖をしているのか、伝わっていなかったようです。

七夕でわかっていただけると思って作ったのですが、こちらも私の伝える力が足らず。

 

dysdis.hatenablog.com

 

今回も投稿句が私の狙いどおりに皆さんに伝わっていない感がありました。

これは『傍点』さんの句会に参加したときの感想で書いたことなのですが、今回も同じことを思います。

傍点句会より強く感じたので、成長どころか下手になっているかも。

 

必ずしも作者の意図どおりに読まれなくてよいです。

それでももう少し誰が読んでもわかりやすい句を詠みたいですね。

と言っても、そういう技術は一朝一夕で身につくものでもないでしょうから、改善を意識しつつ俳句を詠む、様々な俳句を鑑賞する、それを続けていくしかないでしょう。

少しずつやっていきます。

 

おわりに

ということで、俳句同人『ほしくず研究会』さんの「第37回ほしくず研究会」に参加した結果をお伝えした記事でした。

 

 

スポンサーリンク