ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

変更!DQMSLランキングクエスト「偽神の試練」でハイスコア210万pt(練習バトル)に到達した際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、2022年4月28日から「ランキングクエスト」が再び始まりました。

 

今回のランキングクエストは「偽神の試練」です。

記事作成現在、本番バトルで189万ポイントまでいけました。

練習バトルでは210万までいけています。

以前紹介したときとは装備と戦い方が若干異なるので改めて記事にします。

ランクエ210万ポイントに達した際の私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

以降ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「ランキングクエスト」

2020年1月20日からDQMSLでは「ランキングクエスト」なるコンテンツが実装されました。

 

DQMSL

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) からの告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

公式キャンペーンサイトにも告知ページがありました。  

 

ランキングクエストは、メイン画面の「冒険する」→「ひとりで冒険」→「ランキングクエスト」を選択することで遊ぶことができます。

 

ランクエ「偽神の試練」

2022年4月度のランキングクエストは「偽神の試練」です。

 

DQMSL

  • クエスト名:偽神の試練

  • 目標平均レベル:70

 

目標平均レベルは70。

 

ランキングクエストには「練習バトル」と「本番バトル」の2つのクエストがあります。

メインは「本番バトル」です。

 

開催期間

開催期間についてです。

 

[ 開催期間 ]
2022年4月28日(木)12時00分 ~ 2022年5月10日(火)3時59分

※開催期間終了日の終了時刻 ~ 11時59分は集計期間です。
※集計期間の終了後にランキングクエスト画面に移動することでランキング報酬を獲得できます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

本番バトル

ランキングクエストの「本番バトル」についてです。

 

DQMSL

  • クエスト名:本番バトル
  • 目標レベル:70
  • 消費スタミナ:5

 

クリアするまで消費スタミナは0だったはず。

 

本番バトルを冒険するためには「歯車のカギ」が1本必要です。

歯車のカギは「冒険スタンプ」にて毎日3本ずつ配布されるはずです。

つまり冒険の回数が限られているということ。

目標の到達ハイスコアを出せたら、デイリーミッション分の1日1個のみ使って、後は貯めて置くのもあり。

 

ランキングクエストには「練習バトル」があります。

練習バトルは消費スタミナも0ですし、「歯車のカギ」も必要ありません。

なので「練習バトルでパーティメンバーや装備、戦い方を試す→本番バトルに挑む→傾向と対策を練って練習バトル→本番バトル」という流れが本コンテンツの基本になるでしょう。

 

達成ハイスコア140万を目指せ!

ランキングクエストには「達成ハイスコア」なるものがあります。

プレイヤーがランキングクエストの本番バトルを終えるとスコアが出、達成したハイスコアの数値に応じて報酬が用意されています。

 

できれば140万にいきたいです。

140万の報酬がオリハルコン+5で、これは欲しいですし、そこまで出せれば報酬の「ふくびき券スーパー」も全て手に入りますので。

 

どうすればハイスコアを出せるか?

そもそもランキングクエストのスコアはどのように算出されているのでしょうか?

 

7ラウンドでボスが立ち去るまでに、味方のモンスターがボスに対してどれだけのダメージを与えられるか、です。

言い換えると1バトルでどれだけの与ダメージを出すことができるか。

ダメージは合計と最大ダメージとがあります。

 

スターの獲得数も影響するでしょう。

ランキングクエストにはオーダーが設定されており、一度の冒険でできるだけ多くのオーダーを達成できたか、それもスコアに反映されるみたいです。

 

道中

道中についてです。

「ランキングクエスト」に道中はありません。

 

ボス

ボスについてです。

ランキングクエストはボス戦を1戦行うだけのクエストになります。

 

DQMSL

ボスは「ディアロゴス」です。

随伴は「偽神の風柱」と「偽神の爆柱」1体ずつ。

 

189万ポイント到達

「達成ハイスコア」が189万ポイントに行きました。

本番バトルでは189万に留まっていますけど、練習バトルでは210万までいけています。

 

dysdis.hatenablog.com

dysdis.hatenablog.com

 

以前ご紹介したときが最高162万ポイント、練習バトルでは204万ポイントに達したときのパーティなどをご紹介しています。

本番バトルでは今回ご紹介する189万ポイントが精一杯です。

 

DQMSL

DQMSL

  • 合計ダメージ:1,255,719
  • 最大ダメージ:99,999
  • スター獲得数:34
  • 獲得ポイント:1,899,000pt

 

ネットにはもっと上のスコアを出した情報が既にたくさんでていると思います。

 

DQMSL

練習バトルでは210万に到達できています。

 

攻略パーティ

ランキングクエスト「偽神の試練」で210万ポイント(練習バトル)を出したときの、攻略パーティと特技、装備、戦い方などを紹介します。

 

基本的には以前お伝えしたものと同じで、装備や戦い方が少し変わっています。

 

これから紹介する内容はあくまでも私がスコアを出したときのものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを書いたものではありません。

ご了承ください。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「モリーチルドレン☆4、暗黒神と呪われし魔女☆3、ピピット☆1、フレイシャ☆4、ウィンディオ☆4、サポート:ハドラー☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

便宜上、「暗黒神と呪われし魔女」のことを「ゼシカ」と表記します。

 

モリーチルドレンのリーダー特性は「全系統の連携ダメージを25%アップ」。

 

サポートは「ハドラー」です。

スイーツソロンのリーダー特性は「全系統の呪文ダメージを20%アップ」。

サポートモンスターはできるだけ☆4の個体にお願いしています。

ハドラーはなかなか☆4持ちの方がいらっしゃいませんので無星でもたぶん大丈夫です。

 

ゼシカのところは「ラプソーン」、ハドラーのところは「スイーツソロン」でもよいと思います。

 

特技

特技の構成です。

 

  • モリーチルドレン:バギキャノン(バギマキャノン、バギクロキャノン)、ピオリム(伝道師のこえ)、メラゾーマ+3、メダパニダンス
  • ゼシカ:爆炎の流星+3、呪いのつえ+3(セクシービーム)、ドルマズン+3、暴走魔法陣+3
  • ピピット:風のしょうへき、マホトラウィンド、スーパーアーマー、バイシオン
  • フレイシャ:身を焦がす魔力、過激な火炎、灯火のふえ+1、いやしの光
  • ウィンディオ:ハリケーンクロー、苛烈な暴風、螺旋撃+1、いてつく眼光
  • (サ)ハドラー:超魔力かくせい+x、高速爆裂呪文+x、???、???

 

今回のために特技を変更していません。

 

サポートモンスターはできるだけ特技レベルの上がっている個体にお願いしています。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • モリーチルドレン:スライムステッキ+10
  • ゼシカ:サタンロッド+7
  • ピピット:さばきの杖+7
  • フレイシャ:サタンブレード+7
  • ウィンディオ:さばきの杖+7

 

フォントカラーを変えたモンスターの装備は、以前紹介したものと変更した箇所です。

基本は属性杖です。

ゼシカはかくせいの代償で偶数ラウンドに呪文ダメージが1.5倍になるサタンロッドに変更しました。

ピピットは回復より攻撃時を考えてバギ杖にしました。

フレイシャはサタンブレードを装備を変更して最遅行動にしました。

 

サポートモンスターも装備をしている個体にお願いしています。

賢者の杖+7などイオ呪文ダメージ強化がよいと思います。

 

宝珠そうび

「???」などは「宝珠そうび」と呼ぶそうです。

宝珠そうびは「宝珠」画面内で、「銀の宝珠」との交換で手に入ります。

「宝珠」画面へはメイン画面→「ショップ」→「交換所」→「宝珠」の順に選択することで行くことができます。

「宝珠」画面ではプラスなしの宝珠そうびと、+5の宝珠そうびがリストアップされています。

 

宝珠そうびと交換できる銀の宝珠は、「モンスターの地図」を売ることで獲得できます。

モンスター地図を売るためには、メイン画面「モンスター」→「まほうの地図」→「まほうの地図を売る」の順に選択します。

「まほうの地図を売る」画面にて、売ると「宝珠」を獲得できるモンスターがわかるようになっていますので、その中から任意に選択して売却することで銀の宝珠を獲得できます。

今回は宝珠そうびはないですか。

 

冒険者の証

「冒険者の証」です。

 

DQMSL

「ゼシカ+呪文+DQⅢ魔法使い」です。

呪文系ですね。

 

こちらも以前は、呪文の証ではなくローラ姫を使っていましたが、呪文の証に戻しています。

 

スキルのたね

「スキルのたね」による強化について。

 

  • モリーチルドレン:素早さ95、賢さ25
  • ゼシカ:賢さ95、素早さ25
  • ピピット:素早さ95、賢さ25
  • フレイシャ:素早さ95、賢さ25
  • ウィンディオ:賢さ95、攻撃力25

 

今回のために種振りをしていません。

フォントカラーを変更したモンスターは、以前紹介したときから種振りを変えています。

 

サポートモンスターも種を振っている個体にお願いしています。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

記憶を頼りに書いているので間違えているかもしれません。

そのときは申し訳ありません。

当ブログの内容は参考程度に抑えてください。

 

注意点

今回のランクエバトルの注意点です。

 

DQMSL

イオ系ダメージを与えるとバギ系ダメージが上がる。

バギ系ダメージを与えるとイオ系ダメージが上がる。

味方だけでなく敵も強化されると。

 

具体的な立ち回り

具体的な立ち回りです。

 

私の素早さ調整の順番に、上から下へ書いていきます。

 

1ターン目。

ピピット「スーパーアーマー」。

ウィンディオ「苛烈な暴風」を右へ。

ハドラー「高速爆裂呪文」を左へ。

ゼシカ「爆炎の流星」を左へ。

モリーチルドレン「バギキャノン」を右へ。

フレイシャ「灯火のふえ」。

 

このバトルはデバフ次第なところがあります。

攻撃が偏る可能性と、デバフが確率で入らないことがあります。

これはもう運なので、上手くいくまで繰り返すしかないでしょう。

 

2ターン目。

ピピット「スーパーアーマー」。

ウィンディオ「苛烈な暴風」を右へ。

ハドラー「高速爆裂呪文」を左へ。

モリーチルドレン「バギマキャノン」を右へ。

ゼシカ「爆炎の流星」を右へ。

フレイシャ「灯火のふえ」。

 

3ターン目。

ピピット「スーパーアーマー」。

ウィンディオ「苛烈な暴風」を右へ。

ハドラー「高速爆裂呪文」を左へ。

モリーチルドレン「バギマキャノン」を右へ。

ゼシカ「爆炎の流星」を左へ。

フレイシャ「灯火のふえ」。

 

3ラウンド終了時で少なくとも左は倒しておきたいところです。

 

4ターン目。

ピピット「マホトラウィンド」を右へ、右を倒していたらボスへ。

ウィンディオ「いてつく眼光」をボスへ。

ハドラー「高速爆裂呪文」ボスへ。

モリーチルドレン「バギクロキャノン」を右へ、右を倒せていたらボスへ。

ゼシカ「爆炎の流星」をボスへ。

フレイシャ「灯火のふえ」。

 

状態変化を解除するので、ここでもう一度デバフを入れます。

ここのデバフの入り具合でスコアは変わってくると思われます。

 

5ターン目。

ピピット「スーパーアーマー」。

ウィンディオ「苛烈な暴風」。

ハドラー「高速爆裂呪文」か「超魔力かくせい」。

私の場合、デバフが2段階以上入っていれば超魔力かくせいにしています。

1段階以下のときは高速爆裂呪文。

モリーチルドレン「バギクロキャノン」。

ゼシカ「暴走魔法陣」。

フレイシャ「身を焦がす魔力」。

 

6ターン目。

ピピット「マホトラウィンド」。

ハドラー「高速爆裂呪文」。

ウィンディオ「苛烈な暴風」。

モリーチルドレン「バギクロキャノン」。

ゼシカ「爆炎の流星」。

フレイシャ「過激な火炎」。

 

上記のように戦いました。

 

倒す順番

倒す順番は随伴(左)→随伴(右)→ボスでした。

 

再現性

再現性です。

「-- / --」、--%です。

 

以前ご紹介したパーティよりバトルが安定している感覚があります。

あとはデバフの入り具合かなと。

 

おわりに

ということで、DQMSLランキングクエスト「偽神の試練」でハイスコア210万ポイント(練習バトル)に届いた際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク