ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

シャムゴアしダグえんまコア。DQMSLマスターズGP「邪獣杯」第2週ウェイト130でカイザーに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2022年2月28日より闘技場「マスターズGP」にて2022年3月度「邪獣杯」が開催されています。

 

2022年3月14日から邪獣杯の「第3週」が始まりました。

第3週のルールは「ウェイト130+クラシックルール」です。

記事作成現在、通常の「カイザー」である「マスター」ランクに昇格できています。

カイザーランクに昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「邪獣杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2022年2月度「邪獣杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

 

  • 第1週:2021年2月28日12時00分~2022年3月07日09時59分
  • 第2週:2022年3月7日15時00分~2022年3月14日09時59分
  • 第3週:2022年3月14日15時00分~2022年3月21日09時59分
  • 第4週:2022年3月21日15時00分~2022年3月??日09時59分

 

全4回を1シーズンとみなして、邪獣杯杯を1ヶ月間戦うことになりそうです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2022年2月28日(月)12時00分から、闘技場マスターズGP「邪獣杯」を開催します!
「邪獣杯」は特別な効果を持つ装備品「邪獣のうでわ(ランクSS)」を獲得することができるイベントです!

 

[ 今回のポイント ]
■「邪獣ふくびきGP」開催!新装備品「邪獣のうでわ(ランクSS)」を手に入れよう!

■「ベス★」から「キング★★★」までのマッチング方式を変更!よりスムーズにマッチングできるように!

■「ベス」と「ナイト」では敗北時にもランクポイントが獲得できるように!この機会にマスターズGPに挑戦してみよう!

 

[ スケジュールについて ]

■第1回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:125
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:超魔王・超伝説1体制限

■第2回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:120
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール1:超伝説1体制限
特別ルール2:ランクSS2体制限

■第3回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:130
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:クラシックルール

・特別ルール【クラシックルール】について
超魔王系・神獣王系・超伝説系・魔童子系モンスターは、パーティに入れられません。

■第4回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:140
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:超伝説1体制限

※これまで、通常の方法で仲間になる「メタルキング」と、「???キングの地図」から仲間にした「メタルキング」は別モンスターとして勝率、使用率、ポイントボーナスの値を集計していましたが、今回からは同一モンスターとして集計します。

 

[ 「邪獣杯」で手に入る主な報酬について ]

■昇格報酬
・マスターメダル
・ジェム
・闘技場ふくびき券GP
・B以下まほうの地図交換券(2021)
※昇格報酬は、「邪獣杯」開催期間中一度のみ手に入ります。

■ウィークリー報酬
・神鳥の羽ペン
・邪獣ふくびき券GP
・闘技場ふくびき券GP
・とくぎの宝珠

■シーズン報酬
・邪獣杯限定の順位称号
・マスターメダル
・ふくびき券スーパー

 

公式キャンペーンサイトにも大会のページがあります。

 

「邪獣のうでわ」が!

2022年3月度に開催されている「邪獣杯」では新装備「邪獣のうでわ」を獲得することができます。

 

マスターズGP「邪獣杯」で入手できる
「邪獣ふくびき券GP」がウィークリー報酬と冒険スタンプに登場します。
「邪獣ふくびきGP」では、「邪獣のうでわ(ランクSS)」を獲得できます。

[ 開催期間 ]
2022年3月7日(月)15時00分 ~ 2022年4月7日(木)14時59分

 

・系統:アクセサリー
・ウェイト:5
・能力:賢さ+50 素早さ+15
・固有効果:なし
※+7まで強化することで、固有効果「呪文ダメージ3%アップ・???系への呪文ダメージ10%アップ」を持つ装備品に変化します。
※「ヒヒュドラード(新生転生/ランクSS)」が装備した際、ウェイトが5から0に変化します。

 

[ 錬金素材 ]
■今回新登場の錬金素材について
・黒のオーブ
錬金効果
追加で破壊の魔砲
醜悪な暴風のダメージ+50%
混沌の爆炎のダメージ+50%
奇襲の邪弾のダメージ+10%

■錬金効果「追加で破壊の魔砲」について
・錬金効果「追加で破壊の魔砲」は、とくぎ「破壊の魔砲」を使用した後、もう一度敵全体に対して「破壊の魔砲」を使用する効果です。

・特性「AI2回行動」を持っているモンスターが、とくぎ「破壊の魔砲」を使用した場合、「破壊の魔砲」を使用した後に通常攻撃を行い、その後追加の「破壊の魔砲」を使用します。

・錬金効果「追加で破壊の魔砲」によって使用した「破壊の魔砲」でダメージを与えた場合、特性「ゴツゴツボディ」「魔界のマグマ」など「敵から攻撃を受けた時に発動する特性」によるダメージや効果は発動しません。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

装備はぜひ手に入れたいところです。

 

ランクについて

「邪獣杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ジェネラル」はそのまま、「ゴールデン」は「ヒヒュルデ」、「カイザー」が「邪獣」にそれぞれ変更されます。

「邪獣1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「ヒヒュルデ3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

[ 一部ランク帯の変更点について ]

・「ベス★」から「キング★★★」までのランク帯のマッチング方式を、該当ランク間の全てのプレイヤーがスムーズにマッチングするように変更しました。

・「ベス★」から「ナイト★★★」までのランク帯で、敗北時にもランクポイントがもらえるように変更しました。
※敗北時にもらえるランクポイントは各ランクごとにつねに同じ値です。編成パーティのポイントボーナスや、ランクポイントの増減に関するマスター特性の影響を受けません。

 

また今回からマッチングに関する調整が行われたようです。

ベスとナイトランク帯では負けてもランクポイントが入るようになったとのこと。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

「ポイントボーナス」についてです。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

邪獣杯第3週「ウェイト130+クラシックルール」

2021年3月14日15時00分から2022年3月21日09時59分までは、「邪獣杯」の第3週が開催されています。

 

邪獣1

前回マスターズGP「邪獣杯」の第2週は通常のカイザー1である「マスター1」まで行けました。

「邪獣杯」第3週は前回終了時から3ランク下がった、通常のゴールデン1である「ヒヒュルデ1」からのスタートです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

以前はデイリーミッション消化分の3+1戦を行い、2勝してヒヒュルデ1のままの状況のパーティなどをご紹介しました。

 

DQMSL

あれからメンバーを変更して、カイザー1に昇格できています。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:3,697
  • シーズンランクポイント:11,218

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

気にしたことがないです。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

今回は画像の紹介はなし。

確認したところ14勝でした。

以前のパーティでは苦戦しましたが、このパーティにしてからは順調でした。

 

邪獣杯 第3週のルール

マスターズGP「邪獣杯」第3週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:クラシックルール、冒険者の証なし

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「130」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

クラシックルール

特別ルール「クラシックルール」について。

 

・特別ルール【クラシックルール】について
超魔王系・神獣王系・超伝説系・魔童子系モンスターは、パーティに入れられません。

 

1体でもNG。

 

冒険者の証なし

特別ルール「冒険者の証なし」について。

 

  • 特別ルール:冒険者の証なし
  • 内容:冒険者の証は使用できません。

 

「冒険者の証」は2021年1月21日から実装されたバージョン8の新仕様です。

 

邪獣杯の第3週使用パーティ

マスターズGP「邪獣杯」の第3週、ウェイト130+クラシックルールでカイザーランクに昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在私が使用しているものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「シャムダ☆4+4、ゴア・しんりゅうおう☆1、ダグジャガルマ☆4、えんまのつかい☆4、コアトル☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

と言いたいところですけど、今回コアトルは未新生の個体を採用しています。

 

シャムダのリーダー特性は「全系統のHPとドルマ系斬撃ダメージ+25%」。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「130」。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

コアトルが80%、他が全員0%。

トータル80%のボーナスが入ります。

 

もう少しポイントを盛りたいです。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • シャムダ:魔壊裂き+3、崩壊裂き+3、闇竜の構え+3、闇の天地+3
  • ゴア・しんりゅうおう:焦熱の儀式+3、昏睡のカギ爪+3、灼熱の息吹+3、虚無の剛拳+3
  • ダグジャガルマ:クラックストーム+3、属性断罪の刻印+2、冒涜の息+2、体技代償の刻印+2
  • えんまのつかい:仁王昇天殺+3、スキルクラッシュ・改+3、いてつく眼光+1、点の裁き+1
  • コアトル:ポイズンブレード、天使のうたごえ、斬撃よそく、みがわり

 

今回のためにとくぎ転生をしていません。

 

作戦

作戦です。

コアトルが「みんながんばれ」、他は全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

f:id:dysdis:20220319063958j:plain

  • シャムダ:心砕きのヤリ
  • ゴア・しんりゅうおう:竜神のツメ+10
  • ダグジャガルマ:魔法使いハート・覇
  • えんまのつかい:奮起のツメ
  • コアトル:深紅のうろこ

 

シャムダは「ランダム3回攻撃」「通常攻撃時くじけぬ心を3回までに」がつく、攻撃力+20・素早さ+15の装備「心砕きのヤリ」。

ウェイト1。

ゴア・しんりゅうおうは+7以上で「ドラゴン・???系へダメージを10%アップ」がつく、素早さ+42の装備「竜神のツメ」。

ウェイト2。

ダグジャガルマは「???系の呪文ダメージを15%アップ」がつく、素早さ+15の装備「魔法使いハート・覇」。

ウェイト0。

えんまのつかいは「70%でいきなり1.1倍ちからため」がつく、素早さ+32の装備「奮起のツメ」。

ウェイト1。

コアトルは「ときどき息ダメージを軽減」がつく、HP+8の装備「深紅のうろこ」。

ウェイト0。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • シャムダ:素早さ95、攻撃力25
  • ゴア・しんりゅうおう:素早さ95、攻撃力25
  • ダグジャガルマ:賢さ95、防御力25
  • えんまのつかい:素早さ95、攻撃力25
  • コアトル:防御力95

 

今回のために種を振り直していません。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

これから書くことは正しい戦い方をご紹介するものではありません。

あくまでも私のやり方を書いているだけです。

参考程度に抑えてご覧になってください。

 

シャムダは「魔壊裂き」か「崩壊裂き」か「闇竜の構え」か「闇の天地」、相手次第です。

ドルマが入りそうな???系がいるときや先制したいときは魔壊、無属性が入りそうな???系が多ければ崩壊、斬撃・体技アタッカーが多けば構え、斬撃反射をしてきそうだったり体技封じや行動封じさせたかったりすれば天地。

と言いつつ崩壊はほぼ使わないです。

魔壊裂きの内容は「【先制】ランダムに6回 攻撃力依存で ドルマ系の斬撃攻撃 ???系の敵に 威力2倍 その後 味方全体の ドルマ系のダメージを20%上げる」。

崩壊裂きの内容は「ランダムに6回 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 ???系の敵に 威力2倍 その後 自分の攻撃力・素早さを1段階上げる」。

闇竜の構えの内容は「【先制】1ターンの間 自分への 斬撃・体技攻撃を威力を2.5倍にして はね返す状態にし 自分を ダメージ50%軽減状態にする」。

闇の天地の内容は「【みかわし不可】【マヌーサ無効】【軽減無視】敵全体に レベル依存で ドルマ系の体技攻撃 命中時 確率で体技封じ・行動停止状態にする」。

2手目以降も同じです。

 

ゴア・しんりゅうおうは初手「焦熱の儀式」か「虚無のカギ爪」。

基本は虚無、体技反射されそうなら儀式。

儀式は蘇生封じもあるので、相手に全体蘇生持ちがいれば優先度は上がります。

焦熱の儀式の内容は「ランダムに5回 メラ系の儀式攻撃 弱点倍率が1.8倍 命中時 蘇生封じ状態にする」。

虚無の剛拳の内容は「【みかわし不可】ランダムに4回 攻撃力依存で 無属性の体技攻撃 命中時 状態変化を解除する(上位効果)」。

2手目以降も基本は同じ。

昏睡のカギ爪と灼熱の息吹は今回ほとんど使っていませんけど、眠らせたいモンスターがいる場合はカギ爪を撃つでしょう。

昏睡のカギ爪の内容は「敵全体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 命中時 確率でねむり・行動停止状態にする 「破壊衝動」での復活後は AI行動後に追加でもう1回」。

灼熱の息吹の内容は「ランダムに5回 メラ系の息攻撃」。

 

ダグジャガルマは「クラックストーム」がほとんど。

呪文反射されそうな場合は「属性断罪の刻印」か「体技代償の刻印」、属性攻撃が多そうなら属性、体技が多そうなら体技を選びます。

「冒涜の息」はあまり使わないですけど、呪文は反射される、且つ混乱を入れたいときに選んでいます。

クラックストームの内容は「ランダムに6回 無属性の呪文攻撃 命中時 確率で混乱・カウント2状態にする」。

属性断罪の刻印の内容は「【先制】【みがわり無視】【反射無視】敵全体を 属性とくぎ使用時にダメージを受ける状態にする 体技無効状態を貫通する」。

体技代償の刻印の内容は「【先制】【みがわり無視】【反射無視】敵全体を 体技使用時にダメージを受ける状態にする 体技無効状態を貫通する」。

冒涜の息の内容は「敵全体に 無属性の息攻撃 命中時 確率で猛毒・混乱状態にし その後敵全体を 確率でカウント3状態にする」。

2手目以降も同じです。

しかし相手が超魔王系で無属性無効のときはクラックを撃てませんので、2種の刻印をしたり、防御でやり過ごしたりします。

 

えんまのつかいは「仁王昇天殺」か「天の裁き」か「スキルクラッシュ・改」。

相手に身代わり持ちがいれば昇天殺、身代わりがいなくてくじけぬ系がいれば裁き、身代わりもくじけぬもいなければクラッシュ、身代わりがいても体技封じが優先されると思えばクラッシュ。

仁王昇天殺の内容は「【みかわし不可】【マヌーサ無効】敵全体に レベル依存で 無属性の体技攻撃  みがわり状態の敵に 威力3.5倍 その後 敵全体の執念状態を解除する」。

天の裁きの内容は「【みかわし不可】【マヌーサ無効】敵全体に レベル依存で 無属性の体技攻撃 命中時 確率でくじけぬ心を解除する」。

スキルクラッシュ・改の内容は「敵全体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 命中時 確率で 体技封じ状態にし 攻撃力を1段階下げる」。

2手目にはまず生き残っていないですが、生き残っていても同じ行動選択でしょう。

 

コアトルは「みがわり」か「斬撃よそく」。

みがわりの対象はそのときどき、主にダグジャガルマを守ります。

斬撃を撃ってきそうなときは予測をします。

みがわりの内容は「【先制】味方1体への 敵の行動を かわりにうける」。

斬撃よそくの内容は「【先制】1ターンの間 自分への 斬撃攻撃を 威力を1.5倍にして はね返す状態にする」。

2手目以降も生きていれば同じです。

 

上記のように戦っています。

 

感想

感想です。

 

ゴア・しんりゅうおうを久しぶりに使った気がしますけど、今回は有効でした。

ルールにハマった感。

私のゴア・しんりゅうおうは☆1なのですが、それでもハマると強いなと感じます。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「邪獣杯」第3週「ウェイト130+クラシックルール」でカイザーに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク