ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

天の竜気強い?DQMSLドラゴン系系統の王「マスタードラゴン」を新生転生!特技構成や装備、使い道を考えました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にて、2022年1月21日にドラゴン系モンスターの「マスタードラゴン」に新生転生が実装されました。

サブ系統は「系統の王」。

 

さっそくマスドラの新生転生をしました。

特技構成や「スキルのたね」、装備、使い道について考えてみました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL新生転生「マスタードラゴン」

DQMSLにて2022年1月21日に行われたアップデートによりドラゴン系の系統の王モンスター「マスタードラゴン」に新生転生が実装されました。

 

DQMSL

 

sqex-bridge.jp

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

と言いたいところですけど、マスタードラゴンの新生転生に関するツイートは記事作成現在ないようです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

「マスタードラゴン(ランクSS)」に新生転生先が追加!

 

DQMSL

DQMSL

 

公式キャンペーンサイトに新生転生に関する告知ページがありました。

 

ランクSS「マスタードラゴン」

ランクSS「マスタードラゴン」についてです。

まずは新生転生前を見てみます。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

DQMSL

  • 種族名:マスタードラゴン
  • 図鑑NO.:1507
  • 系統:ドラゴン系
  • サブ系統:系統の王
  • ランク:SS
  • ウェイト:30
  • リーダー特性:ドラゴン系の素早さ25%HP15%アップ
  • タイプ:万能
  • 説明:すべてのドラゴンの頂点に立つ 『系統の王』。全知全能といわれる 気高き竜の神であり あらゆる竜を統べる王として 世界に君臨する。

 

[ リーダー特性の上方修正 ]
リーダー特性を、「ドラゴン系の素早さ20%と最大HP15%アップ」から、「ドラゴン系の素早さ25%と最大HP15%アップ」に上方修正

※本変更は新生転生前の「マスタードラゴン(ランクSS)」にも適用されます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

マスタードラゴンは『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』が初出でしょうか。

ドラクエ5にも登場しましたね。

私はDQ4は発売当時はプレイせず、後年ファミコンでプレイし、さらにずいぶん後になってからPS1版でもプレイしました。

 

新生転生

モンスターを「新生転生」しました。

 

DQMSL

メイン画面下メニュー→「モンスター」→「育成する」→「新生転生させる」の順に選択します。

「新生転生させる」画面で対象モンスターを選択します。

ソート機能を使って条件を絞ると見つけやすいでしょう。

 

マスタードラゴンの新生転生に必要なタマゴロンは「しんせいの竜玉」が3体です。 

「しんせいの竜玉」は「ドラゴンカーニバル」で獲得できます。

 

引き継ぐ特技を選びます。

デフォルトが2枠、残り2枠をプレイヤーが任意で決めます。

画像なし。

 

DQMSL

マスタードラゴン は

新しく 生まれ変わった。

 

新生転生が完了しました。

 

新生転生「マスタードラゴン」

新生転生「マスタードラゴン」についてです。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

  • 種族名:マスタードラゴン
  • 図鑑NO.:1507
  • 系統:ドラゴン
  • サブ系統:系統の王
  • ランク:SS
  • ウェイト:30
  • リーダー特性:ドラゴン系の素早さ25%HP15%アップ

 

リーダー特性は新生前と変わっていないです。

 

説明

説明です。

 

DQMSL

  • 種族名:マスタードラゴン
  • タイプ:万能
  • 説明:真のチカラに目覚めし 『系統の王』。世界のすべてを 統治する者として 天空より 竜たちの安寧を見守っている。

 

新生前からテキストが変わっています。

 

特技

特技構成です。

私が選んだ特技構成です。

 

紹介動画

新生転生「マスタードラゴン」の特技を紹介したプレイ動画です。

DQMSL公式Twitterアカウントから動画がアップされています。

といいたいところですけど、記事作成現在動画はアップされていないようです。

 

天空竜の息吹

DQMSL

  • 特技名:天空竜の息吹
  • 種類:息
  • 消費MP:48
  • 効果:【軽減無視】ランダムに5回 デイン系の息攻撃

 

固定。

 

エンドブレス

DQMSL

  • 特技名:エンドブレス
  • 種類:息
  • 消費MP:508
  • 効果:【みがわり無視】【反射無視】【ぼうぎょ無視】天の竜気レベルを全て消費し 敵全体に 無属性の息攻撃 使用時の天の竜気レベルが高いほど 威力大

 

固定。

 

※AI行動では使用しません。
※天の竜気レベルが高くなると、「息ダメージを〇%アップ」のようなリーダー特性・冒険者特性・装備品の固有効果・錬金効果・クエストの特別条件などの影響が小さくなります。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

煉獄火炎

DQMSL

  • 特技名:煉獄火炎
  • 種類:息
  • 消費MP:136
  • 効果:敵全体に メラ系の息攻撃 命中時 確率で行動停止状態にする

 

引き継ぎ。

とくぎ転生で外すことができます。

 

デインの他にも属性ブレスが欲しかったので継承しました。

 

天地雷鳴

DQMSL

  • 特技名:天地雷鳴
  • 種類:体技
  • 消費MP:98
  • 効果:【みかわし不可】【マヌーサ無効】敵全体に レベル依存で ギラ系の体技攻撃

 

引き継ぎ。

とくぎ転生で外すことができます。

引き継げなかったので、とくぎ転生をして覚えさせました。

代わりにデフォルトの「エンドフレア」を消しました。

 

息ばかりになると手詰まりになる危険があるため体技を入れました。

 

特性と耐性

特性と耐性です。

 

特性

DQMSL

DQMSL

  • AI2-3回行動:1ラウンドに2〜3回連続で行動する 2回目以降の行動は 通常攻撃を行う
  • ブレスのコツ:息系とくぎの 消費MPが半分になり 効果が少し上がる
  • 一族の息吹:3ラウンドの間 ドラゴン系が属性耐性を1ランク下げて攻撃 自分の息ダメージを最初に1.2倍 2ラウンド目に1.5倍 3ラウンド目に2倍にする
  • つねにマインド&封じ無効:つねに 行動停止系と封じ系効果を防ぐ
  • 全能の加護:バトルの最初に 3ラウンドの間 ドラゴン系の味方全体の 全属性ダメージを20%上げる
  • 天の竜気:ドラゴン系の味方が 息とくぎを使うと 天の竜気レベルが1上昇 最大9まで 体技とくぎ使用時も 確率で上昇する ラウンド開始時 天の竜気レベルが3以上の場合 戦闘中1回 そのラウンドのみ ドラゴン系の味方の行動順が ラウンドの最初になる

 

全能の加護
※無属性のダメージは上がりません。
※「いてつくはどう」などで解除されます。

 

天の竜気

※「いてつくはどう」や「神のはどう」、ラウンドの経過などで解除されません。
※「マスタードラゴン(新生転生/ランクSS)」がチカラつきると、天の竜気レベルは0になります。
※「マスタードラゴン(新生転生/ランクSS)」がチカラつきた状態でラウンドを開始した場合、蘇生してもそのラウンド中は天の竜気レベルが上昇しない場合があります。
※息とくぎや体技とくぎを使用したモンスターが、とくぎをはね返されるなどでそのままチカラつきた場合は、カウントされない場合があります。
※ラウンド開始時に天の竜気レベルが3以上の「マスタードラゴン(新生転生/ランクSS)」が複数いる場合、「行動順がラウンドの最初になる効果」は1度のみ発動します。この時、天の竜気レベルが3以上の「マスタードラゴン(新生転生/ランクSS)」は、以降「行動順がラウンドの最初になる効果」を発動できなくなります。

 

公式キャンペーンサイトに書かれた補足説明です。

 

耐性

耐性です。

 

DQMSL

DQMSL

メラ無効、ギラ吸収、イオ半減、デイン無効。

毒無効、ねむり半減、マヒ無効、ザキ無効。

他は等倍。

 

使いみち

活用についてです。

 

スキルポイント

「スキルポイント」について。

 

記事作成現在、私は「素早さ95」「攻撃力25」に振っています。

ドラゴンパーティは素早さ命でしょう。

 

装備

装備について。

 

dysdis.hatenablog.com

 

記事作成現在私は「竜神のツメ」を装備させています。

マスターズGP用です。

素早さは欲しい、でも味方のドラゴンたちよりは遅く動かせたい。

なのでランクSSのツメを味方に装備させ、ランクSの竜神のツメをマスドラに装備させています。

 

とくぎ転生

「とくぎ転生」について。

 

デフォルトでも問題ないでしょう。

私はエンドフレアを外して、天地雷鳴を覚えさせました。

エンドフレアはエンドブレスと効果が被り、単体か全体かの違いしかなかったので。

どちらも無属性ですし。

ぶれすではなく体技を、しかも属性体技を覚えさせた方が幅が出ると判断しました。

 

クエストか闘技場か

使いどころについてです。

クエスト向きか闘技場(対人)向きかで考えると、どちらにも向いていると思いますが、どちらかというと闘技場向きでしょうか。

 

クエスト

クエストでの使い方を考えます。

デイン系ブレスが必要な場面で出番があるでしょうか。

それも全体ではなくランダムが必要な場面で。

と考えると出番は多くはなさそうですね。

 

闘技場

闘技場での使い方を考えます。

 

こちらは当然ながらドラゴンパーティの、しかもパーティリーダーとしての起用が考えられます。

特性とリーダースキルがドラゴン系パーティに特化されたものですので。

ドラゴン全体の素早さアップになりますし、天の竜気レベル次第で先制で動けます。

相手が動く前に動いてブレスで殲滅することが目的です。

短期決戦の戦い方になるため、勝っても負けても1戦1戦に時間をかけたくないユーザーさんにはうってつけでしょう。

 

ただ「つねにおいかぜ」を持っているモンスターがいると厳しいかもしれません。

例えばバーバラやイザヤール&ラヴィエル、特にバーバラ。

記事作成現在私もマスドラリーダーのドラパを使っていますけど、相手にバーバラがいる場合まず勝てていません。

バーバラに行動されるだけでほぼ壊滅します。

 

超シドーも苦手かもしれませんね。

超ハーゴンから変身すると、特性「悪霊の神」の効果によってこうどうはやい系のモンスターを行動停止させられます。

マスドラの天の竜気が仇になる危険があろうかと思います。

 

おわりに

ということでDQMSLでドラゴン系系統の王モンスター「マスタードラゴン」に新生転生が実装されたので、特技と装備、使いみちについて考えた記事でした。

 

 

スポンサーリンク