ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

アギロゴス大事!DQMSL「呪われし魔宮」をドラゴン系のみ宝珠20個を攻略した、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、毎月恒例の「呪われし魔宮」関連の「冒険スタンプ」が1日に更新されました。

 

2021年12月度の冒険スタンプのうち「ドラゴン系のみで宝珠を20個入手してクリア」のミッションを達成できました。

ミッションを達成した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

ネタバレ要素がありますので大丈夫な方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

スポンサーリンク

 

強敵クエスト「呪われし魔宮」

DQMSL「ひとりで冒険」の「強敵クエスト」のうち「呪われし魔宮」の攻略です。

 

www.dragonquest.jp

 

DQMSL

  • クエスト名:呪われし魔宮
  • 目標レベル:85
  • 消費スタミナ:15

 

初回のみスタミナ消費「0」で冒険できたはず。

魔宮はコンティニュー不可のクエストです。

全滅したらそこで冒険終了となります。

 

その代りに各戦闘開始時に味方のHPとMPが全回復します。

ただし、戦闘開始時にHPが0のモンスターは復活しなかったはず。

 

8体いる「宝珠の守護者」を倒すことで「陽の宝珠」か「陰の宝珠」が手に入ります。

宝珠は1個以上所持しているとボスへの扉を開けることができます。

最低1体でも倒せばクリア自体は可能ということです。

 

倒した守護者や宝珠の数に応じたミッション報酬が設けられています。

専用モンスターの各種「魔人」と交換できる「暗黒のメダル」を獲得できます。

暗黒のメダルでは専用モンスター「○○の魔人」を手に入れられます。

可能な範囲で倒せる守護者を倒した方がお得です。

 

守護者たち

「呪われし魔宮」の守護者をご紹介します。

 

守護者

一番手前の列の左側「琥珀の魔獣」で陽1個。

ゲリュオン。

 

守護者

一番手前の列の右側「群青の魔装」で陰1個。

キラーマシン3。

 

f:id:dysdis:20191222081122j:plain

手前から2列目左の「紅蓮の魔屍」陽2個。

ブラッドナイト。

 

魔宮

2列目右の「翠緑の魔棘」で陰2個。

ヘルバオム。

 

守護者

3列目の左側「天色の魔晶」で陽3個。

スライムエンペラー。

 

守護者

3列目右の「柴紺の魔導」で陰3個。

はめつの使者。

 

DQMSL

4列目左の「金色の魔竜」で陽4個。

グレイトドラゴン。

 

DQMSL

4列目右の「彩色の魔鳥」で陰4個。

にじくじゃく。

 

f:id:dysdis:20181123092927j:plain

宝珠を1個以上所持しているとボスルートへ続く扉が開きます。

ボス前には門番的な「魔造兵」がいます。

 

魔宮

ボスは「さじんの魔人」と「げきどくの魔人」の2体。

 

冒険スタンプ

2021年12月1日から「冒険スタンプ」に魔宮関連のミッションが更新されました。

 

DQMSL

  • ドラゴン系のみで宝珠を20個入手してクリア:報酬「暗黒のメダル 60枚」

 

今回攻略している冒険スタンプのミッションです。

 

ドラゴン宝珠20個攻略パーティ

「ドラゴン系のみで宝珠を20個入手してクリア」を達成した際の、攻略パーティと特技、装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容はあくまでも私がミッションを達成したときのものです。

最も強いとか最も効率が良いとかということとは異なります。

ご了承ください。

 

ルート

ルートについてです。

 

DQMSL

全ての守護者と戦いました。

順番は彩色(にじくじゃく)→琥珀(ゲリュオン)→群青(キラーマシン3)→翠緑(ヘルバオム)→紅蓮(ブラッドナイト)→紫紺(はめつの使者)→天色(スライムエンペラー)→金色(グレイトドラゴン)でした。

事故率の高そうな彩色と最初に戦いました。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ガリンガ☆1、魔夏姫アンルシア、アギロゴス☆4、グランドラゴーン☆4、怪竜やまたのおろち、サポート:ガリンガ☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。


便宜上、以降「魔夏姫アンルシア」のことを「夏アンルシア」などと表記します。

 

ガリンガのリーダー特性は「ドラゴン系のHPと攻撃力を20%アップ」。

 

サポートは「ガリンガ」です。

貸してくださりありがとうございます。

サポートモンスターはできるだけ☆4の個体にお願いします。

ガリンガのリーダー特性は「ドラゴン系のHPと攻撃力を20%アップ」。

 

斬撃と息の混成パーティですね。

 

特技

特技の構成です。

 

  • ガリンガ:竜神の絶技+2、青の衝撃+2、稲妻雷光斬+2、はやての息吹+2
  • 夏アンルシア:氷華繚、偽りの秘剣、亜魔色の構え、身を焦がす眼光
  • アギロゴス:アビススパーク、聖なる防壁、オーロラブレス、フバーハ
  • グランドラゴーン:ブレスサイクロン、ファイブスタンプ+3、フバーハ、マインドバリア
  • やまたのおろち:むらくもの息吹+3、獄炎の息吹+3、オーロラブレス+3、大蛇の構え+3
  • (サ)ガリンガ:竜神の絶技+x、青の衝撃+x、稲妻雷光斬+x、はやての息吹+x

 

今回のためにとくぎ転生していません。

フバーハ持ちはいた方がよいですね。

できれば2体いれば動きに幅が生まれるはず。

 

サポートはできるだけ特技レベルが+3の個体にお願いします。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ガリンガ:真魔剛竜剣+10
  • 夏アンルシア:ぎんがのつるぎ+9
  • アギロゴス:メタルキングのツメ+10
  • グランドラゴーン:禁じられし息の古文書+7
  • やまたのおろち:禁じられし息の古文書+7

 

斬撃要員は攻撃力アップか斬撃ダメアップ、息要員は息ダメアップ。

アギロゴスはアビススパークを敵より早く撃ちたいのメタキンツメ。

 

サポートはできるだけ装備をしている個体にお願いします。

 

冒険者の証

「冒険者の証」です。

 

DQMSL

「トーポ+DQⅠ勇者+ドランゴ」。

斬撃と息ですね。

 

スキルのたね

「スキルのたね」です。

 

  • ガリンガ:攻撃力75、素早さ45
  • 夏アンルシア:攻撃力25、素早さ95
  • アギロゴス:素早さ95
  • グランドラゴーン:なし
  • やまたのおろち:素早さ65

 

今回のために種を振りませんでした。

ガリンガと夏アンルシア、アギロゴスに振りました。

ガリンガの攻撃力とアギロゴスは特に重要と思います。

 

サポートはできるだけ種振りをしている個体にお願いします。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

基本的な立ち回り

まずは基本的な立ち回りから。

 

1ラウンド目に随伴を倒しつつデバフをしっかり入れ、2ラウンドから一斉攻撃です。

ガリンガは絶技か「はやての息吹」。

夏アンルシアは初手「身を焦がす眼光」、後は斬撃2種のどちらか。

アギロゴスは「アビススパーク」、後は「オーロラブレス」。

グランドラゴーンは初手「ファイブスタンプ」、2手目以降「ブレスサイクロン」。

やまたのおろちは初手「大蛇の構え」、2手目以降「むらくもの息吹」か「獄炎の息吹」。

 

倒す順番は随伴→ボスが基本です。

例外もあります。

 

これが基本です。

 

注意点

立ち回りの注意点です。

 

ゲリュオンとキラーマシン3は基本的な立ち回りでよいでしょう。

 

ブラッドナイト戦は個人的に一番の難関でした。

なのでゲリュオンとキラーマシン3を倒して「せかいじゅの葉」を手に入れてから挑みました。

ブラッドナイトに斬撃が効かないためブレスで攻めます。

攻撃力が高いので夏アンルシアの眼光なりでバフを解除したり、ブレスサイクロンでデバフを入れると多少は楽になります。

 

ヘルバオム戦は1ラウンド目にフバーハを1段階入れます。

あとは基本的な立ち回りで。

 

はめつの使者はアギロゴスが2手目に「聖なる防壁」をします。

他は基本的な立ち回りで。

 

スライムエンペラー戦は基本的な立ち回りで。

 

グランシーザー戦は1ラウンド目にフバーハを1段階入れます。

無属性無効なのでガリンガは絶技ではなく息吹で。

2ラウンド目の総攻撃時、アギロゴスとグランドラゴーンは無属性であっても息連携を取るため撃ちます。

 

にじくじゃく戦はアギロゴスがにじくじゃくより早く動くかどうかです。

早く動ければ後は基本的な立ち回りでいけるでしょう。

敵に先に動かれても倒せるかもしれないですが、私は「諦める」をしました。

なので最初に挑んでいます。

 

再現性

再現性です。

「1 / 2」、50%。

 

1回はにじくじゃくに先に動かれたので諦めました。

 

おわりに

ということで、DQMSL「呪われし魔宮」で2021年12月「ドラゴン系のみで宝珠を20個入手してクリア」のミッションを達成した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク