ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

噂のジェノダーク!DQMSLマスターズGP「DQM杯」第1週ウェイト125でカイザーに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2021年9月30日より闘技場「マスターズGP」にて2021年11月度「DQM杯」が開催されています。

 

2021年10月31日からDQM杯の第1週が始まりました。

第1週のルールは「ウェイト125+系統対抗戦」です。

記事作成現在、通常の「カイザー1」である「イル&ルカ1」ランクに昇格できました。

カイザーランクに昇格した際の、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「DQM杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では、2021年11月度「DQM杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

 

  • 第1週:2021年10月31日12時00分~2021年11月07日09時59分
  • 第2週:2021年11月07日??時00分~2021年11月??日09時59分
  • 第3週:2021年11月??日??時00分~2021年11月??日09時59分
  • 第4週:2021年11月??日??時00分~2021年11月??日09時59分

 

全4回を1シーズンとみなして、災厄杯を1ヶ月間戦うことになりそうです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2021年10月31日(日)12時00分から、闘技場マスターズGP「DQM杯」を開催します!
「DQM杯」は新装備品「天空の衣(ランクSS)」などの報酬を獲得することができるイベントです!

 

[ 今回のポイント ]
■「DQM杯ふくびきGP」開催!新装備品「天空の衣(ランクSS)」を手に入れよう!

■2021年10月14日(木)に上方修正したモンスターに必ず30%以上のポイントボーナス!

 

[ スケジュールについて ]

「DQM杯」では、2021年10月14日(木)に上方修正された下記のモンスターのポイントボーナスが最低30%となり、既に30%以上である場合は高い方が適用されます。
・真夏の戦乙女ヴェーラ(新生転生/ランクSS)
・真夏の女神クシャラミ(新生転生/ランクSS)
・邪神レオソード(新生転生/ランクSS)
・闘神レオソード(新生転生/ランクSS)
・死神スライダーク(新生転生/ランクSS)
・デビルドラグナー(新生転生/ランクSS)
・グランドラゴーン(新生転生/ランクSS)
・ソードイド(新生転生/ランクSS)
・デスアラウネ(新生転生/ランクSS)
・ヘルバオム(新生転生/ランクSS)
・ファンキードラゴ(新生転生/ランクS)
・デビルパピヨン(新生転生/ランクS)
※上方修正されたモンスターの詳細については<こちら>をご覧ください。

ポイントボーナスについての詳細は<こちら>をご覧ください。

■第1回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:125
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール1:系統対抗戦

・特別ルール【系統対抗戦】について
超魔王系・超伝説系・???系モンスターは、パーティに入れられません。

■第2回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:130
フィールド効果:なし
系統ボーナス:全系統の防御力+50%
特別ルール:DQM杯殿堂入りルール

・特別ルール【DQM杯殿堂入りルール】について
マスターズGP災厄杯の第3週で「真・災厄の王★」以上の使用率が上位10位以内のモンスターは、パーティに入れられません。

■第3回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:125
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール1:DQM杯殿堂入りモンスター1体制限
特別ルール2:超魔王・神獣王・超伝説1体制限

・特別ルール【DQM杯殿堂入りモンスター1体制限】について
マスターズGP災厄杯の第3週で「真・災厄の王★」以上の使用率が上位10位以内のモンスターは、1つのパーティに2体以上入れられません。
最大1体までパーティに入れられます。

■第4回マスターズGP
・ルール
ウェイト制限:130
フィールド効果:なし
系統ボーナス:なし
特別ルール:超魔王・超伝説1体制限

※各週の詳細につきましては、マイページ内「闘技場」>「対戦する」>「マスターズGP」>「詳細」からご確認ください。

 

[ 「DQM杯」で手に入る主な報酬について ]

■昇格報酬
・マスターメダル
・ジェム
・闘技場ふくびき券GP
・B以下まほうの地図交換券(2020)
※昇格報酬は、「DQM杯」開催期間中一度のみ手に入ります。

■ウィークリー報酬
・神鳥の羽ペン
・DQM杯ふくびき券GP
・闘技場ふくびき券GP
・とくぎの宝珠

■シーズン報酬
・DQM杯限定の順位称号
・マスターメダル
・ふくびき券スーパー

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにも大会のページがあります。

 

「天空の衣」が!

2021年11月度に開催されている「DQM杯」では新装備「天空の衣」を獲得することができます。

 

マスターズGP「DQM杯」で入手できる
「DQM杯ふくびき券GP」がウィークリー報酬と冒険スタンプに登場します。
「DQM杯ふくびきGP」では、「天空の衣(ランクSS)」を獲得できます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

装備はぜひ手に入れたいところです。

 

ランクについて

「DQM杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ジェネラル」はそのまま、「ゴールデン」は「カメハ」、「カイザー」が「イル&ルカ」にそれぞれ変更されます。

「イル&ルカ1」で対戦に敗北して所持しているランクポイントが必要分を下回った場合でも、「カメハ3」へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

マスターズGPでは報酬の1つに「マスターメダル」があります。

報酬に「マスターメダル」がある大会と無い大会があるようです。

私はこの辺のことがいまいち把握できていません。

 

今回はマスターメダルをもらえるみたいです。

 

ポイントボーナスについて

「ポイントボーナス」についてです。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

DQM杯第1週「ウェイト125+系統対抗戦」

2021年10月31日12時00分から2021年11月7日09時59分までは、「DQM杯」の第1週が開催されています。

 

イル&ルカ1

前回「第4回神獣杯」の第4週は通常のカイザー2である「神獣2」まで行けました。

「DQM杯」第1週は前回終了時から6ランク下がった、通常のジェネラル2である「」からのスタートです。

以前はデイリーミッション消化分の3戦を戦って、1勝しジェネラル2のままのパーティをご紹介しています。

 

DQMSL

あれからもデイリー3戦のみを戦っていました。

記事作成日が第1週の実質最終日で、カイザーに上がれそうだったで少し頑張りました。

が、そこから勝ったり負けたりで苦労しました。

何とか通常のカイザー1である「イル&ルカ1」に昇格できましたけど、無理に戦わなければよかったと後悔しています。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:3,614
  • シーズンランクポイント:3,614

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

気にしたことがないです。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

今回は画像の紹介はなし。

確認したところ18勝ですね。

苦戦した跡を窺えます。

 

DQM杯 第1週のルール

マスターズGP「DQM杯」第1週のルールについてです。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:125
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:系統対抗戦、冒険者の証なし

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは「125」。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

系統対抗戦

特別ルール「系統対抗戦」について。

 

超魔王系・超伝説系・???系モンスターは、パーティに入れられません。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

冒険者の証なし

特別ルール「冒険者の証なし」について。

 

DQMSL

  • 特別ルール:冒険者の証なし
  • 内容:冒険者の証は使用できません。

 

「冒険者の証」は2021年1月21日から実装されたバージョン8の新仕様です。

 

「DQM杯」の第1週使用パーティ

マスターズGP「DQM杯」の第1週、ウェイト125+系統対抗戦でカイザーランクに昇格した際の、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在私が使用しているものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ジェノダーク☆1、ダブルイーター☆4、オリハルゴン☆4、ファラオ・ヘッド☆4、ヴォルカドラゴン☆4」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

装備込みのパーティの総ウェイトは「125」。

 

ゲーム内の「オススメ」に使っている方がいらして、そのまま使わせていただきました。

いや、ダブルイーターだけはそのままではないですね、自分で選んでいます。

対戦相手にもジェノダーク入り悪魔パを使っている方が何人かいらしたので、流行っているのかなと。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

ダブルイーターが50%、ジェノダークとオリハルゴンとファラオ・ヘッドが40%、ヴォルカドラゴンが10%。

トータル180%のボーナスが入ります。

 

ボーナスの多さもこのパーティのメリットですね。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • ジェノダーク:三悪魔の宣告+1、くるしみのぎしき、まばゆい稲妻、デスファイア+1
  • ダブルイーター:もうどくひっかき+1、呪いのきり+1、ねむり攻撃、マヒ攻撃
  • オリハルゴン:地殻変動、アストロン、大地の守り+1、光のはどう
  • ファラオ・ヘッド:サンドブレス+1、ファラオの左手+3、ファラオの右手+3、みがわり+3
  • ヴォルカドラゴン:大樹の守り+1、におうだち、ハッピーブレス+1、かえんりゅう

 

今回のためにとくぎ転生をしていません。

 

作戦

作戦です。

全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ジェノダーク:キャプテンシールド+7
  • ダブルイーター:まよけのつめ+10
  • オリハルゴン:王者の剣+10
  • ファラオ・ヘッド:メタルキングの盾+7
  • ヴォルカドラゴン:ルーンバックラー+7

 

ジェノダークは+7以上で「まれにみかわしきゃく」がつく、防御力+62の装備「キャプテンシールド」。

ウェイト1。

ダブルイーターは+7以上で「悪魔系へダメージを13%アップ」がつく、素早さ+34の装備「まよけのつめ」。

ウェイト1。

オリハルゴンは+7以上で「王者のまもり」がつく、攻撃力+48・素早さ+15の装備「王者の剣」。

ウェイト5。

ファラオ・ヘッドは+7以上で「つねに会心完全ガード」がつく、防御力+106の装備「メタルキングの盾」。

ウェイト5。

ヴォルカドラゴンは+7以上で「イオ耐性を2ランクアップ」がつく、防御力+62の装備「ルーンバックラー」。

ウェイト1。

 

ダブルイーターとファラオ・ヘッドとヴォルカドラゴンの装備はオススメではなく自分で選びました。

王者の剣はオススメどおりですね。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

  • ジェノダーク:素早さ95
  • ダブルイーター:素早さ65、攻撃力55
  • オリハルゴン:防御力95
  • ファラオ・ヘッド:防御力95
  • ヴォルカドラゴン:防御力95

 

今回のために種を振り直していません。

ジェノダークの他は全て振り直しました。

ジェノダークも防御力でよかったなと後悔中です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

これから書くことは正しい戦い方をご紹介するものではありません。

あくまでも私の方法を書いているだけです。

参考程度に抑えてご覧になってください。

 

ジェノダークは初手「三悪魔の宣告」。

内容は「【アンカー】【反射無視】敵全体を カウント3状態にする 悪魔系の味方が3体以上なら 解除不可」。

2手目は防御、オリハルゴンが「アストロン」をするので何でもよいでしょう。

3手目も防御。

本来なら復活させないよう「くるしみのぎしき」を撃つとよいのでしょうけど、有効に使えた試しがないです。

アストロンの順番を3ターン目にした方がよいのか、自分の中で解が出ていません。

内容は「【みがわり無視】敵全体に 呪文計算でドルマ系の儀式攻撃 命中時 確率で回復封じ・蘇生封じ状態にする 悪魔系の味方が3体以上なら 解除不可」。

私の戦い方とメンバー構成・特技構成では、4ラウンド目の開幕で敵をカウント0にし全滅させられなければ、ほぼこちらの負けと捉えて良さそうです。

 

ダブルイーターは「呪いのきり」か「ねむり攻撃」か「マヒ攻撃」で盾を突破したい。

霧が多いですけど、何を選ぶかは相手盾役の状態異常耐性次第です。

呪いのきりの内容は「敵全体に 無属性の息攻撃 命中時 確率でマヒ状態にする」。

ねむり攻撃の内容は「敵1体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 命中時 確率でねむり状態にする」。

マヒ攻撃の内容は「敵1体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 命中時 確率でマヒ状態にする」。

 

オリハルゴンは初手と3手目が防御。

2手目「アストロン」。

内容は「【戦闘中1回】【先制】1ターンの間 味方全体を 動けなくし 全ての攻撃を防ぐ状態にする」。

 

ファラオ・ヘッドは初手「みがわり」、ジェノダークを守ります。

内容は「【先制】味方1体への 敵の行動を かわりにうける」。

2手目3手目は防御。3手目にジェノダークが儀式をするようなら、ファラオ・ヘッドの3手目は「みがわり」です。

 

ヴォルカドラゴンは初手「大樹の守り」。

内容は「【戦闘中1回】【先制】2ターンの間 味方全体を ダメージ50%軽減状態にする」。

2,3手目は防御。

 

上記のように戦っています。

 

大樹の守りの効果は2ターン続きますから、ジェノダークの儀式は2ターン目、言い換えるとオリハルゴンのアストロンは3ターン目にした方が良いのかもしれないですね。

 

この戦法を考えた方は頭がよいですね。

私の頭が悪いだけかもしれませんけど、私には思いつかないです。

今後も今回のような制限がかかった大会では使われる戦法の1つになりそうな予感があります。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「DQM杯」第1週ウェイト125+系統対抗戦でカイザーに昇格した際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

 

スポンサーリンク