ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

2021年10月12日DQMSLの「バージョン8.2.0」実装!悪魔系が強化されたように思います

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)にて、2021年10月12日のアップデートにより「バージョン8.2.0」が実装されました。

 

結構な変化があるみたいなので、「バージョン8.2.0」を見ていきましょう。

それぞれ感想を添えました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「バージョン8.2.0」実装

2021年10月12日行われたアップデートにより「バージョン8.2.0」が実装されました。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

スキルポイント調整

1つは「スキルポイント」についてです。

 

■スキルポイントを調整しやすく
スキルポイントを調整しやすくスキルポイントを調整しやすくしました。
一度ふりわけたスキルをリセットやゴールドを消費せずに、1個ずつ減らしたり、1段階ずつ「忘れさせる」ことができるようになります。
例えば、攻撃力アップを1段階忘れさせて、余ったスキルのたねを素早さアップに1段階ふりわける、といったことがやりやすくなります。
また、「パーティを組む」や「サポート設定」で「モンスター詳細」から「スキルふりわけ」に遷移した後、「モンスター詳細」、「パーティを組む」または、「サポート設定」に戻れるようになります。

 

リセットをしなくてよくなったり、ゴールドを消費しなくなったのです。

これはとてもありがたいです。

 

冒険スタンプ

1つは「冒険スタンプ」について。

 

■冒険スタンプを遊びやすく
冒険スタンプを遊びやすく冒険スタンプに「デイリー」タブを追加し、毎日リセットされるミッションを「期間限定」タブから「デイリー」タブに移動しました。
ミッションの「詳細」から、ミッションを達成するためのクエストや機能に遷移できるようにしました。

 

こちらはあまり変えなくてよかった気がします。

今までもそこまで気にしていなかったので。

例えば古いものを下、新しいものを上にするだけで良かった気が。

 

装備品の属性表示

1つは装備品の「属性」表示について。

 

■装備品に属性表示を追加
装備品に属性表示を追加「装備品/素材を見る」で、属性を持つ固有効果のある装備品のアイコン上に、属性が表示されるようになりました。
例えば、「ほのおの盾」なら「メラ系」、「いかずちの杖」なら「ギラ系」と表示されます。
複数の属性を持つ装備品の場合、属性が切り替わって表示されます。
※属性を持たない装備品には、属性は表示されません。
属性表示の追加に伴い、属性でソートや絞り込みができるようになりました。
※絞り込み条件に「属性なし」はありません。

 

これは便利かもしれませんね。

タップしたり長押ししたりする手間が省けそう。

 

クリアするまでスタミナ消費0

1つは「ひとりで冒険」の消費スタミナについて。

 

■クリアするまでスタミナ消費0
クリアするまでスタミナ消費0ひとりで冒険のクエストは、クリアするまでスタミナ消費が0になるようにしました。
※クリアするまでスタミナ消費が0のクエストの場合、諦めても経験値は加算されません。一度クリアした後は、これまで通り諦めても経験値が加算されるようになります。
※バージョン8.2.0へアップデートする前にクリアしていたクエストは、スタミナ消費0になりません。
※一部クエストは対象外になる場合があります。

 

これは大きな影響はないような。

 

クエストの再挑戦とバトルオート

1つはクエストの再挑戦とバトルオートについて。

 

■「クエストの再挑戦」や「バトルオート」を改善
「クエストの再挑戦」や「バトルオート」の機能を改善しました。
「過去のパーティ」を呼び出してクリアした際、「クエストの再挑戦」で過去のパーティを維持したまま「出発確認」に戻れるようになります。
また、バトル中に「バトルオート」を「OFF」にした際、「AI」が「解除」されるようにしました。

 

これ、めっちゃありがたいです。

バトル中に「バトルオート」を「OFF」にしたときに「AI」が解除されずに、オートバトルが続いてしまっていたのですよね。

「これじゃあ意味ないじゃん! 」と何度も思いました。

それがようやく解消されるようです。

 

マスターズGPの演出速度

1つは「マスターズGP」の演出速度について。

 

■マスターズGPの演出速度を速いプレイヤーに統一
マスターズGPにおいて、下記の設定を演出速度が速いプレイヤーに合わせるようにしました。
・「バトルメッセージの表示速度」
・「バトルの速度設定」
・「演出の設定」>「とくぎ・どうぐの演出を省略する」
・「とくぎ・特性の簡略化」>「一部とくぎ・特性のメッセージを省略して表示する」
※対戦中の「メニュー」>「オプション」から上記項目を削除しました。
※フッターメニュー内「メニュー」>「オプション」にある上記項目は削除されません。

 

これは賛否を呼びそうですね。

相手が何をしてきたかをしっかり把握したい人は少なからずいらっしゃるでしょうから。

ただ、わざと演出スピードを遅らせたり、テキスト送りを遅らせたりする嫌がらせもまま見られたことです。

これは遅延行為をしてきた人を恨むしかないです。

 

対戦を観るから対戦パーティを記憶

1つは「対戦を観るから対戦パーティを記憶」について。

 

■「対戦を観る」から「対戦パーティを記憶」できるように
対戦パーティを記憶闘技場の「対戦を観る」で表示される対戦パーティを記憶して、自身のパーティに編成できるようにしました。
※「モンスター牧場」にいないモンスターや、所持していない装備品/冒険者の証は記憶しても編成されません。
※リプレイで使用されているモンスターのスキルポイントは記憶されません。
※冒険者の証はマスターズGPのルールによって使用できない場合があります。
※複数の同じモンスターが牧場にいる場合や、同じ装備品を複数所持している場合、ステータスの高いモンスター/装備品が編成されます。
※アイコンが同じでもタイプが異なるモンスターや、着せ替えによって別のモンスターに見た目を変えてアイコンが同じになった場合は、アイコンに関わらずリプレイで実際に使用されているモンスターで記憶されます。

 

いや、これも賛否ありそうです。

シビアなランクバトルをされている方には、装備品まで公開したくない人はいらっしゃるでしょう。

私はGPは無くてよいコンテンツと思っている立場なのでどちらでもよいです。

 

冒険者の証のUI / UX

1つは「冒険者の証」のUI / UXについて。

 

■「冒険者の証を解放」「証をパワーアップ」をわかりやすく
「冒険者の証」にバッジ「冒険者の証を解放」や「証をパワーアップ」できる際、バッジが表示されるようにしました。

 

こちらは大きな影響はなさそうです。

 

その他

その他です。

 

[ そのほかの機能の追加、変更や調整について ]
・「時間限定ふくびき」を、ふくびき画面に遷移した際にも開始されるように変更しました。
・ひとりで冒険のミッション報酬の転生モンスターに、所持しているとくぎを表示するようにしました。
・ひとりで冒険でカギが必要なクエストにおいて、カギが不足している際にダイアログが表示されるタイミングを変更しました。
・ひとりで冒険のサポート選択で、フレンドになっていないプレイヤーが常に5人表示されるようにしました。
・フレンド申請を行ったプレイヤーに対して、ひとりで冒険をクリアした際、ダイアログが表示されないように変更しました。
※アプリを再起動した場合、フレンド申請を行ったプレイヤーに対して再度フレンド申請を行うことができます。
・マスターズGPで、マッチング後に表示される「対戦確認」の表示時間を短縮しました。
・マスターズGPで、コマンド入力後も持ち時間を表示するように変更しました。
・下記の特性が一部の継続ダメージを軽減するようにしました。

メタルボディ
ライトメタルボディ
ハードメタルボディ
潮のベール
深緑のベール
魔空のオーラ
暴走状態
生命の根源

 

・下記のとくぎをバトルのAI行動でも使うようにしました。

アルテマソード
滅びの呪文
メガントマータ
グランブレス
憎悪の舞い
ゆうきの斬舞
崩壊裂き
禁忌の左腕
ハリケーンクロー
ひかりの旋風
プリズムレイザー

・「モンスターの名前を変更する」で名前を入力せずに「はい」をタッチした際、デフォルトの名前になるように変更しました。
・「モンスター牧場」の上限枠を480から500に拡張。
※「モンスター牧場」の上限枠は、ジェム100個を使用するごとに5ずつ広がります。
・「モンスター預かり所」の上限枠を1150から1300に拡張。
※「モンスター預かり所」の上限枠は、ジェム500個を使用するごとに50ずつ広がります。
・「預かり所からお別れ」でモンスターとお別れした際、スクロール位置を保存するようにしました。
・「まほうの地図を売る」で選択できる地図の数を20から50に拡張。
・「パーティを組む」でパーティに編成されているモンスターや、「サポート設定」で設定中のモンスターの順番を入れ替えられるようにしました。
・「パーティを組む」や「サポート設定」で装備品をそうびしている場合に「はずす」をタッチした際、ダイアログが表示されないようにしました。
・装備品の固有効果や錬金効果の文字数が多い場合、効果をスクロールまたは省略させて表示するようにしました。
・マイページから冒険パスを購入するページに遷移できるように、マイページにアイコンを追加しました。
・ヘッダーの右側をタッチした際、ジェムの情報が表示されるようにしました。
・Android端末にて、外部による後払いでのお支払い方法に対応しました。
※通常のお支払い方法と同様に、購入いただいたものはお支払い後に反映されます。
・一部表示の調整
・本アップデートに伴うヘルプなどの一部文言や画像の調整

 

個人的に特に気になるのは「滅びの呪文」と「メガントマータ」のAI使用が可能になったことです。

 

滅びの呪文は「超ゾーマ」、メガントマータは「フォロボシータ」が持っている特技のはずです。

いずれもAIで使えなかったのですが、AIで使うことができるようになったと。

 

これはクエストのオート周回で使えることになった意味になります。

なので、できれば無星の超ゾーマを複数持っている方は、ラプソーンとセットでパーティを組めば結構な種類のクエストをオートで周回できるのではないでしょうか。

フォロボシータも同様で、全体ランダムのイオ系呪文持ちのため、イオ系呪文が有効なクエストでは「ハドラー」とラプソーンとのセットで周回できるようになりました。

 

また、オートで使えるということは、マスターズGPの対戦中に眠りやマヒといった状態異常にから解消したとき、AI行動時に使うことになると考えられます。

仕様の認識を間違えているかもしれませんけど。

もし認識が合っているなら、特にフォロボシータはより使いやすくなっているはずで、悪魔系パーティ全体の強化にもつながっているとも考えられます。

 

おわりに

ということで、DQMSLで2021年10月12日行われたアップデートにより「バージョン8.2.0」が実装されたので、詳細を見て感想を書いた記事でした。

 

仕様の認識に誤りがあったら申し訳ありません。

 

 

スポンサーリンク