ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ラストスタンドない!私のDQMSLに「しん・りゅうおう」が来た!「ゴア・しんりゅうおう」に転生、特技の構成とスキルの種振り、装備、使い道を考えました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にて、???系「しん・りゅうおう」を獲得しました。

サブ系統は「深淵の魔王」です。

 

しん・りゅうおうは転生させると「ゴア・しんりゅうおう」になります。

さっそく転生させました。

ゴア・しんりゅうおうの特技構成や「スキルのたね」、装備、使い道について考えてみました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「しん・りゅうおう」実装

DQMSLでは2021年9月25日でしたか、???系のモンスター「しん・りゅうおう」が実装されました。

「深淵の魔王」の最後の1体のようです。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

地図ふくびきスーパーに「星降りの生誕ふくびき」登場!!

「超魔王」「深淵の魔王」「系統の王」「ブレイクモンスター」が期間限定で出現!

さらに、新たな深淵の魔王「しん・りゅうおう(ランクS)」が登場!

 

cache.sqex-bridge.jp

 

「究極転生」に、「ゴア・しんりゅうおう(ランクSS)」が登場!

[ モンスター紹介 ]
ゴア・しんりゅうおう(ランクSS)

「しん・りゅうおう(ランクS)」を「究極転生」させることで、「ゴア・しんりゅうおう(ランクSS)」になります!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

しん・りゅうおうを入手

先日「しん・りゅうおう」を入手しました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

DQMSLの「星降りの生誕祭」が2021年9月25日から開始され、それと同時に「しん・りゅうおう」が実装されました。

その「星降りの生誕祭」としん・りゅうおうの実装を記念して開催されていた「48時間星降りの生誕ふくびき」を5回、50連回しました。

その結果、50連中ではなかったのですが2体手に入っています。

詳しいことは上にリンクを張った記事に書いています。

 

ランクS「しん・りゅうおう」

ランクS「しん・りゅうおう」について。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

DQMSL

  • 種族名:しん・りゅうおう
  • 図鑑NO.:1636
  • サブ系統:深淵の魔王
  • 系統:???系
  • ランク:S
  • ウェイト:23
  • リーダー特性:全系統のメラダメージ・息ダメージ+15%
  • タイプ:攻撃
  • 説明:闇の王に与する 滅びの使者のひとり。灼熱の炎と激しい怒りを 見に宿しており この世界に現れて 辺り一帯を溶岩に沈めてしまった。

 

ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵・ルカの旅立ち

『ドラゴンクエストモンスターズ2』が初出のモンスターなのでしょうか。

私はDQM2は未プレイです。

しん・りゅうおうはDQMSLで初めて知りました。

 

転生

「しん・りゅうおう」を転生します。

 

モンスターを新生転生するためには、メイン画面のメニュー「モンスター」→「育成する」→「転生させる」の順に選択をします。

「転生させる」画面には転生可能なモンスターが表示されますので、一覧から「しん・りゅうおう」を探して選択します。

ソート機能で「???系 | ランクS」で対象を絞ればすぐに見つかるはずです。

 

DQMSL

モンスターの転生には転生専用のモンスター「タマゴロン」が必要です。

しん・りゅうおうは「まおうのたまご」1体を必ず使います。

まおうのたまごは「究極転生への道」に出現します。

 

DQMSL

引き継ぐ特技を選択します。

転生先は3枠が固定されていて、残り1枠をプレイヤーが任意で選べます。

 

DQMSL

しん・りゅうおう は

ゴア・しんりゅうおう として

新しく 生まれ変わった。

 

転生完了です。

 

ランクSS「ゴア・しんりゅうおう」

ランクSS「ゴア・しんりゅうおう」についてです。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

  • 種族名:ゴア・しんりゅうおう
  • 図鑑NO.:1637
  • サブ系統:深淵の魔王
  • 系統:???系
  • ランク:SS
  • ウェイト:32
  • リーダー特性:全系統のメラダメージ・息ダメージ+20%

 

リーダー特性がランクSからパーセンテージが上がりました。

 

説明

説明です。

 

DQMSL

  • 種族名:ゴア・しんりゅうおう
  • タイプ:攻撃
  • 説明:深淵の魔王として覚醒した しん・りゅうおう。闇の王のチカラにより 凶暴な進化をとげ 怒りのままに 世界を地獄の業火に包もうとしている。

 

テキスト内容が変わりました。

 

特技

特技です。

 

プレイ動画

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) によるプレイ動画です。

 

焦熱の儀式

DQMSL

  • 特技名:焦熱の儀式
  • 種類:儀式
  • 消費MP:56
  • 効果:ランダムに5回 メラ系の儀式攻撃 弱点倍率が1.8倍 命中時 蘇生封じ状態にする

 

固定。

 

※「焦熱の儀式」のダメージ1回でチカラつきた敵は、蘇生封じ状態になりません。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

昏睡のカギ爪

DQMSL

  • 特技名:昏睡のカギ爪
  • 種類:斬撃
  • 消費MP:67
  • 効果:敵全体に 攻撃力依存で 無属性の斬撃攻撃 命中時 確率でねむり・行動停止状態にする 「破壊衝動」での復活後は AI行動後に追加でもう1回

 

固定。

 

※追加の1回でのダメージでは、特性「ゴツゴツボディ」「魔界のマグマ」などによるダメージと効果は発動しません。
※1回目の「昏睡のカギ爪」がはね返されて、自分が行動停止状態などになった場合でも、追加の1回は使用する可能性があります。
※追加の1回は、MPを消費しません。

 

補足説明です。

 

灼熱の息吹

DQMSL

  • 特技名:灼熱の息吹
  • 種類:息
  • 消費MP:55
  • 効果:ランダムに5回 メラ系の息攻撃

 

継承。

とくぎ転生で外すことができます。

 

虚無の剛拳

DQMSL

  • 特技名:虚無の剛拳
  • 種類:体技
  • 消費MP:61
  • 効果:【みかわし不可】ランダムに4回 攻撃力依存で 無属性の体技攻撃 命中時 状態変化を解除する(上位効果)

 

とくぎ転生で外すことができます。

 

特性

特性。

 

DQMSL

  • AI2-3回行動:1ラウンドに2〜3回連続で行動する 2回目以降の行動は 通常攻撃を行う
  • 破壊衝動:バトル開始時に自動復活状態になり 息・踊り攻撃をはね返す 復活時に攻撃力・防御力・素早さ・賢さが1段階ずつ上がり 確率でサイド自動復活状態になる
  • 偶数ラウンドにちからため:偶数ラウンドの最初に発動し 攻撃ダメージが2倍になる
  • 竜王の痕跡:バトルの最初に 自分が メラブレイク・マインドバリア状態になり さらに 儀式をはね返す状態になる 味方全体を 炎の使い手状態にする

 

※2回目以降に発動した「破壊衝動」の効果で復活した際にも、同様に約70%の確率で、再度「チカラつきるときに最大HPで復活する」状態になります。
※「ロトのまもり」「リザオラル」などと同時に効果を受けた場合、「破壊衝動」の効果のみが有効になります。
※「チカラつきるときに復活する」効果は、「いてつくはどう」などで解除されません。「神のはどう」などでは解除されます。
※「息攻撃・踊り攻撃をはね返す」効果は、「いてつくはどう」などで解除されます。
※「息攻撃・踊り攻撃をはね返す」効果は、再度発動しません。

 

破壊衝動の補足説明です。

息と踊り反射は通常波動で、復活する効果は上位波動で解除される点に注意が必要ですか。

 

耐性

耐性。

 

DQMSL

DQMSL

メラ吸収、イオ半減、ドルマ無効。

ねむり無効、混乱半減、マヒ無効、ザキ無効。

他は等倍。

 

使いみち

活用について。

 

とくぎ転生

「とくぎ転生」について。

 

デフォルトである程度固まっているように感じられます。

基本的にはデフォルト構成でよさそうです。

 

スキルポイント

「スキルポイント」について。

何に振ればよいでしょうか。

素の状態で素早さが早く、上位波動持ちですのでさらに「素早さ」には欲しいですね。

カギ爪と剛拳が攻撃力依存ですから「攻撃力」に振りたいところ。

 

装備

装備についてです。

 

AI2-3回行動ですので「昇天のヤリ」と「心砕きのヤリ」は有力候補でしょう。

私のように心砕きのヤリを持っていない場合は「ムチ」が選択肢に入りそう。

素早さが欲しいことからツメも良いですね。

 

クエストか闘技場か

使いどころについてです。

クエスト向きか闘技場(対人)向きかで考えると、闘技場向きと思います。

 

クエスト

クエストについて考えます。

儀式使いは現状クエスト向きではありません。

 

しかし、アスラゾーマは体技とヒャドの「冒険者の証」の実装により、「絶氷拳」を継承させることでクエストでの運用も見られるようになりました。

息とメラの証も実装されましたから、もしかしたらしん・りゅうおうもクエストで活躍する機会が出てくるかもしれません。

今後、儀式が必要なクエストが実装されるかもしれませんし。

されるのでしょうか。

 

闘技場

闘技場について考えます。

 

真っ先に思い浮かぶことは「虚無の剛拳」による上位波動役ですね。

無星レベル80、種振りなしで素早さ値「435」です。

星を重ねれば重ねるほど剛拳を撃てる確率は上がることでしょう。

 

1ターン目に剛拳による波動を撃ち、2ターン目に「偶数ラウンドちからため」からの「昏睡のカギ爪」を撃つ流れが基本になると思います。

破壊衝動が上位波動で消されることから、相手のエルギオスより早く動いて、できれば倒しておきたいですけどそううまく行くのか怪しいです。

 

メラ系儀式「焦熱の儀式」はマスターズGPにはやや不向きと思います。

GPにはメラ耐性が高いモンスターが多いからです。

相手モンスターの耐性次第ではあるものの、蘇生封じを狙ってのことならアリでしょうか。

超ウルノーガがメラ等倍のため超ウルノーガの対策にはなりそう。

ニズゼルファといい、近ごろは超ウルノーガに強いモンスターが出てきています。

 

「ゴア・しんりゅうおう」には大きな弱点があるように考えています。

それは他の深淵の魔王が持つ「ラスト・スタンド」を持っていないことです。

魔剣士ピサロの「秘技グランドクロス」で蘇生封じをされ、オルゴ・デミーラの「天崩邪弾」で落とされる。

相手にこの動きをされたら手も足も出ないのではないかと危惧しています。

上位波動でも自動復活状態が剥がされるのでは厳しい。

 

「アレフガルドの伝説」による全体蘇生対策に魔剣士ピサロを使う人が多いです。

その煽りを受けてゴア・しんりゅうおうも一緒に対策できてしまう。

これは厳しい、といいますか悲しい。

 

ラストスタンドがついていないため、星が少ないと素早さが上がらず先に動かれて厳しいでしょうね。

☆3とか☆4とかまでになれば、結構な早さが出て強くなりそうですが。

 

おわりに

ということで、DQMSLで???系の深淵の魔王モンスター「しん・りゅうおう」を獲得したので、育成と特技と装備、使いみちについて考えた記事でした。

 

仕様を間違えて認識していたり理解が足りない場合は申し訳ありません。

 

 

スポンサーリンク