ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ロケスタ!DQMSLドラゴン系レジェンド「怪竜やまたのおろち」を新生転生!特技構成や装備、使い道を考えました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にて、2021年9月17日にドラゴン系モンスターの「怪竜やまたのおろち」に新生転生が実装されました。

サブ系統は「レジェンド」。

 

さっそく怪竜やまたのおろちを新生転生をしました。

特技構成や「スキルのたね」、装備、使い道について考えてみました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL新生転生「怪竜やまたのおろち」

DQMSLにて2021年9月17日に行われたアップデートによりドラゴン系のレジェンドモンスター「怪竜やまたのおろち」に新生転生が実装されました。

 

レジェンドモンスターの新生転生は、エッグラ&チキーラ、百獣の王キングレオに続いて3件目でしょうか。

 

sqex-bridge.jp

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

と言いたいところですが、記事作成現在、怪竜やまたのおろちの新生転生について告知しているツイートはなかったみたいです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

[ 既存の特性の上方修正 ]
・特性「紅蓮の炎熱」の「偶数ラウンド敵全体のメラ耐性を1ランク下げる」効果を、「2ラウンド毎」から「毎ラウンド」に上方修正
※本変更は新生転生前の「怪竜やまたのおろち(ランクSS)」にも適用されます。

 

公式キャンペーンサイトに新生転生に関する告知ページがありました。

新生転生の実装と並んで、既存の特性の上方修正が入っていました。

 

ランクSS「怪竜やまたのおろち」

まずは新生転生前のランクSS「怪竜やまたのおろち」についてです。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

DQMSL

  • 種族名:怪竜やまたのおろち
  • 図鑑NO.:1508
  • 系統:ドラゴン系
  • サブ系統:レジェンド
  • ランク:SS
  • ウェイト:28
  • リーダー特性:全系統の最大HPを30%アップ
  • タイプ:攻撃
  • 説明:5つの首と高い知能を持つ 邪悪な怪竜。とある国の女王になりすまし 自ら若い娘を いけにえに指定して 次々と食べていたという。

 

新生転生前のステータスです。

 

dysdis.hatenablog.com

 

当ブログに入手当時の記事があります。

実装から遅れて、「伝説フェスメダル」を使用して1体手に入れたみたいです。

忘れていました。

 

ドラゴンクエストIII そして伝説へ…

『ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ…』が初出でしょうか。

ドラクエ3は何回も周回しています。

ジパングは山場の一つと思っていて、毎回のように結構な苦戦をするイメージです。

 

新生転生

2021年9月18日行われたアップデートにより、このレジェンドやまたのおろちに新生転生が実装されました。

さっそく新生転生しました。

 

DQMSL

メイン画面下メニュー→「モンスター」→「育成する」→「新生転生させる」の順に選択します。

「新生転生させる」画面で「怪竜やまたのおろち」を選択します。

ソート機能を使って「ドラゴン系|ランクSSorレジェンド」で絞ると見つけやすいでしょう。

怪竜やまたのおろちの新生転生に必要なタマゴロンは「しんせいの竜玉」が3体です。 

「しんせいの竜玉」は「ドラゴンカーニバル」で獲得できます。

 

DQMSL

引き継ぐ特技を選びます。

デフォルトが1枠、残り3枠をプレイヤーが任意で決めます。

 

DQMSL

怪竜やまたのおろち は

新しく 生まれ変わった。

 

新生転生が完了しました。

 

新生転生「怪竜やまたのおろち」

新生転生「怪竜やまたのおろち」についてです。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

  • 種族名:怪竜やまたのおろち
  • 図鑑NO.:1508
  • 系統:ドラゴン
  • ランク:SS
  • ウェイト:28
  • リーダー特性:全系統のメラ系の息ダメージを35%アップ

 

リーダー特性は新生前から変わりました。

属性息ダメージアップならリーダーになれそうです。

 

説明

説明です。

 

DQMSL

  • 種族名:怪竜やまたのおろち
  • タイプ:攻撃
  • 説明:5つの首と高い知能を持つ 邪悪な怪竜。とある国の女王になりすまし 自ら若い娘を いけにえに指定して 次々と食べていたという。

 

新生前からテキストに変わりはないようです。

 

特技

特技構成です。

私が選んだ特技構成です。

 

紹介動画

新生転生「怪竜やまたのおろち」の特技を紹介したプレイ動画です。

記事作成現在はDQMSL公式Twitterアカウントから動画がアップされていないようです。

 

むらくもの息吹

DQMSL

  • 特技名:むらくもの息吹
  • 種類:息
  • 消費MP:70
  • 効果:ランダムに5回 無属性の息攻撃 命中時 息被ダメージ上昇状態にする

 

固定。

 

※「息被ダメージ上昇状態」になったモンスターは、息攻撃で受けるダメージが増えます。
※リーダー特性「息効果+○%」など一部の効果とは、加算で計算されます。
※「ダメージバリア」「クリムゾンミスト」「息防御ダウン」などの効果と重複します。
※「息被ダメージ上昇状態」は「光のはどう」などで解除されます。
※「聖なる防壁」の効果中でも「息被ダメージ上昇状態」になりますが、「聖なる防壁」を再度使用することで「息被ダメージ上昇状態」を解除することができます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

光のはどうや防壁で解除可能と。

 

獄炎の息吹

DQMSL

  • 特技名:獄炎の息吹
  • 種類:息
  • 消費MP:60
  • 効果:ランダムに5回 メラ系の息攻撃 弱点倍率が1.8倍

 

引き継ぎ。

とくぎ転生で外すことができます。

 

オーロラブレス

DQMSL

  • 特技名:オーロラブレス
  • 種類:息
  • 消費MP:136
  • 効果:敵全体に 無属性の息攻撃

 

引き継ぎ。

とくぎ転生で外すことができます。

 

大蛇の構え

DQMSL

  • 特技名:大蛇の構え
  • 種類:体技
  • 消費MP:37
  • 効果:【戦闘中1回】【先制】1ターンの間 自分を ダメージ70%軽減状態にし 息ダメージを2倍にする

 

引き継ぎ。

とくぎ転生で外すことができます。

 

特性と耐性

特性と耐性です。

 

特性

DQMSL

  • AI2-3回行動:1ラウンドに2〜3回連続で行動する 2回目以降の行動は 通常攻撃を行う
  • ブレスのコツ:息系とくぎの 消費MPが半分になり 効果が上がる
  • 紅蓮の炎熱:相手のメラ耐性を2ランク下げて攻撃 毎ラウンド敵全体のメラ耐性を下げる
  • 怪竜の竜鱗:つねに行動停止を防ぎ 毎ラウンド自然治癒 偶数ラウンド斬撃防御を上げる
  • 竜衆の先鋒:バトルの最初に ドラゴン系3体以上で 行動順がラウンドの最初になる

 

新生転生前とは変わりました。

 

※味方のドラゴン系の数には、「怪竜やまたのおろち(新生転生/ランクSS)」自身も含まれます。
※行動順がラウンドの最初になるのは、1ラウンド目だけです。

 

公式キャンペーンサイトによる「竜衆の先鋒」の補足説明です。

 

耐性

耐性です。

 

DQMSL

DQMSL

メラ吸収、ヒャド弱点、ギラ半減、ドルマ半減。

毒半減、マヒ半減、ザキ無効、マヌーサ半減、息封じ半減。

他は等倍。

 

使いみち

新生転生「怪竜やまたのおろち」の活用についてです。

 

スキルポイント

「スキルポイント」について。

 

記事作成現在私は種を「素早さ55」振っています。

55である理由は忘れました。

怪竜やまたのおろちは鈍足である上に、私のアカウントでは無星のため遅すぎて、素早さの遅い敵より遅くターンがきて、息連携が途絶えてしまったことがあったのでしょう。

 

装備

装備について。

 

記事作成現在私は何も装備させていません。

装備させるなら息ダメージアップの装備、「禁じられし息の書」などがよいでしょうか。

新生転生で無属性ブレスを持ったことにより、以前より「覇者の首飾」の優先度は下がった印象を持ちます。

確実にメラ息が必要な場面があるなら、もちろん首飾が必要になるでしょう。

 

とくぎ転生

「とくぎ転生」について。

 

デフォルトの特技構成で欲しいものが4枠以上あります。

 

DQMSL

私は「五連竜牙弾」を諦めました。

理由は後述。

なので「とくぎ転生」をする必要は今のところ感じていません。

 

クエストか闘技場か

使いどころについてです。

クエスト向きか闘技場(対人)向きかで考えると、どちらにも向いているように思いますが、新生転生によって闘技場向きにもなった感があります。

 

クエスト

クエストでの使い方を考えます。

ドラゴン系のパーティで攻略するときに出番があるでしょう。

今までも必須級の活躍をしていましたが、これからも同様でしょう。

 

ただ、新生転生後は新生転生前よりもクエストでやや使いにくくなってしまいました。

ドラゴン系パーティで冒険すると「竜衆の先鋒」の効果により、おろちがラウンドの最初に行動順が来てしまうためです。

おろちはパーティのメインアタッカーであることがほとんどですので、デバフが効いたところで息をうちたいですから。

クエストオンリーで用いる方なら、新生転生することを見送るのも選択肢の一つとして頭に入れておくとよさそうです。

 

闘技場

闘技場での使い方を考えます。

やはりこちらもドラゴン系の系統パーティでの起用が考えられます。

 

闘技場では、やはり「竜衆の先鋒」の効果により、「におうだち」と「みがわり」による盾突破の役割を担えるでしょう。

私は「オーロラブレス」を継承しましたが、それはこのときのためです。

相手が特に「におうだち」をしてきた場合、全体無属性ブレスをお見舞いすることで大きなダメージを与えられるであろうと思ったからです。

 

また、「竜衆の先鋒」を活かして、相手にエルギオスがいた場合の攻略にも使えそうですね。

エルギオスは素早さの極めて高いデイン系踊り&上位波動使いです。

エルギオスがどれだけ早かろうと、ラウンドの最初に動くおろちより早くは動けるはずがなく、エルギオスが動く前に落とす戦法も可能になるのではないでしょうか。

 

根本的な問題が1点あります。

それは私がマスターズGPでドラゴンパーティを使うのかという点です。

使わないだろうなと思います。

使う気持ちになったときのために、一応オーロラブレスは残しておこうかなと残しました。

 

おわりに

ということでDQMSLでドラゴン系レジェンドモンスター「怪竜やまたのおろち」に新生転生が実装されたので、特技と装備、使いみちについて考えた記事でした。

 

 

スポンサーリンク