ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

グレイナルガリンガ!DQMSL「呪われし竜の地」を財宝4個でミッションコンプした際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)にて、2021年8月31日よりモンスターアドベンチャー「小さな竜の大芝居」が開催されています。

 

2021年9月10日からは「呪われし竜の地」が加わりました。

設定されているミッションをコンプリートできました。

ミッションコンプした際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

以降ネタバレ要素がありますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLモンスターアドベンチャー「小さな竜の大芝居」

2021年8月31日より、DQMSLのモンスターアドベンチャー「小さな竜の大芝居」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

期間限定クエスト「小さな竜の大芝居」を開催!
新モンスター「バルンバ(ランクS)」「スタドラ(ランクS)」を仲間にしよう!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

開催期間

開催期間について。

 

2021年8月31日(火)12時00分 ~ 2021年9月30日(木)11時59分

 

※「竜の秘境 修練場」「呪われし竜の地」は、2021年9月10日(金)15時00分 ~ 2021年9月30日(木)11時59分の間、開催されます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

ひとりで冒険「呪われし竜の地」

「ひとりで冒険」の「期間限定クエスト」に2021年8月31日から展開されている「竜の秘境」に関してです。

2021年9月10日からは「呪われし竜の地」が追加されました。

 

DQMSL

  • クエスト名:呪われし竜の地
  • 目標平均レベル:100

 

【2021年9月10日 追記】
※「竜の秘境 修練場」「呪われし竜の地」は、「小さな竜の大芝居」の「第3話 竜の決戦」をクリアすることで解放されます。
※「竜の秘境 修練場」「呪われし竜の地」は、初回のみスタミナ0で挑戦できます。
※「呪われし竜の地」は旅の僧侶を呼ぶことができません。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

呪われし竜の地「呪われし竜の地」

呪われし竜の地の「呪われし竜の地」についてです。

 

概要

概要です。

 

DQMSL

  • クエスト名:呪われし竜の地
  • 目標平均レベル:100
  • スタミナ:5

 

初回だけスタミナ0でした。

 

ミッション

設定されているミッションです。

 

  • 財宝を1個以上持ってクリア:報酬「ドラゴン系確定ふくびき券スーパー 1枚」
  • 財宝を2個以上持ってクリア:報酬「ドラゴン系確定ふくびき券スーパー 2枚」
  • 財宝を3個以上持ってクリア:報酬「ドラゴン系確定ふくびき券スーパー 2枚」
  • 財宝を4個以上持ってクリア:報酬「(称号)竜の秘境を守りしもの」

 

DQMSL

ミッションコンプリートできました。

 

討伐リスト

討伐リストについて。

リストはありません。

 

道中

道中についてです。

道中は最大4戦。

 

DQMSL

下段右にいるのが「呪われし青竜」。

体技が無効の敵です。

随伴には効いたはず。

こちらが個人的には最大の難関でした。

 

以降のモンスターたちもそうですけど、初手に随伴を2体呼びます。

HP残量次第でも呼ぶようです。

 

DQMSL

下段左にいるのが「呪われし黄竜」。

呪文が無効です。

随伴には効くと思います。

 

DQMSL

上段右にいるのが「呪われし緑竜」。

無属性無効です。

随伴には効いたはず。

 

DQMSL

上段左にいるのが「呪われし赤竜」。

斬撃が無効です。

随伴には効いたはず。

 

ボス

ボスについてです。

 

DQMSL

「竜族の悪霊」。

ボスが一番弱いです。

 

財宝4個攻略パーティ

「呪われし竜の地」で財宝を4個獲得して攻略した際の、私のパーティ編成や装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容はあくまでも私が攻略したときのものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを書いたものではありません。

ご了承ください。

 

編成

まずはパーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「グランドラゴーン☆4、神竜強☆4、グレイナル☆4、ガリンガ☆1、ボボンがー☆4、サポート:怪竜やまたのおろち☆x」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

グランドラゴーンのリーダー特性は「ドラゴン系のの息ダメージ35%アップ」。

 

怪竜やまたのおろちはレジェンドモンスターです。

 

サポートさんからは「怪竜やまたのおろち」をお借りしました。

サポートさんのモンスターもできるだけ☆4の個体にお願いします。

記事作成現在「クエストお助け隊」に☆4の個体がいますので、今回そちらからお借りしました。

 

息パーティ+ガリンガです。

純粋な息パーティですと青竜を倒せない危険があります。

なので青竜退治のためにガリンガを入れました。

 

特別条件

「呪われし竜の地」は特別条件があります。

 

DQMSL

  • ドラゴン系統のみ

 

上記のような特別条件です。

ドラゴン系モンスターしか編成することができません。

「秘境の牙」はこのクエストでは効果がなかったと思います。

 

特技

特技です。

 

  • グランドラゴーン:ブレスハリケーン、ファイブスタンプ、フバーハ、マインドバリア
  • 神竜強:天上の業火+1、れっぱの息吹+2、白くかがやく光+1、しゃくねつ+1
  • グレイナル:シャイニングブレス、蒼天の守り+1、ぎらつく眼光、白くかがやく光
  • ガリンガ:竜神の絶技+2、青の衝撃+2、稲妻雷光斬+2、はやての息吹+2
  • ボボンガー:みかわしのひかく、よいどれのブレス、せかいじゅのしずく、フバーハ
  • (サ)やまたのおろち:獄炎の息吹+x、オーロラブレス+x、五連竜牙弾+x、大蛇の構え+x

 

今回のためにとくぎ転生をしていません。

サポートさんのモンスターもできるだけ特技レベルが+3になっている個体にお願いします。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • グランドラゴーン:竜戦士のこて+8
  • 神竜強:竜狩りのおまもり+7
  • グレイナル:カボチャの杖
  • ガリンガ:ラグナロク+7
  • ボボンガー:呪われし盾+8
  • (サ)やまたのおろち:--

 

特にガリンガのラグナロクが重要です。

+7以上で「通常攻撃時70%でため状態を解除」の効果がつきます。

これが青竜に効果があるからです。

 

それと、ボボンガーはやまたのおろちより早く動いてしまう危険があったので、装備で素早さを下げました。

 

サポートさんのモンスターも息アップか属性アップ装備をしている個体にお願いします。

 

冒険者の証

「冒険者の証」です。

 

DQMSL

「ドランゴ+息+メラ」です。

 

スキルのたね

「スキルのたね」です。

 

  • グランドラゴーン:なし
  • 神竜強:なし
  • グレイナル:素早さ65
  • ガリンガ:素早さ95、攻撃力25
  • ボボンガー:防御力65

 

今回のために種を振っていません。

 

サポートさんのモンスターもできるだけ種振りをしている個体にお願いします。

おろちは種振りをしないで大丈夫な気がします。

 

立ち回り

立ち回りです。

 

記憶を頼りに書いています。

間違えていたら申し訳ありません。

当ブログの内容は参考程度に抑えてご覧になってください。

 

グランドラゴーンは初手「ファイブスタンプ」、2手目「マインドバリア」、3手目息耐性が下げきれていなければ「ファイブスタンプ」、下がっていれば「ブレスハリケーン」、4,6,8手目と偶数ターンにマイバリ。

ボスに畳み掛ける段階では、敵が無属性無効であってもブレスハリケーン。

本当ならマインドバリアは初手に打ちたいのですが、1ラウンド内に随伴を倒したくもあるので、賭けですけど私はファイブスタンプを選びました。

ただマインドバリアをしないと、敵の2ターン目でマインドされる危険があり、運が悪ければ倒せない事態にもなりそうな雰囲気でしたね。

役割過多でしたから、マインドバリアは別の誰かが持っていた方が良かったです。

 

神竜強は「れっぱの息吹」か「しゃくねつ」でした。

随伴を落としたいときは随伴の弱点属性の、ボスに撃ちたい場合はボスの弱点属性の息を選びます。

 

グレイナルは初手と2手目を連続で、あとは4,6手目と1ターン置きに「蒼天の守り」。

防御バフとMP回復状態にしてるので大事な特技でした。

3,5,7手目は敵の耐性次第で「シャイニングブレス」か「白くかがやく光」。

 

ガリンガは「竜神の絶技」。

斬撃が効かない赤竜戦にも、随伴を落とすために使いました。

 

ボボンガーは回復・蘇生が主。

道中「せかいじゅの葉」を手に入れられるので、MP節約のために蘇生は基本アイテムで行いました。

息連携を取りたいとき、敵を倒せそうなときは「よいどれブレス」で攻撃参加。

 

やまたのおろちは初手「獄炎の息吹」、2手目「大蛇の構え」、3手目「獄炎の息吹」が基本的なムーブ。

メラ耐性が高めの青竜戦では効果的にダメージを与えられないため、雑魚処理に回って獄炎ばかりをしていました。

 

上記のように戦いました。

 

倒した順番

倒した順番は随伴→ボスです。

必然的にそうなります。

 

DQMSL

トータル25ラウンドで倒したようです。

青竜でラウンドを使っていました。

粘り強く戦って何とか。

 

再現性

再現性です。

「1 / 1」、100%。

 

おわりに

ということでDQMSLモンスターアドベンチャー「小さな竜の大芝居」の「呪われし竜の地」を財宝4個以上持ってクリアした際の、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

DQMSL

呪われし竜の地で獲得したドラゴン系確定ふくびき5枚の結果です。

う〜〜ん。

 

 

スポンサーリンク