ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

☆4集め大変!DQMSLマスターズGPで「キラーアーマー」が使われている理由が、獲得してわかった気がしました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、闘技場「マスターズGP」にて近ごろ気になることがあります。

 

それは「キラーアーマー」についてです。

近ごろキラーアーマーの使用率が特に増えているように感じます。

私は1体も地図から仲間にしていなかったので、理由がよくわからないでいました。

対戦したキラーアーマーを倒した後に亡者が発動しているように見え、これは面白そうだと自分でも獲得してみました。

するとキラーアーマーが使われる理由がわかった気がします。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP

DQMSLには「闘技場」なるコンテンツがあります。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知ツイートです。

 

闘技場は対人戦で、他プレイヤーさんとの対戦をすることができるものです。

中でも「マスターズGP」は、DQMSLのメインコンテンツと言って差し支えないでしょう。

ここで勝つために課金をしているユーザーさんが最も多いと思いますので。

 

dysdis.hatenablog.com

 

私はマスターズGPがとても下手なことを自認しています。

無課金で、GPに強いモンスターを強化できていない・強いモンスターを持っていないこともあるでしょうし、そもそも人と関わることが得意ではないことも少なからず影響しているでしょう。

とても苦手なコンテンツで、報酬がなければ参加したくないくらいです。

 

キラーアーマーが多い

冒頭でも書きましたとおり、近ごろマスターズGPをしていると物質系モンスター「キラーアーマー」を使っているユーザーさんが増えているように思います。

ドラゴンクエスト メタリックモンスターズギャラリー さまようよろい

ランクB「さまようよろい」のランクSに転生したモンスターですね。

 

1体も持っていなかった

どうしてキラーアーマーが増えているのか、私にはその理由がいまいちわかっていませんでした。

と言いますのも私はキラーアーマーを1体も持っていなかったのです。

 

キラーアーマーを1体も持っていなかったので☆4を作ることにしました。

するとどうして使われているのか、その理由がわかった気がしました。

 

キラーアーマー☆4作成がこんなに大変だとは!

こうして私の「キラーアーマー☆4作成の旅」が始まりました。

記事作成現在1体は作れましたけど、道半ばです。

しかし、キラーアーマー☆4を作成することがこんなに大変だとは思わなかった、とお伝えせねばなりません。

 

ドロップが確率

理由の一つは、キラーアーマーの転生元、ランクB「さまようよろい」はドロップが確率であることです。

 

f:id:dysdis:20210805182906j:plain

「魔法のダンジョン」はおそらく、多少の法則はあっても、どのマップが出現するかはランダムです。

冒険すれば必ず「さまようよろい」がいるマップが出現する訳ではないということ。

 

さらに、おそらく「さまようよろい」が出現して、倒したとしても、ドロップは確定ではないと思います。

思いますと書いた理由は、スキップをしているから確かなことはわからないのです。

これまでの経験上、確定ではなく確率だったと思います。

 

このたびキラーアーマーの☆4を作ろうと、「魔法のダンジョン」を周り始めました。

スキップで50周は余裕でしているのですが、まだ☆4を作れていません。

 

タイプが異なる!!

「キラーアーマー」の☆4を作成することを、より困難なものにしている理由、それは「さまようよろい」のユニークな仕様です。

「魔法のダンジョン」でドロップする「さまようよろい」は、タイプが異なる個体が存在します。

 

普通、モンスターにはタイプが決まっています。

タイプとはAIの違いという認識でよいでしょうか。

例えば竜王なら「攻撃タイプ」、ゾーマなら「魔法タイプ」、ケトスなら「防御タイプ」、かみさまなら「回復タイプ」、マデサゴーラなら「万能タイプ」と。

通常ならば、モンスターの種類によってタイプは固定されています。

 

ところがキラーアーマーと言いますか「さまようよろい」といいますか、それはおそらくその全てのタイプの個体が存在しています。

 

DQMSL

「まほうの地図」から手に入る「さまようよろい」や「じごくのよろい」、「キラーアーマー」は全て、タイプが「万能」で固定されているようです。

画像がそれ。

このたび万能タイプのキラーアーマーは☆4を作成しました。

新生転生も実装されていますから新生転生もしました。

 

ところが、「魔法のダンジョン」でモンスターの状態で仲間になる「さまようよろい」はそうではありません。

 

DQMSL

画像は「回復」タイプです。

 

DQMSL

画像は「防御」タイプです。

 

DQMSL

画像は「魔法」タイプです。

 

記事作成現在、この3タイプしか入手できていません。

50周以上周回しても3タイプしかいない、しかも回復タイプが☆1、防御タイプと魔法タイプが無星でしかないという事実です。

攻撃と補助に至っては1体もいません。

 

パワーアップできない!

キラーアーマーは全種類のタイプが存在します。

これはそれぞれが別個体としてゲームでは認識されていることを意味しているでしょう。

同タイプ同士でしかパワーアップできないようでした。

攻撃タイプなら攻撃同士、防御なら防御同士でしかパワーアップに使えません、たぶん。

そのため全タイプの☆4を作成するとなると、これはとても大変な作業になるでしょう。

 

使われる理由

このようにして「キラーアーマー」を何体か獲得しました。

その結果見えてきたものがあります。

 

ポイントボーナス

キラーアーマーの万能タイプだけでも☆4を作れたらそれでいいじゃん。

そう思われるかもしれません。

しかし他のタイプも作った方がよいでしょう。

 

DQMSL

その理由は画像にあります。

 

各タイプがそれぞれ別個体として認識されるようです。

そのためマスターズGPで付与される「ポイントボーナス」がそれぞれ異なります。

90%ボーナスがついているのは「魔法タイプ」、80%が「防御タイプ」、50%が「回復タイプ」、40%が「万能タイプ」です。

他のタイプは現状わからず。

 

ポイントボーナスを積める。

だから近ごろマスターズGPでキラーアーマーを使う人が多いのだろうと思いました。

 

亡者持ち!

そしてもう1点わかったことがあります。

それはキラーアーマーの「特性」が良いことです。

 

DQMSL

  • 亡者の執念:チカラつきる時に 確率で発動し ラウンドの最後に行動するまで生き残る

 

これです。

新生転生したキラーアーマーは「亡者」持ちでした。

倒されてもラウンドの最後まで亡者となってフィールドに残り、避雷針になってくれるのですね。

 

昇天させることにより亡者状態を解除することは可能です。

相手が亡者対策をしていなければ、キラーアーマーが相手の通常攻撃を吸い取ってくれます。

ボーナスもついて、避雷針にもなってくれる、これは大きいですね。

 

☆4は必要か

キラーアーマーが亡者持ちであることはお伝えしました。

倒されたとしても亡者になれば、相手の通常攻撃を引きつけてくれます。

 

それなら☆4になって、レベル上限を100にしてステータスを上昇させずとも、役割は十分に担えるのでは?

そういう考えが起こります。

アリかナシかで言えばアリでしょう。

 

ですが、「昇天のヤリ」や昇天系特技を持つモンスターより早く動くことができれば、有利な場合は出てきそうです。

最近では「アレフガルドの伝説」にし「昇天のヤリ」を装備させる方が多いことでしょう。

アレフガルドは、アンカーで威力が増す「勇者のきらめき」を特技に持ちますので、あまり素早さに振らない傾向にあります。

 

そこで、キラーアーマーの☆4にした上で「ピオリム」など補助を覚えさせるアイデアが生まれます。

「ツメ」も装備させる必要もあるでしょうか。

そうしてキラーアーマーが「アレフガルド+昇天」よりも早く動いてピオリムを撃てれば、次ラウンドで味方が相手より早く動けるかもしれません。

 

昇天のヤリを持たせたアレフガルドよりも、少し早く動いて「ピオリム」を撃つ。

その意味ではキラーアーマーは無星より☆4の方が良いと感じます。

 

しかしあまりに早く動いてしまうと、バフをしても「いてつはどう」などでバフを解除されてしまいかねません。

キラーアーマーは万能型の☆4、レベル90で「素早さ396」。

遅くもなく早くもないですから、よい速度帯でピオリムを撃てる可能性を秘めています。

 

実際に使用されている皆さんがそういう使い方をしているかはわからないです。

あくまで私の想像で、そういう使い方をすることができるかなと。

 

気長にやります

この2点があることで、近ごろキラーアーマーがマスターズGPでよく使用されている理由がわかりました。

私の仕様の認識が足りなかったり間違えていたりする可能性はありますけれども。

 

先ほど申したとおり、各タイプの☆4分を集めることはとても大変です。

なので気長にやろうと思っています。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGPで「キラーアーマー」がよく使われている理由が獲得してみてわかった気がしたことを書いた記事でした。

 

仕様を把握しきれていなかったり間違えていたりしたら申し訳ありません。

 

 

スポンサーリンク