ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

ダグジャガルマ?DQMSL運営さんから「DQMSL便り」が届き、マ素関係のテコ入れと新生転生などが2021年6月11日に実装されるようです

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)では、2021年6月8日でしょうか、DQMSL運営さんから「DQMSL便り」なる情報がありました。

 

その「DQMSL便り」には個人的に気になる情報もありました。

気になる情報とは「今後のアップデート」に関する情報です。

既にご存知の方も多いと思います。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL便り

2021年6月8日、DQMSLの運営さまより「DQMSL便り」なる情報がありました。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) の告知ツイートです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

プレイヤーの皆さま、いつも「ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト」を遊んでいただき、ありがとうございます。

不定期にDQMSLの更新情報をお伝えする『DQMSL便り』が始まります!

ここでは、主に今後予定しているアップデートの情報を先取りしてご紹介してまいります。
詳細は引き続き個別のお知らせにてお伝えしていきますが、こちらでは運営・開発チームが考えていることなど、普段とは違った形でお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

「DQMSL便り」とは今後のアップデートなどを教えてくださるもののようです。

 

マ素の見直し

その「DQMSL便り」を見ていて、個人的にとりわけ気になる情報がありました。

 

[ 今月の新生転生 ]
今月は6月11日に「マ素新生」をテーマとして3体のモンスターの新生転生を予定しています。

今回の新生転生では、対象の3体だけではなく「マ素」そのものを一新!
「マ素」状態を重ねがけできるようになり、解除しづらくなったり、「マ素」に有効なとくぎのダメージがどんどん大きくなるなどの効果を発揮します。

新しくなった「マ素」パーティで、復活とくぎや「ぼうぎょ」コマンドで長期戦を狙うモンスターを「マ素」漬けに!

新生転生するモンスターは6月11日をお楽しみに!

 

それは2021年6月11日に「『マ素』の見直し」が行われることです。

ここ1年ほど、1年どころではなく2年ほどかもしれませんけど、DQMSLでの「マ素」はしばらく死んだ仕様でした。

対人戦において、マ素は「光のはどう」などで解除できるため、対策が容易だったこと。

さらに味方全体の状態異常を回復する上に、バトルの間ずっと状態異常から守る能力を持つ「ケトス」の実装がトドメになったでしょうか。

 

ぼうぎょ対策

今回のマ素へのテコ入れは「ぼうぎょ」対策にもなるようです。

 

「マ素」状態を重ねがけできるようになり、解除しづらくなったり、「マ素」に有効なとくぎのダメージがどんどん大きくなるなどの効果を発揮します。

新しくなった「マ素」パーティで、復活とくぎや「ぼうぎょ」コマンドで長期戦を狙うモンスターを「マ素」漬けに!

 

先ほど抜粋した中からマ素のテコ入れ部分をもう一度抜き出しました。

 

近ごろは対人戦「マスターズGP」では耐久パーティが多いです。

「ヴェルザー」や「超ウルノーガ」、「アレフガルド」、「オメガ」などを使って。

しかもただ耐久するだけでなく、「ぼうぎょ」の行動を取る耐久が多くなっている印象を持ちます。

勝つために「ぼうぎょ」をすることは、対戦相手にとってはヤラシイと言いますか、やる気を削ぐ戦い方です。

近ごろマスターズGPで対戦相手が見つからない事態が、以前より増えている印象を持ちますので、GPで戦うことそのものを敬遠しているユーザーさんが増えているのだろうと想像します。

まぁ実際に嫌ですよね、1ターン目から「ぼうぎょ」される対人戦なんて。

私も勝つために「ぼうぎょ」をしたことがありますので、あまり人様のことを言えないのですけど。

 

そんな「ぼうぎょ」の対策をマ素に委ねることにするみたいですね。

FFBEコラボの「しんりゅう」も「ぼうぎょ」対策だったと思います。

 

新たなマ素は、味方を何度も何度も復活させるポセイドンがリーダーの自然系パーティの対策にもなるようです。

 

私がしばしば採用しているゾンビ系パーティは、攻める分には良いでしょうけど、復活を繰り返す戦い方はしにくくなるのかもしれません。

 

などと考えると、マ素のテコ入れは個人的に良いものになるのか、悪くなるのかわからないですね。

具体的にマ素がどう変わるのかを見てみないことには、はっきりしないですけど。

 

ガルマザードはどうするか

また、マ素関連のモンスターを3体も新生転生されるそうです。

1体は「ダグジャガルマ」と予想しています。

あとはマ素関係であるなら「凶モンスター」でしょうか。

凶モンスターは「凶アンドレアル」が☆4なので、そちらが新生になってくれたらありがたいです。

「ぎゃくふう」持ちですから「ヴェルザー」対策にもなるでしょうし。

 

マ素というと「ガルマザード」です。

今回このガルマザードの強新生が実装されるのでしょうか?

ガルマザードは既に新生転生が実装されていますよね。

そこが気になります。

 

ガルマザードに強新生が実装されるなら、いえ実装されなくても、個人的に考えなければいけないことがあるなと感じています。

それは2体運用、あるいは3体運用です。

 

マ素そのものがテコ入れされるなら、その内容にもよりますけど、もしかしたらガルマザードは新生転生と未新生の2体運用も見えてくるのではないかと思えるからです。

ポイントボーナス的にも美味しいでしょうし。

ウェイトは厳しいでしょうけど。

 

私はガルマザードの転生前ランクS「ガルマッゾ」も☆4を作っています。

こちらも使いみちが出てくれるとよいです。

ガルマザードを2体運用にするなら、ランクS☆4をSSに転生します。

 

エッグラ&チキーラ上方修正

レジェンドモンスターの???系「エッグラ&チキーラ」に上方修正が入るようです。

 

また、あわせて「エッグラ&チキーラ」の上方調整も実施!
体技パーティをもう1歩使いやすくするための調整となります。
5月31日に登場した「メガトンケイル」や、体技に貢献できるモンスターとして6月11日に登場する「ソロン」の転生先とあわせ、ぜひパーティ編成をお楽しみください!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

dysdis.hatenablog.com

 

エッチキは比較的最近新生転生が実装されました。

ところが早速上方修正が入るようです。

 

確かにエッチキのイオ系体技「爆卵拳」は全然ダメージがでないですよね。

イオが弱点の敵であっても、「ガオガイヤ」などの無属性体技よりダメージが出ないので。

これは当然かなと感じます。

 

ランクSの「ソロン」はイオ系体技を覚えそう?

新モンスター「ソロン」の転生についても少し振れられていました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

先ほどの引用部によれば、「ソロン」の転生では新たに体技を覚えそうですね。

ランクAではイオ耐性デバフ特技を持ちますので、転生先ではイオ系体技を覚えるのでしょう。

 

おわりに

ということで、DQMSLの運営Twitterから「ミスリル鉱」が重要だから「みんなで冒険」の「水神との邂逅」を周回せよとのお達しが出されましたの記事でした。

 

 

スポンサーリンク