ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

『AgentOfAdventure -君の願いを-』でフォントカラーが「オレンジ」の武器を初獲得。色がつく理由を考えました

スポンサーリンク

スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』にて、フォントカラーがオレンジの装備を初めて手に入れました。

普通はフォントカラーがホワイトです。

オレンジ色の意味を推察しました。

 

ネタバレ要素が含まれていますので、バレても構わない方のみ下方スクロールをお願いします。

 

目次

 

スポンサーリンク

スマホゲー『AgentOfAdventure -君の願いを-』

放置型スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』を始めました。

 

概要

本作の概要です。

 

apps.apple.com

 

このゲームは冒険者が得た報酬を使って街を発展させていく、放置系RPGゲームです。


酒場で冒険者を雇い、雇った冒険者たちの装備を整えたら冒険に出発させましょう。

冒険では様々な罠や洞窟、モンスターなどに遭遇します。

放置している間に、冒険者たちはそれらの困難を乗り越えて帰ってきます。

冒険者は「お金」「経験値」「アイテム」を持って帰ってきます。

 

AppStoreに書かれているゲームの説明は上記引用部のとおりです。

 

Wizardryライク

本作は『Wizardry』ライクな放置系RPGです。

 

プレイヤーがすることは雇った冒険者たちが冒険をすることを除いた全てになります。

具体的には、冒険の報酬でギルドや寺院・酒場・武器屋・防具屋・道具屋・学校といった街の施設を開発・発展させます。

ギルドを育て冒険者達をより強いジョブに就かせたり、発展した街から購入できるより強い装備や道具で冒険者たちを強化します。

そうしてより難易度の高いクエストに挑ませ、最終的にはラスボスを倒す流れなのでしょう。

 

攻略サイトは見ていない

攻略サイトは見ないでプレイしています。

 

ゲーム画面の右上に歯車アイコンがあり、その中に攻略サイトへのリンクが貼ってあります。

いくつかの攻略サイトは存在するのだと思われます。

 

しかし、本作のようなゲームは特に攻略を見ないでプレイした方が個人的に楽しめると思いますので、今のところ攻略を見ないでプレイしています。

詰んだら拝見します。

 

これから書く内容は攻略サイトを見ていない人間が書いています。

見当違いのことを書いている可能性があります。

ご注意ください。

 

装備に色がつく

『AgentOfAdventure -君の願いを-』では装備アイテムがあります。

当たり前。

 

装備名には色がついています。

記事作成現在は3種類のフォントカラーがあります。

フォントカラーを1つ1つ見ていきましょう。

 

フォントカラー:ホワイト

フォントカラーが「ホワイト」の装備についてです。

装備は基本的に白色で表示されています。

 

ゲーム

例えば画像は「防具屋」の品々です。

全てフォントカラーがホワイトで表示されていますね。

 

フォントカラー:ブルー

フォントカラーが「ブルー」の装備についてです。

青色の装備はゲームを新規開始した頃から見られました。

 

ゲーム

同じ「防具屋」の一覧のうち最上段に「ソフトレザー[2]」という装備があります。

青色ですね。

具体的に「ソフトレザー[2]」を見てみましょう。

 

ゲーム

  • 装備名:ソフトレザー
  • 説明:薄い皮を使って作られた鎧。基本的な動作を邪魔しないため服と同じように着ることができる。
  • 必要筋力:2
  • 防御点:0-1

 

新規でゲームを始めた当初、どうしてフォントカラーが青色なのかわかりませんでした。

しかしその後色々な装備を見ていく中でわかりました。

武器なら「打撃力が2以下」、防具なら「防御点が2以下」がフォントカラー青色で表示されているのであろうと思われます。

 

フォントカラー:オレンジ

フォントカラーが「オレンジ」の装備についてです。

新規開始以降しばらくの間、装備のフォントカラーと言えば白色か青色でした。

ところが先日、橙色のフォントカラーで表示された装備を初めて発見したのです。

 

ゲーム

初めてオレンジ色の装備を獲得したときのスクリーンショットです。

画像は「名前の遺跡探索5F」を冒険したときのリザルト画面です。

冒険で手に入れた装備アイテムの一覧がずらっと並んでいて、その最下段に「ナイフ+6[4]」という装備があります。

それがオレンジ色で表示されていました。

 

ゲーム

  • 装備名:ナイフ+6
  • 説明:持ち運びに便利なサイズの武器。
  • 必要筋力:4
  • 打撃力:2-3
  • 種別:剣
  • ポジション:前○ 後✗
  • 打撃力:+1
  • 命中率+5
  • 鉄素材:○

 

命中率が+5も上がっていますけど、良い装備かどうかと言われると微妙ですね。

 

ゲーム

私の「館」にストックしている装備です。

装備の一覧の上から3段目に「ソフトレザー+5[6]」という防具があります。

こちらはフォントカラーが青色です。

 

ここからわかることは、フォントカラーが橙色の装備は「○○○(装備名)+6以上」であることです。

記事作成現在、橙色の装備は先ほどの「ナイフ+6[4]」の1つしか手に入れていません。

そのためまだ確証は持てていないのですが、おそらくはそういう意味だと思います。

 

ゲーム

例えば画像は「ドワーフの村」の武器屋の一覧です。

一覧の一番下「グレートソード+2」という武器がありますね。

 

ゲーム

  • 装備名:グレートソード+2
  • 必要筋力:23
  • 打撃力7-10
  • 種別:剣
  • ポジション:前○ 後✗
  • 両手装備:○
  • 打撃力:+3
  • 鉄素材:○


高い攻撃力を誇る武器です。

重すぎるのが難点。

 

打撃力が10以上もある装備であっても、画像をご覧のとおりフォントカラーは白色です。

なので装備のフォントカラー橙色は、打撃力や防御点の高さには依存していない可能性が高いです。

 

注意点

装備につくフォントカラーには何種類か存在していることが今回わかりました。

ただし注意点というか気をつけることがあります。

それは必ずしもフォントカラー青色だから駄目な装備、橙色だから良い装備とは限らないということです。

 

f:id:dysdis:20200706160048j:plain

先ほども貼った画像で失礼します。

私の手持ちの「ソフトレザー」たちです。

ソフトレザーのうちフォントカラー青色の「ソフトレザー+4[3]」があります。

青色表示ですから、防御点が2以下のはず。

防御点2以下の防具は駄目な装備と思ってしまいがちですが……。

具体的なスペックを見てみましょう。

 

ゲーム

  • 装備名:ソフトレザー
  • 説明:薄い皮を使って作られた鎧。基本的な動作を邪魔しないため服と同じように着ることができる。
  • 必要筋力:3
  • 防御点:0-1
  • 回避率:+2
  • 防御点:+2

 

以上ですね。

 

先ほどはプラスのついていない同装備を紹介しました。

そちらも同じ防御点0-1のソフトレザーだったはずです。

しかしこの「ソフトレザー+4[3]」は、防御点に+2のボーナスがついています。

そのため実質、2-3の防御点と判定されるはずです。

さらに回避率にも+2のボーナスがついています。

このスペックならば、ゲームの序盤から中盤を冒険する場合においては、後衛の冒険者に装備させる防具として悪くない選択肢と思います。

 

しかも、青色の装備は基本的に必要筋力が低く設定される傾向にあります。

本作は必ずしも必要筋力が高い装備ほど良い装備とは限りません。

 

と言いますのも必要筋力が高い装備は、装備するとスキルを使えなかったり、そもそも装備できなかったりする事態が発生しかねないからです。

例えば、筋力の半分の武器・防具しか装備できない「シーフ」や「レンジャー」、あるいは筋力値が低い傾向にある種族「エルフ」の冒険者がそれに該当するでしょう。

 

そういう意味でも、先ほどの「ソフトレザー+4[3]」は前衛向きではないものの、「シーフ」や「レンジャー」のジョブの冒険者、種族が「エルフ」の冒険者の装備には悪くないかと考えます。

 

おわりに

ということで、スマホゲーム『AgentOfAdventure -君の願いを-』で、フォントカラーがオレンジの装備を初めて入手したので、色がついた理由を考えた記事でした。

 

隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル)

隣り合わせの灰と青春 (幻想迷宮ノベル)

 

 

スポンサーリンク