ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

魔獣系メイン。DQMSLマスターズGP「冥獣王杯」第3週「ウェイト90以下+超魔王系以外の攻撃力+20%+ランクS以下」で「ネルゲル3」ランクに昇格した、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL)では、2020年5月14日より闘技場「マスターズGP」で「冥獣王杯」の第3週が開催されています。

 

冥獣王杯の第3週は「ウェイト90以下+超魔王系以外の攻撃力+20%+ランクS以下ルール」です。

相変わらずカイザー帯である「冥獣王」に昇格できていません。

ですが以前紹介したパーティからは変更しています。

未だ「冥獣王」ランクに昇格できていない、私のパーティの編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSLマスターズGP「冥獣王杯」

DQMSLの対人戦である「マスターズGP」では「冥獣王杯」が開催されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式ツイッターアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による「冥獣王杯」の告知です。

 

  • 第1週:2020年4月30日??時??分~2020年5月07日??時??分
  • 第2週:2020年5月07日??時??分〜2020年5月14日??時??分
  • 第3週:2020年5月14日??時??分〜2020年5月21日??時??分
  • 第4週:

 

全4回を1シーズンとみなして、冥獣王杯を1ヶ月間戦うことになるはずです。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

2020年4月30日(木)12時00分から闘技場マスターズGP「冥獣王杯」を開催します!
さらに、2020年5月7日(木)15時00分からは「冥獣王ふくびきGP」を復刻!
ランクSSの装備品「ネルゲルのローブ」をゲットできるチャンス!

また、第1回から第4回のマスターズGPのウィークリー報酬では、「ネルゲル★」以上のランクで「とくぎの宝珠」が手に入る!

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにもページがあります。

サイトには上記引用部の他にも詳しいことが書かれています。

一読されると良いでしょう。

 

ランクについて

「冥獣王杯」では、ランクの名称が通常とは一部異なっています。

ランク「ゴールデン」が「ネルゲル」、「カイザー」が「冥獣王」に変更されます。

 

「冥獣王」ランクについては今回は常に解放されています。

 

「冥獣王1」で対戦に敗北し、所持しているランクポイントが必要分を下回った場合も、ネルゲル3へと降格しません。

 

そして、週が変わるとランクが3段階下がり、シーズンが変わるとランクが6段階下がってのスタートとなります。

 

マスターメダル

「冥獣王杯」では報酬にマスターメダルは追加されるでしょうか。

ちょっとよくわかっていません。

おそらく追加されていないです。

 

「マスターメダル」はマスターメダル交換所で任意の景品と交換することができます。
※「マスターメダル」に有効期限はありません。そのため次回以降の交換可能期間でもマスターメダル交換所の景品と交換することができます。

 

公式キャンペーンサイトには上記のように書かれています。

 

ポイントボーナスについて

2019年8月の「神獣杯」から、編成するモンスターに「ポイントボーナス」なるものがつくようになりました。

 

今回のマスターズGPから、バトル勝利時のランクポイントが増加する「ポイントボーナス」がモンスターに付くようになります!

 

公式キャンペーンサイトの「神獣杯」のページに、上記引用部のように書かれていました。

 

マスターズGPにおける使用率が低いモンスターほど高いボーナスポイントがつき、バトルに勝利することで得られるランクポイントにボーナスがつく、という内容のようです。

どのモンスターにどれだけのボーナスがつくかは、毎月集計・調整されているのでしょう。

 

冥獣王杯 第2週「ウェイト140以下+悪魔・魔獣系ボーナス+超魔王・神獣王殿堂入りルール」

2020年5月14日木曜日??時??分から2020年5月21日??時??分までの間は、「冥獣王杯」の第3週が開催されています。 

 

ネルゲル3

前回「冥獣王杯」の第2週は通常のカイザー1である「冥獣王1」まで行けました。

「冥獣王杯」第3週は前回終了時から3ランク下がったところからのスタートです。

なので通常の「ゴールデン1」である「ネルゲル1」からのスタートになりました。

 

DQMSL

以前は3戦した段階でのランクをご紹介したこともあって「ネルゲル1」のままでした。

あれからパーティの試行錯誤を続けていますが「ネルゲル3」に到達できています。

1〜3を行ったり来たりしていて、いかに自分に才能がないか脳みそがないかを痛感させられています。

 

ポイント

記事作成現在の取得ポイントです。

 

DQMSL

  • 所持ランクポイント:3,320
  • 第38シーズンランクpt:10,520

 

ランクポイントというものが何を意味しているのかいまいちわかっていません。

 

勝利数

戦績を見てみましょう。

 

  • シーズン勝利数:--勝
  • ウィークリー勝利数:--勝

 

今回は紹介しないです。

 

冥獣王杯杯 第3週のルール

マスターズGP「冥獣王杯」第3週のルールについてです。

開催期間は2020年5月14日木曜日??時??分から2020年5月21日??時??分までになります。

 

DQMSL

  • ウェイト制限:90
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:超魔王系以外の攻撃力+20%
  • 特別ルール:ランクS以下

 

上記の対戦ルールが設けられています。

 

総ウェイトは90以下になります。

制限ウェイトは装備込みの数値になる点に注意です。

 

ランクS以下レギュレーション

特別ルール「ランクS以下レギュレーション」についてです。

 

DQMSL

DQMSL

DQMSL

ランクS以下といえども制限が課せられているようです。

制限にかかっているとバトルができません。

 

ウェイト90以下+超魔王系以外の攻撃力+20%+ランクS以下パーティ

マスターズGP「冥獣王杯」の第3週、「ウェイト90以下+超魔王系以外の攻撃力+20%+ランクS以下ルール」で「ネルゲル3」ランクに昇格している、私のパーティの編成や特技、装備、戦い方を紹介します。

 

これから紹介するパーティは、あくまでも記事作成現在のものです。

これが最強だとか最適解だとか言っているものではありません。

ご了承ください。

 

編成

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「エビルマスター☆4、真・獣王グノン☆4、ダーティラビッツ☆4、ディアノーグ☆4、宵闇の魔人」の5体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

エビルマスターのリーダー特性は「魔獣系の攻撃力・素早さ10%アップ」。

装備込みのパーティの総ウェイトは、画像では「86」ですけど、後に装備を変えて「87」になっています。

 

グノンはポイントボーナス的には美味しいのですが、戦闘ではあまり効いていない印象です。

少しボーナスが落ちても良いので戦闘に効いていると実感できるモンスターに変更したいです。

 

ポイントボーナス

上記の編成で得られるポイントボーナスです。

エビルマスターとグノンが60%、ダーティラビッツが40%、他は0%。

バトルに勝つと160%のボーナスが入ります。

 

特技の構成

各モンスターの「特技」構成です。

 

  • エビルマスター:サーカスダンス+1、不屈のかけごえ、マインドバリア、ハッスルダンス+1
  • グノン:大地割り+1、空圧砲、ハーケンクロー、ぎゃくふう
  • ダーティラビッツ:リベンジキック、ソニックラッシュ、体技封じの舞い+2、マホトラ斬り
  • ディアノーグ:かがやく息+1、バギクロス、いてつく眼光、まどいのさけび+1
  • 宵闇の魔人:封印の光、におうだち、体技よそく、精霊の守り

 

上記のとおりです。

デフォルトから特技を変更しているモンスターは宵闇くらいと思います。

いや、ディアノーグの「まどいのさけび」もそうかも。

 

作戦

作戦です。

全員「ガンガンいこうぜ」。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • エビルマスター:くさりがま+7
  • グノン:強戦士ハート・獣
  • ダーティラビッツ:はぐれメタルのヤリ+7
  • ディアノーグ:禁じられし息の書+8
  • 宵闇の魔人:天空のフルート+7


以上です。

 

エビルマスターは+7以上で「ランダム4〜5回斬撃封じ攻撃」がつく、素早さ+24 防御力+4の装備「くさりがま」。

ウェイト1。

グノンは「魔獣系の体技ダメージを15%アップ」がつく装備「強戦士ハート・獣」。

ウェイト0。

ダーティラビッツは+7以上で「無属性の体技ダメージを10%アップ」がつく、攻撃力+47 HP+30の装備「はぐれメタルのヤリ」。

ウェイト5。

ディアノーグは+7以上で「息ダメージを5%アップ」がつく、素早さ+28の装備「禁じられし息の書」。

ウェイト2。

錬金で「マヒ耐性1ランクアップ」をつけています。

宵闇の魔人は+7以上で「いきなりみかわし率最大」がつく、防御力+57 攻撃力+30の装備「天空のフルート」。

ウェイト0。

 

グノンの装備についてはまだ迷い中です。

 

スキルのたね

「スキルのたね」についてです。

 

エビルマスターとグノンとダーティラビッツは「攻撃力:65」「素早さ:55」。 

ディアノーグが「攻撃力:55」「素早さ:65」。

宵闇の魔人が「防御力:95」です。

 

戦い方

戦い方、立ち回りです。

 

エビルマスターは初手「マインドバリア」か「サーカスダンス」。

相手にダースガルマ等マインド系特技持ちがいれば前者、いなければ前者。

サーカスダンスの内容は「敵全体にランダムにダメージを与え みりょうする」。

2手目以降は「サーカスダンス」がほとんどです。

 

グノンは相手がブレスパーティなら「ぎゃくふう」、ブレス系がいなければ「大地割り」。

ブレス系がいても「大地割り」のこともままあります。

大地割りの内容は「敵全体に無属性の体技ダメージを与える」。

 

ダーティラビッツはほぼ「ソニックラッシュ」。

体技持が多そうな場合のみ「体技封じの舞い」のことも。

ソニックラッシュの内容は「みかわしを無視して ランダムで連続攻撃」。

相手パーティにランクS「エルギオス」がいることが多いので活躍しています。

体技封じの舞いの内容は「ランダムに攻撃し 一定確率で体技を封じる」。

 

ディアノーグはほぼ「まどいのさけび」。

内容は「敵全体にダメージを与え 混乱させる」。

ヒャド弱点が多くいれば「かがやく息」、バギ弱点が多くいれば「バギクロス」。

ですが「まどいのさけび」がほとんどです。

 

宵闇の魔人は初手「精霊の守り」か「におうだち」。

相手に「におうごろし」系特技持ちがいれば「精霊の守り」、いなければ「におうだち」。

精霊の守りの内容は「味方全体のすべてのダメージを3分の1 軽減する」。

におうだちの内容は「味方全体への敵の行動を かわりにうける」。

2手目以降も条件はほぼ同じで特技を選びます。

 

上記のように戦っているでしょうか。

 

おわりに

ということで、DQMSLマスターズGP「冥獣王杯」第3週「ウェイト90以下+超魔王系以外の攻撃力+20%+ランクS以下」ルールで「冥獣王」ランクに昇格できていない、私のパーティ編成や特技、装備、戦い方を紹介した記事でした。

 

魔獣系や自然系でまとめればポイントボーナス250以上を稼げます。

しかしいかんせん勝てないですね。

自然系はあれとあれを使えばかなり強いみたいですけど、使いたくないので使っていません。

 

 

スポンサーリンク