ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

72万!DQMSLランキングクエスト「暗黒神の試練」でハイスコアが70万ポイントに到達し「レジェンドⅧメダル 1000枚」を入手した際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介します

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)では、2020年5月11日から「ランキングクエスト」が再び始まりました。

 

今回のランキングクエストは第6回でしょうか、「暗黒神の試練」が展開されています。

今回は到達ハイスコア40万ポイントではなく、60万ポイントを稼ぐことが個人的な目標になりそうです。

記事作成現在、ハイスコア72万ポイントまで行きました。

ハイスコアが70万ポイントに到達した際の、私のパーティ編成と特技、装備、戦い方を紹介します。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「ランキングクエスト」

2020年1月20日からDQMSLでは「ランキングクエスト」なる新コンテンツが実装されました。

1ヶ月ほどですか、展開された後はしばらくの間、ランキングクエストは中断されていました。

中断期間をおいた2020年3月31日から、再びランキングクエストが展開されています。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) からの告知ツイートです。

 

レジェンドVIIIランキングクエスト「暗黒神の試練」開催!

レジェンドVIIIランキングクエストは、「歯車のカギ」を消費しない特別なランキングクエスト!
ハイスコア報酬で新モンスター「暗黒の使い(ランクSS)」が仲間に!
さらに、冒険スタンプミッション達成報酬と合わせて、最大10000枚のレジェンドVIIIメダルを獲得できるぞ!

また、ランキング上位に入ると特別な称号が…!?
全国のモンスターマスターたちと攻略のウデを競い合おう!

 

 

基本的な情報は上記引用部に書かれているとおりです。  

 

ランキングクエストは、メイン画面の「冒険する」→「ひとりで冒険」→「ランキングクエスト」を選択することで遊ぶことができます。

 

暗黒神の試練

2020年5月度のランキングクエストは「暗黒神の試練」です。

 

DQMSL

  • クエスト名:暗黒神の試練
  • 目標平均レベル:70

 

目標平均レベルは70。

絶対に70より強いです。

 

開催期間

開催期間についてです。

 

[ 「レジェンドVIIIランキングクエスト」開催期間 ]
2020年5月11日(月)15時00分 ~ 2020年5月20日(水)3時59分

※開催期間終了日の終了時刻 ~ 14時59分は集計期間です。
※集計期間の終了後にランキングクエスト画面に移動することでランキング報酬を獲得できます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

開催期間は2020年5月11日月曜日15時00分から2020年5月20日水曜日03時59分までです。

 

ランキングクエスト「暗黒神の試練」内には「練習バトル」と「本番バトル」の2つのクエストがあります。

メインは「本番バトル」です。

今回は練習バトルがなく本番バトルのみのようです。

 

本番バトル

ランキングクエストの「本番バトル」についてです。

 

DQMSL

  • クエスト名:本番バトル
  • 目標レベル:70
  • 消費スタミナ:5

 

本番バトルは目標レベルが70です。

 

本番バトルを冒険するためには「歯車のカギ」が1本必要です。

歯車のカギは「冒険スタンプ」にて毎日3本ずつ配布されます。

つまり冒険の回数が限られているということ。

目標の到達ハイスコアを出せたら、デイリーミッション分の1日1個のみ使って、後は貯めて置くのもあり。


ランキングクエストには「練習バトル」があります。

練習バトルは消費スタミナも0ですし、「歯車のカギ」も必要ありません。

なので「練習バトルでパーティメンバーや装備、戦い方を試す→本番バトルに挑む→傾向と対策を練って練習バトル→本番バトル」という流れが本コンテンツの基本になるでしょう。

 

今回は本番バトルのみで、練習バトルがありません。

さらに「歯車のカギ」も必要なく本番バトルに挑むことができます。

 

達成ハイスコア60万を目指せ!

ランキングクエストには「達成ハイスコア」なるものがあります。

プレイヤーがランキングクエストの本番バトルを終えるとスコアが出、達成したハイスコアの数値に応じて報酬が用意されています。

 

DQMSL

画像が報酬リストです。

 

40万ポイントの報酬が「暗黒の使い 1体」です。

暗黒の使いは2020年5月11日実装された新モンスターです。

しかし、今回のランキングクエストは60万ポイントにも「暗黒の使い 1体」の報酬があります。

今回に限っては私が目指すハイスコアは60万ポイントになります。

 

65万と67.5万と70万ポイント到達で「レジェンドⅧメダル」が計3,000枚ももらえます。

行けるなら70万まで行きたいです。

 

どうすればハイスコアを出せるか?

そもそもランキングクエストのスコアはどのように算出されているのでしょうか?

 

5ラウンド以内に、より多くのダメージを与えることでスコアがアップするぞ!

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

ランキングクエストの敵は5ラウンドいっぱいで立ち去ってしまいます。

戦闘が強制的に終わるということ。

しかし今回は6ラウンドで立ち去ることもあるみたいです。

 

ボスが立ち去るまで、言い換えると5ラウンド終了までの間に、味方のモンスターがボスに対してどれだけのダメージを与えられるか、です。

1バトルでどれだけの総・与ダメージを出すことができるか。

 

道中

道中についてです。

「ランキングクエスト」に道中はありません。

 

ボス

ボスについてです。

ランキングクエスト「暗黒神の試練」はボス戦を1戦行うだけのクエストになります。

 

DQMSL

ボスは「暗黒神ラプソーン」です。

随伴は呼びません。

 

72万ポイント到達

「達成ハイスコア」が72万ポイントに行きました。

 

DQMSL

合計ダメージが「208,595」で最大ダメージが「4,624」。

獲得ポイントは「722,671pt」でした。

 

f:id:dysdis:20200512222031j:plain

ハイスコア70万ポイント到達報酬である「レジェンドⅧメダル 1,000枚」を獲得です。

ありがとうございます。

 

DQMSL

暫定順位は上位10%でした。

 

攻略パーティ

ランキングクエスト「暗黒神の試練」で72万ポイントを出したときの、攻略パーティと特技、装備、戦い方などを紹介します。

 

これから紹介する内容は、あくまでも私が72万ポイントのスコアを出したものです。

これが最強とか最も効率が良いとか、そういうことを申し上げているものではありません。

ご了承ください。

 

パーティ

パーティの編成です。

 

DQMSL

メンバーは「ほうおう☆99、コハクそう☆4、コハクそう☆4、ポセイドン、エビルトレント☆4、サポート:ほうおう☆99」の6体です。

新生転生が実装されているモンスターは全て新生転生しています。

 

ほうおうのリーダー特性は「全系統のギラ系のダメージ25%アップ」。

 

サポートさんからは「ほうおう」をお借りしました。

ありがとうございます。

助かっています。

 

装備・サポートを含めた総ウェイトは「140」。

「暗黒神の試練」にかいくつものオーダーがあり、その中に「サポートを含む自然系のみのパーティ」や「ウェイト140以下」があります。

オーダーを満たすことでポイントにボーナスが入ると思われます。

できる限りオーダーを満たすようにすると良いです。

自然系や魔獣系パーティはポイントが高いみたいですね。

 

以前紹介したパーティと全く同じ。

自然パで組もうとすると概ね今回のようなメンバーになるのではないでしょうか。

 

サポート「ほうおう」を選ぶ条件

サポートの「ほうおう」さんを選ぶときの条件がいくつかあります。

 

☆99にパワーアップされていること。

「いかずちの杖+7」などギラ系強化の装備をしていること。

スキルのたねを「賢さ」だけに振ってあり、且つ「素早さ」には振っていないこと。

ギラマータに特技レベル+3がついていること。

 

以上の4つの条件を満たした「ほうおう」にお願いしました。

 

特技

特技の構成です。

 

  • ほうおう:ベギラゴン+3、ギラマータ+3、ぶきみな雷鳴+1、ディバインフェザー
  • コハクそう:ギラマータ+3、雷のまなざし+1、ダメージバリア、ベホマラー
  • コハクそう:ギラマータ+3、雷のまなざし+3、自然の英知+2、ピオリム
  • ポセイドン:大自然の怒り、ガイアシールド、深海のソーマ、ピオリム
  • エビルトレント:ドルモーア+1、せかいじゅのしずく+1、せかいじゅの葉、マホトラ踊り

 

以上です。

 

特技構成も以前と全く同じ。

 

装備

装備です。

 

DQMSL

  • ほうおう:ベロニカの杖+7
  • コハクそう:ミルドラースのローブ+8
  • コハクそう:いかずちの杖+3
  • ポセイドン:白銀のうろこ
  • エビルトレント:ガルハートスタッフ+7

 

以上です。

 

装備は前回紹介したものから変更しています。

以前はギラ強化の「いかずちの杖」が多かったですけど、私は装備の強化を怠ってきたため「いかずちの杖」が1本も+7ではありませんでした。

さらには錬金もつけていませんでした。

 

強化が中途半端な「いかずちの杖」を使うなら、ギラ強化でなくても+7以上のものを採用した方がダメージ量は上がるのではないかと考えました。

別の装備を探した結果「ベロニカの杖+7」に行き着いています。

ベロニカの杖+7は「暴走魔法陣」の固有効果を持ちます。

暴走魔法陣の効果は「呪文会心率20%アップ」だそう。

さらに呪文ダメージ3%アップの錬金をつけました。

呪文会心率アップの方が良かったかも。

 

他にも「いかずちの杖+3」にも「ギラ系の呪文ダメージを5%アップ」の錬金をつけています。

 

宝珠そうび

「クインキラー」などは「宝珠そうび」と呼ぶそうです。

宝珠そうびは「宝珠」画面内で、「銀の宝珠」との交換で手に入ります。

「宝珠」画面へはメイン画面→「ショップ」→「交換所」→「宝珠」の順に選択することで行くことができます。

「宝珠」画面ではプラスなしの宝珠そうびと、+5の宝珠そうびがリストアップされています。

 

宝珠そうびと交換できる銀の宝珠は、「モンスターの地図」を売ることで獲得できます。

モンスター地図を売るためには、メイン画面「モンスター」→「まほうの地図」→「まほうの地図を売る」の順に選択します。

「まほうの地図を売る」画面にて、売ると「宝珠」を獲得できるモンスターがわかるようになっていますので、その中から任意に選択して売却することで銀の宝珠を獲得できます。

今回は宝珠そうびは使いません。

 

スキルのたね

「スキルのたね」による強化について。

 

ギラマータ隊は「賢さ」に振ることが基本です。

ほうおうは「賢さ:95」のみ、コハクそうは「賢さ:65」「素早さ:55」。

 

種振りは以前から変えていません。

 

立ち回り

立ち回りです。

以前から少し変えました。

行動を変えたところはフォントカラーを変えます。

 

1ラウンド目。

「ほうおう」は1体が「ディバインフェザー」で呪文耐性デバフを2段階入れます。

「ほうおう」のもう1体が「ギラマータ」。

コハクそうは1体が「雷のまなざし」でギラ耐性デバフを入れます。

コハクそうのもう1体は「ダメージバリア」。

ポセイドンは「ピオリム」。

エビルトレントは「せかいじゅのしずく」。

 

1ラウンド目で呪文耐性とギラ耐性の2つのデバフがマックスまで入らなければ、私の場合は70万ポイントに到達しなかったので諦めても良いレベルでした。

装備を強化できている方は続行しても良いかも。

 

2ラウンド目。

「ほうおう」は「ギラマータ」。

コハクそうは「ギラマータ」。

ポセイドンは「ピオリム」。

エビルトレントは「せかいじゅのしずく」。

 

3ラウンド目。

ギラマータ隊は「ギラマータ」。

ポセイドンは「大自然の怒り」。

エビルトレントは通常攻撃。

 

4ラウンド目。

ギラマータ隊は「ギラマータ」。

ポセイドンは「ガイアシールド」。

エビルトレントは「せかいじゅのしずく」。

 

5ラウンド目。

「ほうおう」の1体が「ディバインフェザー」。

「ほうおう」のもう1体とコハクそう2体が「ギラマータ」。

ポセイドンは「ピオリム」。

エビルトレントは通常攻撃。

 

ここでディバインフェザーによる呪文耐性デバフが一発で2段階入らないと、やはり70万ポイントは行かなかったです。

 

6ラウンド目。

ギラマータ隊が「ギラマータ」。

エビルトレントが通常攻撃。

ポセイドンの行動前にラプソーンがバトルフィールドから立ち去ります。

 

以上のように戦っていました。

 

デバフが一発で入るかどうかが結構シビアです。

また、ベロニカの暴走魔法陣が発動するかどうかも重要な要素かもしれないので、複数個「いかずちの杖」を+7まで強化できている方はそちらを使った方が良いと思います。

 

おわりに

ということで、DQMSLランキングクエスト「暗黒神の試練」でハイスコアが72万ポイントに届いた際の、私のパーティと装備と戦い方を紹介した記事でした。

 

何とか到達できて良かったです。

悪魔系縛りなども試してみます。

 

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 - 3DS
 

 

スポンサーリンク