ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

私のDQMSLに「狂神官ハーゴン」が来た!「邪神官ハーゴン」に転生、特技の構成とスキルの種振り、装備、使い道を考えました

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以下DQMSL表記)にて、先日超魔王系の1体「狂神官ハーゴン」を獲得しました。

 

狂神官ハーゴンをランクSS「邪神官ハーゴン」に転生しました。

邪神官ハーゴンの特技構成や「スキルのたね」、装備、使い道について考えてみました。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「狂神官ハーゴン」実装

2019年12月31日頃でしょうか、超魔王系の新モンスター「狂神官ハーゴン」が実装されました。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSLの公式運営Twitter (@DQMSL_OFFICIAL) による告知です。

 

cache.sqex-bridge.jp

 

DQMSLの公式キャンペーンサイトにも「狂神官ハーゴン」と、転生先の「邪神官ハーゴン」に関したページがあります。

 

便宜上、これからは「狂神官ハーゴン」と「邪神官ハーゴン」のことを「超ハーゴン」または「超シドー」と呼びます。

超ハーゴンのランクSとランクSSの違いはその都度ランクを書いていきます。

 

「GWアルティメット10連ふくびき券」

2020年5月6日、DQMSLではゴールデンウィークの「GWアルティメットキャンペーン」が催されていました。

その一環として「GWアルティメット10連ふくびき券」がユーザー全員に配布されました。

 

dysdis.hatenablog.com

 

「GWアルティメット10連ふくびき券」で「超ハーゴン」が1枚出ました。

獲得したときの様子は以前、当ブログに記事を書いています。

あわせてご覧になってください。

 

地図から仲間に

モンスターの地図から「超ハーゴン」を仲間にしてみました。

 

DQMSL

モンスターに仲間にする方法は、メイン画面の「モンスター」→「まほうの地図」→「まとめてお願いする」から目的のモンスターの地図を選ぶだけです。

今回は超ハーゴンですね。

 

ランクS「超ハーゴン」

ランクS「超ハーゴン」について見ていきましょう。

 

DQMSL

DQMSL

  • 種族名:狂神官ハーゴン
  • 図鑑NO.:1803
  • タイプ:万能
  • ランク:S
  • ウェイト:32
  • リーダー特性:全系統の全ダメージ15%減
  • 系統:超魔王系
  • 説明:破壊の神を 盲信する 邪教の教祖。ロンダルキアに 大神殿を 築き上げ 頂上にて 破滅と 呪いの祈りを ささげている。

 

超ハーゴンの概要です。

ランクSでウェイトが32もあります。

 

ランクSSに転生

超ハーゴンをレベルマックスまでレベリングしました。

ランクSからランクSSへの転生しましょう

究極転生。

 

 

DQMSL

それではモンスターを転生させます。

方法はメイン画面のメニュー「モンスター」→「育成する」→「転生させる」から目的のモンスターを選ぶだけです。

「入手順」や「系統」でソートすると見つけやすいかもしれません。

あるいは、メイン画面のメニュー「モンスター」→「モンスターを見る」から超ハーゴンを選択→「モンスター詳細」画面の「育成メニュー」→「転生させる」を選ぶ方法もあります。

 

DQMSL

画像が転生に必要な「タマゴロン」です。

 

DQMSL

DQMSL

超魔王系を転生するためには転生用タマゴロンを使います。

必要なタマゴロンはモンスターによって異なります。

超ハーゴンをランクSSに転生するためには「エンペラン」1体と「まおうのたまご」1体、「超魔王のたまご」2体、「ハーゴンエッグ」1体が必要です。

この時点でハードルが結構高いです。

 

DQMSL

引き継ぐ特技を選びます。

と言いたいところですけど、超ハーゴンは特技枠4枠全てが埋まった状態でした。

このようなことはDQMSLで初めてかもしれません。

 

DQMSL

狂神官ハーゴンマ は

邪神官ハーゴン として

新しく 生まれ変わった。

 

転生はこれにて完了です。

 

ランクSS「邪神官ハーゴン」

このようにしてランクSS「邪神官ハーゴン」を手に入れました。

その後レベル80までレベル上げしています。 

 

概要

概要です。

 

DQMSL

  • 種族名:邪神官ハーゴン
  • 図鑑NO.:1804
  • タイプ:万能
  • ランク:SS
  • ウェイト:40
  • リーダー特性:全系統の全ダメージ20%減

 

超魔王系のランクSSは今のところ全てウェイト40でしょうか。

重いです。

 

説明

説明です。

 

DQMSL

  • 種族名:邪神官ハーゴン
  • 系統:超魔王系
  • 説明:世界の破壊をたくらむ 邪教の大神官。『超魔王』として 災いの呪いをふりまき 破壊の邪神 復活のため 自らの命をささげる。

 

ドラゴンクエストII 悪霊の神々

ハーゴンとシドーはファミコンソフト『ドラゴンクエストⅡ 悪霊の神々』のラスボスです。

 

ハーゴンとシドーはDQMSLに既に存在しています。

なので超ハーゴン&超シドーは2種類目です。

 

特技

「超ハーゴン」の特技です。

 

暗黒弾

DQMSL

  • 特技名:暗黒弾
  • 種類:呪文
  • 消費MP:57
  • 効果:ランダムに6回 ドルマ系の呪文ダメージ 命中した敵の 災いの呪いレベルを 上げる

 

呪文。

 

敵全体にランダムで6回、ドルマ系の呪文ダメージを与える。
命中した敵の、「災いの呪い」レベルを1段階ずつ上げる。

※敵の「災いの呪い」レベルを上げると、「邪神官ハーゴン(ランクSS)」が「破壊の邪神シドー(ランクSS)」をよびだした後に、毎ターン複数の状態異常を与えるなどの効果を発揮します。
※「災いの呪い」は「光のはどう」などで解除されません。

 

[ 「災いの呪い」について ]
「邪神官ハーゴン(ランクSS)」などが敵モンスターに付与する状態です。
1~5までのレベルがあり、高いレベルを付与するほど、「破壊の邪神シドー(ランクSS)」に変身した後に大きな恩恵があります。

※「災いの呪い」は、「光のはどう」やターンの経過、チカラつきることなどで解除したりレベルを下げたりすることはできません。
※特性「覇者の闘気」「やみのころも」「竜神の加護」などの発動中や、とくぎ「聖なる防壁」の効果中のモンスターに対しても、「災いの呪い」が付与されます。

 

公式キャンペーンサイトには上記引用部のように書かれています。

 

超シドーに変身(?)後は「破壊神のさばき」になるのでしょうか。

体技デバフ。

効果は、敵全体を「蘇生封じ」状態にし、その後無属性の体技ダメージを与える。
敵の「邪神の呪縛」レベルが高いほどダメージが上がり、最大で5倍になるとのこと。

 

邪神召喚

DQMSL

  • 特技名:邪神召喚
  • 種類:儀式
  • 消費MP:0
  • 効果:破壊の邪神をよびだす 3ターンの間 状態異常を防ぎ 変身時に発動する特性を 発動させる

 

儀式。

 

自分にかかっている弱体を除く状態異常を解除し、自分のHPとMPを全回復する。
その後「破壊の邪神シドー」に変身する。
ラウンドの最初に使用する。

※「邪神官ハーゴン(ランクSS)」がチカラつきると、「邪神召喚」を選択しなくても、特性「災いの呪い」の効果で、次のラウンドの最初に自動的に「邪神召喚」します。
※変身した後、特性「無常の衣」の効果で、3ターンの間状態異常と無属性のとくぎ攻撃を防ぎます。

 

[ 「邪神の呪縛」について ]
「邪神官ハーゴン(ランクSS)」が「破壊の邪神シドー(ランクSS)」に変身することで、「災いの呪い」が変化した状態です。
1~5までのレベルがあり、「災いの呪い」から変化したときのレベルを引き継ぎます。

「邪神の呪縛」が付与されたモンスターは、毎ラウンドの最初にそれぞれ一定確率で複数の状態異常を付与されます。
「邪神の呪縛」レベルが高いほど付与される可能性のある状態異常が増え、「邪神の呪縛」によって状態異常を付与される確率が高くなります。
付与される可能性がある状態異常には、「猛毒」「マヌーサ」「混乱」「ねむり」「マヒ」「カウント」があります。

 

※「邪神の呪縛」は、「光のはどう」やターンの経過、チカラつきることなどで解除したりレベルを下げたりすることはできません。
※特性「覇者の闘気」「やみのころも」「竜神の加護」などの発動中や、とくぎ「聖なる防壁」の効果中のモンスターに対しても、「邪神の呪縛」が付与されます。
※「カウント」は、次のラウンドの最初にチカラつきる状態です。「光のはどう」などで解除することができます。
※それぞれの状態異常が付与される確率は、「邪神の呪縛」を付与されているモンスターの耐性の影響を受けます。
※「邪神の呪縛」を付与されているモンスターが「毒ブレイク」などの「自分が攻撃する時に、相手の状態異常耐性を下げる」特性を持っている場合、自分の状態異常耐性を下げて判定します。
※特性「覇者の闘気」「やみのころも」「竜神の加護」などの発動中や、とくぎ「聖なる防壁」の効果中のモンスターに対しては、「猛毒」「マヌーサ」「混乱」「ねむり」「マヒ」状態にしません。「カウント」状態にする可能性はあります。
※「カウント」状態が、次のラウンドの最初に特性「オートリペア」の効果などで解除され、直後に「邪神の呪縛」の効果で再度付与された場合、その次のラウンドではなく、「カウント」状態が再度付与されたラウンドでそのままチカラつきる現象を確認しております。
※状態異常を付与する効果は、一部クエストのモンスターに対しては無効です。

 

複雑ですね。

私の脳みそでは把握しきれません……。

 

超シドーに変身後は「邪神の乱撃」になるのでしょうか。

斬撃デバフ。

効果は、敵全体にランダムで6回、みかわしを無視してドルマ系の斬撃ダメージを与える。敵の「邪神の呪縛」レベルが高いほどダメージが上がり、最大で3.5倍になる。
命中した敵を、それぞれ一定確率で「猛毒」「マヌーサ」「マヒ」「混乱」状態にするとのこと。

 

ロンダルキアの風

DQMSL

  • 特技名:ロンダルキアの風
  • 種類:息
  • 消費MP:136
  • 効果:敵全体に ヒャド系の息ダメージを2回 1回ごとに 災いの呪いレベルを上げる

 

ヒャド系ブレス。

 

敵全体に、ヒャド系の息ダメージを与える。
命中した敵の、「災いの呪い」レベルを1段階上げる。

その後、もう一度敵全体にヒャド系の息ダメージを与え、命中した敵の「災いの呪い」レベルを1段階上げる。

 

災いの呪いレベルを2段階上げるみたいですね。

 

それにしても良いネーミング。

 

呪いのベホマズン

DQMSL

  • 特技名:呪いのベホマズン
  • 種類:呪文
  • 消費MP:200
  • 効果:味方全体の HPを特大回復 敵全体の 災いの呪いレベルを上げる

 

呪文

 

味方全体の、HPを回復する。
その後、みがわりを無視して敵全体の「災いの呪い」レベルを1段階上げる。

 

味方の回復と敵へのデバフを同時に行うとは卑怯なレベルの特技です。

 

特技レベル

特技レベルをどうするか・どうしたかについてです。

 

DQMSL

DQMSL

DQMSL

私は記事作成現在、画像のように特技レベルを上げました。

S本を3体使って、全て+3にしました。

 

DQMSL

と言いますのも、ランクSからの転生後レベル1の時点で、既に全ての特技を覚えている状態になっています(画像)。

ですからS本を使うにはうってつけのモンスターと言えるでしょう。

 

特性と耐性

特性と耐性です。

 

特性

特性。

 

DQMSL

  • AI3回行動:1ラウンドに3回連続で行動する 2回目以降の行動は 通常攻撃を行う
  • 秘めたるチカラ:偶数ラウンドの最初に発動し 自分の能力が上がる
  • 常闇の化身:つねにドルマブレイク状態 毎ラウンドの最初に 弱体以外の状態異常を解除する
  • 無常の衣:3ターンダメージ半分軽減 変身後3ターン無属性とくぎ・状態異常無効
  • 災いの呪い:バトルの最初に敵全体に災いの呪いを与える チカラつきると次のラウンドに変身
  • 悪霊の神:変身時防御力3倍 災いの呪いを邪神の呪縛に こうどうはやいを封印状態に変化

 

相変わらず超魔王系は仕様が複雑です。

超ハーゴンは特に。

 

耐性

耐性です。

 

DQMSL

DQMSL

ヒャド無効、バギ半減、イオ半減、ドルマ吸収。

毒半減、ねむり無効、混乱無効、マヒ半減、ザキ無効、マホトーン無効。

他は等倍。

 

超魔王全般に言えることですけど、攻めるなら属性攻撃ですね。

 

スキルポイント

「スキルポイント」についてです。

 

私は記事作成現在「闇のたね」が4つ(!)しかなく、振り分けられていません。

「防御力」に全振りすればそれで良いでしょうか。

特性「悪霊の神」の効果により、変身時に防御力が3倍になります。

なので効果をより上げるために、スキルのたねを振るなら「防御力」かなと。

 

装備

装備についてです。

装備は超ハーゴンではなく、変身後の超シドーのことを考えるべきでしょう。

超ハーゴンで倒されても、次ラウンドには満タンの状態で超シドーに変身(?)してバトルフィールドに現れますので。

 

DQMSL

メガトンハンマー」は有力候補です。

+7以上に強化すると「通常攻撃アイアンヒット」の固有効果を得ます。

アイアンヒットの「敵1体に防御力依存ダメージ 自分の防御力が高いほど効果大」です。

 

先ほども書いたとおり、特性「悪霊の神」の効果により、変身時防御力3倍になります。

「スキルのたね」でさらに防御力を上げていれば、アイアンヒットの効果はより上がることでしょう。

つまりはそういうことです。

 

DQMSL

防御を重視する場合は「ルーンバックラー」が良いでしょう。

+7以上に強化することで「イオ耐性を2ランクアップ」効果がつきます。

 

物質系モンスターが猛威を奮っていた時期がありました。

物質系パーティは超シドー+ケトスとの相性が良いと言えます。

物質系の中でも、系統の王「ダークマター」や先日新生転生が実装された「キラークリムゾン」は特に凶悪です。

ダークマターが持つ「グレネードボム」は、敵ランダム2回のイオ系息ダメージ+確率で行動停止の効果があります。

キラークリムゾンが持つ「紅蓮の爆雷」は、全体ランダム5回イオ系の体技ダメージ+確率で行動停止の効果があります。

いずれもイオ系特技のため、イオ盾を装備することで対策を図ろうということです。

 

相手がわかっているなら、耐性盾の種類を変えることも考慮します。

アーロ相手なら「バギ」、魔剣士ピサロ相手なら「デイン」といった具合に。

 

基本的な考え方は攻撃重視なら「メガトンハンマー」、防御重視なら耐性盾となりそうですね。

 

使い道

超ハーゴンの使いどころについてです。

クエスト向きか闘技場(対人)向きかで考えると、闘技場がより向いていると思います。

 

超ハーゴンは神獣王「ケトス」とのセットで出てくることが非常に多いです。

ケトスは「神獣王の防壁」を持ちます。

神獣王の防壁の効果により状態異常を防ぐことができ、加えて斬撃と呪文防御を1段階上げます。

 

さらに凶悪なのが、この2体に「暗黒の魔人」が加わっているパーティです。

暗黒の魔人の持つ「暗黒しょうへき」は、息防御をアップし確率で体技防御もアップします。

隙がなくなるのですね。

私はこの3体パーティが相手のときは戦わずに諦めることもあるくらい。

非常に厄介です。

 

3体の他は「みがわり」持ちと後は何でしょう?

2体目のみがわりか、回復・蘇生か、素早さアップリーダー辺りでしょうか。

何を使うかはウェイト制限にもよるでしょうね。

 

私はケトスを持っていないのでそもそもパーティを組めないです。

 

おわりに

ということで、DQMSLで「邪神官ハーゴン」を初獲得したので、育成と特技と装備、使いみちについて考えた記事でした。

 

まだほとんど使っていないため理解が追いついていません。

間違えた情報を書いている可能性があります。

その場合は申し訳ありません。

 

 

スポンサーリンク