ディスディスブログ

気分変調症の男がテレビ番組の感想やカメラ、ファッションのことなどを書きます

ディスディスブログ

強新生転生?DQMSL「GWアルティメットキャンペーン」のTwitterに神獣「邪神レオソード」の画像が!載せた理由がありそうです

スポンサーリンク

スマホゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』(以降DQMSL表記)では、2020年4月27日月曜日から「GWアルティメットキャンペーン」なるキャンペーンが開催されるようです。

 

DQMSL運営Twitterアカウントの画像には、ある「神獣」が登場していました。

キャンペーン開催と同時にその「神獣」に何かあるのかもしれません。

 

目次

スポンサーリンク

 

DQMSL「GWアルティメットキャンペーン」

2020年4月27日月曜日よりDQMSLでは「GWアルティメットキャンペーン」が開催されると告知されました。

 

www.dragonquest.jp

 

 

DQMSL運営Twitterアカウント (@DQMSL_OFFICIAL) による告知です。

 

邪神レオソード

先ほどのDQMSL運営Twitterによる告知、そこに登場しているモンスターは2体です。

グランエスターク」と「邪神レオソード」の2体。

 

2体のうち「グランエスターク」は実装されたばかりのモンスターです。

なので画像に使われるのもわからないでもないです。

 

もう1体「邪神レオソード」は、少なくとも私がDQMSLを始めた数年前には既に実装されていたモンスターです。

どうして「邪神レオソード」がTwitterの画像に使われたのか?

気になります。

 

預かり所のこやし

私の「邪神レオソード」は今「預かり所」にいます。

 

DQMSL

  • モンスター名:邪神レオソード
  • 図鑑NO.:1005
  • タイプ:攻撃
  • ランク:SS
  • ウェイト:27
  • リーダー特性:全系統の体技ダメージを15%アップ

 

私のアカウントでは「邪神レオソード」は☆4です。

せっかく☆4になっている神獣なのに使う機会が全くと言って良いほど無いです。

使わない理由は、2020年4月現在からすると、性能が一段も二段も見劣りしているから。

この1,2年でインフレが相当に進みましたからねぇ。

 

説明

「邪神レオソード」の説明です。

 

DQMSL

  • 種族名:邪神レオソード
  • 系統:???系
  • 説明:心を 闇にとらわれた 戦の神。少気を失い 邪悪な剣をふるって 立ちふさがる者すべてを 粉砕する。

 

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2

邪神レオソードはニンテンドーDSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』が初出のモンスターのようです。

私は『DQMJ2』は未プレイ。

DQMSLで初めて知りました。

 

新生転生

邪神レオソードは既に「新生転生」が実装されています。

 

f:id:dysdis:20200425084859j:plain

先ほどと同じ画像で恐縮です。

「邪神レオソード」とモンスター名が書かれた右に「☆4」とあり、その☆の色が「青」っぽい色になっていますね。

この☆が青っぽい色になっていることは、既に「新生転生」を行っていることを示しています。

 

強新生か?

DQMSL運営Twitterの「GWアルティメットキャンペーン」の告知画像に「邪神レオソード」が使われていました。

そのことに意味がない訳がないと思います。

 

私のない脳みそでもすぐさま思いつくことは、邪神レオソードに対して何らかの措置が施されるのではないか、ということ。

何らかの措置とは、すなわち新たな転生が実装されるのではないかという期待ですね。

 

先ほど書きましたとおり、邪神レオソードが既に新生転生が行われています。

とすると次なる転生は「強新生転生」になるでしょう。

 

強新生というと、これまで「クシャラミ」や「バルバルー」、「ドラゴンゾンビ」、「ゲマ」、「ベリアル」、「キラーマジンガ」、「Sキラーマシン」、「ハヌマーン」、「キングヒドラ」、「デンガー」、「ドラゴメタル」、「ゴールデンスライム」といったモンスターに強新生が実装されてきました。

他にもいるかも知れません。

そこに今回「邪神レオソード」が加わるかも、という予想ですね。

予想というか期待・願望というか。

 

おわりに

ということでDQMSLの「GWアルティメットキャンペーン」で「邪神レオソード」に強新生転生が実装されるのではないかと予想している記事でした。

 

あくまで予想ですので、本当に邪神レオソードに強新生が実装されるかはわからないです。

決して鵜呑みにはなさらぬようお願いいたします。

 

 

スポンサーリンク